今日の読書 グローバリズムその先の悲劇に備えよ/中野剛志・柴山桂太

TPP亡国論など、とにかくグローバリズムが世界を破壊するよというのを啓蒙活動中の中野剛志氏と柴山桂太氏の対談形式でグローバリズムの限界が明らかになっているからこそ、イギリスのEU離脱やアメリカのトランプ大統領誕生が起きていて、それをイギリスやトランプ大統領というものを全否定で扱って、グローバリズムこそが正義とやっていると現実社会と乖離していくよというのを丁寧に扱っている1冊になります。

私は基本行きすぎたグローバリズム反対論者であり、あるべき姿はそれぞれの地域性、土着性、国民性が残るローカル至上主義ありきで、そのローカルの差異ありきの交流が出来る土壌を作るべき、いわゆるグローカルと言われるものこそが正義と思っている質ですので、いわゆるグローバリズム反対や積極的移民の反対、差別反対という暴力を使った土着文化の破壊などの問題点をあげつらうようなものを狙って読むようにしているのですが、これもその一環ですね。

日本の問題点としては、未だにグローバル化に正義を感じすぎていて、反グローバルな政治政党の存在の空洞化、いわゆる戦後冷戦状況下で保たれた平和というものを特殊なものではなく、普遍的なものであるという幻想を持ったままであること、そのため自国の平和のための行動という概念が育っていないことなどなど、まぁ米中が下手に手を組まれたらばそこで試合終了ですよと言うところに追い込まれているけれども、アメリカは永遠の同盟国という幻想は捨てられないまま、実際に日米同盟が強固なものではなくなるかどうかは別として、そういった選択しに対して備えが無いままということに対して無防備なままなど、狙って危機感を煽っている部分はあるのでしょうが、世界的に反グローバルに針が振りきれた時に対する準備がなさ過ぎは煽りまくりです。

まぁそれについては、中野氏の『富国と強兵』なんかにも書かれていますが、それを踏まえなくても対談形式ですので入り口として分かりやすくなっています。

日本の問題点は日本の問題点として扱っていますが、基本的にはイギリスやアメリカの問題をポピュリズムであるとか、排他的として低く扱おうとするが、そういう上から目線で批判しているエリート層こそが現実社会と乖離しててむしろ問題であり害悪であり、お前らに言われたくないという事であり、トランプ大統領の問題提起そのものは的外れではない、ただし、解決法の提起が下品で的外れなものが多々含まれていて全否定したくなるものだらけになったりするが、だから問題提起も的外れというような扱いをしていると、現実を見誤ると、それにトランプ大統領が成功した大統領となるとは思えないが、時代を変えるきっかけとして今後は反グローバルな勢力が力をつけていく可能性は高いという事。

そして、経済学分野になりますが、とかく幅を利かせている主流派経済学、新自由主義の限界が見えているにもかかわらず、幅を利かせ続ける事によって資本主義構造の限界が来てどんどん世界的に不景気になっていくだろうと。

この構図は第1次世界大戦や第2次世界大戦にも似通っているが、当時の総力戦によって景気回復という事に結びつけられた時代と違って、現代の戦争は景気回復の起爆剤となり得ない状況が次々に出来上がってきているから、なかなか難しいしよと、タイトルに悲劇に備えよと入れているだけあって、まぁ悲観的なこと悲観的なこと(苦笑)

『富国と強兵』に被る部分が沢山ありますが、短くコンパクトにまとまっているのはこっちですので、グローバル化というのは正義ではないよというのに引っかかりを感じる人は是非一読して欲しいなと思える一冊です。

はじめに 思想の座標軸を設定し直そう
第1章  「怒りの政治」が世界を覆う
第2章  EU離脱は国民主権の回復
第3章  真の冷戦終結で日本はどうなるか
第4章  悲劇の時代に何をなすべきか
おわりに グローバリゼーションが国家を作る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日のマジックとか他のチームのトレードとか

マジックがアーロン・アフラロと1年210万ドルで契約

アフラロのマジック帰還ですね。

マジック時代までは毎年微妙に右肩上がりの数字にしていくという、ある意味計ったような活躍をしていましたし、再建期のマジックでエースな役割までやらせてしまうということまでしていたりと、お世話になりまくりでしたね。

右肩上がり期も終わりベテランロールプレイヤーとしてチームを転々と渡り歩く選手となって戻ってきた事は、若い選手の成長を助けるためにも歓迎すべき事なんですが・・・スイングマン過剰ですからねぇ・・・

昨日のマーリス・スペイツと比べると無邪気にはしゃげないのは、やはり期待の若手クロアチア代表の6thマンである、マリオ・ヘゾニアのプレイタイムが削られる、特に昨シーズンのフランク・ボーゲルHCの徹底した干しっぷりを考えると杞憂に終わらない可能性の方が高いというのが引っかかってしまうんですよね。

まぁマリオ・ヘゾニアPF化計画もあるとかいうのを目にしましたが、それはそれでだぶついていますし、若手を成長させたいのか、無難な戦い方をしたいのか分かりにくくなってしまった感じですねぇ・・・


ネッツはトレードでブレイザーズからアレン・クラブを獲得
ブレイザーズはトレードでネッツからアンドリュー・ニコルソンを獲得

ニュースとしての扱いはクラブの方が重用でしょうが、個人的には何だかんだとアンドリュー・ニコルソンがNBAで生き残っているのが感慨深いですし、ブレイザーズでモーリス・ハークレスと一緒にやるんだというのが、よりいっそう感慨深い、ハークレスはマジック時代と比べて数字に残る活躍もできるようになりましたが、同じ年にNBA入りしてルーキー時代は共に期待されているのが分かりながら、その後に伸び悩みを感じさせた2人が別のチームで一緒にやるようになり、スターターとしてやっているハークレスにニコルソンが引っ張られていくといいなぁって。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック

NBAの契約も、噂だけはまだまだ出てきていますがトレードで大きな動きがあるという以外はほぼほぼ微調整レベルになっていて、何がどうなったのかスルーしそうなレベルですね。

そういった中でマジックも現実的な微調整としては理想的と言っても過言では無い、マリース・スペイツと1年ベテランミニマムで契約。

インサイドの選手が薄いと感じていた中で、勝ち経験のあるミドルシュートに計算がたち、プレイタイムを短めに設定できるベテラン兼用インサイドという、こういう契約を早めに発表してくれていたのならばと思いますね。

センターはニコラ・ヴチェヴィッチとビスマック・ビヨンボの2人で基本的にプレイタイムを分けるでしょうが、怪我のことも考慮しなくてはいけないので3人目のセンターは必要ですし、PFもアーロン・ゴードンとジョナサン・アイザックと若い2人が基本になるとは思いますが、若さが悪い方に出る可能性も当然あるわけで、兼用インサイドのベテランは是非とも欲しいという下地はありましたからね。

ミドルシュートが上手くて、横幅でインサイドのスペースを利用できる選手はマジックにはいないので変化もつけられますし、べた褒めしておきます。

あと、2巡目指名のウェズリー・アワンドゥも契約を結べそうですね。


あと、キャブスがデリック・ローズと1年契約に合意でフィジカルチェック待ちということで、大きな動きがありそうという中でも、大勢に影響がありまくりになりそうなカイリー・アービングのトレード要求というのもシーズン前に決まりそうですかね、どこと決まるのかは難しい話になりそうですが。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

一昨日の仮面ライダーエグゼイド 第40話

「運命のreboot!」

ご機嫌な正宗の下へ、飛彩、大我、貴利矢、黎斗の4人が仮面ライダークロニクルのガシャットをぶっ壊すために出向きます。

正宗はエグゼイドのハイパームテキ無しで負ける気はしなくて余裕。

永夢がパラドを殺したという事で、皆は永夢を責め黎斗は永夢からハイパームテキガシャットを取り上げていた。

正宗はレアキャラの仮面ライダーは世界展開のために新たな人材に変えると決めており、飛彩達は役目を終えた扱い。

ポッピーピポパポは永夢にクロノスのガシャットを破壊すればそれで全ての患者が救われたのに、何故パラドを倒したのかと咎めるも、永夢はそれを分かった上での事だとしてポッピーピポパポを怒らせます。

4人がかりで正宗と戦いますが、ハイパームテキは永夢以外では10秒しか効き目がなくポーズを使われると10秒で決着はつけられず、黎斗はハイパームテキガシャットを奪われたらば終わりという事で、不利であると思った瞬間後は任せて撤退。

正宗はポーズ中にクリティカルジャッジメントで、飛彩、大我、貴利矢を吹っ飛ばしゲーマドライバーとガシャットを奪い去って行きます。

永夢は屋上に上がると、パラドとは繋がっていたとしてマイティブラザーズのガシャットを使って変身。

すると変身した片割れとしてパラドが復活。

永夢はパラドが死ぬ直前に永夢は体に取り込んで助けていた。

永夢はパラドに死ぬ恐怖を分からせるために今回の事を仕組んでいた。

パラドは逃げ去り、グラファイトは帰ってきたパラドに心配していた事を伝えると、そこにポッピーピポパポがやって来て、永夢がパラドに命を奪われる側の恐怖を知って欲しかったという真意を伝えにやって来ます。

ポッピーピポパポはパラドは本当は永夢に影響されて永夢に憧れて永夢と同じような存在になりたいと思っていたのではないかと突きます。

グラファイトはあり得ないとしますが、パラドが心に拘り続けてきた事をポッピーピポパポは指摘します。

プログラムされた存在ではなく心を持った存在になりたかったのではないか、ゲーマドライバーで変身できるようになったのも永夢と同じ人間でありたかったのではないかと畳みかけると、グラファイトは止めに入ります。

バグスターと人間は相容れない、倒すべき敵だというグラファイトに対し、ポッピーピポパポは倒した先に何があるのかと、人類が居なくなったら誰がゲームで一緒に遊んでくれるのか、人間と一緒に仲良くゲームをするバグスターの生き方だってあるはずというポッピーピポパポ。

グラファイトはパラドに最強であることを求めますが、パラドは心が躍らず苦しみます。

ニコのゲーム病は進行して危険な状態となっているものの、自分のことよりも大我の事を気にし、自分が仮面ライダークロニクルに参加したことを謝ったり。

パラドをぶっ倒したいと思っていたものの、その実、単に強い奴とゲームで倒したいだけだったと。

パラドが生きていると聞かされた飛彩、貴利矢、黎斗は一安心。

屋上にいる永夢のもとへパラドがやって来ます。

永夢は戻ってきたパラドを冷たくあしらいますが、パラドは必死に単に永夢とゲームがしたかっただけだと今まで自分がしてきたことを正当化しようとします。

永夢は、それならば人の命を奪う必要は無かったと冷たくすると、パラドは必死にそうすれば永夢と真剣勝負が出来ると思ったからだし、それだけ永夢と戦うことが心躍る素晴らしいことなんだと弁明しまくり。

そして、自分の命が狙われて殺されかけて怖くてたまらなかったと、コンテニューできない命の意味をそれまで分からなかったと後悔した事を泣いて詫びます。

永夢は命がかけがえのないものだと理解したパラドには心があるといって、理解させてから償わせようという態度を見せると、パラドは永夢についているウィルスなのに何でそうするのかと問うと、永夢はゲーム病も自分の個性人格の1つであり、パラドを生み出した責任があり、罪を一緒に背負って償っていくと覚悟を見せます。

そしてこれからは命を奪うために戦うのではなく、命を救うために一緒に戦うように言うと、パラドは恐怖から立ち直ります。

正宗が仮面ライダークロニクルの世界進出にご満悦な所に永夢とパラドが現れます。

パラドはこれからは永夢と協力プレイをすることに決めて吹っ切れ、永夢も今回ははっきりとクロノスのガシャットを破壊する宣言。

正宗が変身すると、永夢とパラドはハイパー大変身とマックス大変身。

永夢とパラドは連携して正宗を追い込み、正宗のポーズも永夢はハイパームテキで普通に動け意味なし。

パラドはパーフェクトクリティカルフィニッシュでノックアウトファイターとパーフェクトパズルに分離。

正宗がメダルを使おうとするとパーフェクトパズルがメダルを奪い捕ると、正宗に混乱を与え、ノックアウトファイターに鋼鉄化を与え、さらに永夢と連携して一気に追い詰めます。

ハイパークリティカルスパーキングとハイパーノックアウトクリティカルボンバーの究極の一発でKO。

仮面ライダークロニクルのガシャットは破壊され、これで全てはおしまいかと思いきや、ハイパームテキさえなければという正宗の執念から、正宗の両目が異様な光りを帯びると時間が槙戻りリセット。

永夢の手元からハイパームテキガシャットが消え、代わりにライダークロニクルのガシャットが復元。

という事で、永夢がパラドを倒したのは死の恐怖を自覚させることで、今までの行いを反省させる狙いでした。

無邪気で無自覚な子供に対し、何が悪いのかはっきり分からせる親という感じでというか、何というか凄く教育番組をしていたなって思ったのは私だけでは無いでしょう。

罪を自覚させ、その上で償わせるのは自分もしっかりと一緒にやるという。

その上で正宗を倒して大団円としても悪くは無い展開だとは思うのですが、リセットなんていうものが出来てしまいまして、本当に落としどころが読めないですねぇ。

昨日のキュウレンジャー Space.22

「伝説の救世主の正体」

スコルピオを破り、アルゴ船を復活させると、そこには伝説の救世主を自称する鳳ツルギが眠っていて、起きてみると伝説の救世主を自称するだけあって圧倒的な強さをみせたものの仲間になったというわけではないという事で。

ツルギが一体何者なのかを知る手がかりにと、バランスとチャンプが惑星キールのエリスへ聞きに行くことに。

バランスとチャンプが出かけると、外にはツルギがやって来ていて驚かされます。

ツルギには聞きたいことだらけなので、みんなで質問攻めにしますが、知りたければ歴史書を読めとツルギは答えますが、チキュウ人である小太郎は全く知りません。

ツルギは仕方なく、チキュウ人で初の外宇宙探検に挑戦、宇宙で初めてキュータマを見つけた男、初代宇宙連邦大統領、不死身の男だと説明しますが、それだけの存在であるのに、誰1人何も知らず。

ツルギは300年くらい眠っていたといい、その間にいろいろと変わっていたが、ジャークマターを1人で倒す気で今のボスの名前を聞きます。

ジャークマターのボスは今も昔もドン・アルマゲと聞かされたツルギは驚き、無理矢理取り繕います。

ツルギは自分が復活したことによってキュウレンジャーの救世主としての役目は終わったとし、あくまでも1人で戦おうとしますが、当然反発されまくり。

しかし、ショウ・ロンポーはそれならば楽ちんだと受け入れて、秘書とシェフをつけると、ラプターとスパーダを渡します。

ツルギはシェフと美人秘書をつけてもらえてご満悦。

ラプターも美人秘書という扱いに舞い上がってしまい、ツルギにチキュウにあるジャークマターの教育機関の検索を依頼されると速攻でジャークマター大学を見せます。

ツルギは大学のある地区に覚えがあり、ラプターとスパーダを連れて出発。

ツルギの言いなりになった風のショウ・ロンポーをラッキーは批難しますが、ショウ・ロンポーも戦うなと言われて素直に従うつもりは無し。

ツルギは道行く人々に顔に見覚えがないか聞きまくりますが、明らかに知られておらず不審者扱い。

一瞬落ち込みますが、ジャークマターが輝ける伝説を塗り替えているに違いないという結論に達しジャークマター大学へ向かいます。

大学ではマナビルが、ドン・アルマゲが宇宙の英雄であり真の救世主という歴史を教えているところにツルギは乱入。

マナビルはジャークマターブラックリスト筆頭であるとツルギのことを知っていました。

ツルギは歴史を書き換えたのはマナビルだとし、スターチェンジして戦闘開始。

そこにラプターとスパーダもやって来て、マナビルがデンビルに似ていると確認してからスターチェンジして戦闘参加。

ツルギはラプターは戦う設計になっていないし、スパーダにはシェフは飯を作っていろと戦闘参加を全否定。

マナビルの歴史学ビームを受けたスパーダはマナビルへの攻撃が全部ツルギへ行くように歴史改竄をされます。

苦戦しているところにラッキー達がやって来ますが、マナビルは逃げてしまいます。

ツルギはラプターとスパーダに改めて戦いに向いていないと言いますが、ラッキーが反発。

そこにスティンガーからそこのモライマーズが暴走していて危険であるという連絡が入ります。

ラッキーはモライマーズの集めたプラネジウムの逆流を防ぐためにバルブを閉めに行こうとしますが、ツルギはその事に関心を示さずラプターとスパーダを連れてマナビル退治へ向かおうとします。

ラッキーはモライマーズ爆発した場合の被害を考えろとツルギに文句を言いますが、ツルギは輝かしい伝説を塗り替える奴を放っておけないと言うと、ハミィにヘラクレスキュータマを渡してマナビルの方へ。

ラプターはツルギに自分も戦えると訴えますが、ツルギはいきなり壁ドンからラプターの音を聞き始めます。

それを目にしたスパーダは取り乱して2人を引き離します。

モライマーズにたどりついたラッキー達、小太郎はその現場が鳳ツルギ科学研究所と300年前から放置されているとしたらば、いろいろと引っかかるというか、歴史を改竄するなら杜撰な気もするものである事に気付きます。

ツルギはラプターの故障に気付いていました。

というのも、ラプターは昔ツルギが設計したアンドロイドの進化形であり、戦闘用とは根本的に違うから二度と戦うなと釘を刺します。

ラッキー達はモライマーズへと向かいますが、ツヨインダベーやインダベーの皆さんが邪魔しにやって来ます。

ラッキーはハミィとガルにバルブを閉めるように先に行かせます。

ラッキー、ナーガ、小太郎はスターチェンジ。

ツルギは運任せの男、お嬢ちゃんに無感情、子供と犬までいるようなキュウレンジャーがよく今まで戦ってこれたと存在否定。

スパーダはそれを聞いてぶち切れてツルギにつかみかかりますが、ツルギはそれをいなして、マナビルからの狙撃をかわすとスパーダのセイザブラスターを利用し反撃。

ツルギはこれまでは良かったかもしれないがドン・アルマゲは別格であると、キュウレンジャーを全否定した裏側にはそれだけ強い相手だという警鐘込みというのを匂わせます。

しかし、ラプターもスパーダは秘書やシェフでは足りないかもしれないが、キュータマに選ばれた救世主だから戦うのをやめたりはしないと言うと、ツルギはそれならば力を見せろと一緒にスターチェンジ。

モライマーズの爆発まで時間が無いと追い詰められた中、ガルはバルブを回そうとしますが、固くて回らず。

ハミィはヘラクレスキュータマを使いマッチョ化するとバルブを閉めてモライマーズを停止させます。

ラッキー達もインダベーの皆さんを一気に片付け、ラプターもツルギに役に立たないわけは無いというのを見せつけると、スパーダもそれに続こうとマナビルを攻撃。

しかし、マナビルへの攻撃は全部ツルギへの攻撃となるので、スパーダはツルギを巻き込み、マナビルへ接近すると、ツルギを攻撃してそれをツルギが避けてマナビルにたまたま攻撃が当たったというていになるように誘導しマナビルを攻撃。

歴史学ビームの効果を消します。

スパーダはツルギに何を言われようとも、キュウレンジャーとして戦ってきた歴史は変わらず無くならないという事を覚えておくように言うと、ツルギも覚えておくとし、マナビルに死んだはずのドン・アルマゲが生きているのかと質問。

しかし、マナビルはそんなことは知らず、ツルギも知らないなら用はないとフェニックスエンド、ラプターとスパーダもオールスターインパクトでマナビルを撃破。

ツルギはラプターとスパーダの貢献の褒美にアルゴ船の本当の力を見せるというちアルゴ船を呼び、巨大化したマナビルとモライマーズロボを攻撃。

さらにアルゴ船は変形合体し、ホウオウベースへ。

ホウオウボイジャーを出撃させ、ホウオウステーションとドッキングしギガントホウオーに。

ギガントホウオーはギガントホウーブレイジングでモライマーズロボを撃破。

ギガントファイヤーブレイクでマナビルを撃破。

ツルギの活躍を見て、ジャークマターが歴史を書き換えていた疑惑が出てきましたが、ラッキーは今まで変わらずジャークマターを倒して宇宙を解放するだけと。

スパーダはツルギにドン・アルマゲが死んだはずと聞いていた真意を問うと、ツルギはコールドスリープに入る前にドン・アルマゲを倒したとし、現に生きているとなると何故生きているのかが問題だと言い残して去って行きます。

ドン・アルマゲはフクショーグン達を呼びつけて・・・

という事で、前回は伝説の救世主であるツルギ1人でいいんじゃ無いかなっていうくらいでしたが、そのツルギの伝説はどうやらジャークマターが歴史改竄をして葬りさられていたということ、ドン・アルマゲは死んだはずだと新たな要素が出て改めて新章突入という感じでしたね。

EDもメガレンジャー以来でしょうかね、音頭になったのは。

いろいろと今回盛り込んだなぁって。

おまけ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム