今日のBlu-ray鑑賞 スペース・スクワッド ギャバンvsデカレンジャー/ガールズ・イン・トラブル

ギャバンとデカレンジャーの共演となるスペース・スクワッドとスピンオフ扱いで良いのでしょうか前日譚となる女性刑事だけが出演するガールズ・イン・トラブルを見ました。

まずは共通することですが、どちらも坂本浩一監督の趣味と実益を兼ね備えた作品ですね、宇宙刑事ネクスト・ジェネレーションでもそうでしたが、まあ日曜の朝には絶対に放送できないくらい、がっつりとエグいところはエグく出血しまくりですね。

本編であるギャバンとデカレンジャーの共演、デカレンジャーも10イヤーズアフターをやったばかりであり、テレビ本編終了後の立場の変化がすでに描かれている分、その変化の部分に多くの時間を割く必要性がなく、そこに新たな変化としてセンちゃんとウメコの結婚というものを乗っけて、結婚式中に事件が起こってしまいという、ある意味お決まりの流れ。

2代目ギャバンである撃はテレビ本編時のバンとキャラクターが被る面もあり、事件に無理矢理巻き込んでも、デカレンジャー側もある意味慣れているというあたりが、スーパーヒーロー大戦シリーズの映画と違い、不必要な反発や何故そこに尺をとるというヒーロー同士の戦いという無駄もなく、所属組織こそ違えども警察組織同士の相性の良さというのが感じられます。

敵として邪教団・幻魔空界という犯罪宗教組織という宇宙刑事シリーズらしいものが設定され、マットギャランや紅牙というメタルシリーズからひっぱてきた敵が出てきたりと、上手くはめ込んできていて、これがシリーズ1作目として次に繋がるようにも意識して作られていますし、小ネタもいろいろと詰め込んでいて楽しめました。

ガールズ・イン・トラブルはデカレンジャーのツインカムエンジェルと宇宙刑事の相棒3人が登場してのものですが、予告で既に目にしていたように、その刑事達が何度も死んでしまうというループものから開始、ループを抜けた先には事件があってというものになります。

女性キャストだらけのアクションものということで、スピンオフ扱いだけれども、実はこっちの方に力入れているよねと思わざるを得ないくらい、監督の趣味全開過ぎて(笑)

それぞれ、本編の方は監督とメイン男性キャスト、ガールズ・イン・トラブルの方は女性キャストがオーディオコメンタリーを話していますが、それもまた裏話からなにから楽しいですし、メイキングも楽しい撮影現場なんだなというのが分かって良かったですね。

続編狙いな作りですし、果たして次はどの作品が引っ張って来られるのか、引っ張って来られそうな作品候補も目に付くようになっていますし、本当に次が楽しみなんですが、明らかに小さなお友達に見せるにはエグすぎますし、大きなお友達の力だけでどれだけ影響力があるのかは不安ですが、次があるのを期待したくなる作品でした。

今日のBlu-ray観賞 特捜戦隊デカレンジャー10YERS AFTER

特捜戦隊デカレンジャー10YERS AFTERを観ました。

一昨年、忍風戦隊ハリケンジャーが戦隊史上初の10YERSAFTERの企画を実現させた時から、10YERSAFTERの企画が上手く続いて欲しいと希望していましたし、デカレンジャーならば実現できるだろうと思っていただけに、実際に企画が実現すると決まってから楽しみにしていました。

元々私はデカレンジャーは戦隊史上でもトップレベルに好きな作品だという事で楽しみというだけではなく、警察組織の戦隊であり、敵組織を壊滅させて全ての戦いがおしまいとなり得ないものですから、10年後も描きやすい作品という事もあり心底楽しみにしていました。

10年後という事で、バンはファイヤースクワッドで地球所勤務ではなくなっているのは分かりやすいですし、ジャスミンが子持ちで育児中という演者と重ね合わせていたり、テツが地球署の署長代理というポジションになっていたりというだけではなく、新人刑事の新しいデカレッドに明日夢アサム・アシモフと新しいデカイエローにムギ・グラフトンが就任していてというあたりは前情報で既に知っていたもの。

ストーリーとしては地球署では2年前に署長であるドギー・クルーガーが事件を起こし、その時に受けた傷で意識不明が続いているという所。

その事件の目撃者が狙われていた所をウメコとセンちゃんが助ける事になり、ボスの無実を証明したいと焦るウメコと、温度差がある地球署のメンバー達が・・・という感じに。

立場やらなにやらの変化のあるメンバーがいる中、変化の少ないウメコとセンちゃんが中心に序盤は進んで行く感じですね。

10年経ってもデカレンジャーはデカレンジャーだなと感慨深く楽しめましたし、10年の間の変化のあるものないものを上手くまとめあげているのが、ブランクを感じさせない感じになっていますね。

それこそちょいちょい回想シーンで昔の映像を入れてくるのですが、一番驚いたのはジャスミンの結婚相手が、Episode07と08に出てきた超能力少年の日渡氷狩だったという事ですね、超能力者同士で分かりあえるものがあって結婚に至ったという事ですが、初対面の時既に刑事だったジャスミンと小学生だった氷狩が結婚って結構凄いなと。

10年前の姿の変化が一番大きくインパクトがあり過ぎでした、子役から声優さんになって芸能活動を続けていたんですね。

10年前の主要キャストもスタッフも勢ぞろいしたというだけでも、嬉しい事ですし作品内容もよくできていて嬉しい限りですね。

メインの6人と竹本監督のオーディオコメンタリーも面白いというか、自由過ぎて良かったですね。

ある意味本編と同じくらい楽しみにしていたメイキング、やっぱり久しぶりに集まって嬉しそうにしているなぁというのは見ていて嬉しいのですが、メイキングの力の入れようはハリケンジャーの方が凄かったかもしれないと比べてしまったりはしましたね。

基本デカレンジャーは撮影時のメイキングというある種当たり前のものと、OPとEDが新たに録音されるという事で、サイキックラバーとささきいさおさんおインタビューというオーソドックスなものなのに対し、ハリケンの時はアソシエイトプロデューサーという聞き慣れない役職にもスポットを当てて、制作発表とかインタビューなんかの映像もあったから毛色が変わっていてインパクトがあったのかもしれないですね、そこから辺は先駆者の特権でしょう。

メイキングと劇場でデカレンジャーvsマジレンジャーの上映会をした時の舞台挨拶というのがあるのですが、これは自由過ぎて面白かったですね。

来年は魔法戦隊マジレンジャーが10YERS AFTERの順番になるんですが、果たして実現するのか、メイキングでは撮影を見学にきていた芳香とヒカル先生が実現させたいと語っていますが、見学に来ているヒカル先生がそもそも真っ先に役者業やめて本当に先生になっちゃっていて、高校の教え子が仮面ライダーマッハになっちゃっているじゃんって。

デカレンジャーは基本みんな役者業を続けているので実現した事は本気で嬉しかったですが、前例があるだけに驚かなかったのに比べ、マジレンジャーは全員が役者業続けてるわけではないですからねぇ・・・役者業をやめているメンバーのいるアバレンジャーはスキップされましたし、果たしてどうなるのか。

ハリケンジャーとデカレンジャーともに10YERS AFTERは楽しめたので可能な限り続いて欲しい企画なんですよね。

今日のBS ショーシャンクの空に

1994年に公開されたアメリカ映画で、名作として必ず名前があがる『ショーシャンクの空に』がBSで放送されたので観ました。

この映画は絶対に観ておけと言われ続けて、ずっと観ないとなぁと思いながら、どうしてもここ最近洋画を観る優先順位が高くなくて、そのまま放りっぱなしになっていたのですが、正月の映画三昧観たいな形で放送しているのを知って、これは観ておこうと飛びつきました。

ストーリーとしては、1947年エリート銀行員が妻と妻の不倫相手の男を殺した罪に問われ、無実を訴えたものの終身刑を受ける事になり、ショーシャンク刑務所に服役させられる事になる事から始まります。

刑務所に入るのは絶対嫌だと思えるような劣悪な環境の中で、徐々に刑務所内を変化させて行ってというお話。

名作扱いとは言え、刑務所の話という事だけは知っていたので、正月に放送するのはどうだろうと思ったのですが、正月に放送するのに全く問題が無い名作だと言われるに足る作品でしたね。

決して派手なシーンがあるわけではなく、ある意味では淡々としていたりもするのですが、物語の伏線も起伏もしっかりと描かれていて中弛みもなく、エンターテインメント作品として求められる要素がぎっちりと詰め込まれていて、それでいて消化不良もなく中弛みもなく、良い意味ですごく計算されて作られているなぁと感じましたね。

映画公開時よりも昔の時代設定の作品というのは、ある意味その時の流行りであるとか、時代の空気感というものに力点が置かれないので、逆に時代を得ても古さを感じないものだと改めて思ったりもしました。

いい加減にショーシャンクを観ろと言われ続けて何年も経ってしまいましたが、これはいい加減時間を作ってでも観ろと薦められるだけの作品でしたね。
ショーシャンクの空に [Blu-ray]ショーシャンクの空に [Blu-ray]
(2008/11/05)
ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る

今日のBlu-ray観賞 宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION

宇宙刑事シリーズのリメイク企画、シャリバン編の直結の続きもののシャイダー編を観ました。

2つで1つの大きな繋がりが出来る形になっていますし、シャリバン編のネタバレというか、あらすじが最初に入って来るので順番に見ないと困る作りになっています。

シャリバン編がシリアスだったので、同時企画だからこそ分かりやすくカラーの違うものとしてシャイダー編はがっつりとコメディになっています。

坂本浩一監督の趣味と実益を兼ねたものになっているので、2代目シャイダーの舟はシティハンターの冴羽りょうのような感じ、アニーの後継者な存在の相棒役のタミーはうる星やつらのラムちゃんのイメージという分かりやすく、一昔前のアニメなどでよくありそうなバランスであり、いろいろと王道路線ですね。

坂本監督ですから、アクションに力が入っていて、コメディ路線だからというのもありますが、かなり分かりやすく、ジャッキー・チェン映画が好きだよねというのが満載だったり、タミーのアクションシーンが露骨過ぎるくらい長かったり、シャイダーですから当然不思議時空が出てきて、やりたい放題が出来たりと。

また、タミーが極真空手経験者というもあって、本気で蹴りが強そうなのがまた、アクションのたびに大腿筋の張り具合がアスリートの物を見ている感覚すぎましたから(笑)

宇宙刑事ギャバンとシャリバンには先代が登場しましたが、シャイダーは残念ながら不可能なので、その代わりに20年ぶりに女優仕事をしたアニーが出演、そして名前だけは出てきていた小次郎さんもついに登場という豪華さもあり、今回の宇宙刑事の企画は宇宙刑事好きの人達が作った感が本当に強かったですね。

「おもしろいことが大好きで悪い事は許さない」シャイダーのエンディングの歌詞ですが、この言葉が本作のテーマだったというのは、セリフにも使われているからというだけではなく、はっきりと出ていて面白かったですね。

初代シャイダーの沢村大は真面目なキャラでしたので、おもしろいことが大好きという歌詞はそれほど強く一致はしていなかったと思いますが、それを踏まえて2代目は面白い事が大好きというのに力を入れたかなぁと感じましたね。

そして、オーディオコメンタリーはシャリバン編に続いてギャバン、シャリバン、シャイダーに監督の4人でやっていますが、完全にバカ話に突っ走り過ぎ!

シャリバンの方ですと、コメンタリーのノリと本編の映像にギャップがありすぎましたが、シャイダーはコメディですので違和感は全くないですし、むしろもっとバカに振り切っても良かったんじゃないかと思ったりはしますが。

これで、一応ギャバン、シャリバン、シャイダーとそれぞれが主役となるものは制作された事になり、まだ続編を作りたいという意思はスタッフ、キャスト共にあるようなのですが、どうなるのかは気になります。

もし続ける事が可能であって、現行の東映の特撮映画ローテーションの数を維持していくというのであるのならば、スーパーヒロー大戦をやっている枠は終了してその代わりに宇宙刑事枠でやってくれると良いのになぁと思ったりはしています。

今回のシャリバンとシャイダーがVシネだからこそ自由にやれたというのがあるにせよ、私は楽しめましたので、こういう感じに作っていけるのならば、宇宙刑事シリーズを映画シリーズで続けて行く方が、スーパーヒーロー大戦のような無理矢理感があって、テレビシリーズの撮影に支障をきたしそうなものを続けるよりも、良いんじゃないかと勝手に思うのですが、大人の事情とかいろいろありそうですからねぇ・・・
宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION 焼結版 [Blu-ray]宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION 焼結版 [Blu-ray]
(2014/11/07)
岩永洋昭、川本まゆ 他

商品詳細を見る

今日の映画観賞 まほろ駅前狂騒曲

ロケ地が分かりやすい映画を見てきました。

10月5日、映画『まほろ駅前狂騒曲』公開記念マッチデーとしてFC町田ゼルビアvsガイナーレ鳥取という試合がJ3でありまして、映画に絡んだイベントをいろいろと用意していたにも関わらずに、台風が来て大雨洪水警報が出るという散々な状況になり、しかも負けていられない試合なのにもかかわらず負け試合になるという、踏んだり蹴ったりと映画絡みとしても、幸先の悪いというか縁起の悪いものがあったりしたのですが、それはそれとして。

映画『まほろ駅前多田便利軒』ドラマ『まほろ駅前番外地』に続くまほろ駅前シリーズの映像化第3弾。

原作3冊のタイトルは全部映像化したという事になりますし、映像化するに当たって全部きちんとまほろ市の元ネタとなるロケ地を貫いているという徹底ぶりというのは、絶対に褒めまくっていいものだと思っていたりします。(ドラマのオープニングのロケ地は思い切り隣の市ですけれども)

テレビシリーズは原作になりオリジナルなものがだいぶあり、ドラマ版の最終回があると映画と繋がらなくなったりしてしまい、原作よりも映像化作品重視の人は気になったりはするんでしょうが、ドラマ版はドラマ版とスルーが正しいのでしょう。

今作はシリーズ原作3作目で初の長編作品を使っての映画化になります。

多田と行天の便利屋コンビの所に、行天の娘が預けられる事によって行天の過去も絡んだりしてのあれこれというのが物語の軸ですね。

それに、いろいろと便利屋にやっかいな依頼が来たりなんだりになるわけですが、原作が長編ですので、映画の尺となるといろいろといじって割愛したり、変更したりしないといけなかったりするので、原作そのままという事にはならないのですが、それを踏まえてもちょっと終盤詰め込み気味というか、ちょっと唐突にまとめた感は気にはなりましたかね。

原作を知っているか否かで、また印象は違ったりはすると思いますし、原作を読んだのも去年だったりするので細かい所まで覚えてはいなかったりするので、詰め込んだなという印象もそれほど強いものではないんですけれどもね。

個人的には映画公開記念マッチの次の週に出かけて手に入れたロケ地MAPもあり、概ねのロケ地に見覚えがあるという楽しみ方をさせてもらいましたし(ロケ地MAPが無くても駅周辺ならば、なんとなく分かりますが)映画の冒頭で出てきたサッカー少年たちが着ているのがゼルビアユニフォームという地元小ネタは、果たしてロケ地に関してよく知らない人が見て分かるものだろうかとか気になったり、映画公開記念でゼルビアで発売したコラボTシャツ、映画の中で行天が着ているもののゼルビアバージョンとして売り出されたりしましたが、映画内でインパクトはありますが着ている時間は少ないじゃんとか、そういった変な楽しみ方をしていました。

別にそういう小ネタを楽しむだけではなく、原作が好きなのに映像化作品としてダメなものにされたなんていう事にはならずに、好意的に映像作品として楽しめましたが、どうしても地元小ネタ探しに力点を置いてしまいましたね。

分かりやすく駅周辺を使ったという意味では、前作の映画の方が周辺で追いかけっこがあったりで、より分かりやすかったのが、今回はそれほど駅周辺では無かったので、必ずしも見覚えがある場所ばかりでは無かったというのは若干残念ですかね(笑)
まほろ駅前狂騒曲まほろ駅前狂騒曲
(2013/10/30)
三浦 しをん

商品詳細を見る

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム