今日のNBAマガジン 3月号

今月もNBAマガジンが放送ということで、今回はレギュラーの2人にゲストにアルバルク東京の「KJ」こと松井啓十郎選手

キャブスはデロン・ウイリアムズ補強、ケビン・ラブ復帰と優勝に向けて全てのピースが揃うという上昇を感じさせるもの。

ウォーリアーズはケビン・デュラントが靱帯損傷・頚骨挫傷で離脱した影響で3年ぶりの3連敗、穴を埋めるのに試行錯誤中。

Re:FOCUSのコーナーでは明暗分かれた2強としてキャブスとウォーリアーズの両チームを再点検。

デリック・ウイリアムズ、デロン・ウイリアムズ、ラリー・サンダーズの補強でPGとインサイドというチームの穴をふさいだキャブス、あとの課題は揃った駒をレブロン・ジェームズがまとめられるかだけ。

ウォーリアーズはデュラントというトップスコアラーを怪我で欠く事になり、ローテーションが回らない状況で平均得点も118.1から105.4と大幅に減少。

穴を埋めるのはオールラウンダーのドレイモンド・グリーンに期待。

このコーナー中、何故か水野裕子と塚本さんはKJに集中砲火するような感じに(苦笑)

続いて各カンファレンスの上位4位までをおさらい。

ロケッツはジェームズ・ハーデン4試合連続のトリプルダブルで勢いに乗っている。

ウィザーズはジョン・ウォールが2度の週間最優秀選手賞を受賞するなど勢いに乗っている。

ダークホースとして注目としてジャズ特集。

ジャズ特集という名のゴードン・ヘイワード特集でドラフト9位で入団してからプレイオフ進出無しという辛い日々を送りながらも着実に実力を積み重ねてきて、今シーズンは自己最高の平均得点、オールスターに初出場などこれから楽しみ。

ジャズは1試合平均失点NBA最小という堅守のチームであり、ボリス・ディアウ、ジョージ・ヒルといったスパーズ経験者だけではなく、スパーズでACをしていたホークスのマイク・ビューデンホルツァーHCの下でACを経験してきていて、スパーズの流れを引き継いでいる。

ルーズボールNBAのコーナーは

ウルブスの試合が結露で延期、リチャード・ハミルトンが永久欠番、ニックス演出一切無し試合は選手からは不評だったというのをさらりとふれて、からウエストブルックの細かすぎるこだわりとして、くつひものほどけた子供を見つけてから付近にいた子供達の靴紐をチェックしたというお話と、ダーク・ノヴィツキー史上6人目の通算3万得点、元祖外から打てる大型選手として歴史に残る選手ということで、KJは一緒に写真撮ったことがあると持ってきていました。

プレイオフ進出争いチームの特集では

ナゲッツはジャマール・マレー、エマニュエル・ムディエイ ニコラ・ヨキッチといった若手の躍進がチームをプレイオフ争いに引き上げてきているとして、特に未来のエースとマイケル・マローンHCが語るニコラ・ヨキッチ特集。

2試合連続のトリプルダブルを達成するなど視野が広くパスの上手いオールラウンダーとして注目。

ヒートはディオン・ウェイターズの勝負強い攻撃、怪我から復帰でチームの得点を大幅にあげたというのと、ハッサン・ホワイトサイドがリーグ1位のリバウンドと3位のブロックで守備の要として君臨し攻守が揃ってプレイオフが届くところまで順位を上げてきた。

優勝予想の確認はKJがシーズン開始直後から変わらずウォーリアーズ、水野裕子がクリッパーズからキャブスに 塚本さんがブルズからキャブスとMC陣2人は予想を変更、Re:FOCUSのコーナーで当たりが強かった理由のネタバレ。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン74戦目

マジック112-131ラプターズ

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG エヴァン・フォーニエ
SF テレンス・ロス
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

ラプターズ相手に勝てるとは思っていないので、まぁこんなもんでしょうとしか思いませんが、とりあえずテレンス・ロスは古巣相手にアリウープダンクやスティールから速攻で360°ダンクをしたりと見せ場を作っての17点4スティールと元気な姿を見せられて良かったねと。

どうにもスタッツをチェックしていて寂しくなってしまうのがヴチェヴィッチが15リバウンドなのは嬉しいのですが、その次がベンチスタートのビスマック・ビヨンボの5リバウンドで、このリバウンドの数がヴチェヴィッチを除いたスターター4人のリバウンドと同数っていうことですよね。

得点だけ見れば先発全員2桁得点、ペイトンとフォーニエが22点と20点と悪くはないのに、リバウンドを見た瞬間に残念な気持ちになる。

なかなか、チームとしてバランス良くやるべき事をやるというのができないチームだなぁと。

ラプターズの方ですが、どうしてもシーズン中にトレードで出したサージ・イバカが気になりますが、16点7リバウンドFGが5/10で3Pも2/2と効率よく決めていたりして、改めて弱いチームを強くする主軸選手という役割を与えるよりも一定以上強いチームでチームの主軸では無いけれどもスターターとして序列3番目4番目というポジションを与えておくと生きるという選手になっているなって。

サンダー時代も序列3番手というのが落ち着きが良かったわけで、キャリアとしてこれから右肩上がりを望むというよりも右肩下がりを防ぎつつ、ベテランの経験をチームに還元する時期になっている以上、マジックでの役割そのものに無理があったというだけでしょうね。

ダマー・デローザンが36点とスコアリーダーですし、得点の優先順位が絶対に上という存在がいた方がイバカにもはまるということでしょうし、明確なスターターを置けなかったラプターズにとってはイバカは良い補強になっていると言う事で、マジックはラプターズを助けているなぁと思わずにはいられませんでした。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

昨日のBS サンダーvsロケッツ

サンダー125-137ロケッツ

今シーズンのNBA屈指の個人戦といっても過言では無いサンダーとロケッツの試合。

シーズンでトリプルダブルができるPGとして注目を集めるラッセル・ウェストブルックと、ボールをもってなんぼ、ボールを持ちまくってシュートも打ちまくるSGから、ボールを占有するのを止めさせるという方法論から脱却し、ボールを持ちまくっていいから、ゲームコントロールもしろとPGにコンバートして予想以上に成功しているジェームズ・ハーデン、共に個人スタッツを稼ぎまくり、チームの勝敗に直結しまくりということで、MVP候補に挙げられるという、MVPは個人賞なのかチーム賞なのかというあり方から議論を巻き起こすという意味も、NBAとしても注目度が上がって喜んでいるんじゃないかなというものですね。

今回のプレイヤーズゲストにはシーホース三河の橋本竜馬選手。

立ち上がりサンダーがゴールに嫌われて完全に出遅れ、ロケッツが主導権を握る。

早めのタイムアウトなどで修正し、徐々に点差をつめるものの、3Pを決めるロケッツの方がその分だけ得点を伸ばし31-37で1Q終了。

ロケッツはベンチスタートのサム・デッカーがチームを勢いづける得点を重ねると、火が付いたロケッツは3Pが決まりまくり、いかにもマイク・ダントニが率いているなという超攻撃的になるのに対し、サンダーはノーガードの打ち合いになるには安定感が無く、バタバタしてしまい59-79と20点差がついて前半終了。

点差がついて余裕が出来たロケッツはサンダーが必死に追い詰めると余裕を持って3Pで突き放すという慌てなくても良いからこそできる形となり、追い打ちをかけるようにハーデンのブザービーター3Pを決めて88-113という試合が終わってもおかしくない得点で3Q終了。

ここまで点差がつくと、サンダーがいくら爆発力を持っているチームだとしても難しく、そのまま試合終了。

ロケッツはエリック・ゴードンとトレバー・アリーザのスターターSF2人が24点、ハーデンが22点12アシストとスターターの3人が20点越え、ベンチスタートのルー・ウイリアムズが31点でスコアリーダーと点を取りまくりでしたね。

多少気になるのはこれだけ点差をつけても、8人ローテーションで終わらせたということですかね、ベンチ入りの他の選手は怪我なり体調不良なりでプレイ出来ないレベルだったんですかね?

サンダーもウエストブルックが39点11リバウンド13アシストのトリプルダブルでしたし、事数字に関しては普通の試合ならば悪くない感じになってしまいますが、チーム3Pがサンダーが11/30と常識的なところに落ち着いたのに対して、ロケッツが20/39とおかしな事をしていたというのが全てですね。

このままいけばプレイオフ1回戦で当たる可能性があるという事ですが、さすがに同じ展開はできないでしょうね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の読書 砂の城の殺人/谷原秋桜子

行方不明になっている父親を探すために、アルバイトをして資金を貯めている女子高生の倉西美波が高額のアルバイト代に乗っかってしまったが故に事件に巻き込まれてしまうと言う青春小説の本格ミステリーシリーズの3作目になります。

この作品からいわゆるラノベのレーベルから出版されていたという形から抜け出し最初からどベタに本格ミステリーを出している創元推理文庫で発表されていて、本格ミステリー濃度は高めになっています。

バイトの関係で入った先の廃墟でミイラ化した死体を見つけてしまうというのが今回の主な事件になりますが、過去の殺人、親族内のゴタゴタ、事件現場の怪奇性、外部との連絡がとれない状況といかにもな要素が詰め込まれまくっていて、かなり狙っているなぁと。

愛川晶が正体を隠して名義を換えて書いた作品になるわけですが、同時期に愛川晶の作品はいかにもな本格ミステリー作品から神田紅梅亭寄席物帳シリーズのように日常の謎系っぽいノリの作品へと変化している感じがしましたが、いかにもな古典的な本格ミステリーっぽく詰め込んだ作品は名義を換えて書いていたのかと後追いで読んでみると感慨深くなりますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の仮面ライダーエグゼイド 第24話

「大志を抱いてgo together!」

ロック、テクノ、和を融合させた異色のロックバンドのネイロンズのボーカル岩本ソラが腹部を強打し腹腔内出血の怪我を負ったということで運ばれてきて、飛彩と永夢が手術を担当する事に。

飛彩の迅速なオペが無事終了、飛彩は黎斗が救えなくて永夢が落ち込んでいるかと思いきや、そうでも無かったのを意外に思いますが、永夢は患者は他にもいるから立ち止まってはいられないと、医者という職業上割り切らなければいけない所は割り切れるだけの成長も見せていて、3ヶ月の外科研修も終了。

病室ではバンドの内輪もめが始まると、そのストレスで手術したばかりのソラだけではなくメンバー3人がゲーム病発症。

体を乗っ取られた3人は病院内を走り出し、病人と激突。

永夢は飛彩に患者を任せて追いかけます。

追いつくと、モータスバグスターレベル20、ガットンバグスターレベル40、カイデンバグスター40段と前回登場よりもレベルアップして出現。

明日那がやって来て3体同時に相手は無茶と永夢を止めようとしますが、永夢は天才ゲーマーとして腕の見せ所と楽しそう。

そこにラッキーがやって来て戦闘に参加。

2タイでの戦いだとラッキーは言いますが、永夢はマイティブラザーズXXでだーーーーい変身で3対3へ。

戦闘開始するも、ガットンバグスターとカイデンバグスターは早々にこんなことをしている場合では無いと撤退。

残ったモータスバグスターを永夢とラッキーで仕留めにかかるも、あと一歩のところでモータスバグスターも撤退。

永夢はラッキーに手伝ってくれたことに礼を言うと、ラッキーは手伝ってくれる仲間はいないのかと返し、永夢は3人の心強い仲間がいると答え、ラッキーはそれを聞いて安心して去って行きます。

3人の仲間とは飛彩、大我、そして貴利矢。

バンドが売れないことが理由で最近喧嘩が増えていたということで、ソラは迷惑をかけたと永夢達に謝ります。

逃げたバグスターはシドとシシドにストレスを与えようとするはずだから、ないか心当たりはないかと明日那が聞くと、ソラはいつか聖都スタジアムでライブをするのが夢、それがかなわなくなることがストレスになるかもと。

永夢は3人で落ち着いて話し合うことを薦めます。

気持ちをぶつけ合って喧嘩するのはお互いのことを必要としているから。

同じ目的を持っている仲間ならばきっと分かり合える。

ソラに語ったことはそのまま自分にも当てはめていたということで、永夢は飛彩と大我に3人で力を合わせて逃げたバグスターを倒そうと提案。

しかし案の定仲間になった覚えはないと言われ、大我にはガシャットを賭けて勝負を持ちかけられる始末。

永夢は明日那にソラを任せてバグスター捜しへ。

CRに患者の見舞客が来て、明日那が対応。

見舞客は天ヶ崎恋という名の異様に気障で濃いぽっちゃり体型のおっさん。

明日那は戸惑いますが、渡された名刺から幻夢コーポレーションの代表取締役だと知ります。

聖都スタジアムにカイデンバグスターが現れると大我とニコがやって来ます。

大我は第伍拾戦術で変身。

ガットンバグスターが聖都スタジアムに姿を現わすと、飛彩がやって来て術式レベル5へ変身。

天ヶ崎は新作ゲームの制作中で、そのテーマソングの最終オーディションで怪我させてしまったのがソラということでやって来た。

患者の様態が芳しくない事を知った天ヶ崎は今度の新作ゲームに社運を賭けていただけに、このままだと幻夢は倒産だと大げさに振る舞います。

明日那は幻夢コーポレーションはふるさとだから倒産は絶対に嫌だと言うと、ドレミファビートから生まれたバグスターであることを打ち明けポッピーピポパポになります。

それを見た天ヶ崎は、君に出会うために生まれて来た、君こそは幻夢の救世主、救いの女神とポッピーピポパポをどん引きさせます。

天ヶ崎はその勢いで勝手に病室に侵入すると、ソラに今回の不測の事態を詫びながらも勢いで今回は縁が無かったとオーディション落選を告げます。

それを聞いたソラはストレスマックスでモータスバグスターは全開になって飛び出します。

ポッピーピポパポは永夢にその旨を伝えると、連絡を受けている永夢の目の前にモータスバグスター出現。

ポッピーピポパポも現場へ向かおうとすると天ヶ崎はそれを遮り、新作ゲームのテーマソングを歌うようにと要請。

永夢はマックス大変身でモータスバグスターと戦闘開始。

マキシマムマイティクリティカルフィニッシュでリプログラミングし、モータスバグスターのバイクを使えないようにします。

天ヶ崎にテーマソングを歌うように言われて戸惑っていたポッピーピポパポですが、天ヶ崎に説得されているうちに目が赤く光りノリノリで歌い始めます。

大我はカイデンバグスターの剣勝負には乗らず自分の間合いで撃ちまくり、飛彩はガットンバグスター相手にレベル差があり苦戦するも透明化で一気に追い込み、永夢はモータスバグスターの走り屋を封じて追い込み、三者三様に追い込んでいきバグスター3体が一か所に追い込まれたところ、バンバンクリティカルファイア、ドラゴナイトクリティカルストライク、マキシマムマイティクリティカルフィニッシュ。

同時発射で誰が本当にトドメを刺したのか分からないまま大我も飛彩も自分が勝者と言いますが、永夢は取り合わずネイロンズの3人が治ったことを告げます。

ネイロンズはとりあえず、今回のことで喧嘩は収まり、今後の事は話しう事に。

しかし、ソラは急に苦しみ出します。

動き回ったせいで内蔵修復部が再出血した可能性があると永夢が診断すると、飛彩が後を引き受け、大我は救急車の手配をしたりと何だかんだでチームワークが良いところを見せます。

パラドはバグスター達を復活させます。

その中にはグラファイトの姿も。

完全体になっていればいつでも復元できると言うことを黎斗は知らなかったとパラドは説明します。

バグスターが9人揃ったところに、天ヶ崎がポッピーピポパポを連れて帰ってきます。

最初から全てポッピーピポパポを洗脳する作戦であった。

これでプレイヤーは全部揃い仮面ライダークロニクルのゲームスタート。

ということで、こっちもコラボというほどキュウレンジャーとの絡みは無し。

かつてのように、ロボットが後ろで動いているのを後ろ後ろ!みたいになるのはやらなくなってしまいましたね。

本筋を進める方を優先した方が良いですからね。

で、黎斗がいなくなり今回から新たな展開ですが、ついに幻夢の新社長が登場ですが、また濃いのが出てきましたねぇ(苦笑)

バックボーンがどうなっているのか全く分かりませんし、濃い振る舞いもどこからどこまでが本気なのか分からないのですが、インパクトだけはお腹いっぱいでした。

ポッピーピポパポがバグスターで会ったことは前にも出てきていましたが、こういう繋がりになっていくと言う事なんですね。

改めてバグスターである事を承知で来ていた衛生省の思惑からどういうことだったのかというのも気になりますねぇ。

おまけ

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム