FC2ブログ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsFC岐阜

FC町田ゼルビア0-0FC岐阜

野津田が工事の関係でバックスタンドが使えなくなり、ホーム自由席の前売りが売り切れたという試合に出かけてきました。

イベントが多いという事で、早めに出かけYASSカレーを食べてからゼルビーランドへ移動。

ヤクルトブースで先着でもらえるヤクルトもらい、本日のマッチデースポンサーで社名をTERADAに変更したばかりのTERADA presents 抽選会で4等を引きタオルマフラーをもらい、隠れ家食堂でチョリソー串を食べてから先行入場。

入場時にも今日はマッチデースポンサーのTERADAさん提供のビニールバッグとフラッグをもらうという、今日は色々ともらえる日だなと改めて思う次第。

前売りが売り切れていたり、予想以上にバックスタンド側の席が無くなっているので、席を取るのに混んでいるかなと思ったりもしましたが、先行入場から入る人の数はいつもとあまり変わらず、定位置確保はいつも通り。

Z劇場に戻り、本日のマッチデースポンサーのTERADAの社長さんとタスクさんのトークという、企業の人とこういうのって珍しいなと思っていましたが、前にスーツのSADAさんもやっていましたね。

そして、2組目は毎年必ず出演しているマジキッシュのお2人、今回は鶴川中学校の吹奏楽部とのコラボで、ゼルビアの試合を見て作った12ノチカラをやりましたが、この曲がチャントになっている下坂は今日はベンチにも入っていないなというのが頭をよぎったり。

席に戻り、さすがに前売りが売り切れたというだけあって、いつになく回りが混んでいるなぁと言う中、メインスタンド前で本日のゲストであるこぶしファクトリーのライブ、応援ソングの時に、一緒に歌って欲しいというところの説明などをしてから、まずは持ち歌披露。

ゴール裏からでは直接はよく見えないのですが、大画面で見荒れる環境になりましたので、それはそれでよく見えましたし、メインスタンドは結構な盛り上がりを見せている感じで、これ目当てで足を運んでくれた人達が結構いるんだろうなぁと分かりましたね。

一旦ライブは終了でGK練習開始。

フィールドプレイヤー練習のための入場では、またもやこぶしファクトリーの皆さんが出て来て、曲が完成してから入場時に流れる応援歌を生で披露するという形に。

レコーディングされているのは町田町田と連呼する部分が、今日は町田ゼルビアというかけ声に変更されていて、これが本来予定されていたバージョンで、名称変更問題があったから大人の事情で弄ったりしたという事だったんだろうなぁと、余計な事が頭をよぎる始末で、本当に色々とタイミングが悪いというか、大本をたどればゼルビアを削除しようという変更案を出した事そのものが間違いだったんでしょうけれどもね。

練習から選手紹介と一連の流れから選手入場。

試合前には中嶋裕希選手Jリーグ通算100得点達成セレモニーが行なわれてからの試合開始。

前の試合と同じスターターで、上位の水戸相手に惜しい所も見せての引き分けだったというところから、何とか相性が良く絶対に負けられない相手となる現在最下位の岐阜に対して上積みを見せてもらって、今日こそはホームでスコアレスドロー続きから脱却したいと。

立ち上がりから押込む事は出来るけれども、なかなか決定機までは作れないという、今シーズンよく見すぎる展開で始まり、セットプレーのチャンスは何度もできるものの、今シーズンはこれが決めきれないから勝ちきれないというのを改めて痛感させられるという、岐阜も崖っぷちもいいところなので、体をはりまくっているのがよくわかり、ぶつかり合いからの我慢比べになるのかなといった形で前半終了。

ハーフタイムには、こぶしファクトリーの皆さんによるハーフタイムショーで、公式応援歌となりますが、遠目に見てもメインスタンドは盛り上がっていたかなと、そして町田町田が町田ゼルビアと歌詞が変わっているところがどうしても大人の事情があったんだろうなぁと思わずにはいられず、あと今日配られたフラッグをもってのパフォーマンスだったので、TERADAさん喜んでいるだろうなとかも。

後半立ち上がりからこちら側に攻める時間帯が多く、前半と比べて攻撃についてはよく見えるようになるのですが、攻めていても決定機までは作れないというのは今シーズンよく見る傾向であって、丁寧にやる分守備も戻られているなぁというのは感じずにはいられないですし、やっている事が変わったけれども成果は見えないままだなぁとか。

激しいぶつかり合いが多く、ジョンチュングンがゴール前で倒れてなかなか立ち上がれず担架で外に運び出されたので交代するのかなと思っていたらば、担架で外に出されたタイミングで行なわれた選手交代は大谷から佐野海舟というサイドバックの交代で、そっちかと回りがざわつく次第。

しかも直後に入ったばかりの海舟がロングボールの処理でぶつかってイエローをもらい、ちょっと騒然とする事になるという。

後半も半ばは完全に流れは奪っていて攻撃が続くもなかなか決定機が作れず枠内シュートは飛んだとしてもDFに弾かれるなどなかなか得点は奪えず。

残り15分に2枚目のカードでジョンチュングンから久しぶりに出場になる山内へ交代。

残り3分というところで土居からバブンスキーに交代と高さを生かしてクロスから得点にという狙いが見え、山内がこれは入ったろうというダイビングヘッドのこれは入ったろうと思うほど惜しいシュートがあるも入らず、セットプレーのチャンスまでは出来るけれどもそこで決めきれないという今シーズンの特徴を払拭出来ずにまたもやスコアレスドロー。

勝って残留争いで安心出来る結果になってくれれば良かったのですが、最悪残り全引き分けならば例年残留出来るだけの勝点になるので、それを狙うのも悪くはないのかもとは思っていたり。

ただ、本当にどうすれば得点が入るのかしっかりと考えて練習して貰わない事には、せっかくスタジアムに行っているのにはしゃぎきれないという問題が・・・

アフターゲームショー、今日はライターの郡司さん。

またもや引き分けという事で、無理矢理明るくするというのは変わらず、相変わらず細かい所に注目するものになり、アフターゲームショー最後まで聴いていた人にはマッチデースポンサーのTERADAさんからタオルマフラーがプレゼントという事で、今日2本目をもらい、去年ももらっているので同じタオルマフラーが3本揃う事になりました。

今日はメインは何かもらう事になっているなぁ(苦笑)

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のDAZN観戦 水戸ホーリーホックvsFC町田ゼルビア

水戸ホーリーホック1-1FC町田ゼルビア

チーム名騒動もとりあえず一段落、少なくとも今シーズンは残り試合に集中出来るようになり現場に行きたいところでしたが、今日はおとなしく家でDAZN観戦という事で。

とにかく相手がどこであろうとも関係無くそろそろ勝利が本気で必要なほど追い込まれてきいる状況、選手は前節と全く替わらず、変化をつけるのでは無く継続で乗り越えようという狙いだと思う事に。

開始早々にコーナーキックからヘッドで決められて先制を許す幸先の悪すぎる立ち上がりで出鼻をくじかれるも、9分にフリーキックのピンチ、対応でバタバタしてしまい入れられかけたものの、何とかギリギリで防ぎ運に見放されてはいないという事になり、見ている方も一安心。

21分に左サイドから中央に向かってドリブルで運んだ土居のパスを受けた中島がペナルティエリア外からのシュート。

これが相手のハンドになりPK獲得。

中島がPKを蹴り、GKに止められたもののリバウンドをしっかりと決め直してJリーグ通算100ゴールとなるメモリアル記念な同点。

30分にPKのピンチにヘッドを合わせられるもバーに助けられるとまたもや運に見放されてはいない。

直後にロングパスを土居がゴール前に追いかける形で受けてシュートまで持ち込みかけるも、倒れながらシュートになり決めきれず。

その後水戸が主導権握り続け、増田の好セーブに助けられ、このままスコアは動かず前半終了。

48分コーナーキックのチャンス ジョンチュングンおしゃれなキックは惜しくも入らず、直後ゴール前に中島に良い形で入るチャンスが出来るも決めきれず。

後半に入って主導権を奪いに行く形が出来て、その流れに乗っかりたいもののゴールまでは繋がらず。

60分途中交代の小川に運ばれてフリーでシュートを狙われるピンチを増田が防ぎ何を逃れるも水戸に流れが傾いていき、64分にはファウルからのクイックリスタートで大ピンチになりぎりぎり防ぐなど我慢の展開が本格開始。

66分も平戸に代えて岡田、82分分かりやすく疲れが出ている中島からバブンスキーに交代と変化をつけにかかるも、なかなか流れを変えられず、87分深津から酒井の交代と最後のカードを使うも、そのまま我慢の時間が続き、引き分けで終了。

アウェイで上位相手に引分けという結果だけを取り上げれば決して悪い結果とは言い切れないものの、とにかく勝てない所から脱却しない事には安心できないでので何とかしたいのですが・・・

崖っぷちにいますし、そろそろ本格的に暑さも無くなっていきますし、今シーズンすっかりなりをひそめた高い位置からガンガン人数をかけプレッシャーをかけてからショートカウンター狙いを復活させるとかないのでしょうか?どうも、今まで以上に丁寧で上品なチームを狙っているのは分かるのですが、いまひとつ結果に繋がっていませんし、流れで得点になっていませんし、体力サッカーの方が成功体験を積んでいるのではと思ってしまうのですが、事はそう単純では無いののでしょうね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs鹿児島ユナイテッドFC

FC町田ゼルビア0-0鹿児島ユナイテッドFC

昨日の台風の影響により、交通機関の乱れも激しく開始時間が2時間後ろ倒し、せっかくの晴天も客足が伸びようはないだろうなという中出かけてきました。

交通機関の乱れがあるという事ですが、渋滞が起きているようなところを避けるルートで公共交通機関を使って行くというのも通常ルートなので、かかった時間が普段と変わらない、多少山登りの道で枝が折れているというくらい。

YASSカレーで今日はミニを食べてからゼルビーランドへ移動すると、Z劇場がほぼ更地というなかなかお目にかかれない状況。

イベント関係がほぼほぼなくなり、突風も考慮して、かなりの殺風景。

先行入場でいつもの席を取り、客入りの悪さを見て、小田急線の乱れの影響や渋滞の影響があるんだろうなという辺りから、先日のサポーターミーティングについてああでもないこうでもないと話して過ごすという、Z劇場のイベントがない影響の過ごし方をして、GK練習、フィールドプレイヤー練習選手紹介と続いて試合開始。

前の試合、前半から交代出場し移籍後初ゴールをあげたジョンチュングンがスタートからいて他は変わらず。

順位が下の鹿児島が相手ということで残留のためにも意地でも勝っておかないといけない試合ですが、気持ち押し込み気味程度で主導権を握っているほどでもなく、決定機までは作れずコーナーキックのチャンスまでは作れるけれども点は決められずと、ここの所のホームの試合を繰り返している感が強めでスコアレスで前半終了。

後半攻撃がよく分かる配置になるので期待を高めると、開始早々にPKをもらえたと思うくらいの位置でFKのチャンスを得るも、平戸のキックが裕大に当たって倒れてしばらく動けないという結果に。

この決定機を生かせず、しっかり見えるようになればなるほど、決定機そのものが作れないというのがよく分かるように。

昨シーズンまでとは違いボールを大事に使用という意識が強まった事によって速攻からのチャンスが見られなくなってきたとか、高い位置からプレッシャーをかけてボールをかっさらうというのは、なかなかお目にかかれなくなったとか、押し込んでも決定機を作れないというのは変わらないとしか思えず。

選手交代、土居を岡田に代えたのも分かりやすい変化はつけられず。

2トップをバブンスキー、戸高に2枚替えし、鹿児島にレンタルしていたバブンスキーに期待が高まるも、流れは掴めず、ややひやりとする攻撃もされたりして気持ち負けたくらいの感覚のスコアレスドロー。

スタジアム通いはゴールが決まった時、勝った時にはしゃぎまくるために行っていると言っても過言ではないのですが、消化不良な試合になりました。

全体的に昨シーズンと比べて悪い意味で丁寧なサッカーになってしまって勢いがつけられていないなぁと。

多少雑でも良いから高い位置からボールを奪いに言って手数少な目に速攻狙いというのを意識させるじかんたいというのも作れないものなんですかね?昨シーズンまでと違ってファウルやカードを連発させるような事はなくなりましたが、悪い意味で上品な事をやろうとしているのかと勘ぐってしまったり。

順位が危ない、いろいろとごたついているからには是非とも勝利で悪い流れを断ち切りたかったのですが、勝っていないから勝てないという負のスパイラルはまだまだ治りませんねぇ。

アフターゲームショーはライターの大島党首。

タスクさんが無理矢理でも明るくポジティブにやるという姿勢はこの時期に入っても続きますが、今よりもっと悪い時期を知っているからこそ、これはこれで経験としてやっていけるというのは散々出て来ましたね、あとはちょいちょい危ない話とか。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のサポーターミーティング

FC町田ゼルビアのサポーターミーティングが行われ、YouTubeで配信されていたので見ました。


事前に商標出願によってFC町田トウキョウというチーム名、新たなエンブレムにマスコット情報が流れていて、確定情報が出るまではどうなるか分からないが、ほぼほぼ決定事項なんだろうという諦めの気持ちとあり、それについてどのように説明がなされるのかという事で。

結論からいうと貧乏はダメだというところでしょうね。

ある意味理想論だけで突き進み、親会社の資金というものを持たないでJ2まで来たけれどもここから先に突き進むには予算の限界、Jリーグに上がればそれだけで注目度も上がり金も何となるというのは皮算用であって、このままJ3までが限界として甘んじるか、上を目指すためになりふり構わずにやるかというところで、昨年の子会社化があったと。

子会社化そのものは、理解出来るものですし今までの良い物を引き継いだ上での発展というのが理想でありながら、その絵は見えないなというのは当初から感じていたものでしたが、契約上にはじめからチーム名変更ありきであったのならば、それを早い段階で提示していなかったのは悪手になったなぁと。

そして改めて東京でないと金が集まらない問題、東京都という世界的ブランド志向と土着民の考える東京というものの乖離というか、私自身は生まれてこの方本籍地は町田ですが、町田で義務教育を受けていないので土着民と言い切れない立場であるものの、都下と評される市部で生き続けてきているので、どうにも全国的にみた東京、地方からの移民から見た東京、区部の人間から見た東京と比べて土着系多摩地区民の考える東京というものの感じ方の違い、都下と評されたり、東京を扱うものの大多数は区部ばかりという物に対する感覚というのは、なかなか理解されていないのかなぁと。

さらに言うと、町田は多摩地区の中でも神奈川ネタで散々弄られるくらい特殊性が高い地域なのであって、町田では金が集まらないというのをどれだけ論理的に説明されても、理解は出来るが納得は出来ないという状況になりやすく、だから東京を前面に出さなければいけないんだというのは、ただただそれまでの歴史を全否定するに限り無く近く、もう少し何かできなかったのかと。

まぁ親会社になるに当たって最初から改名ありきという契約だったらば、そりゃ地元に対するアプローチも何も最初から力を入れないよなといえばそれまでですが。

東京をつけるだけならば、北海道コンサドーレ札幌という長い名前になった前例もありますし、それまでの歴史を全否定されるという状況を作り出さなかったのでしょうが、ゼルビアを残すと長いであるとか、覚えにくいとか、絶対に問い詰められる質問に対する準備の無さというか、これで何とかなるだろうという計算であったのであれば、いろいろと残念だなぁと。

結局、限界ギリギリで生存だけしていくか、限界を突破するために多くの物を捨てて前に行くいのかという2択だったというのが分かったわけですが、その捨てていく物の中に既存のサポーターというものが含まれていたかなというのは正直な所ですね。

私の場合、元々町田にチームがあるという意味ではJFL加入前から注目だけはしていたもののネットで情報をチェックするという程度だったのですが、野津田通いするようになったのは、J3が出来てJ2に行くためには観客動員がどうしても足らない、何とかして野津田に来てくれと言うのを必死にやっているのを目にして、このままだとクラブ存続も危ういのかなという事で、私1人の客足が増えるくらいでも何かの足しにはなるだろうという、このままでは頑張っている人達がかわいそうだという気持ちから始まった部分があり、そこからホームでは毎試合当たり前のように出かけるまでに変わっていったわけですが、金で色々と解決して行く、そのためには犠牲も厭わないという姿勢を前面に出してくるのであれば、別に私がいなくても大丈夫だなというように思えるのですよね。

今シーズンはシーチケ買いましたから残り試合も行きますけれども、果たして今後も野津田通いをするかどうかとなると、感情がどこまでどうついていくかになりますね。

今回のサポーターミーティング、恐らく反応やらなにやら踏まえて微調整するとは思いますが、分かりやすくそれを提示出来ないとなると、サポーターなんていうものは趣味の分野ですので、論理的な行動ではなく感情論で動くものですからねぇ・・・

今回のサポーターミーティングはもっと早い段階、いろいろと決定事項を発表するという形では無く、現状説明ともって行きたい方向を示した上で、そこから何をどうするかサポータを巻き込んだ上でアイディアを募ってという一大イベントにして、それこそ本当の意味でのリアリティショーとして番組作った方がよかったんじゃないの?って。

ゼルつくが物凄く中途半端なところで番組打ち切りというような形になったのも、改名ありきだったというのがはっきりしたわけですし、色々と手順を間違えたとしか思えないなぁ・・・

サイバーエージェント傘下にチームがなり、その功罪両面あるというのは感じていましたが、功に関しては金の問題という分かりやすい結果になりましたが、金はもちろん重要ですが、金で何でも解決出来るわけでも無いというのは、人気商売では当たり前の事が抜け落ちていたというか、新たな人気も金で解決出来るものからすればいいかという志向だったというのを見せてしまったのは功罪の両面ありながら罪の方が功を上回ってしまったのではないかとね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のDAZN観戦 V・ファーレン長崎vsFC町田ゼルビア

V・ファーレン長崎3-2FC町田ゼルビア

アウェイ長崎戦ということで、おとなしく家でDAZN観戦という事で。

ホームで2戦連続スコアレスドローという、今シーズン失点が多いという町田らしさを失っていたという事から考えると、無失点が続いていることそのものはらしさが戻って来たとも言えますが、点が取れないというのは同時に非常に今シーズン残留争いに巻き込まれる位置にいるチーム状況を非常に良く表しているという。

ホームで勝てないというのは、今シーズンに限らず外弁慶傾向の強い町田らしさでもあるのですが、同時にアウェイの方が期待出来る、特に九州のアウェイというのは相性が良いイメージがガッツリと出来ているということで、何とかその傾向は発揮して欲しいと期待。

得点が取れていないという事と、案の定前の試合の前半終了時で負傷交代したロメロ・フランクが全治4週間の肉離れで欠場という事もあり先発に変更があり、ロメロの位置に森村が入り、ここの所2トップとして出場していた土居が一列下がり、FWに芸能ニュースでも結婚が報じられた富樫敬真が結婚後初めてピッチに立つことに。

ロメロは怪我で出場は難しいと予想はしていましたが、できる事なら日本人帰化記念で新婚記念の敬真と揃って大活躍というのを見たかったというのが本音。

試合開始8分相手クロスをクリアしきれず、拾われたところからのシュートをブロックするも止めるまでが限界でこぼれれ球になって呉屋にきれいに詰められて先制を許してしまう。

直後に中島のクロスに敬真が合せるも決めきれず同点にはならず。

23分にも敬真のクロスを相手GKが弾きそのボールを中島がオーバヘッドで狙うもやはり決まらず。

33分には井上がロングシュートを狙うもバーに弾かれてしまいなかなか追いつけず、逆に40分呉屋にゴール真ん前からシュートという大ピンチがおとずれるもバーに弾かれ助かるという結果。

41分と前半で特に怪我をしたという事もないのに敬真からジョンチュングンへ交代し、そのまま得点が動かず前半終了。

決定機3本のうち1本でも決まっていればという思いと、2点目を取られないで良かったと言う思いと両方あるものの、惜しいまでで決まらないというのが本当に今シーズンの悪しき特徴、チームに成功体験が無いから成功しないという負のスパイラルから抜け出せないなぁと。

追いかける立場としてては先に決定機を作り早々に決めたいところが49分呉屋にゴール前まで迫られて危ないシーンになり肝を冷やす事になるも外してくれて助かり、直後の51分右サイドでボールをもらった大谷から中島に繋ぎグラウンダーのクロス、ジョンが合わせようとするも相手DFともつれ、こぼれ球を平戸が押し込み同点に追いつく。

これで勢いがつくと喜んだのもつかの間53分 大竹のドリブル突破に深津が完全に振り切られフリーでゴール前まで運ばれてきれいに決められ、これが勝てないチームなんだと思わされてしまう。

63分にゴール前で森村がしっかりおさめて走り込んだジョンにパスを流し、ジョンチュングンがGKのまたを抜くシュートで待望の移籍後初ゴールで同点。

75分にもFKのチャンスに中島がヘッドであわせるもバーに弾かれ逆転は出来ず、77分 中島から戸高に交代。

79分に呉屋の突破を奥山が密着して楽に打たせずひやりとしながらも決めさせず、ただ長崎が完全に流れを作る状況に。

87分に猛攻続きの長崎の攻撃を我慢し続けたもののクロスから大竹に頭で決められまたもや突き放され、直後バブンスキーを森村と交代で入れて何とか同点に追いつこうとするも追いつけず敗戦。

得点が取れない試合が続いた中、複数得点がとれるようになったという前進があったものの、それでも負けたという後退もしてしまった。

完全に勝ち方を忘れてしまったというか、勝てないという事そのものが悪い流れを作ってしまっている、昨シーズンもそうですが、基本的に紙一重を勝ちに繋げてきたチームなだけに、紙一重でゴールが決まっていたところで決めきれなくなると厳しいなというのと、らしさはある程度戻って来てはいるものの、特徴の1つであった高い位置からボールを奪って切り替えを速くして速攻からゴールを狙うと言うことは今年は出来なくなってしまったなと、今まで以上に繋ぐ意識を高めた事が、切り替えの速さを失う結果になってしまって、モデルチェンジに失敗してしまったという事なんでしょうし、セットプレーで決めるという事も惜しいで終わってしまっていてはダメなんだよなと。

試合後のいんたびゅーで相馬監督が完全に涙目になっていましたし、何をすればチームが一番噛み合うのかの見極めが出来なくなってしまったのかと、相馬監督の心が折れていないと良いのですが・・・

改めて特徴の強い戦術でやり続けてきて、誰がでても迷わず一糸乱れないような完成度を作り上げたものから、新たな引き出しを作り出す作業というのは難しすぎる事だったんだろうなぁと、まるでシーズンが終了したかのような気分になっていたりも。

もっと早い段階で結果が出ていたのならば負のスパイラルにはまり込まずにすんでいた可能性も高いのですが、それもまた意味の無いたらればなんでしょうね。

1つしたの順位の鹿児島が豪快に大敗してくれたのが、せめてもの救いでもありますが、次週の対戦相手はその鹿児島であって、ズタボロに負けてある意味では開き直りが利く鹿児島に対して、2度追いつきながら試合終了間際に突き放されての敗戦という引きずりそうな負け方をしてしまった町田という構図では相当覚悟しないといけなそうですね・・・

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる