FC2ブログ

今日の読書 今日もJリーグ日和。/平畠啓史

野津田に発売イベントとして来てくれたという事でサイン本を手に入れたわけですが、消費税増税直前でなおかつ12円引きという、イベントで直売だと小銭は面倒というのを込みでの事でしたが、お買い得商品となりまいた。

サッカーダイジェストに掲載されているコラム7年分の中から厳選して、関連するように章分けし、各章さいしょには書き下ろしを入れるという形になっているものになりますが、副題が「ひらちゃん流マニアックなサッカーの楽しみ方」となっているように、こういうのを楽しいと思うのだけれどもどうですかと提示して来ていて、マニアックな楽しみ方とは言うものの、以外と見落としているところに楽しめるものがありますよと、楽しみ方は色々ありますよ、だからサッカーをJリーグを見てみませんか、スタジアムに足を運んでみませんかと誘う感じになっていて、俺の考えが絶対だというような事は一切無く読んでいて楽しめるものになっています。

前に出した本は全チーム平等に扱われていましたが、今回はそういった縛りがあるわけでもなく、また7年の月日があるので、それまでにJリーグ昇格していないチームは当然扱われようがないのですが、そういった中では比較的、名前が覚えにくい事で改名されそうになっている我らが超絶ローカルチーム、FC町田ゼルビアはそれなりに触れられていますかね。

最新式のスタジアム完成と比較されるように、ドット絵時代の電光掲示板の野津田に触れられたり、昨シーズン最後のJ2優勝争いに触れられていたり、マスコットに関して本文では触れられていないのに、ゼルビーが目立つ形で写っている写真が入っていたりとか、愛媛サポーター達の後ろ姿だよねっていうのが写っているのが野津田だよねという写真があったりとか、予想より扱いが良いなと。

スタジアムまでのアクセスが悪いところであっても、その道程そのものを楽しんでいたりするものもありますし、スタジアムに足を運んだ事が無い人が読んだらば、足を運ぶのに興味を持つかもしれないなぁと思うので、サッカーに興味が多少あるけれども出かけるほどでは無いという人に読ませるのは手かなと勝手に思ったりはします。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-

牙狼の映画見てきました。

今後牙狼の続編はあるかもしれないですが、それはそれとして冴島大河・鋼牙・雷牙の黄金騎士冴島三代の物語としては大きな区切りとして、これで締めくくりでも何も問題なく、悔いを残さないという作り手の思いが詰まった作品であったと、惜しむべくは上映されている映画館の数が足りないだろうという事くらいのものになっています。

基本は雷牙とまゆりの話でありますが、雷牙編のテレビ本編以上に鋼牙とカオルという両親について強く意識させていて、冴島三代揃い踏みになるというのはキャスト発表から分かっている事とはいえ、どのように再会するのかが気が気では無い展開になっています。

黄金騎士3人揃い踏み、牙狼の鎧は継承されていたものであり1つしかないということも重要な事になっていますし、本当に見に行って良かったと思えるものになっています。

冴島家の物語なので、他の魔戒騎士、魔界法師揃い踏みという事にならないのですが、カメオ出演などもあったり気が抜けなかったです。

牙狼も長いですし、雷牙のテレビ本編からも随分と魔が開いているので細かいところは忘れてしまっているのですが、それであっても十分過ぎるほど楽しめますので、今後のシリーズ継続のためにも多くの人が見に行くと良いなぁと薦めたいですね。

今日のマジック プレシーズンマッチ5戦目

シクサーズ126-94マジック

今日のスターターは
PG DJオーガスティン
SG マイケル・カーター・ウィリアムス
SF ジョナサン・アイザック
PF アーロン・ゴードン
C  モハメド・バンバ

3連勝でスタートしたという事で、今年のマジックはかなり行けるのでは無いかと過剰な期待を抱いてしまいましたが、2連敗と現実を思い知らされる結果ですかね。

ニコラ・ヴチェヴィッチ、エヴァン・フォーニエ、テレンス・ロスと実績のある選手が欠場しているというのはありますが。

負け試合でどうしても残念に映ってしまうのはアーロン・ゴードンのFGの安定感のなさ、今日はFG2/12と散々で4点6リバウンド2アシストどまり、爆発力を見せて今シーズンこそは単なるダンクコンテスト要員からの脱却ができるかと期待させるものもあるのですが、この安定感の無さはMIP予想にも多大なる影響があるなぁと。

逆にプレイタイム配分が気になるのはモハメド・バンバでFG4/6、3pが2/3と決めて12点3リバウンド2ブロック、19分のプレイとなりますが、シーズン中もこれくらいの感じでプレイさせようとすると、ヴチェヴィッチとの兼ね合いという問題がどうしても出て来てしまい、ツインタワーが機能するのであれば試して欲しいと思うのですが、今の時代可能なのかどうか。

マーケル・フルツは12点1リバウンド5アシスト1スティール、ガードで3pを全く放っていないというのは気になりますが、ドライブで切り込んでのプレーがなかなか良さそうな動画がありますので、気にするほどの事でもないのでしょう。

このまま体調を取り戻して、調子を上げていけばという希望はかなり強まっていますね。

現段階では選手起用の優先順位を見極める段階で、いろいろな選手が試されていますが、全体的に去年より上積みしている感じはありますね。

シューター不足が課題となっていましたが、アル・ファーク・アミヌとウエス・イワンドゥと3pを2本づつ決めていたり、ベタなシューターこそ補強していませんが、テレンス・ロスしかベンチスコアが計算出来ないという事態からは脱却できるかと。


シクサーズはマイナーチェンジしましたが、アル・ホーフォードが入ってきたのは大きそうですね、実力はあるものの良くも悪くも気の強さが武器でそれ故に面倒なジミー・バトラーが抜けて、若手選手をサポートする存在となるホーフォードがやって来たのは上手く回りそうだと。

あと、カイル・オクインはいつのまに9アシストもするような選手になっていたんだ!マジックがドラフト2巡目指名した選手としては異例の生き残りを見せていますが、オクインが頑張っていたりすると嬉しかったりしますね。

同期ドラフトで1巡目指名したアンドリュー・ニコルソンが中国リーグでプレーしているのと差がついたなぁと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs鹿児島ユナイテッドFC

FC町田ゼルビア0-0鹿児島ユナイテッドFC

昨日の台風の影響により、交通機関の乱れも激しく開始時間が2時間後ろ倒し、せっかくの晴天も客足が伸びようはないだろうなという中出かけてきました。

交通機関の乱れがあるという事ですが、渋滞が起きているようなところを避けるルートで公共交通機関を使って行くというのも通常ルートなので、かかった時間が普段と変わらない、多少山登りの道で枝が折れているというくらい。

YASSカレーで今日はミニを食べてからゼルビーランドへ移動すると、Z劇場がほぼ更地というなかなかお目にかかれない状況。

イベント関係がほぼほぼなくなり、突風も考慮して、かなりの殺風景。

先行入場でいつもの席を取り、客入りの悪さを見て、小田急線の乱れの影響や渋滞の影響があるんだろうなという辺りから、先日のサポーターミーティングについてああでもないこうでもないと話して過ごすという、Z劇場のイベントがない影響の過ごし方をして、GK練習、フィールドプレイヤー練習選手紹介と続いて試合開始。

前の試合、前半から交代出場し移籍後初ゴールをあげたジョンチュングンがスタートからいて他は変わらず。

順位が下の鹿児島が相手ということで残留のためにも意地でも勝っておかないといけない試合ですが、気持ち押し込み気味程度で主導権を握っているほどでもなく、決定機までは作れずコーナーキックのチャンスまでは作れるけれども点は決められずと、ここの所のホームの試合を繰り返している感が強めでスコアレスで前半終了。

後半攻撃がよく分かる配置になるので期待を高めると、開始早々にPKをもらえたと思うくらいの位置でFKのチャンスを得るも、平戸のキックが裕大に当たって倒れてしばらく動けないという結果に。

この決定機を生かせず、しっかり見えるようになればなるほど、決定機そのものが作れないというのがよく分かるように。

昨シーズンまでとは違いボールを大事に使用という意識が強まった事によって速攻からのチャンスが見られなくなってきたとか、高い位置からプレッシャーをかけてボールをかっさらうというのは、なかなかお目にかかれなくなったとか、押し込んでも決定機を作れないというのは変わらないとしか思えず。

選手交代、土居を岡田に代えたのも分かりやすい変化はつけられず。

2トップをバブンスキー、戸高に2枚替えし、鹿児島にレンタルしていたバブンスキーに期待が高まるも、流れは掴めず、ややひやりとする攻撃もされたりして気持ち負けたくらいの感覚のスコアレスドロー。

スタジアム通いはゴールが決まった時、勝った時にはしゃぎまくるために行っていると言っても過言ではないのですが、消化不良な試合になりました。

全体的に昨シーズンと比べて悪い意味で丁寧なサッカーになってしまって勢いがつけられていないなぁと。

多少雑でも良いから高い位置からボールを奪いに言って手数少な目に速攻狙いというのを意識させるじかんたいというのも作れないものなんですかね?昨シーズンまでと違ってファウルやカードを連発させるような事はなくなりましたが、悪い意味で上品な事をやろうとしているのかと勘ぐってしまったり。

順位が危ない、いろいろとごたついているからには是非とも勝利で悪い流れを断ち切りたかったのですが、勝っていないから勝てないという負のスパイラルはまだまだ治りませんねぇ。

アフターゲームショーはライターの大島党首。

タスクさんが無理矢理でも明るくポジティブにやるという姿勢はこの時期に入っても続きますが、今よりもっと悪い時期を知っているからこそ、これはこれで経験としてやっていけるというのは散々出て来ましたね、あとはちょいちょい危ない話とか。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のリュウソウジャー 第30話

「打倒!高スペック」

クレオンは外科医のプリンス三浦敦史をターゲットにしたらどうだとガチレウスに相談しようとしたらば、ワイズルー登場。

クレオンは驚くも、ワイズルーだと一緒になってテンション上げていきます。

カナロは結婚アドバイザーの西園寺智美に結婚のためのアドバイスをもらいにやって来た。

龍井家ではオトが連れて来たピーたんについてメルトなら何か知っているのではとなるも、メルトは知らず慌てて文献を読もうとし、ティラミーゴは卵大好きといきなりピーたんを食べようとするカオス。

ピーたんはかまれると声を出し、こんなかっこいい騎士竜を食べようとするなんてと文句を言い、しゃっべれたんだと回りを驚かせます。

お父さんが寝ているという事でセトが出て来て、ピーたんを空の騎士竜ではないかと指摘。

ピーたんとセトは知り合いで、セトが地上の騎士竜を神殿に封印した時に唯一空に逃げ出したのがピーたんだった。

セトはピーたんはもう少しシュッとしていたはずと指摘すると、ピーたんは好きでこんな格好してるわけでは無く、宇宙まで飛んで行ったら突然封印されて、飛べなくなって地球に落ちてきたと説明。

コウは誰に封印されたのか聞こうとしたところでトワからマイナソー出現の知らせがあり聞けず。

バンバがツヨソウル、トワがハヤソウルを使って攻撃するも硬くて速く、カナロが強竜装で攻撃しても通用せず。

コウ達も到着しリュウソウチェンジして戦闘を開始するも、硬いしし速いし強いと今までのマイナソーとは段違い。

クレオンは高スペックマイナソーと勝ち誇ります。

カナロは高スペックと聞いて、結婚アドバイザーの智美に、よく言われる結婚の条件とは、高身長、高学歴、高収入の高スペックと聞いた事を思い出します(バブル経済時の3高だよと思いますが)

高スペックマイナソーの前に低スペックリュウソウジャーはひれ伏せとワイズルーはノリノリですが、アスナは高スペックって、それで結婚出来るのと疑問を口にします。

すると、マイナソーが苦しみだしゲカプリ~~~と叫び光線を放ちます。

みな攻撃で何が起きたのかとなっている中、アスナだけ目が開かないと苦しみます。

高スペックマイナソーは叫びながらダッシュでどこかへ行き、クレオンは慌てて後を追い、トワとバンバは追いかけ、コウも追いかけようとするのをアスナの手当てが先とメルトが止めます。

トワとバンバの行く手にガイソーグが現れ襲いかかってきます。

龍井家に帰り、コウはカガヤキソウルを使ってアスナを治療。

ピーたんはシャインラプターがコウを認めた事に驚きます。 

メルトはアスナにだけ攻撃が利いた事を疑問に思います。

コウはゲカプリーと叫んでいたと言うと、ういは外科プリといえば外科医のプリンスと呼ばれている高スペック男子ので婚活しているらしいという情報を見せます。

こんな完璧な人からマイナソーが生まれるのかとアスナが疑問を呈すと、カナロは高スペックな人の気持ちが分かると言い、オトに笑われますが、結婚アドバイザーの智美によると高スペックでも、自己中心的にならず相手の気持ちを敬う心を持たないと結婚出来ないと教えられたと言い、外科プリは高スペックなのに結婚出来ない事がマイナソーを生んだと推測。

そこにトワとバンバが帰ってきて、ガイソーグに邪魔をされてマイナソーを逃したと報告。

バンバはガイソーグの正体はナダでドルイドンとも通じているようだと教えます。

カナロはだからりゅうそうじゃーをやめろと言ってきたのかと納得しかけると、コウはナダにも理由があるはず、仲間だから信じると言い切ります。

トワはやっぱりそういうだろうし、もしかしてと思わせるとしながらも、バンバがナダを知るものとしての忠告として信じるなと言い切り、コウは信じる事をやめないと譲らず。

ナダがガイソーグを振り切ろうとし時間が無くなってきた事を感じていると、トワがやって来ます。

トワはナダに何で現れたか尋ねると、マスターレッドが認めた男、リュウソウレッドを継いだ男がどうなのか知りたいという好奇心だと答えます。

トワはコウからレッドを奪いに来たのではないかと疑いをかけると、今はそんな気分では無いとし、おもろい話を聞かせてやるといいます。

ワイズルーは捕まえた外科プリに対し、結婚アドバイザーの智美に何で結婚出来ないのか教えてやれと強制的に言うようにふると、肩書きが凄くても、自己中が酷くて相手を敬う気持ちの無い人は結婚できない、相手のせいにするのは最低なふるまいというとマイナスエネルギーが一気に出てマイナソーへ。

ナダは今から数百年前ドルイドンの一部が地球に戻ってきて、若き日のマスターブラック、マスターグリーン達が倒した。

マスターグリーンはその戦いで命を失ってしまった。

ここまではバンバも知っている話であり、マスターグリーンは死んだ事にされただけで生きていた。

ナダはガイソーグの鎧を着るとそれまでに着た物の記憶が入り込むと前置きをすると、マスターグリーンはガイソーグの鎧を着てドルイドンと戦っていたと教えます。

この鎧を長くまとったものは、いつしか心の弱い部分につけこまれて鎧に支配される。

ドルイドンを撃退した後、鎧に精神を奪われたマスターグリーンは自分の村を襲い破壊した。

自らの破壊衝動を抑えきれなくなったマスターは誰もいない宇宙に逃げ出しひっそりと1人亡くなったらしい。

最強を求めて彷徨うガイソーグの鎧、リュウソウジャーになれなかったナダはみんなを見返す主が欲しかった。

だから探して宇宙の果てまで行ってやっと見つけたと言うと苦しみ出しながら、強くなり誰にも負けない力を手に入れた。

いくら強くなっても、たとえ誰かを打ち倒したとしても、もっと強い奴がいるのでは無いかとそんな事ばかり考えてしまう。

ナダがそう言うとトワは、バンバが昔ひたすら強さを求めていたがコウ達と出会って変わった。

強さでは無く優しさを求め、仲間を守るために戦うようになった。

コウのおかげ、信じ続けてくれたから、ナダに気をつけるようにコウに言ったが、コウはナダを信じる仲間だからと言っていた事を伝えます。

コウ、メルト、アスナはマイナソーと戦うも、ブレードが厄介で苦戦。

アスナは回りにいた女性達が目が見えないと苦しんでいるのに気付き、モテない腹いせに女性ばかり襲う事が許せないと起こっていると、トワがハヤソウルを使って合流。

バンバとカナロはゲカプリの救出へ。

バンバはドルン兵の皆さんを次々に倒しながらリュウソウチェンジ。

カナロは結婚アドバイザーの智美を助けると、俺は高スペックと言い張るゲカプリに向かってカナロはモテないのは自分のせいだと言って張り手をすると、気持ちはよく分かる、モテないのはつらい、相手の事を知ろうとしたのか、自分の素晴らしさばかりを押しつけたのでは無いか、結婚とはお互い尊重し、敬い、認め合ってするものだと説教するとゲカぷりは素直に認め、結婚アドバイザーの智美はカナロの成長を喜びます。

アスナはツヨソウルを使い、何が高スペックだと言って斬りかかりマイナソーを圧倒すると、カナロの説得が上手くいった結果だとトワは気付きます。

アスナが追い込んだところで、バンバとカナロも合流。

カナロはマイナソーの弱点は内部、持てない男は内面が打たれ弱いと指摘すると、コウはドッシンソウルを使い、内側から破壊するとパンチのラッシュ。

しかし、マイナソーのブレードに阻まれます。

そこに、そいつは強いのかとガイソーグ登場。

コウはナダが味方になってくれるのかと喜びますが、ナダはこの鎧は敵も味方もなくただ強い相手を求めているとマイナソーに向かい、エンシェントブレイクエッジでマイナソーのブレードを破壊。

コウはディーノソニックブローで高スペックマイナソーを内部から破壊。

コウはナダにガイソーグだろうと関係無いナダはナダだと信じていたというと、ナダはマスターレッドが認めた男なだけはあったんだとコウを完全に認め、悔しいと言います。

コウはやっぱり仲間だと言うと、トワはナダが鎧に支配されると言っていた事を思い出し、コウに灘から離れるように言いますが、ナダはコウを後ろからばっさり。

という事で、新たにピーたんという空のリュウソウ族が、何が出来るのかわからないままですが合流。

ナダはガイソーグをまとった事によってマスターグリーンの事を知っていて、マスターグリーンはガイソーグのせいでドルイドンは倒しものの自分の村を壊滅させるという末路をたどったと教える事に。

前に出た総理はマスターグリーンが中にいた頃のガイソーグを知っていたという事ですかね。

そして、コウはナダに斬られましたが、次はナダをガイソーグから引き離すという事になるのでしょうかね。

おまけ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる