今日の5年ぶり high $pec/DOLL$BOXX

Gacharic Spinの楽器隊とLIGHT BRINGERやUnlucky Morpheusといったメタルバンド、ソロプロジェクトのFuki Communeではアニソンなども歌うヴォーカリストのFukiによるコラボバンドという扱いになるのでしょうか、サイドプロジェクト扱いというものになるのか企画物というものになるのか、メタルバンドなんかでは掛け持ちするなんていうのはよくある事なので、メインにはならないけれどもというくらいの扱いのバンドによる、5年ぶりのミニアルバムになります。

5年前はリアルタイムでは存在を知らなかったので5年ぶりということに対しては今ひとつ実感はありませんが。

Gacharic Spinは現在専業ヴォーカルがいないので、バンドとしては専業ヴォーカルがはいるこっちのバンドの方がある意味落ち着きはいいのではないかと思ったりしますが、かといってメインでこの形態にするのは違うという立ち位置なんでしょうね、Gacharic Spinからネタ要素は薄めてメタル要素を強めにした感じになっています、本来テクニックとしては結構な事をやっていると楽器を弾かない私でも分かるくらいのことをやっているので、よりストレートにすごいよねっていうのが分かりますね。

あと、5年ぶりなんだからミニアルバムじゃなくてフルアルバムで良かったんじゃないかとか、初回特典DVDにMVは1曲だけしかいれていないで、アルバム発売後にYouTubeにショートバージョンをアップしていくのは何なんだろうというのはありますが、DVD特典に入っているShout Downのレクチャームービーは全パートそれぞれで丁寧すぎるくらい丁寧にやっていて、楽器の知識が無くても、こういう事をやっているんだというのが分かって面白かったですし、楽器をやっている人はもっと楽しめるのかなぁというのはあります。

1曲目のShout Downからベースがブリブリうなっているストレートなメタル曲で、やっぱりこのバンドはメタル寄りだなって。


2曲目のSub-liminalは某番組で1ヶ月間オープニングで使われていたというのもあり一番頭に残りやすくなっているというのもありますが、それを抜きにしてもメタルと爆走ロックンロールの融合地点という曲で、何だかんだと一番好物ですかね。


3曲目のHEROは曲がどうこう以上に、Gacharic Spinから唯一バンドに参加していない事になるパフォーマー1号がMVに出演していて良かったねって思わずにはいられないのが大きかったりします。


4曲目の世界はきっと愛を知ってるんだは一番Gacharic Spin寄りの曲で、ヴォーカルも何となく声を寄せている感じに思えたりするくらい、たぶん混ぜて聞いたらばどっちのバンド名義か混同すると思うくらいですね。


ラストのDragonetはゴシックメタル寄りという表現が正しいのかは分かりませんが、凄く様式美系の曲ですね、5曲で結構振り幅がある感じなだけに、フルアルバムにすればよかったのにって繰り返しておきます。


今日の究極の犠牲 ULTIMATE SACRIFICE/GALNERYUS

日本のメロディック・スピードメタル、パワーメタル、ネオクラシカル・メタルといったようなジャンル分けされるメタルバンドの代表格ともいえるGALNERYUSの2年ぶりとなる11枚目のオリジナルアルバムになります。

ドラマーが交代、レーベルも変更と変化が激しい中、アルバムはコンセプトアルバムであった前作の『UNDER THE FORCE OF COURAGE』の続編の物語となるコンセプトアルバムという変化と継続がない交ぜになった格好ですね。

前作のコンセプトアルバムが中世ヨーロッパを舞台にした奴隷解放戦争というような物語であり、今作はその戦争の結果争いはなくなったかと思っていたのに因果は巡ってしまい、裏切りによって新たな戦いに巻き込まれていくというような物語ですね。

この物語のあらすじが、歌詞カードにしっかりと書かれているので、音源を聞くだけでは無くこういうのもあるから読むと世界観が理解しやすいよという狙いがはっきりしていますね。

コンセプトアルバムを作る時点で、今の時代なかなか挑戦的になってしまう中、楽曲は楽曲として単独で聞いても大丈夫なように作るけれども、アルバム単位でしっかりと物語性を意識すると、もっとよくなるように狙っているよというのをはっきりさせていますね。

物語性の強い、中世ヨーロッパっぽいイメージは、メロディックスピードメタル、パワーメタルというジャンルは親和性が高いというか、そういうイメージで発展もしてきたジャンルなのですが、それを踏まえた上で感情の振れ幅、メタルジャンルの中での振れ幅をフル活用したアルバムになっていますね。


アルバムと同タイトルのリードトラック扱いのULTIMATE SACRIFICEは大作なのですが、この曲のためにアルバムがあったんじゃないかというくらい、クライマックス感が心地よいというあたりも、コンセプトアルバムだなぁって。


今日の意思の力 WILL TO POWER/ARCH ENEMY

スウェーデンのメロディックデスメタルバンドと一応言っておいていいだろうアーチ・エネミーの3年ぶりのアルバムであり、前作から加入したヴォーカルのアリッサ・ホワイト=グラズにとっては2作目のアルバムになります。

アルバムタイトルはニーチェの言葉からという事で、どうもギターのマイケル・アモットは哲学にままっているらしいのですが、それが作品にどこまでどう影響しているのかはわかりません。

歌詞を全部マイケルが書いているというわけでもないですし、一応訳詞は目を通しますが、基本洋楽を聴いている時に歌詞はあまり気にならないというか、聞き取れるものでもないですし、デスメタル、グロウルで歌っている曲なんて借りに歌詞を覚えたとしても聴き取れるものでもないですからね。

今作はヴォーカリストが変わって2作目ということもあって、バンドの方向性を変えるわけでは無いものの、今までとは違う事をやったりバンドの幅を持たせながら、基本的にアーチ・エネミーはこういうのを求められているんだろうという部分は存分にやりきっている感がありますね。

曲によってかなり振り幅があり、しかも1曲の中で展開しまくりながらもキャッチーという今日が多く、既存のアーチ・エネミー好きにも今までチャント聞いたことが無い人向けにも聞きやすく作られていう感じですね。

聞きやすいメロディックデスメタルって褒め言葉になり得るのか知りませんが。

1曲目のTHE RACEはスラッシュメタルやパンクの要素が前面に出まくりで、この曲を本当に最初に聴いたらば、このアルバムはこういう方向性で行くのか、バンドの路線変更かと思うレベル。



2曲目BLOOD IN THE WALTERでザクザクするギターというスラッシュメタルっぽさを残しながらもメロディアスを共存させたものになり、曲中の展開が激しかったりして、1曲目はあくまでもそういう曲もあるよというだけで、基本線はこういう感じだと変に安心するくらい。

ギターソロは完全にマイケル・アモットの手癖だよねっていうアーチ・エネミーど真ん中作品ですね。



3曲目THE WORLD IS YOURSもサビに行くまでの叩きつけるようなスラッシュメタル寄りから始まり、サビになると一気にギターが疾走し始め、アルバムのリードトラックに使うのがよく分かる王道作ですね。



ギターソロの一部がマーティ・フリードマンの曲を思い出したりもしますが、まぁマイケル・アモットはメガデスの影響も受けていると公言していますしね、実際にマーティの曲から直接影響を受けたのかは知りません。




4曲目THE EAGLE FLIES ALONEもMVが作られている曲、イーグルでフライとなるとEAGLE FLY FREEというHELLOWEENの曲が頭をよぎってしまったりもしますが、とりたてて曲が影響を受けたということはなく、曲タイトルが似ているだけですね、アーチ・エネミーのミドルテンポの叙情的な王道作という感じですし、曲のタイトルからもMVが作りやすいんだろうなって(笑)



5曲目REASON TO BELIVEはバンドとして初のバラード、この曲だけ聴いてアーチ・エネミーだと分かる自信が無いくらい、80年代のハードロックによっていって驚かされますね。

バンドの新境地というか、あえてやらなかったものをやるようになった柔軟性というか、振り幅を作りたくなったというのもあるでしょうし、アリッサがクリーンボイスで歌えるというのも大きいんでしょうね。

確実にこのアルバムで一番大きな話題でしょうね。



9曲目DREAM OF RETRIBUTIONはクラシック音楽っぽい要素があり、こういう感じの事をやるのは北欧のバンドだよなぁって思いますし、こういった曲が入っていると個人的に嬉しくなります。



11曲目A FIGHT I MUST WIN曲の出だしが、RAINBOWのALL NIGHT LONGのサビを思い出してしまい、曲を聴いていてもギターのメロディなのに歌詞が頭をよぎってしまって困るという、曲全体は全く別物なんですけれどもね。





今日の3年ぶり Wall of Sound/MARTY FRIEDMAN

日本にすっかり馴染みすぎて、おもしろ外国人枠のタレントと勘違いしている人もいるんだろうなぁというメタルギタリストのマーティ・フリードマンの3年ぶりのソロアルバムになります。

日本に移住してきた理由が日本の音楽の多様性や質に惚れ込んでという事で、自分の作品もスラッシュメタル、エクストリームメタルのギタリストとして求められる所は軸にしておきながら、1枚のアルバムの中に多様性というか、振り幅は広ければ広いほど良い、中途半端ではなく常に方向性を振り切った曲を作ることこそ至上とばかりにしているのは前作でもそうでしたが、継続しながらもさらに振り切れていく感じですかね、ただ歌入りの曲が1曲だけですし、1曲の中で展開しまくったりするので、曲単位できちんと覚えきれないというのはあったりしますが、そこら辺は私の記憶力が悪いからと言うことで。

1曲目のSELF POLLUTHIONからエクストリームメタルにプログレッシブな感じを入れた曲でいかにもマーティがアルバムの1曲目にいれそうな曲だよねで始まり。


2曲目のSORROW AND MADDNESSはBlack Veil BridesのJinxxとのコラボ曲でヴァイオリンが入ってくるのですが、1曲目との変化の幅もそうですし、こういう曲も入れるのかと驚かされますし、個人的にこういう曲は好きだったりします。


4曲目のWHITEWORMも本人が狙っているのか分かりませんがポップな感じといろいろな音楽をある意味無理矢理融合した感じがメタルから逸脱しながらもメタルという感じで、偏狭なメタル畑では出来なかった曲じゃないかと思ってみたり。


個人的に好きだから高評価を与えてしまうというのはあるとは思いますが、十分楽しめるアルバムだと思います、繰り返しインスト曲は曲のタイトルを覚えるのは難しくて即座にこの曲が良いんだとか言えないのが困りものですが。

今日の3年ぶり Defying Gravity/MR.BIG

MR.BIGの3年ぶり再結成後3枚間のアルバムは、デビュー作から4枚目までのプロデューサーだったケヴィン・エルソンと20年ぶりに一緒に作ったアルバムとなります。

ドラマーであるパット・トーピーが前作のアルバム制作時にパーキンソン病となって、残念ながらかつてのような超絶技巧は不可能というか、ドラムを叩く事すら困難な状況とわかったいと、バンドとして悲壮感が漂いそうなところ、アルバム発表後のライブではツアーに同行し、ドラムを叩き続けるわけでは無いけれども参加し、基本このバンドは4人そろってこそというのを証明したわけですが、今回のアルバムはパットの病気という悲壮感溢れる状況を上手く乗り越えて、原点回帰となるプロデューサーも迎えて、かつてのようなハイスピード曲こそないけれども、MR.BIGらしい変拍子満載でもキャッチーで楽しくなるアメリカン・ハードロックという感じになっています。

DVDにはPVとメイキング、そしてメンバーによる全曲解説があり、それぞれの曲を作った時の裏話なんていうのが面白いというか、ポール・ギルバートがリフやリズムを歌いまくるのが分かりやすくて、アルバムそのものも楽しかったのですが、その楽しく感じたのは作り手が楽しそうにやっているからなんだと再認識させられますね。

2曲目でアルバムのタイトル曲となっているDefying Gravityはインドっぽい感じ満載にして、でも自分達はロックバンドだから取り込んだ上でロックに作り替えたという曲なわけですが、聞いていて楽しくなるという意味でもMR.BIGに求められているのってこういう感じだよねって思える曲ですね。

PVではパット・トーピーとパットの影武者ドラマーという任務をこなしているマット・スターが入れ替わりながらドラムを叩いたり、横でタンバリンを叩いたりしているのが微笑ましい(笑)



3曲目のEverybody Needs a Little TroubleもPVが作られている曲であり、エリック・マーティンの自伝的な曲であり、曲のタイトルだけでもどういう内容なのか中学生レベルの英語力でも分かりやすい親切設計なわけですが、この曲もこのバンドらしい変わったリズムをキャッチーにする曲で、すごくらしいなぁと思えるものですね。

個人的にはパット・トーピーの誠Tシャツが気になって仕方が無い(笑)



7曲目のForever And Backはビリー・シーンがスウェーデン人のポップソングシンガーのアリーナ・ギブソン、マリア・ジェーン・スミスと共作した曲とのことですが、外部のライターが入ったとは思えないくらい、MR.BIGのバラード曲以外の何物でも無い感じで、To Be With You のような曲を望む人にはぴったりそうですね。



9曲目の1992は、MR.BIGが1992年に売れまくった当時について歌った曲で、愚痴ったりなんだりのネタにしているものですが、こうやってネタにするあたりもこのバンドらしさだなぁって。



アルバムとしてもの凄い大傑作というほどまではいかないですが、ある意味バンドとして存在してくれる事を素直に喜びたくなるアルバムでした。

おまけ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム