今日のBS Bリーグチャンピオンシップ決勝 川崎ブレイブサンダーズvs栃木ブレックス

川崎ブレイブサンダーズ79-85栃木ブレックス

Bリーグは今日の一発勝負で優勝が決まるという事で、日本でバスケットボールが盛り上がるのかという疑問はありましたが、その予想を遙かに上回って盛り上がっているのを見ると、国内にリーグが2つあり揉めたということが今では災い転じて福となすになっているなぁと思ったり。

決勝は川崎と栃木ということで、NBAと比べるとそれほど私がしっかりと見ているわけでは無いにもかかわらず共にある程度選手を把握できているチーム同士。

レバンガ北海道の折茂武彦、琉球ゴールデンキングスの岸本隆一の両選手がプレイヤーズゲスト。

試合は立ち上がり川崎の辻がチームを牽引する攻撃を見せて主導権を握るものの、栃木のディフェンスにニック・ファジーカスが抑えられて完全に流れを掴みきれず拮抗したまま21-21で1Q終了。

得点差こそないもののやや川崎の流れかなという中、栃木の古川が3Pを決めるなど流れを変える働きを見せ、ベンチから出てきたジェフ・ギブスが高さは無いものの横幅で勝負するインサイドという、最近オールラウンダー化が進んだNBAではなかなかお目にかからなくなってしまったものの、一昔前ならばこういうプレイヤーが体を張った活躍を見せると勢いが付くんだよなという、懐かしい気持ちにする活躍を見せて栃木がその通り勢いをつけ主導権を握る事に。

終盤にようやくファジーカスに点が入るようになり、栃木へ行ききった流れをなんとか止めて37-43で前半終了。

篠山3Pで追い上げる川崎が幸先良いスタートで後半スタートして川崎が勢いが出そうになるものの、田臥がゴール下へ切り込んで得点を重ね主導権争いへ。

川崎は篠山とファジーカスの調子が上がり主導権を握りそのまま川崎が逆転し、栃木はギブスが体を張ったプレイで何とか押し返そうとするもの、スパングラーが栃木に行きそうな勢いを止める速攻から得点で川崎が優位に。

追う栃木はゴール真下からのギブスのブザービーターが決まったと思ったらば認められずと勢いが付くのか1度決まったと思っただけにがっかりしてしまうのかという感じになり63-59で3Q終了。

栃木は最後のブザービーターが決まらなかったもののギブスの勢いは継続しシーソーゲーム突入。

田臥とギブスのラインで勢いに乗る得点を重ねると栃木が終盤流れに乗り、終了直前ギブスが足を痛めたものの逃げ切りBリーグ初代チャンピオンに。

MVPは3Pを3本決め21点2リバウンド1アシストの古川。

ギブスは25点9リバウンド2スティール1ブロック。

田臥は9点2リバウンド5アシストでしたが知っている選手だからというのがあるにせよ、数字以上の存在感がありました。

どちらのチームが優勝しても良かったと思いますが、Bリーグのアピールという意味では田臥というバスケを知らなくても名前くらいは聞いたことあると存在が勝ったというのは、影響力が大きいのではないかと思いますね。

それにしても、お客さんも盛り上がっていますしたし、接戦でしたし面白かったですね。

今日はバスケの試合を2つ見た事になりますが正直ワンサイドゲームのカンファレンス・ファイナルよりもこっちの試合の方が接戦だったというだけではなく、ペイントゾーンでの攻防であるとか中身も楽しめました。

昨日のBS キャバリアーズvsセルティックス

キャバリアーズ135-102セルティックス

NBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル東の5戦目。

キャブスが勝ち上がりまであと1勝となり、崖っぷちのセルティックスはただでさえ崖っぷちなのに、エースであるアイザイア・トーマスを怪我で欠く状況には変わらず。

立ち上がりからキャブスが攻守の切り替えの速さでターンオーバー誘発からの速攻を決め流れを掴み、ケビン・ラブの調子が良くセルティックスは出鼻をくじかれ、追い打ちをかけるようにレブロン・ジェームズのドライブを止める術がファウルしか無くなりやりたい放題となって43-27とキャブスが1Q終了というよりも前半終了レベルに得点を重ねて1Q終了。

2Qに入ってもレブロンがドライブを仕掛けてセルティックスがファウルを重ねるということになりフリースローが増え、いくらジェイ・クラウダーが体を張った奮闘ぶりが目立ってもセルティックスは攻守に打開策がな見当たらず。

キャブスがガンガンドライブを有効に使うのに、セルティックスはインサイドに切り込もうとするとターンオーバーというパターンに陥り、2Q中盤ですでにこれをひっくり返すのは無理がありすぎという空気に。

終盤になってセルティックスがターンオーバーからエイブリー・ブラッドリーの速攻が立て続けに決まり一縷の望みだけ残し75-57で前半終了。

後半開始からカイリー・アービングが突き放しモード全開で得点を重ね、レブロンはプレイオフ通算得点でマイケル・ジョーダンの記録を抜き歴代1位に躍り出るなど、キャブスの祝福試合という形になり109-74と残り1Qやらなくても良さそうなスコアに。

大差がついて、それをひっくり返すのは今のセルティックスにはほぼ無理ということで、プレイタイムを貰っていないベンチプレイヤー同士の完全に思い出作りタイムとなってあっけなく試合終了。

これでキャブスが勝ち抜けして3年連続キャブスとウォーリアーズの組み合わせのファイナルが決定。

カンファレンス・ファイナルは共に優勝候補とみられているチームが余裕の勝ち上がり、しかもスパーズはクワイ・レナード、セルティックスはアイザイア・トーマスと対戦中にエースが怪我で離脱という残念なワンサイドゲームとなりました。

順当な組み合わせのファイナルとなったと同時に、この2チームが突出しすぎていてプレイオフそのものは面白みが少なかったなというのが本音ですね、ファイナルはワンサイドゲームを見続けなければいけないという事にはならないとは思いますし、それを期待しますが、正直どちらも肩入れできない状況であって、今ひとつ燃えないんですがね(苦笑)

キャブスはレブロンが35点8リバウンド8アシスト3スティール1ブロック、カイリー・アービングが24点2リバウンド7アシスト2スティール、ケビン・ラブが15点11リバウンド3アシスト4スティール1ブロックとビッグ3が万全。

それに加えてデロン・ウィリアムズが14点、カイル・コーバーが3Pを2本決めての7点、リチャード・ジェファーソンが9点3リバウンド1アシストとベテランのベンチ陣が元気に活躍したという事で、勢いが付いているなぁって。

セルティックスはエイブリー・ブラッドリーが23点と奮闘、アイザイア・トーマスを怪我で欠く事になりスターターになったマーカス・スマート、ベンチからプレイタイムが伸びたテリー・ロージアと若手PGが良い経験を積んだ事になりますが、今年ドラフト1位指名権をもっていて、その1位候補が本命視されているのがPGのマーケル・フルツ、その他の上位候補が軒並みガードだったりするので、どうするつもりなのかと余計な心配もしてみたり。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の読書 四月は霧の00密室/霧舎巧

私立霧舎学園ミステリ白書シリーズの1作目になります。

いわゆる新本格ミステリブームが一段落していた2002年から開始されたシリーズは、金田一少年の事件簿や名探偵コナンといったミステリマンガでミステリに興味を持った層が小説ではどうなのかと手に取りやすいとっかかりとなる作品をと意図して書かれたシリーズであり、少年マンガ的な入り口として学園を舞台にした恋愛要素を強めに入れて、それでも謎解きをしっかりと扱う新本格ミステリとしての作りはしっかりとするというものになります。

著者のデビュー作から続いた《あかずの扉》研究会シリーズは、研究会のメンバーが探偵役として複数存在し、ホームズとワトソン型の探偵と助手という関係性の上で成り立たせているわけではないのは、同じで今作も探偵役が2人登場、1人はまだ探偵役をやりきろうとは考えていないものの、結果的に競う形で推理していくものになり、間口を広げてマンガから小説へと流れる読者狙いをしていて、舞台装置やらなにやらはマンガ的ではあるものの、謎解き要素、今回は密室の謎も密室として成り立つ条件からトリッキーな事を仕掛けています。

狙って初心者向けにしているだけあって、良い意味で気楽に読み進めることが出来ますが、その中身はしっかりと新本格ミステリらしくベタな謎解き要素もあり、肩肘張らないものを読みたいという気分を非常によく満たしてくれました。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

来季のマジック

BSの放送の都合上でネタバレに触れる危険性を回避するために、試合結果だけをチェックしていてニュース関係はチェックしていなかったのですが、ようやくチェックできるようになったらば、マジックの新しいGMが決まっていましたね。

バックス前GMで09-10シーズンの最優秀バスケットボール・エグゼグティブ受賞のジョン・ハモンドが就任という期待せずにはいられない人事!

ヤニス・アンテトクンポやマルコム・ブログドンといった決して良い指名順位でないところから大当たりを引っ張ってきていますし、ミルウォーキーというスモールマーケットでなかなか選手が来たがってくれない恵まれないチームをしっかりとやり繰り成功させていますし、ノウハウがある程度マジックに応用が利くというのが何より。

ロブ・ヘニガンという実績の無い若者を抜擢して、思うように上手くいかなかったという事から、今回は実績のある人材を引っ張ってきたという事なんでしょうが、予想以上の人材に驚いています、まずはドラフトで誰を指名するのか、当日どう動くのかで方向性は分かるかとは思いますが、まずは昨シーズンのドラフト当日のように嘆きまくりにしかならないサプライズだけはやめて欲しいですな。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

昨日のBS セルティックスvsキャバリアーズ

セルティックス99-112キャバリアーズ

NBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル東の4戦目、前の試合セルティックスが逆転勝利でようやくプレイオフ無敗で勝ち上がってきたキャブスに敗戦を経験させたセルティックスがその勢いを保てるのかどうかですが、エースのアイザイア・トーマスを怪我で欠く状況でどこまで出来るのかというと厳しさは変わらず。

プレイヤーズゲストは新潟アルビレックスBBの畠山俊樹選手。

セルティックスはアミール・ジョンソンが怪我で欠場ということで代わりにケリー・オリニクがスターターに入り個人的には注目。

立ち上がりからセルティックスが前戦の勢いそのまま、チームディフェンスが上手く嵌まり、キャブスの攻撃を個人技頼りの単調なものに封じ、流れを作らせず28-19で1Q終了。

2Qに入ってもチームで戦うセルティックスとチームでやりきれないキャブスの構図は崩れず、そういう時にも個人技で何とかするキャブスということもさせず57-47で前半終了。

アル・ホーフォードとオリニクのインサイド陣の安定感が目立ちセルティックスのペースで来たものの、レブロン・ジェームズが徐々にセルティックスのチームディフェンス相手に修正が利くようになりキャブスがじわじわと追撃態勢に入ると、残り3分でレブロンのフリースローでキャブスが逆転。

この勢いに乗っかったカイリー・アービングがスコアリングマシンモードのスイッチが入りキャブスが試合を支配し始め80-87で最終Qへ。

スイッチが入ったレブロンとアービングをセルティックスは止める術が見つからず、かといって同等の勢いをつける起爆剤であるはずのアイザイア・トーマスも不在では攻守で手がうてなくなり、そのままキャブスが勝利で勝ち抜けへ王手。

カイリー・アービングは42点3リバウンド4アシスト、レブロンは34点5リバウンド6アシストブロック、ケビン・ラブが17点17リバウンド5アシスト1スティール2ブロックとビッグ3が完全揃い踏み。

セルティックスは3Q中盤まではよかったものの、どうしても主導権を奪われてしまうと奪い返すための手段が無くなってしまうなぁと。

このまま順当にキャブスがファイナル進出してしまうとうのも面白くないので、もう少しは意地を見せて欲しいなぁと、西の方が4戦で終わってしまったので東も5戦で終わるとかになるとファイナルまで少し間が開いてしまうのでね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム