fc2ブログ

今日のゼンカイジャー 第44カイ!

「SD=スモール+デッカい?!」

前回のゼンカイジャーステイシーがいきなり味方面してきた、ニコニコしているし、しれっとカラフルに遊びに来るしなんか変。

征服は進まん反逆するものまで出る、怒りを通り越して萎えてくるとボッコワウスの機嫌はよろしくなく、ゲゲも最近甘えてこないと愚痴ると、ゲゲは甘えても良いかなぁってといきなりモードを変え、使ってみたいトジルギアがあるんだと言います。

ゴールドツイカー一家がキカイたこ焼きの半額セールで大量に食べているとガオーンとブルーンがやって来て、半額セールを教えられます。

そんな中いきなりSDワルドが襲ってきて、SDスパークでガオーンやブルーンそこら辺にいた人々がSDにされてしまいます。

ガオーンとブルーンはこの姿はカッタナー達と同じと焦り、ずっと探していたギアだとフリントは気を引き締め、ゾックスはカッタナーとリッキーに人間に戻るまであとちょっとの辛抱だと言うと、スーパーチェンジ痛快。

ゾックスが戦い始めたところに介人たちもやって来てチェンジ全開。

ゾックスは介人を邪魔扱いし、SDワルドの鉄球ハンマーを掴んだ介人はそれに振り回され、SDにされたガオーン達は吹っ飛ばされ、それを気にしている隙にSDスパークでジュランとマジーヌまでSDにされます。

フリントは私が行くと参戦するもクダックに襲われ、ゾックスが助けに入るとSDワルドが隙ありとSDスパーク。

ゾックスはフリントをかばいながら避けるもギアタリンガーがSD化してしまいチェンジが解けます。

セッちゃんは介人にダイレンジャーのギアを使うように指示し、介人はシシレンジャーの幻相鉄線を使って撤退。

ジュランはしくじったと介人に謝り、小さくなったギアタリンガーを見てフリントはこれじゃあギアは使えないなぁと。

僕からの手土産どうだいとステイシーが現れます。

SDトジルギアの事は言っていないとフリントが訊くと、ステイシーは海賊トピアには人間しかいない、なのに弟くんたちがその体ということはSDトピアと何か関連があるはずだ、確かあの世界にはあらゆるものをSD化する呪いが生まれたと聞いている、ここまで来たら想像出来ると答えます。

また何か騙そうとしていないかとジュランは警戒するも、ゾックスはだったとしても感謝する、SDトピアを解放する絶好のチャンスに変りは無いと。

みんなで力を合わせてワルドを倒すだけだとフリント達は言うも、お前らは来るな、さっきので分かったろうお前らが来ると俺が本気出せない、ゴールドツイカー一家の率いる長の仕事だ誰の手出しも無用だとゾックスははねつけます。

ジュランはそんな事をと呆れると、ゾックスはお前らもだと介人に向かって言います。

ゾックスと介人の間に不穏な空気になっているところ、セッちゃんからSD化された人達がいろいろピンチだと連絡が入ります。

その間にゾックスは1人で突っ走り、介人は川で流されいるターさんや、子供達におもちゃじゃなくて人なんだと教えたり、鳥に運ばれてネットに絡まってしまっていたガオーンを次々に回収。

SDワルドを探しているゾックスを見付けた介人は何でそんなに1人でやろうとするのか訊きます。

俺らの親父は俺を守って死んだ、海賊トピアではよくある争い、その綾地から家族を守る役目を引き継いだ、これは俺の誇りでありけじめだと答えます。

理屈じゃないということかと介人が言うと、功を助けた礼のつもりなら手を出さずに黙ってみてろとゾックスは返します。

その時風船に絡まったブルーンが飛んで行くのを介人は気付きそっちを気にしているとゾックスは消えています。

このまま何もしないで良いのかとジュランが訊くと、フリント達は良いわけないがアニキが手を出すなと言ったら絶対だしと。

マジーヌはあいつはちゃめちゃ頑固だというと、それが私らが好きな兄貴なんだとフリントは言います。

ぶっちゃけ寂しいんじゃねぇかとジュランが言うと、だからといって戦いの足を引っ張りたくないとフリントは答え、武器持って暴れるだけが戦いじゃねえんだとジュランは言います。

SDワルドが大雨の中人々を襲っていると、ヨホホイとゾックスが登場。 

ツーカイザーになれないお前には無理だとSDワルドが煽ると、なめんな!俺はゾックス・ゴールドツイカー様だと戦闘開始。

クダックやクダイターの皆さんもワラワラとやって来てゾックスは孤軍奮闘。

そこに介人が飛び込んできます。

ゾックスは介人に手を出すなと言ったろと言うも、残念俺らもいるんだわとジュラン達も現れます。

SDワルドはお前だけの敵じゃないんだがとマジーヌが言うと、ブルーンは私たちも街の人々も被害者ですからと続きます。

その街のヤツらほっといて良いのか危ねぇんだろうとゾックスが言うと、ヤツデ達に頼んできたから大丈夫とガオーンは返します。

ヤッちゃん達はSDになった街の人達を見付けて水たまりから救いだしたりしていると、雨はやみ空には虹が浮かびます。

介人はゾックスに最初に言ったよな、お前は好きにすれば良い俺たちはお前の分もみんなを守ると、だからお前は勝手にしろ、俺たちは皆を助けるために戦いに来たと言います。

ずるい言い方しやがってとゾックスは言います。

介人達はチェンジ全開。

ジュラン達もSDヒーローで小さくなっても全力全開。

SDワルドはSDスパークをゾックスめがけて放つと、カッタナーとリッキーがもうSDだからどんなに食らっても同じ、盾くらいにはなれるとゾックスを守ります。

フリントはちっちゃいギアタリンガーに合わせて、ちっちゃいギア作ってやったとゾックスに投げ渡します。

ゾックスは誰も俺の言う事聞きやしねぇと嘆くと、それを使ってチェンジ痛快。

介人はそれを見てさらに奮起、ジュラン達も小さいなら小さいなりにやれることがあると奮闘。

ガオーンまたたび乱舞、ミッション開始とブルーンが穴を掘ると、マジーヌはヌヌヌマジーヌ必殺バナナ落としでクダックを穴に落とします。

ゾックスはオーレンフォームになりツーカイザー超力カイザーナックルで痛快にトドメ。

みんな無事に元に戻った。

ニュークダイテストが現れダイSDワルド出現。

ゾックスは流石に無理をし過ぎて立っていられなくなると、介人はこれからは俺たちでとゼンリョクゼンカイオーで応戦。

ダイSDワルドはでかい奴はこうしてやるとスモール光線。

ゼンリョクゼンカイオーが避けると、代わりにスモール光線にあたったビルが小型化。

ダイSDワルドはスモール光線を連発、よけるたびにビルが小さくなります。

ダイSDワルドはでっかいビームでビルを今度は巨大化し、ゼンリョクゼンカイオーはビルに挟まれます。

身動きが取れないゼンリョクゼンカイオーにスモール光線を放ちゼンリョクゼンカイオーは小さくなります。

ダイSDワルドがゼンリョクゼンカイオーを踏みつぶしにかかったところ、クロコダイオーからヨホホイとゴールドツイカー一家のゼンリョクの一撃。

ダイSDワルドがよろけたところ、SD版オール戦隊ファイナルビッグバンからのカッタナーとリッキーによるとどめ。

SDトピアが解放された。

ゴールドツイカー一家はSDトピアに旅立つことになった。

旅のお供にとヤッちゃんは駄菓子を餞別に渡します。

全部終わったら遊びに来てやるとフリントは言い、今のステイシーを信用するなとゾックスは介人に言い残し、この世界楽しかったサラバーイとゴールドツイカーは旅立ちます。

あるべき場所にお帰りとステイシーは界賊達の旅立ちを見送ります。

ということで、SDトピアというネタに出来そうな感全開なものながら、ゼンカイジャーとしてはシリアスな展開となり、ゴールドツイカー一家はSDトピアに旅立っていきました。

SDトピアを解放すれば元に戻るのではなく、カッタナーとリッキーにかかった呪いを解かなければならないというのが厄介になるのですが、果たして戻す事になるのかどうか、戻ったら戻ったで戦力としてはマイナスになってしまうのですよね。

そして、ステイシーというかゲゲの狙いは何なのですかね?SDトピア解放は界賊達を旅立たせようとする狙いもあった感じですが。

今日の仮面ライダーリバイス 第19話

「デモンズ注意報、ヒロミ包囲網!?」

ボルケーノバイスタンプの力によってフリオを悪魔から分離出来たということで、さくらは一輝達ならアギレラの悪魔も分離出来るのか尋ねます。

一輝は任せるように言うも、当面の問題はオルテカ、あのスタンプを押されると陽介さんのように悪魔に食われてギフテリアンが誕生すると口にします。

オルテカはフリオのおかげでリバイスが改めて危険だと分かった、今彼らと戦うのは得策ではない、狙うのは門田ヒロミだと信者の前で宣言。

門田はメディカルチェックの検査結果、あらゆる数値が軒並み80歳オーバーであり、仮面ライダーに変身は禁止だと言われた事を気にしながらデモンズドライバーを見ていると、ドライバーから不気味な笑い声が聞えてきて戸惑います。

明石長官は狩崎にデモンズドライバーの様子について訊くと、狩崎は順調これが元に戻るのもそう遠い話では無いと答えます。

若林司令官の墓標に門田は花を持ってくると、そこにいた千草に任務の状況を確認します。

千草はオルテカにまだ動きはない門田は慎重に頼む潜入がバレたら危険だと指示、千草に門田司令官と呼ばれ司令官か、俺は若林司令官には遠く及ばないと弱音を吐くと、千草は同期の誇りだと門田を勇気づけます。

そこに竜彦が現れ、違うそいつは最低な男だ断言。

フェニックスの検査から父ちゃんが帰ってくると、重病みたいだ俺に何かあったらママさんを頼むと深刻な状況。

病名はひどい虫歯ということで一家で総ツッコミ。

ご飯はカレーということで、バイスはカレー食べたいと一輝にねだりバイス実体化。

しかし母ちゃんに食べようとしたこと許していないとカレーは取り上げられます。

大二は一輝に門田が本人はそんな事は無いと行っているけれども、調子悪そうだから心配だと言うと一輝もいつも無茶するしと察します。

そこにフェニックスを除隊した山桐千草から門田について話したいことがあると大二に連絡が入ります。 

千草は一輝と大二にフィニックスを除隊したわけではない、オルテカの元に信者として潜入していると。

定時連絡で門田に会った時に田淵竜彦がやって来てと3人は同期だと写真を見せると、そこで門田の様子がおかしい事に気付いたと。

一輝が詳しく話を聞かせてくれるようにと頼むと、竜彦が門田に向かって若林司令官を守れなかった、司令官や仮面ライダーになる資格は無い、デモンズドライバーを渡すように迫ると、門田は竜彦におれは上官だとはねつけた直後に倒れた。

千草はかなり危険な状態かもしれないから無茶をさせないで欲しいと頼みます。

大二は絶対に無茶はさせないと請負い、一輝は珍しく率先して請け負わずに千草を観察。

空手道場でさくらが稽古をしていると、フリオがやって来ます。

フリオではなく玉置って呼んで欲しいと言うと水を差し入れし、命を救ってもらった身だから敵対する意志はないとし、アギレラ様のことで来たと。

その様子を牛島光はしっかりと見ていた。

さくらはアギレラのもとへ行き、アギレラの話し相手になって欲しいと玉置に頼まれたと言うと、目を覚まして一輝なら悪魔から分離出来る、普通の人間として生きていけると説得しようとします。

しかしアギレラは普通の人間なんの冗談とさくらに襲いかかります。

さくらは変身して応戦しリベラルスラッシュでアギレラを止めると、話を聞いて、現実を見て欲しいと説得を続けますが、アギレラは望むのはギフ様の復活、二度と会いに来ないでと決裂。

その様子も牛島光は監視。

大二と一輝は門田が倒れたと聞いたとやって来ると、門田は心配するなと答えるも、大二は無理しないでと一輝以上のお節介感を出し、門田は大丈夫だと言っていると強弁するも、一輝が去ろうとする門田の腕をとろうとし、それに門田が痛がると本当の事を教えてくださいとさらに迫ります。

門田は諦めて体が限界らしいと答えます。

大二はそれなら俺たちに任せて戦わないでくださいと言うも、門田はヒーローになりたかったんだと拒否。

同期の中で最も劣っていて隊員をやめようと思っていた、ある時若林司令官がヒーローの条件を知っているか、己の力を知っている事、敗北し挫折しそれでも這い上がってきた者こそ最も強い真のヒーローだ、戦いを辞めるのも続けるのもお前が決めるしかない、お前自身の戦いだと言われた。

死に物狂いで努力し仮面ライダーになった、ヒーローであり続けるために戦うそれが夢だ、ここでやめるわけにはいかないと言うとその場を去ります。

大二は行かせてしまった一輝に対して、いつものお節介はどうしたいつもなら何があっても止めるだろうと責めて門田を追います。

門田は狩崎に詰め寄りデモンズドライバーの秘密を教えるように迫ると、狩崎は知って面白い物じゃないと誤魔化そうとするも、誤魔化しきれず本来君の物じゃないと。

そこに大二が走ってきて2人が揉めているのを止めます。

門田は千草から連絡を受けると、オルテカは大量のギフテリアンを作ろうとしているらしいと知り現場へ向かおうとします。

大二は己の力を知っているのがヒーローなんですよね、死んだら誰も助けられない、今は体を治すようにと門田を説得し一輝と現場へ向かいます。

一輝は田淵竜彦分隊長とすれ違うと呼び止め、千草に3人の事、潜入捜査の事を聞いたと言うと、竜彦は何で潜入捜査のことをお前にといぶかしげ。

千草は門田の体を心配してと言うも、お前には関係の無いことだと竜彦はつれない答え。

竜彦は門田の所へ行き、千草から3人で話したいことがあると連絡が入った事を伝えます。

一輝、大二フェニックスの隊員達が教えられた現場に着くとオルテカの姿はなく大量のギフジュニアが襲ってきます。

何か考えた後に一輝は大二に向かってここを頼むと言い残して現場から離れます。

大二は戸惑いながらも変身し戦闘開始。

門田は竜彦に付いていくと何を企んでいると聞きます。

竜彦が何のことかと聞き返すと、千草は直前にオルテカの情報を送ってきた、その直後に3人で会いたいなんておかしくないか目的は何だと達彦に銃を向けようとすると、千草がやって来て門田と竜彦両方に銃を向けます。

目的それはこういう事と千草が言うと、オルテカが現れます。

オルテカは門田ヒロミを呼び出すことに成功した、邪魔なリバイス抜きでと千草を褒めます。

ダブルスパイってやつと千草はあっさりと自分のやった事を白状すると、デモンズドライバーを渡してもらいましょうかとオルテカは迫ります。

大二は倒しても倒してもワラワラ出てくるギフジュニアの数が多すぎるとジャッカルゲノムでジャッカルジャスティスフラッシュで掃討。 

門田は変身せずにオルテカ相手に戦い追い詰められていると、竜彦が何とか助けようとします。 

しかしオルテカ相手に返り討ちにあい、千草に背後をとられ人質状態に竜彦はなってしまうも、それでもデモンズドライバーは渡さないと抵抗。

オルテカは楽にしてやると竜彦にギフスタンプを押そうとしたところで一輝が駆けつけスタンプを押させず。

一輝はバイスを実体化させて竜彦を救わせます。

千草はせっかく足止めしていたのにどうしてここにと疑問を呈すと、一輝は俺と大二に信用させるためわざわざ潜入捜査官である正体を明かした、体を理由に心配させ門田を孤立させようとしたと気付いた理由を言うと、門田は千草にどうしてフェニックスを裏切ったと叫びます。

フェにクスの真実を知った、だからオルテカに従ったと千種が言うと、どっちが正義か教えてあげましょうとオルテカが迫ります。

一輝は変身しオルテカと戦闘開始。

グラシアスデッドマンズと千種は去って行きます。

門田は竜彦に疑ったりしてすまなかったと謝ると、竜彦は理由も言わずに突っかかって悪いのは俺だというと、お前の体の不調はデモンズドライバーの副作用だと調べた、お前を守りたかったと。

だからドライバーを取り上げようとしたという竜彦に対し、不器用な奴だと門田は言うも、そっくりそのまま返してやると言い返されます。

ギフテリアンが現れ、よく来た選ばれし者とオルテカは歓迎。

一輝はまた人間を犠牲に絶対に許さないとボルケーノレックスゲノムとなります。

門田ははデモンズドライバーを取り出して変身しようとすると、デモンズドライバーはお前の命食らうと言い出します。

ということで、デモンズドライバーが門田の体にダメージを与えるという副作用がはっきりしましたし、デモンズドライバーをオルテカが狙ってきたと。

門田の同期である竜彦と千種が登場しましたが、千種は潜入捜査官としてデッドマンズに潜入していたらダブルスパイになってしまっていたと。

フェニックスがどこかしら胡散臭くまるまる信用は出来ない感じというのは散々出ていましたから、そろそろその部分を出してきても良いのかもしれないですね。

フェニックスが胡散臭いからといってデッドマンズに寝返るとなるほどデッドマンズが良いのかというと疑問だらけでもありますけれどもね、カルト教団はカルト教団で胡散臭くても嵌まる人はどっぷりになりますけれど。

フリオから玉置に戻りアギレラのことを気にするわけですが、アギレラが今後どうなっていくのかとか、牛島家息子さくらを監視しすぎとか今後に繋げる前振りだらけで、これをどうしていくのかが気になります。

今日のマジック レギュラーシーズン 47戦目

レイカーズ116-105マジック

今日のスターターは
PG コール・アンソニー
SG ジェイレン・サッグス
SF ゲイリー・ハリス
PF フランツ・ワグナー
C  モハメド・バンバ

今のレイカーズ相手ならば上手くすれば勝てるかもみたいに思ったんですけれどもね、まあチームとしてのものがなっていなくても個人技でどうにかされてはしまいますなぁ。

期待のルーキーみんな大好きフランツ・ワグナーはFG6/9と決めて15点3リバウンド3アシスト2ブロック、同じく期待のルーキーであるサッグスは22点4リバウンド9アシスト2スティール2ブロックと数字は稼いでいるのですが、FG6/16、3Pが1/7なのは、ベンチスタートと比べて効率が悪くなるのはどにかならんかなぁと。

久々に復帰したウェンデル・カーターJrは19点5リバウンド1アシスト1スティール1ブロック、FG6/10だったりするので、スターター扱いだった選手が欠場明けベンチスタートに回ると確率が良くなるとかあるんですかね?


レイカーズはレブロンが29点7リバウンド5アシスト1スティール1ブロック、ラッセル・ウェストブルックが18点11リバウンド7アシスト3スティール、ベンチスタートのカーメロ・アンソニーが23点3リバウンド1ブロックと過去の栄光に恥じない事をマジック相手ならばまだまだ出来るという事で。

マジックでもレイカーズでも先輩となるシャックが来ていたのがプレッシャーだったのか、ドワイト・ハワードは4天4リバウンドとスターターで出ても過去の栄光は見せなかったですけれどもね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の読書 御坊日々/畠中恵

江戸時代から激変した明治時代、変化が一通りめぐり渡った明治20年、浅草の東春寺は檀家もいない廃寺同様なところから、相場師として主な収入を得てなんとか切り盛りする僧侶の冬伯と相場師という不安定極まりない仕事は辞めて欲しいと考えている弟子の幻泉が切り盛りしていた。

その東春寺に悩み相談などなどトラブルが持ち込まれてという、畠中恵作品らしい連作短編型長編になっています。

僧侶と相場師という聖俗併せ持つからこその解決方法は今までの畠中恵作品の要素をかき集めています。

どうしても強力なシリーズ物を抱えていているので、シリーズ物の著作が増えていきますが、そこから離れた作品も新鮮ですね、独立作品かと思ったものが好評でシリーズ化していくこともあるので、この作品が非シリーズ物と言い切れるのかどうかは現段階では分かりませんけれども。


テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日のマジック レギュラーシーズン 46戦目

マジック110-123シクサーズ

今日のスターターは
PG コール・アンソニー
SG ジェイレン・サッグス
SF ゲイリー・ハリス
PF フランツ・ワグナー
C  モハメド・バンバ

バンバがFG12/15、3Pを7/8と決めまくって32点4リバウンド2アシスト3ブロックと大爆発、こういう事を出来るから見限るには早いと思わずにはいられないんですよね、ファウルアウトしていますし、諸手を挙げて賞賛だけできないというのもありますけれど。

復帰後初スターターに回った期待のルーキーであるサッグスは14点9リバウンド5アシスト2スティールなのはまずまずですが…改善したと思ったFG%は5/14とまたもや低くなってしまってベンチスタートの方が結果が出やすいのかと…

ベンチスタートに回ったチュマ・オキキが3P6/7と決めまくって18点3リバウンド1アシスト1スティールですからね、何かスターターだと上手くいかないとかいう事があるのならばチームとしてどうなのと。


バンバの大爆発に喜んでいたら、シクサーズはジョエル・エンビードが50点12リバウンド2アシスト1スティール3ブロックとさらい上を行っていて格の違いを見せつけられたことになりますが、結果どうこうはともかく、センター以外の何物でも無いセンター同士がスコアリーダーとなる試合って昨今珍しくて嬉しくはなるんですよね。


変則的な選手の出入りが激しいシーズンになっていますが、トレードも決まったということで。
ナゲッツがスパーズからブリン・フォーブスを獲得
スパーズがセルティックスからファンチョ・エルナンゴメス、ナゲッツから2028年のドラフト2巡目指名権を獲得
セルティックスがナゲッツからボル・ボルとPJドジャーを獲得

ボル・ボルはトレードで動いたよなと思っていたら、ピストンズのフィジカルチェックで破談になっていたんですね、右足を痛めてしばらく離脱と言う話でもありますし。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる