今日の3年ぶり Defying Gravity/MR.BIG

MR.BIGの3年ぶり再結成後3枚間のアルバムは、デビュー作から4枚目までのプロデューサーだったケヴィン・エルソンと20年ぶりに一緒に作ったアルバムとなります。

ドラマーであるパット・トーピーが前作のアルバム制作時にパーキンソン病となって、残念ながらかつてのような超絶技巧は不可能というか、ドラムを叩く事すら困難な状況とわかったいと、バンドとして悲壮感が漂いそうなところ、アルバム発表後のライブではツアーに同行し、ドラムを叩き続けるわけでは無いけれども参加し、基本このバンドは4人そろってこそというのを証明したわけですが、今回のアルバムはパットの病気という悲壮感溢れる状況を上手く乗り越えて、原点回帰となるプロデューサーも迎えて、かつてのようなハイスピード曲こそないけれども、MR.BIGらしい変拍子満載でもキャッチーで楽しくなるアメリカン・ハードロックという感じになっています。

DVDにはPVとメイキング、そしてメンバーによる全曲解説があり、それぞれの曲を作った時の裏話なんていうのが面白いというか、ポール・ギルバートがリフやリズムを歌いまくるのが分かりやすくて、アルバムそのものも楽しかったのですが、その楽しく感じたのは作り手が楽しそうにやっているからなんだと再認識させられますね。

2曲目でアルバムのタイトル曲となっているDefying Gravityはインドっぽい感じ満載にして、でも自分達はロックバンドだから取り込んだ上でロックに作り替えたという曲なわけですが、聞いていて楽しくなるという意味でもMR.BIGに求められているのってこういう感じだよねって思える曲ですね。

PVではパット・トーピーとパットの影武者ドラマーという任務をこなしているマット・スターが入れ替わりながらドラムを叩いたり、横でタンバリンを叩いたりしているのが微笑ましい(笑)



3曲目のEverybody Needs a Little TroubleもPVが作られている曲であり、エリック・マーティンの自伝的な曲であり、曲のタイトルだけでもどういう内容なのか中学生レベルの英語力でも分かりやすい親切設計なわけですが、この曲もこのバンドらしい変わったリズムをキャッチーにする曲で、すごくらしいなぁと思えるものですね。

個人的にはパット・トーピーの誠Tシャツが気になって仕方が無い(笑)



7曲目のForever And Backはビリー・シーンがスウェーデン人のポップソングシンガーのアリーナ・ギブソン、マリア・ジェーン・スミスと共作した曲とのことですが、外部のライターが入ったとは思えないくらい、MR.BIGのバラード曲以外の何物でも無い感じで、To Be With You のような曲を望む人にはぴったりそうですね。



9曲目の1992は、MR.BIGが1992年に売れまくった当時について歌った曲で、愚痴ったりなんだりのネタにしているものですが、こうやってネタにするあたりもこのバンドらしさだなぁって。



アルバムとしてもの凄い大傑作というほどまではいかないですが、ある意味バンドとして存在してくれる事を素直に喜びたくなるアルバムでした。

今日の勘違い

ユーロバスケットの間中スロベニアの新星、Luka Doncicの日本語記事を目にしてルカ・ドンチッチだということで、ずっとドニッチとcを1つ読み飛ばしていたと気付いたorz

とりあえず、日本語表記をしっかり知らない名前に出会った時は検索すべきだということですね(溜息)

今日の読書 問題は英国ではないEUなのだ 21世紀の新・国家論/エマニュエル・トッド

ソ連崩壊、リーマンショック、アラブの春、ユーロ危機、英国のEU離脱と預言を的中させたと話題のフランスの歴史人口学者、家族人類学者のエマニュエル・トッドによる初の日本向けというか、日本でのインタビューを元にまとめたものになります。

タイトルだけ見ると、英国のEU離脱についてがっつりと扱っているように思えるものですが、このタイトル部分に関わる物だけ別枠でやっていて、他は日本での仕事ということになります。

エマニュエル・トッドはEUの問題点としてドイツ帝国の拡張主義による1人勝ち状態という事に力点を置き、EUが理想とは乖離した状況に陥っているし、そもそもEUという組織作りにおいて想定されてきたグローバリゼーションは米英アングロサクソン的なグローバリゼーションでしかなく、現状そのグローバリゼーションに対する疲弊からグローバリゼーション否定へと真っ先に向かっているのがアングロサクソンであるということなどなどから、ある種グローバリゼーションは終わりの始まりに向かっているという視点を持っていたりします。

かといっていわゆるグローバリゼーションは世の中を疲弊させるとして否定的に見ている物の移民に関しては賛成派、メルケル首相のように際限なく移民を流入させる事こそ正義みたいな扱いにするのではなく、ようは歯止めの利いた移民推奨という立場ですね。

そういった物事の見方をしていたり、数々の預言を的中させたという事から、そのベースとなる視点について解説していて、今後の世界情勢をどう予想するのかというのが本書。

人口変動と家族制に着目しているのが特徴で、ソ連崩壊を予想した時は人口変動で極端な数字が出たり、急に発表しなくなったりがきっかけでダメだなと分かったという事で、これはどういった国であれ、何か極端な数字が出た時には極端な変化が国を襲うと念頭に置いておいて良いという感じでしょうか。

日本として気掛かりになる、世界情勢というか日本により直接的に関わるものとしては、これから安定化するのは米露、不安定化するのは欧中であり、これまでと国際関係が変動する事も念頭に置いておく必要性、特にロシアに関しては今までが悪いイメージでありすぎたが、覇権狙いの危険な存在というのは過大評価、中国に関しては経済大国となっている事は過大評価であるというのは何度も繰り返されて出てきます。

特に中国に関しては、極端な少子高齢社会へ突入、しかも男女比が極端に男が多いと言う問題点(一人っ子政策というものは取り立てて触れていない)高等教育を受けている率が先進国としては著しく低い事が問題として噴出するということ、中国幻想に囚われている人が世界的に多すぎるが、数字を見ると幻想に過ぎないというのは分かるとしています。

個人的には近場に巨大国家があるのはいろいろと脅威なので、中国が春秋戦国時代なみに分裂するかもくらい予言してくれていると助かったのですが、そういうものはとくに言及されていないですね。

今世界情勢を考察する時に有名な学者がトマ・ピケティ、スティグリッツ、ポール・クルーグマンと経済学者に偏重しているのが実は大きな問題というのも、ピケティは結局私は手を出していないですが、スティグリッツとクルーグマンは読んでいるので、ちょっと興味を持ったというか、個人的に経済学的分析に興味を持っていて、市場原理主義批判をするアメリカの学者というのが都合がいいと手を出しているのですが、経済分野以外の分析というのが、あまり世に出回っていないという事でもあるんですね。

そこら辺が問題としていますが、逆に日本の場合は初歩的な経済学理論をスルーした政府批判だらけなのが問題ではなかろうかと思ったりもしましたが、そういうのは当然書かれてはいません。

とりあえず、いわゆるグローバリズムに関して全肯定しないといけないかのような風潮に対し疑問を持っている人は読んでみると、考え方として納得出来る部分を見いだせるものが多くあるのではないかと思います。


日本の読者へ 新たなる歴史的転換をどう見るか?
1 なぜ英国はEU離脱を選んだのか?
2 「グローバリゼーション・ファティーグ」と英国の「目覚め」
3 トッドの歴史の方法 「予言」はいかにして可能なのか
   歴史かトッドはいかにして誕生したか?
   国家を再評価せよ
   国家の崩壊としての中東危機
4 人口学からみた2030年の世界 安定化する米・露と不安定化する欧・中
5 中国の未来を「予言」する 幻想の大国を恐れるな
6 パリ同時多発テロについて 世界の的はイスラム恐怖症だ
7 宗教的危機とヨーロッパの近代史 自己解説『シャルリとは誰か?』

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日のユーロユーロバスケット 3位決定戦 決勝

スペイン93-85ロシア

スペインがパウ・ガソルの26点10リバウンド3アシスト1スティール3ブロック、マーク・ガソルの25点4リバウンド1アシスト1スティール1ブロックというガソル兄弟の活躍でチームを牽引して銅メダル獲得。

兄のパウの方は年齢的にそろそろという扱いになったりしますが、未だ衰えずという事ですし、個人的にはインサイドが得点を牽引するというのが嬉しくなったりしますね。

ベンチからはセルヒオ・ロドリゲスが16点9アシスト3スティールと起爆剤になっていますし、何だかんだと今のスペインがメダル獲得圏外になる事は無い強さですね。

ロシアもアレクセイ・シュベドが18点1リバウンド3アシスト1スティールとチームで一番頑張ってはいるはずなのに、+/-で-16とチームで一番マイナスになってしまうという悲しすぎる数字があったり。

ベンチスタートですが、ティモフィー・モズコフが14点10リバウンドとこっちもベタなセンターが奮闘しているで、これはこれで嬉しかったりはします。


スロベニア93-85セルビア

スロベニアが優勝しましたが、この大会優勝したからというだけではなく、完全にスロベニアのための大会であった感満載でしたね。

ゴラン・ドラギッチが35点7リバウンド3アシスト2スティールとエースとしてしっかりと結果を出しましたが、それ以上に18歳の若者ルカ・ドニッチが8点7リバウンド2アシスト1スティール1ブロックという数字上はこの試合では大活躍とはいえないものの、コースト・トゥー・コーストのダンクを決めるという心臓の強さ。

バスケットボール界としても新たなヒーロー誕生した大会という扱いにしてもいいんじゃないかくらいのものですよね。

あまり過大なものを背負わせてプレッシャーに潰されてしまうと困りますが、少なくともスロベニア国民は優勝したと同時に未来まで楽しむ事が出来てウッキウキじゃないかなぁと勝手に思ったりしています。

セルビアもボグダン・ボグダノビッチが22点4リバウンド5アシストと大活躍をしてみせたのですが、この大会はスロベニアが持っていた感が強いですよね。

旧ユーゴスラビアの決勝でしたが、かつての血腥い争いとは違い、こういう争いならばいくらでもガチでやって貰っていいですよね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の仮面ライダービルド 第3話

「正義のボーダーライン」

戦兎は龍我に、恋人の香澄を使って科学者の葛城の殺害現場へ生かせるように指示したのが鍋島、スマッシュの人体実験場に連れていくために刑務所で龍我を眠らせたのも鍋島であり、鍋島が何かカギをにぎっているのは間違いないと何度も繰り返し理解出来るまで説明。

しかし美空によれば紗羽が調べてきた鍋島の経歴書はデタラメ。

美空はバイト代をくれるのならば情報を集めてもいいと持ちかけるも、龍我は引きこもりの書きに何が出来ると鼻で笑い、そこに異議ありとマスターが乱入。

美空は実は大人気のネットアイドルのみーたんであり、普段の美空とは別人のようにハイテンションというか変なテンションでアイドルをやっていて、みーたんのためなら情報を集めてくれる人がいるということで、みーたんは鍋島の画像を見せて情報を集めます。

すると鍋島の情報より先にエリアC9にスマッシュ出現の情報をゲット。

戦兎は早速スマッシュ出現現場へと向かおうとしますが、龍我は鍋島の事が先だろうと、戦兎もナンで記憶を失ったか知りたいんじゃ無いのかと優先順位が違うと引き留めようとします。

戦兎はそれとこれとは話が別、人の冤罪晴らすことや自分の記憶よりもビルドの方が大事としれっと出かけます。

東都政府では首相の氷室泰山、北都政府首相の多治見喜子、西都政府首相の御堂正邦による定例会議。

それぞれの現状を思わせぶりに語り合いながら、あらゆるライフラインがスカイウォールによって遮られている今は1つにまとまるのは当面難しいと、今までも壁の存在によって平行線を続けてきたのだろうと思わせる話し合い。

氷室は父である首相に、北都が軍備の強化をしている情報を得たからには、我々も早急に軍事開発をすべきだと進言、しかし首相は自衛できる力さえあれば良いと拒否。

首相は軍備増強の話をそらし、仮面ライダーは見つかったのかと矛先を変えます。

戦兎はスマッシュ出現現場にバイクで駆けつけ、乗ったままラビットタンクへ変身しスマッシュと戦闘開始。

チャリンコで追いかけてきた紗羽はスマッシュに襲われていた少年を避難させると、カメラを構えて実況開始。

戦兎はゴリラ掃除機になり勝利の法則を決めようとするとも、実況の紗羽が先にセリフを言ったりと調子を狂わされます。

それでも気を取り直して掃除機でスマッシュを引き寄せてからパンチで地上に叩きつけ、紗羽は興奮して実況がうるさすぎで、戦兎は戦闘中にも関わらず紗羽に抗議。

その隙にスマッシュに反撃を喰らうと、ゴリラモンドになりボルティックフィニッシュでスマッシュ撃破。

戦兎は紗羽の入学式のおかんのようなテンションに脱力しながら、ボトルに成分を採取。

人間の姿に戻るとスマッシュの正体は襲われていた少年の母親の礼香だった。

礼香は自分がスマッシュだったときの記憶はないものの我が子を救ってくれた仮面ライダーに感謝。

戦兎は道行く人に指名手配中の仮面ライダーと見つけられたので、紗羽を放っておいて速攻帰還。

龍我は逃亡の身なのに人助けをする戦兎を批難。

しかし、龍我が文句を言っている間に新しいフルボトル完成。

戦兎は龍我のことは放っておいて戦利品のタカのフルボトルに興奮状態。

美空はフルボトルを作ったので疲労困憊、起こしたら刻むと言い残して眠ります。

戦兎がフルボトルを2つ入れて実験しているのを見た龍我はそれは何かと尋ねると、マスターがやって来てベストマッチだと説明。

ボトルには相性があり、ラビットとタンクの2本ののように相性の良いものを選ぶと光る。

全組ベストマッチが起こるととんでもない事が起こるらしいが、なかなか揃わない。

そのためにビルドの変身ベルトがある。

元々はビルドの変身機能しか無かったのを戦兎がベストマッチを探せる検査機にもなるように改良した。

戦兎が発明品を誇っていると、龍我は自分なら一発で探せると言うと、戦兎は探せる物なら探してみろと、ガトリングボトルを元に作った最強の武器である何とかガトリンガーでバストマッチするボトルがないからと言っていると、龍我はあっさりとタカとガトリングでベストマッチを見つけてしまいます。

龍我は自分の第六感を誇って調子に乗りまくり、戦兎はそれを正面から向かわずにタカガトリンガー似するかホークガトリンガーにするかでホークガトリンガーにしようと話をそらします。

マスターは何でベストマッチが分かったのかと聞くと、龍我はしいていえば生き物と機械と単純すぎる答え。

戦兎はそんな幼稚な事で分かるわけが無いと、自分がどれだけ深く考察しているかを話し始めますが、論争がヒートアップしてうるさくなり、美空が激怒してナイフを投げ刻むと。

戦兎は研究所で氷室に鍋島について尋ねますが、知らないと答えられただけ。

戦兎はそれ以上深く詮索せずに葛城について質問を変えると、氷室は葛城の画像を見せパンドラボックスの責任者であり誰もが認める天才だったが、仲間内からは悪魔の科学者と呼ばれていた事を説明。

龍我はまたもや鎖で繋がれている間に、美空は鍋島が1年前まで難波重工で働いていた事と、携帯の番号の情報までゲット。

しかし美空はそこで鍋島に連絡する流れになるのも構わず寝ようとしてしまい、龍我に突っ込まれるも、どこ吹く風。

龍我は鎖を引きちぎり、自分で鍋島に連絡をします。

鍋島と繋がると龍我は自分の無実を証明しろと迫りますが、できないと却下されます。

鍋島はファウストに妻と子供が殺されると、自分が脅されている立場である事を告げ、人体実験をした組織の名がファウストである事は教えます。

龍我は家族を救えば証言するのかと言い、家族の居場所を尋ねると、西都の第6地区だと鍋島は教えて連絡を切ります。

鍋島は背後にいたナイトローグに、これで家族と自分を解放するように要求しますが笑われるだけ。

ナイトローグは鍋島に工作員としての働きは評価しているから、感謝の印としてより強大なパワーを与えてやろうとスマッシュへとします。

戦兎が帰ってくると美空が鎖で縛られていて、龍我が鍋島の家族を探しに行った事を告げます。

紗羽が西都に行く密航船と話をつけ、おばあちゃんに見えるおじいちゃんに変装した龍我もやって来ます。

密航船で行くと聞かされた龍我は露骨にがっかりしますが、指名手配が通常便で行けるわけないし、渡航許可そのものが最近では出にくいと説得され船に乗ろうとします。

しかし、いざ船に乗ろうとしたところでガーディアンに包囲されてしまい大ピンチ。

しかし、ドラゴンフルボトルを握りしめた手でパンチをすると普通ではあり得ない力が出てガーディアンを吹っ飛ばします。

これなら楽勝と思ったものの多勢に無勢で囲まれ手も足も出ず。

そこに戦兎がやって来てホークガトリンガーをぶっ放してガーディアンズを一瞬で撃破し、ドヤ顔で発明品を誇ります。

それでもワラワラとやって来るガーディアンズから逃れるために隠れ、戦兎は龍我に西に行くつもりかと聞きます。

龍我は鍋島の家族をファウストから取り戻すというのを聞くと、戦兎は誰かの力になれたら心の底から嬉しくて顔がくしゃっとなると言い出します。

見返りを期待したらそれは正義とは言わないと戦兎が話していると、いきなりガーディアンズを吹っ飛ばすスマッシュが登場。

戦兎はスマッシュを引きつけている間に行くように龍我に言うと、戦闘開始。

龍我と紗羽が船に行くと船長に他の客に迷惑だから乗せられないと言われてしまいます。

すると自分が責任をとるから乗せてやれと礼香がやって来ます。

礼香の夫が船を化しているという事で乗船拒否もなくなり、龍我と紗羽は無事に乗船。

礼香はおぼえていないとはいえ、息子に手をかけるところを仮面ライダーに救われた事を感謝していた。

さらに西都に仲間がいるから力になるとありがたい申し出。

龍我は戦兎に言われた見返りを期待したらそれは正義とは言わないという言葉を受け、鍋島の家族を助ければ鍋島が無罪を主張してくれると思っていたと見返りを期待していた事を素直に言い、それなのに戦兎は親子を助けてもくしゃっと笑っただけなんだろうと自分との違いを見せつけられた気持ちを漏らします。

密航船は海上の壁のないところをすり抜け西都へと。

戦兎はラビットタンクに変身し次々とガーディアンズを撃破。

ミラージュスマッシュが分身の術を使うと分かると天空の暴れん坊ホークガトリングへと変身。

ホークガトリンガーをぶっ放してガーディアンズを攻撃しながらミラージュスマッシュも攻撃するも、本体を攻撃しない事には仕留められず。

ガトリングを回転させながら空中にトビワンハンドレッド!フルバレット!で撃破。

スマッシュの成分を抜き取るとミラージュスマッシュは鍋島だった。

氷室は移動中の車内でスタークのやついよいよ動き出したかと呟きます。

変身を解いた戦兎は背後から刺され何か注入され息も絶え絶えになりコブラのマークをつけた怪人を目にし、鍋島は消されて次回へ。

ということで、本当に展開が速すぎて、1年間これで持つのかと心配するレベルですが時間帯移動前にいろいろと仕込んでおいて興味を保たせる狙いもあるのでしょうかね。

壁によって仕切られているとはいえ、海を伝っては密航できたり定期便もあったりと一応行き来は出来るというのは、今後いろいろと使われるんでしょうね。

あと、戦兎の見返りを求めたらばそれは正義ではないという言葉、現在世界的になにがしかの自分の正義を喧伝している人々が見返りを求めまくっているというか、正義という名の恫喝をしている感に溢れている事から見ても、考えさせられるなぁって。

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム