今日の3年ぶり Defying Gravity/MR.BIG

MR.BIGの3年ぶり再結成後3枚間のアルバムは、デビュー作から4枚目までのプロデューサーだったケヴィン・エルソンと20年ぶりに一緒に作ったアルバムとなります。

ドラマーであるパット・トーピーが前作のアルバム制作時にパーキンソン病となって、残念ながらかつてのような超絶技巧は不可能というか、ドラムを叩く事すら困難な状況とわかったいと、バンドとして悲壮感が漂いそうなところ、アルバム発表後のライブではツアーに同行し、ドラムを叩き続けるわけでは無いけれども参加し、基本このバンドは4人そろってこそというのを証明したわけですが、今回のアルバムはパットの病気という悲壮感溢れる状況を上手く乗り越えて、原点回帰となるプロデューサーも迎えて、かつてのようなハイスピード曲こそないけれども、MR.BIGらしい変拍子満載でもキャッチーで楽しくなるアメリカン・ハードロックという感じになっています。

DVDにはPVとメイキング、そしてメンバーによる全曲解説があり、それぞれの曲を作った時の裏話なんていうのが面白いというか、ポール・ギルバートがリフやリズムを歌いまくるのが分かりやすくて、アルバムそのものも楽しかったのですが、その楽しく感じたのは作り手が楽しそうにやっているからなんだと再認識させられますね。

2曲目でアルバムのタイトル曲となっているDefying Gravityはインドっぽい感じ満載にして、でも自分達はロックバンドだから取り込んだ上でロックに作り替えたという曲なわけですが、聞いていて楽しくなるという意味でもMR.BIGに求められているのってこういう感じだよねって思える曲ですね。

PVではパット・トーピーとパットの影武者ドラマーという任務をこなしているマット・スターが入れ替わりながらドラムを叩いたり、横でタンバリンを叩いたりしているのが微笑ましい(笑)



3曲目のEverybody Needs a Little TroubleもPVが作られている曲であり、エリック・マーティンの自伝的な曲であり、曲のタイトルだけでもどういう内容なのか中学生レベルの英語力でも分かりやすい親切設計なわけですが、この曲もこのバンドらしい変わったリズムをキャッチーにする曲で、すごくらしいなぁと思えるものですね。

個人的にはパット・トーピーの誠Tシャツが気になって仕方が無い(笑)



7曲目のForever And Backはビリー・シーンがスウェーデン人のポップソングシンガーのアリーナ・ギブソン、マリア・ジェーン・スミスと共作した曲とのことですが、外部のライターが入ったとは思えないくらい、MR.BIGのバラード曲以外の何物でも無い感じで、To Be With You のような曲を望む人にはぴったりそうですね。



9曲目の1992は、MR.BIGが1992年に売れまくった当時について歌った曲で、愚痴ったりなんだりのネタにしているものですが、こうやってネタにするあたりもこのバンドらしさだなぁって。



アルバムとしてもの凄い大傑作というほどまではいかないですが、ある意味バンドとして存在してくれる事を素直に喜びたくなるアルバムでした。

今日のBlu-ray鑑賞 LIVE AT TOKYO DOME/BABYMETAL

2016年9月19日と20日に東京ドームで行われたBABYMETALのライブ映像になります。

RED NIGHTとBLACK NIGHTと分けて1つのライブという設定にして、アルバム2枚の全曲をやるから曲被り無しというものになっているので、片方しか参戦していない人は勿体ない感じになっているといえば言えるのでしょうが、問題ないと言えば問題ないですかね、私はライブに出かけたりしないので分からないですが。

東京ドームで行われたということで、お客さんの入りも大層なことになっているというだけでなく、セットが金かかってるなぁって完全に海外の大物ヘビーメタルバンドだよなと思わずにはいられないですね。

武道館ライブでも回転するというのはありましたが、さらに大画面スクリーンとその上に上がっていけるようにして、立体にも動くことが出来るという、近くで見れるに越したことは無いけれども、近すぎると逆に見えないところもある(大画面で見れば良いわけですが)満遍なく現地に出向いた人が楽しめる設計という感じですね。

ライブの方もとにかく楽しそうだなというのと、英語の煽りを普通に日本でもやるんだねっていうのと、全部ひっくるめて、とにかくすげぇなって。



今日のカバーアルバム CERBERUS/大村孝佳

BABYMETALの神バンドやマーティ・フリードマンのサポートギタリストとして知られている大村孝佳のヘビーメタルのカバーアルバムになります。

基本的に私でも知っているような有名曲であり、6曲中5曲は知っているというか何気に手元にある曲ですので、良い意味で間口が広いですね。

カバー曲になると、原曲とイメージが違いすぎてカバーである事に気がつかないレベルのものにする場合があったりしますが、そういうこともなく元ネタに忠実でありながら単なるコピーにはしないという感じになっていますね。

まぁ1曲だけ多少別物にしている曲がありますが(笑)

1曲目にMetallicaのBatteryでGuest Vo. TOKI(C4, Stealth)

カバーアルバムという企画をするきっかけがこの曲らしく、とりあえずBatteryをやりたかったということですが、今回の企画ではとにかくBattery推しが強かったということで(笑)


2曲目はMegadeth のTornado Of SoulsでGuest Vo. Ikepy(Her Name In Blood)

マーティのライブで弾いている曲ということで弾き慣れている曲としての選曲で、ヴォーカルはデスメタルバージョンと分かりやすく別物にしている曲ですね、私も元曲を知っているので変化が分かりやすいですが、何回か聞いたことがあるとか、意識して聞いたことはあまりない曲だと分からないかもしれないとはおもいますが、Megadethは何気に歌メロはあまり印象に残らないのでギターの方で気付きますね。


3曲目は EvanescenceのBring Me To Life:Guest Vo. 上木彩矢

元曲の男性ラップ部分はなくしてのものですが、コーラスも大村さん本人ということで、ギターだけじゃなくて歌もいけるんだねって。

4曲目はArch EnemyのNEMESISでGuest Vo. 葉月(lynch.)

元々女性が歌うメロディックデスメタルですが、男性ヴォーカルでカバー、でも全く違和感がないというか、アンジェラ・ゴソウの声を知らずに聞いて一発で女性が歌っていると気付く方が凄いレベルですからね、全く違和感なかったですね。

5曲目はDream TheaterのTake The TimeでGuest Vo. 久世敦史(Concerto Moon, Screaming Symphony)

このアルバムで唯一原曲を知らないで聞いた曲ですね。

Dream Theaterは耳にしたこともあれば、どういうバンドかという知識程度はあるのですが腰を落ち着けて聞いたことはなく、プログレメタルっていろいろと難しそうだなぁという程度ですが、やっぱり聞いていて大変そう(笑)


6曲目はDokkenのMr. Scaryでインスト曲、ジョージ・リンチを崇拝しているので、Dokkenが入ってくるのはわかりやすいですし、好きなんだろうなぁというのがよく分かる感じになっています。

The Gathering Of Metal WarriorsというLIVE DVDもついていて、神バンドの皆さんが出ている感じなのですが、メタルのライブとしても非常に良い感じではあるのですが、ゲストがいて演者が入れ替わったりが多く後半は何気にそういう部分を楽しむものになっている感も(笑)

そして特典DVDの特典という2枚目のDVDには編集でカットされている部分のトラブルであるとかMCとかになるのですが、使えない部分はピー音が入るという(笑)

今日のメジャーセカンドアルバム 確実変動 KAKUHEN/Gacharic Spin

全力エンターテイメントガールズバンドGacharic Spinのメジャーセカンドアルバムになります。

アルバムタイトルにもなっている1曲目『KAKUHEN』のMVの間違い探しバージョンのふざけ具合が個人的に好きなものだったので、存在も知っているし何曲か知っているという程度の認識から、腰を落ち着けて聞いても良さそうだなと思いったわけですね。



どうせならとメジャーデビューアルバムから聞いたりもして、それだけの価値があったなと思わされたわけですが、セカンドアルバムはどうかというと、MVを作っている曲『KAKUHEN』は当然きっかけになっただけあり好きな曲ですし、CMタイアップ曲の3曲目『シャキシャキして!!』も特典DVDでMVとメイキング映像とありましたが、これもいかにも私が好きなというか、このバンドはこうあって欲しいと勝手に思うものであったりしますね。



12曲目の『アルプスの少女』はMVはふざけまくりで、曲そのものがよく分からない状況になっていますが(苦笑)曲としてはラストまで聞かないと曲名の意味が通じなくなってしまうんですよね、それはそれで良い意味でふざけていますが。



ただ、イロモノの皮を被ったガチというスタイルだけで押し通すのはそれはそれで幅がなくなるというのもあるのかもしえないですが、イロモノ色を薄めた曲が前作よりも多いかなと思ったりもしますね。

イロモノ一辺倒で行くことが絶対正しいというわけではないので、それはそれで良い事ではあるのですが、バランスとしてはこれよりも真っ当な曲が増えるということにはならないで欲しいなぁというのは勝手な感想。



あと、CDで聞くとなると最初いろいろと故障を疑う羽目になって心臓に悪かった(苦笑)


今日のメジャーデビューアルバム MUSIC BATTLER/Gacharic Spin

全力エンターテイメントガールズバンド、Gacharic Spinの2015年9月発売のメジャーデビューアルバムになります。

存在はこのアルバムが発売されるよりも前から知ってはいましたし、曲も聴いたことがあり見た目から何からネタに走っている色物バンドの皮を被ったガチのバンドというコンセプトも個人的に好みではあるものの、なかなか腰を落ち着けて聴くまでには至らなかったのですが、この次のアルバム曲になる「KAKUHEN」の7つの間違い探しVer


というのを目にして、このふざけ具合の方向性がいかにも私が好きそうなもので、これは手を出しておかないといけないかもとなり、実はメジャーデビューアルバムは捨て曲無いよと聞いたので手にした次第。

それまでインディーズでやっていたり、バンドも順調に来たのではなくヴォーカルメンバー脱退があったり、そのまま固定したメインヴォーカルをおかなかったり、でも何故かパフォーマーは加入させたりとか紆余曲折があったらしいのですが、そこら辺の苦労を糧にして培ってきたものを全部ぶち込むとばかりに詰め込んだアルバムになっていて、それぞれのメンバーの得意分野を詰め込んで、ルーツとなるような音楽も詰め込んでというのか幅広く入れてきていますし、音楽のジャンルのある種の統一性のなさというか、良いと思えば節操なく取り入れる姿勢はJ-POPの専売特許というか、80年代後半に勃興したいわゆるバンドブームを彷彿とさせる感じがあって良いですね。

Short verですが公開されているPVは

3曲目の「MUSIC BATTLER」


7曲目の「ファイナルなファンタジー」


11曲目の「赤裸ライアー」


の3曲になるのですが、これだけ目にしたらやっぱりネタバンドだよなと(笑)

それ以上に「赤裸ライアー」は各楽器の教則ビデオも公開されていて、全くの初心者から分かるようにもやっていて、全くもって楽器を扱えない私でも楽しめる物になっていますが、キーボードは全く弾くのに役に立たないのが(笑)


全曲印象に残るものになっていますが、ハードロックやヘビーメタルをJ-POP包み隠している感じの曲が多い中、6曲目の「ガンバンバダンサー」という曲がディスコファンクという感じになっていて、パフォーマー、ダンサーがいるネタバンドというだけで、頭の片隅に米米CLUBがちらついていたりしていたのですが、実際問題影響を受けたのかは分かりませんが、これだけ聴いたら影響を受けた直系かなって思うレベルで嬉しくなったり、あまりそう思えるバンドっていないので。

あと初回版付属DVD、私はTYPE-Bを手にしてTOMO-ZO ワンマンショー ドキュメンタリーとMVのメイキングを見たのですが、何気に裏側を見れるのって面白いよなって。


おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム