今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsアルビレックス新潟

FC町田ゼルビア0-0アルビレックス新潟

久しぶりのホームでの試合ということで山登りがてら出かけてきました。

LocoKitchenでモチコチキン、YASSカレーの角煮カレーと食し先行入場で定位置確保してから、天皇杯のチケットの売り出しがあるというので、買おうと思ったのですが売り切れ。

最初に見た時に並んでいたので、後回しなんて考えたのが甘かったようですね。

発売前に無理言って回してもらった分という事で、用意された数も多くは無かったという事ですね、全部が売り切れということではないというのを聞いて安心してからZ劇場へ。

今日は出し物の数が1組だけという事で、タスクさんの話は長め何だかんだとワールドカップネタは入ってきましたね。

そしてZ劇場本日唯一の出演者はサニーサイドゴスペルクラブ町田の皆さん、総勢50名によるゴスペルという事で、数の力を感じましたね。

ゴスペルも場を盛り上げようとするのにやりやすい音楽ですので、Z劇場での親和性は高いなって思えました。

そしていつもだったらば、ベンチ外選手の登場と挨拶ですが、今日は登場して挨拶だけにすませず初の試みトークショーということで、大田選手と渡辺選手の2人が残ってトークショーというか、ほぼほぼ質問に答えるという形式で、サッカー歴や子供の頃の思い出や、町田に着いてのことなど、打ち合わせとか準備に関してはあまりしっかりと出来ていない感はありましたが、今回限りで失敗だったという事にならないように、試行錯誤してやっていけば試みとしては面白いのではないかと、ただ、時間が今までのものよりも長いので、席に戻った時にはフィールドプレイヤーの練習が始まっていて乗り遅れた感は出てしまいましたが(苦笑)

新潟の方が沢山来ていて、流石去年までJ1と思えるほど応援の声が強く、正直どっちがホームか分からなくなるなと不安だらけ。

不安と言えば、せっかく今年から大型ビジョンが設置されて喜んだというのに、早速故障ということで、画面左下が表示出来なくなっていますよというのを見せながらお詫びの放送を入れて仕方が無いから圧縮画面にします宣言という大ネタをかまされてからの試合開始。

福井、下坂、杉森の「コウキ」3人揃い踏みを初めて現場で見る事ができただけではなく、深津、森村の「コウタ」藤井「コウダイ」鈴木「コウジ」と「コウ」始まりだらけの先発に、ベンチには土岐田「コウヘイ」と「コウ」だらけ、右サイドバックに土岐田が入っていたらば、GKとDFが全員「コウ」始まりだったなとどうでもいい事が頭をよぎったりもしましたが、試合の方は西日が厳しく正視しづらい中、前半開始から終始押し込んでいく展開。

ただ、押し込んでいきコーナーキックのチャンスまでは作れるのに一向に得点シーンはお目にかかれず。

どうしても、前半はゴール裏からは逆サイドなので分かりづらい所があるのですが、押し込んでいるほど決定機ではない、コーナーキックのチャンスもセットプレイが強みである事は周知の事実になっているので警戒されすぎて、以前のように決めきれないという感じなのかなというくらいに。

リプレイされるものもありますが、惜しいけれどもなんとかもう少し出来なかったのかというまでで終わってしまい前半結局両チーム無得点で終了。

後半開始と同時に、吉濱を平戸に代えるという相馬監督にしては珍しい早めの交代で得点を期待しますが、やはり押し込めるものの得点とまではいかず、決めて欲しいと思えるくらいのチャンスはあるものの、決めなければおかしいというくらいのお膳立てのできたチャンスまではならない、ただひたすら惜しいんだけれども・・・・・・まで。

昨年新潟でプレーしてたロメロ・フランクを交代で入れて、よりチャンスが増えることを期待したのですが、悪くは無いけれども上積みとまではならないという感じまで。

押し込んで決めるべきところで決めきれないと逆に点を取られてしまうと言うよくあるような悪いパターンも頭をよぎるものの、主導権そのものは握り続けているので、よほどのことがないと大丈夫そうという安心感はもちながらの試合運びになりましたが、最終盤は疲れもあったのかカウンターで危ないシーンも出たりしまいたが、それでもしっかりと防いで、あとは点を決めるだけだったのですが、そのまま無得点で試合終了。

チームとしての総合力では大幅に上であるアルビレックス新潟相手に引き分けたと考えると悪くは無いのですが、3位のチームが13位のチーム相手に引き分けたと思うと勿体ない。

何とも言えない試合でしたね、悪くは無いですし無失点で終わったことは賞賛しまくって良いはずの物なのに、押し込んだ展開をしていたんだから、1点は決めようよという。

そんなもどかしさを感じながら、平本さんとタスクさんのアフターゲームショー。

だんだん回を重ねて座り客が増えたなっていうのが一番の印象だったりしますが、今回平本さんの元選手だからこその視点としては、途中交代で入るのは難しいというのと、新潟の矢野貴章が速かったという事ですね。

矢野が先発の方が怖かったというのもありましたが、終盤危ないと思ったシーンは矢野が絡んだ攻撃だったという事なんですね、いかんせん向こう側に行ってしまう攻撃は誰が誰だかよく見えないんですよね(苦笑)

何度も繰り返しになりますが、今日は勝ち試合にしたかったなぁ・・・・・・

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のルパンレンジャーvsパトレンジャー #20

「新たな快盗は警察官」

ギャングラーのザルダン・ホウは娘を誘拐し身代金を運んできた父親から身代金を奪い、娘を返そうとせず父娘を殺そうとしていると、孤高にきらめく快盗ルパンエックスが颯爽と登場。

ザルダンの攻撃を悉く弾き返すと、ザルダンはコレクションの力を使って攻撃力を倍増させようとします。

しかし、コレクションの力を使う前にルパンエックスはあっさりとコレクションを回収。

おわかれの時間とトドメを刺そうとするとも、ザルダンはステイタスダブルでもう1つ金庫を持っていたので、そっちのコレクションの力でザルダンは雲になって撤退。

微妙な空気になったものの、無事に誘拐されていた娘を解放し、娘は記念撮影。

魁利が買いだしに出かけていると、圭一郎は出勤中にベンチに座り新聞を読み新たな快盗ルパンエックスが載っているに驚きます。

魁利はそんな快盗知らないと新聞を奪うと、ばっちりと写っていて唖然。

圭一郎はギャングラーが逃亡中という記事も見つけ、慌てて署に向かいます。

残された魁利は誰だよルパンエックスってと呟くと、僕だよと爽やかに手を振る男が出現。

魁利がなんだこいつという表情を浮かべると、信じていないねというと派手な立ち回りを始め、派手に動き回っているうちに回りにいた人のスマホを奪って快盗らしさを発揮し高らかにルパンエックス宣言。

男はスマホを皆に返して回ると、圭一郎が現れてルパンエックスを名乗る男を逮捕。

魁利は返されたスマホにルパンレッドと名指しで書かれていたのに気付き慌てます。

圭一郎達は捕まえたルパンエックスを取り調べ。

ジュレに戻った魁利はルパンエックスが自分達の正体を知っていると透真と初美花に伝えると、透真は警察に捕まっているルパンエックスを連れ出そうと提案。

自称ルパンエックスは高尾ノエル、26歳B型好きな食べ物はエスカルゴと春の日だまりのように暖かな友情を作り上げていくために必要な情報を話し、圭一郎たちを激怒させます。

そこにヒルトップ管理官がやって来て、国際警察フランス本部からやって来た警察官だと教えます。

ノエルは国際警察フランス本部潜入捜査官だった。

圭一郎に逮捕された時に言わなかったのは、すぐに分かるからというのと、一緒ならば迷わずにたどり着けるからと圭一郎を煽るような態度。

ノエルはフランス本部でルパンコレクションの研究をしていて、VSチェンジャーやVSビークルも開発。

日本に来た理由、快盗になった理由を答えようとしたところで、ギャングラーが暴れているという事件発生の連絡が入り、話は後回し現場へ向かうことに。

快盗はルパンエックスを連れ出しに国際警察の隣のビルにやってくると、圭一郎達が出動するのを見つけ、ギャングラーが現れた事に気付きます。

ギャングラーとルパンエックスどちらを優先しようかと初美花は迷いますが、魁利は圭一郎たちと一緒にいるのがルパンエックスだと教え、後を追うことにします。

ザルダンはルパンエックス出てこいと街中で暴れます。

国際警察がやって来ても、用はないと相手にしようとしませんが、ノエルは圭一郎達にザルダンが求めているのは自分だと言うと、警察チェンジ。

気高く輝く警察官パトレンエックスとなり驚かせます。

ザルダンは会いたいのは警察じゃないと激怒しノエルを攻撃開始。

ノエルは攻撃を悉く避け、ポーダマンを次々に撃ち抜いてからザルダンへ攻撃開始。

様子を見ていた初美花は魁利に快盗じゃなくて警察じゃないかとツッコミます。

圭一郎はよく分からないが行くぞとつかさと咲也に声をかけて警察チェンジし実力を行使。

コレクションごと倒される前に快盗3人も快盗チェンジし参戦。

魁利と初美花でザルダンの身動きを奪い透真が金庫を開けますが、金庫は空。

ノエルは快盗に前の金庫は空っぽで、残るは後ろの金庫だと教えます。

魁利はノエルに突っかかっていきますが、ノエルは魁利に素性はしゃべらないから安心するように言うと、快盗チェンジしルパンエックスとなり一同を驚かせます。

ザルダンはルパンエックスに向かい昨日のお返しをしようと雲を操り始め空中から攻撃開始。

ノエルだけが攻撃をものともせず圧倒するとコレクションを回収し、イタダキエックスストライクでザルダン撃破。

これが任務だというノエルに、圭一郎はコレクションを押収するためい快盗の力を使うということかと狙いの一端は理解しますが、初美花は警察なのか快盗なのかどっちなんだと混乱。

透真は快盗だが敵だと認定。

ゴーシュ・ル・メドゥはザルダンを元気巨大化にさせると、ノエルはエックストレインシルバーを呼んで乗り込み応戦。

魁利は自分達も行くとグッディもやって来て、エックストレインとノエルを知っているどころか友達だと言います。

一緒に戦いたいというグッディとルパンカイザーになると、ノエルはエックストレイン内で警察チェンジしなおし、エックストレインゴールドに乗り込み攻撃開始。

また快盗になってシルバーに移動し、快盗にVSビークルを貸すと言って渡すと、ルパンカイザーとレインズに。

グッドストライカー燃え尽きちまえファイヤーとエックスガトリングストライクでザルダンの生涯にアデュー。

圭一郎は快盗に手を貸したことに激怒しますが、つかさは潜入捜査なのかと一応の理解。

ジュレに帰って来た魁利はグッディに話を聞こうとしますが、店の中に入るとノエルの姿があり驚きます。

という事で、追加戦士高尾ノエル登場編でした。

警察でもあり快盗でもあるという前情報だけでは、一体どういうことなのか分かりませんでしたし、その立場ならば互いに分からせないように振る舞うのかと思っていたのですが、予想に反してガッツリと互いに正体を明かす形の派手な登場でした。

快盗の正体を知っていたり、警察の装備を作っていたりと、いろいろと重要な役回りのようですが、ノエルきっかけでルパンコレクションそのものの掘り下げがあるのかもしれないですね。

今日の仮面ライダービルド 第41話

「ベストマッチの真実」

エボルトはロストボトルを使って新世界を作る宣言をし、戦兎に手伝っても良いと提案しますが、当然戦兎は拒否。

ジーニアスフォームに変身し戦闘開始。

エボルトは完全体のブラックホールフォームになろうとしますが、変身直前に止めて完全体になる前に倒す勝利の法則でジーニアスフィニッシュ。

エボルトはネビュラガスの成分が浄化され、マスターの姿になり新たな感覚に戸惑いますが、何が起きたのか理解すると戦兎を褒め称えてボトルの回収を後回しにして撤退。

直後、龍我から戦兎は父親である葛城忍は生きていると報されます。

戦兎は遺体がなかった事、パンドラボックスの光を一番近くで浴びたはずの父親が自殺したという事が引っかかっていて、生きているのではないかと疑っていた。

そこに幻さんが現れ、あの光を浴びると好戦的になり自殺とは最も遠くなると真っ当なことを言いますが、どこから突っ込んだら良いのか分からない珍妙な格好なので言葉に説得力は無し。

見えないところでしっかりと、二枚目気取りの三枚目Tシャツまで着込んでいて、美空にキレられて出禁を喰らいます・・・・・・

戦兎の父親は自殺していないのがバレないように密航船を利用していた。

そして息子を知るものが現れたならば渡して欲しいとUSBメモリを用意していた。

データを調べると、ライダーシステムについて詳しく載っていた。

元々エボルドライバーを参考に、葛城忍が作り上げたもので、ベストマッチについても触れられていたが、戦兎は美空を見ると話をそらすようにロストボトルについて説明し始めます。

ロストボトル、人口ボトルは好戦的な性格に変えるだけではなく、黒くなった状態のボトルを10本集めれば基地の物理法則を超える現象が起き、バカっぽく言えばマジやべぇ事が起きる。

エボルトはこれまで惑星を一瞬で滅ぼしてきたのに、今回だけは自分を取り戻すためとは言え10年もかかっている理由は何か考えるため、エボルトの行動をオープニングナレーションのノリな総集編のように振り返ります。

戦兎と龍我が出会ってからスマッシュにされたのは2人の関係者ばかりだが、その辺の事情はファウストにいたのに幻さんは分からないと役にたたなさ全開。

振り返ってもあまり手がかりが無かったように思えたが、戦兎はスマッシュにされた被験者の中に1人だけ関係者ではない人物を思い出します。

最初にスマッシュにされた人物、何か接点があったかも知れないというと、紗羽が調べに出かけます。

戦兎はエボルトがファウストに現れるまでの空白期間にも引っかかります。

美空とマスターの病室で2人になった戦兎はベストマッチについて説明を始めます。

パンドラボックスにある60本のボトルは、その惑星のエレメントが必要となる。

エボルトはマスターの脳に語りかけ、好きなものを30挙げさせた。

マスターは自分の記憶をたどって娘の好きなものを挙げていった。

次にその命を奪うものを挙げさせ、戦車やガトリングとか威勢のいいものだったが、消しゴムとか漫画とか関係無いものばかり挙げ始めた、恐らく娘が大切に思っていたものを汚されたくなかったから。

エボルトは締め上げてもっと別物を挙げさせようとしたが上手くいかず、その時人間の感情というものに触れ、不思議で愚かな生き物だと知った。

エボルトは人間の感情は全て想像で演じるしか無かったが、戦兎の攻撃により人間の感情が宿った。

それを楽しいことはないと撤退先の研究者に話します。

紗羽は被験者の名前は志水恭一であり、戦兎の父親の教え子であり大学の頃接点があり、スマッシュにされるまでの数年は行方をくらましていたが今はバーで住み込みのバイトをしていると調べて話をつけ戦兎に待ち合わせ場所を報せます。

戦兎は志水との待ち合わせ場所に向かうと、脳内葛城巧が10年音信不通だった父に会ってどうすると語りかけてきます。

戦兎は人の感情をもてあそぶエボルトを見て、人間にしかないこの感情こそがエボルトを倒す方法なのではないかと考えたのではないか、だから感情の高まりでハザードレベルがあがるライダーシステムを作ったのではないかと推測した事を伝えます。

志水は待ち合わせ場所にやってくるなりロストスマッシュに姿を変えます。

戦兎はジーニアスフォームに変身し戦闘開始。

志水は戦兎を殺さないと自分が殺されると決死の覚悟で向かってきますが、必ず助け出すとジーニアスアタックからのジーニアスフィニッシュ。

ネビュラガスを中和して、元の姿に戻った志水から飛び出したロストボトルを拾い上げます。

もう大丈夫だと志水に教え、父親の居場所を聞き出そうとしますが、きちんと話をする前にエボルトに消されてしまいます。

志水を目の前で消された戦兎は何で殺したと怒りを見せますが、エボルトは感情が芽生えたから、怒りに狂った戦兎を見てわくわくしたかったとふざけた回答。

戦兎は怒りにまかせて戦闘開始しますが、完全体のエボルは戦兎を圧倒。

感情を手に入れてから人間の感情を操るなど造作も無いと煽り、ロストスマッシュにしようとします。

戦兎はロストボトルを挿されますが、ジーニアスフォームで成分を中和し立ち上がると、何を壊そうとも、この手でビルドすると反撃開始。

ジーニアスフィニッシュを完璧に防いだはずのエボルトはダメージを喰らって、怒りの感情を爆発させて戦兎に向かって行くと、その怒りがハザードレベルを上げて戦兎を圧倒。

エボルトは戦兎を最後に残し、希望を根こそぎ奪って究極の絶望を味あわせてやるとの言葉を残し、戦兎が落としたロストボトルを拾って撤退。

エボルトは持ち帰ったロストボトル2本をブラックパネルに嵌め、ガスマスクの科学者に計画を早めると伝えます。

側にいた科学者は戦兎の父親である葛城忍だった。

という事で、今回は総集編的にまとめ、ベストマッチの謎をようやく解き明かし、エボルトに感情が芽生え、戦兎の父親は生きていたどころかエボルトと行動を共にしていたという最終章開始というものでした。

ベストマッチの組み合わせについては、これではっきりしましたね、ベストマッチを作り出すことがパンドラボックスを開けるために必要だったという事であるというのもありますが、マスターの記憶から作り出すにしても、好きなものと、それを破壊するものを組み合わせようとする悪趣味って感情的なものではないかと思ってしまったりはしますね。

エボルトは今回人間の感情を得たわけですが、今まで理解出来なかったというだけで元々持ち得ていた感情というのは別物だったと理解しておいた方が良いのかも知れないですね、どうも無感情というのとは別物の行動原理でしたから。

エボルトが人間の感情を持ったと言うことが、エボルトを倒すための重要な要素になるという事は想像しやすいですが、葛城忍の今までの行動の意味となると今のところ全く想像出来ないですね、パンドラボックスの光を浴びた影響があるのは分かっているので、それを中和したら別物の葛城忍というのが出てくるんだろうなというのは想像できますが。

今日のワールドカップ グループリーグ ベルギーvsチュニジア

ベルギー5-2チュニジア

今大会通しで見た試合で、内容も得点も共に一方的な試合に初めて巡り会った事になりました。

ベルギー強いですねぇ。

ルカクがいるということで全てが上手く回っている感じがありすぎて、どうも今大会はチームディフェンスがしっかりとしているかどうかが勝敗を分ける印象が強くあるというか、見る試合がそういうのが多いというのもあるのでしょうが、攻撃力によって一方的にボッコボコになるというのも当たり前のようにあるんだなぁって。

チュニジアは一方的な試合でやられるし、怪我で選手交代をしなければいけなくなるしと踏んだり蹴ったりでしたね。

最後に多少の意地を見せられましたが、にしてもベルギーがルカクやアザールを下げられる余裕の展開でしたからねぇ。

今日のワールドカップ グループリーグ ブラジルvsコスタリカ

ブラジル2-0コスタリカ

最終的にブラジルが2点取りましたが、どちらも後半アディショナルタイムに入ってから、それまではコスタリカのGKナバスを神とした我慢のディフェンス。

ネイマールがファウルを受けてのPK獲得判定ががVARでノーファウルに覆るという、今大会初の判定があるなど、改めてVAR凄いと、これが当たり前の状況になれば、サッカーで必要とされる技術が変わる分岐点となると改めて思わされますねぇ。

しかし、このまま引き分けで終わりそうになったからこそ、コウチーニョが走り込んでゴールを決めた瞬間、サッカーって点が入った時の爆発力ってこういうものだよなというお手本のような感じになり、流石にコスタリカも心が折れたまではいかなくても緊張の糸はきれてしいましたね。

ダメ押しにネイマールも決めて、南米の強豪、スター選手が残念な感じになる大会になりそうなのを止めましたね。

しかし、コスタリカは2連敗したのが勿体ないチームでした。

おまけ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム