FC2ブログ

今日の読書 平将門と天慶の乱/乃至政彦

日本史上初めて新皇として関東に絶対的な地位を築こうとし、天皇家と対峙する存在となった平将門。

それ以上に日本史上燦然と輝く大怨霊としての存在の方が有名となっていますが、存在感こそ大きけれども史料としては決して恵まれているわけでは無い平将門について、本当に怨霊扱いされていたのか、怨霊扱いされた意図は何があるのか、どういうきっかけで怨霊としての存在感が強まったのか、そもそもなんで同じ関東というだけで大して縁もゆかりも無いはずの東京に将門を祀る神田明神や将門塚が残っているのかを軸に、実際将門がやった事とは実際に何であり、当時の価値観から考えてどこまでが常識の範疇でどこが常識破りで、何故に敗者とならざるを得なかったのかというものを分かりやすくまとめようとされています。

怨霊扱いされているものの、実際に将門が恐れられていたかというとそうでは無いという証拠が沢山あるにもかかわらず、現代では怨霊部分がメジャーになっている理由は、映画帝都大戦で大怨霊として描かれたからであり、それ以前の大河ドラマを見ても、比較的平安時代当時の関東では人気の為政者扱いだったというあたり、怨霊扱い以前について知らない私からすると現代でも扱いが簡単に変るものだなというのに驚くと同時に、歴史上の人物の現代での評価が何かのブームで平気でひっくり返るというのは、思い当たる節もあるなと納得してしまうもの。

基本将門についての記録があまり残っていないという事もありますし、全体的に何をやったかという前知識に関して常識の範疇が狭いのが現在の歴史教育での扱われ方であると思いますが、そうでなくても私は前知識が薄いので、今までの解釈ではなくこうではないかという提示のされ方をされても、そうなんだとしか反応出来ないというか、ほぼほぼ初見なので、読んでいて楽しめましたが、解釈論として正しいのかどうかの判断はできません。

高田崇史の歴史ミステリーで将門は怨霊じゃ無いという扱いをされていたというのが前知識なので、その部分に関しては目新しい説ではなく、そういう考え方に普遍性が感じられるという事なのだろうと理解しました。

歴史は捏造という意味では無く、新たな解釈が出て来ていて、どこからどこまでが真面目に検討されたもので、どこからどこまでが奇をてらった陰謀論のような解釈なのか私には判断できないのが困りものですが、基本的に変な極論さえ持ち出さなければ落ち着くところに落ち着くのだろうという判断でいいのかなとも思っています。

将門は大怨霊でないとダメなんだという説の人は、それはそれで根拠ある説明を提示してくれれば面白いのかもしれないと気楽に考えています。


序 章 怨霊伝説を検証する
第1章 蔭子・将門の少年期
第2章 遺領が招いた争族
第3章 平良兼・良正の襲撃と源護の策謀
第4章 追補使・将門の勇躍と逆襲
第5章 板東独立の風雲
第6章 将門、新皇に即位す
第7章 誰が新皇を殺したのか
第8章 敗者の声と勝者の宴
終 章 神田明神と将門塚の興起

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 キング・オブ・エンブレム vol.3/おくげちゃん・原山ヒッシ・しみず清麿

Jリーグと公式に汲んで実在のチーム、マスコットを使った少年マンガの3冊目、今回は「京都サンガF.C.」「サンフレッチェ広島」「藤枝MYFC」の3チームになります。

話の基本は変らず、主人公である小学生のマルちゃんがダークキング団と戦うために、Jリーグのチームの地元に出向き、マスコットと共に力を合わせて特訓して勝負していくという物。

1巻、2巻と近めのところから始まっていきましたが、今回はチームカラーが紫でまとめるという新たな趣向、新たなキャラクターがレギュラーになっていくという事で、お約束感が高い中に微妙に変化をつけていくというものになっています。

広島は野球ネタ多目、藤枝はまだ現実のキャラクターが今ひとつ固まっていない蹴っ飛ばし小僧がこのマンガきっかけでキャラクター設定をつけて行きそうかなと思わせたりとかはありそうですね。

最初の2冊はうちから近いところが多く、地元ネタも分かる物も多かったのですが、地元ネタが分からない地域だけになって、それまでの地元小ネタが分からない人の気持ちも分かるようになりました。

これは、そういう小ネタを確認するためにアウェイにも遠征しようというプロモーションも兼ねているよねと改めて思ったり。

キング・オブ・エンブレム Vol.3

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 もういちどベートーヴェン/中山七里

『さよならドビュッシー』から続く天才ピアニスト岬洋介のシリーズ5作目になり、前作の『どこかでベートーヴェン』に引き続き過去編という扱いになり、司法修習生時代の話。

司法修習生として他の修習生とは才能の違いを見せながら、やがていろいろと事件に首を突っ込む事になり、いろいろと起きていくというもの。

どんでん返しの帝王という事をすっかり忘れてしまうくらい、それまでの流れから驚かされる結末でしたが、それが作者の持ち味であり、事件そのもの以上にいろいろと気になるものが描かれているので、集中力が分散されていたということでもあり、分散されているものがそれだけでも楽しく引き込まれる物だったという事ですね。

いろいろと表現者というものについて考えさせられる箇所もありますし、昭和の反権力至上主義者はいろいろと受け入れがたいものがあるかもしれないですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 てんげんつう/畠中恵

病弱な若だんなと愉快なあやかし達が繰り広げる、しゃばげシリーズの第18弾になります。

今回は表題作、『てんげんつう』を含む5編の連作短編集となり、若だんなの許嫁となった於りんの実家から人がいなくなったという事を始めとして、嫁絡みのトラブルが多目というあたりは狙ってやっているなというのがありますし、病弱な若だんなは病弱という壁を乗り越えて何か役に立ちたいという思いに対して、手段の多様化を目指している感じも強めに出ています。

永続するシリーズかのような体裁になってきていますが、初期の頃にはいろいろとはっきりとした着地点があると予告されているような流れがあったりもしたので、やはりどこかで区切りをつける気持ちはあるのかもしれないなと深読みしたくなる部分はあります。

細かな関係性の変化は常にしてきているシリーズではあるので、それを込みで続いていく事もあり得るのでしょうが、許嫁である於りんが話にガッツリと絡んでくると、そろそろかなと思ったりはします。

もっとも、「まんまこと」のシリーズのように人間関係の強制的な変化がありながらも、その変化を込みにして連続ものとして続けている場合もあるので、初期に提示された不穏な最後のようなものも、それについて何か答えを提示する機会がきたとしても、それが終着点ではないという作りも可能ではありそうですよね。

今後について深読みしたくなる部分はありますが、そこら辺を取っ払って安定して楽しいシリーズである事は変らないですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義/高田崇史

古事記異聞シリーズで登場する日枝山王大学の民俗学助教授を止めるために残務処理をしていた小余綾俊輔が最後の授業として、歴史学科の助教で源平合戦の研究に燃える堀越誠也、出版社勤務で歴史ライターを目指し、源義経の人気の高さと、実際に行った奇襲の数々と比較して疑問におもうを通り越し義経嫌いの加藤塔子に怨霊を中心に源平合戦に残る数々の疑問を、保元の乱、平治の乱からいわゆる源平合戦を経て、鎌倉幕府成立から源氏三代で将軍が途絶えたまでの流れを丸ごと考察するというものになります。

高田崇史作品では、鎌倉幕府の扱いというか源氏の扱いが酷く悲惨なものであったとするのは先行作でいくつも出ていて、頼朝が怨霊扱いされているのにも関わらず怨霊としての扱いが過去の怨霊と比べて地味にされたりとか、諸々含めてすごく残念な気持ちになる、勝者としての源氏となってからの勝者じゃ無い感ばかりとされてしまうわけですが、今までそういったものを出してきた事を総括するような作品になっていて、今回は歴史ミステリーとして現実に事件が起きてどうこうというものが全く無く、日常業務との兼ね合いを見ながらフィールドワークをしたり、各自の疑問をぶつけたりしながら最終結論へと導かれていくというものになっています。

歴史を時代区分で区切ってしまうと理解出来ないこと、その前の時代からの影響があってこそ理解できるであるとか、歴史は勝者が書き残すが、話を盛ったり、騙りが入ったりすると不自然さが残って額面通りに受け取りにくくなるとか、歴史書に記されるだけでは無い物証としての寺社仏閣の配置であるとか、かなり楽しめるものになっています。

まとめ方が陰謀論めいてしまうところはありますが、それを含めて当時の価値観は現代の価値観とは別物であったことも認識できるという意味も込めて、小出しにしてきたものをついにひとまとめにしたかと感慨深くなりました。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる