FC2ブログ

今日のJ2 DAZN観戦 FC町田ゼルビアVSモンテディオ山形

FC町田ゼルビア0-0モンテディオ山形

サッカーJ2も試合再開でリモートマッチ2試合目はホームでの試合、久しぶりの野津田Gスタは増築工事が順調に進んでいる様子がわかりそれがまずは嬉しい状況。

前節は試合終了直前に同点に追いつかれて勝ちきれなかったわけですが、スターターもベンチもフィールドプレイヤーは変わらず、唯一メンバー変更があったのがサブ組のGKが福井から廣末。

立ち上がりから押込まれる展開が続き、相手に決定機を作られるという事は無かったものの守ったあとなかなか攻撃にうつれず、パスが思うように繋がらずもどかしい時間帯が多かったものの、給水タイムが修正するきっかけとなり、以降攻撃の形が作れるようになり流れを掴み、その勢いで得点まで期待出来る展開へ。

平戸がペナルティエリア内で倒され、前の試合とは違ってこの試合はPKで先制かと思ったもののファウルをとってもらえず、前の試合に引き続き平戸はファウルを取って貰えないという残念な継続があり、前半スコアレスで終了。

後半頭から選手交代もした山形主導権を握る展開になるも、立ち上がりをしのぎきってからは攻撃の形が作れるようになり中盤から主導権を握り返す。

ただ攻撃形までは作れるもののシュートまでは出来ず選手にも疲れが見え、山形が選手交代をし流れを戻され秋元が守護神ぶりを発揮して失点を逃れるという展開から最初の交代が後半32分、安藤と吉尾から中島、マソビッチの2枚替え。

この2枚替えが良くて早々に大チャンスが来て、平戸から中島へのアシストでゴールが決まるかとなるも触れずに決められず。

山形が5人交代枠を使い切るのに対し、そのまま疲れが見える選手が見えても選手交代をせずに変化がつけられずスコアレスで終了。

これで3試合連続引き分け、選手交代をすれば成功するわけでは無いけれども、5人の枠があるという概念すらないようなのは気掛かりな点、2試合やった事を踏まえて修正をするのかどうかは気になるものの、交代するにはリスクがある展開である事も事実ではありますし、サブに入る選手のポジションバランスも修正できそうというのはありますかね。

3試合見て、大崩れはしないだろうというくらい守備は安定しているだけに、この守備をどう生かし切るかどうかですかね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2 DAZN観戦 東京ヴェルディvsFC町田ゼルビア

東京ヴェルディ1-1FC町田ゼルビア

ついにJリーグ再開、最初は無観客試合改めリモートマッチ、移動による新型コロナウイルス観戦リスクを減らすために近場との試合からとなり、本来なら凄く行きやすい味の素スタジアムでの東京クラシック。

スターターはトレーニングマッチと代わらずで既定路線、J1相手に良い試合が続いていたので期待高く、その期待に応えるように試合開始から良い流れで入り早々の3分に平戸がペナルティエリア左側外からきれいにミドルシュートを決めて先制。

これで一気に流れを掴んで主導権を握り続ける事を期待したのですが、徐々にヴェルディのボールを繋ぎまくる戦術に翻弄されるようになり前半は中盤に入ってから完全に守備時間。

どれだけボールを回されても決定機までは作らせず、J1相手にトレーニングマッチをした成果が出てはいたものの先制点を死守するのに終始し前半終了。

前半の支配率23%という極端な偏りよう、ハーフタイムで選手交代含めてどう修正してくるのか注目するも、選手交代はなく、逆にヴェルディが2枚替えをして後半開始。

前半の流れをひきずって、支配される展開ではじまり、早々にどフリーでゴール前でシュートを打たれる展開になり、それが宇宙開発をしてくれる外しっぷりで運が味方になると感じる展開。

ただ防戦は変わらず耐える展開が続き、平戸が平に削られてファウルを取って貰えずなど今日の審判はファウルを流しがちな傾向があって体力面で厳しいなと。

選手の疲労が分かりやすいにも関わらず、最初の交代が38分で吉尾から中島の1枚替え。

45分に深津から酒井とやはり1枚替えで守備固めに入るも、アディショナルタイムでそれまでファウルを流し気味だった審判がペナルティエリア内の髙江のファウルを取りPK。

これが決められて、5分と長めのアディショナルタイムに入ってから同点。

直後に髙江からリハンジェに交代するも残り時間少なく勝ちきれずの引き分け。

圧倒的にボールを支配されたことを考えると、引き分けという結果は悪いとは言い切れないものの、支配されているからといって決定的に危なかったのは1つくらいであったことを考えると、耐えきって勝てたはずの試合を落としたという事にしか思えず、ただただ悔しい結果。

ポポビッチ監督は交代5人出来るという事をどういう風に受け取っていたのか、ハードスケジュールを考えると、3人交代の常識から外れるほどの積極策を使っても良かったのではないかという思いはあるのですが、当然そう考えるスタッフもいるでしょうから、今後修正は入ると期待はしておきます。

悔しい試合でしたが、悔しがれる事ができる日常が戻って来た事は素直に喜ばないといけないのでしょうね。

試合はDAZNで見ながら、ゼルビアチャンネル通称ゼルチャンも同時に見ていたのですが、なかなか頭が忙しいというか、両方の音声を聞いているので、どちらも中途半端に聞いてい感じですね。

タスクさんとサトミツさんのトークはZ劇場感があって面白かったのですが、中継とはタイムラグがあるのでそれだけ聞いているとずれすぎて気持ちが悪いというのもありましたし。


テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のトレーニングマッチ 鹿島アントラーズvsFC町田ゼルビア

鹿島アントラーズ1-0FC町田ゼルビア

先週の浦和レッズとのトレーニングマッチに続き、終末トレーニングマッチ配信第2弾。

浦和相手に勝利と先週は幸せ過ぎる時間をすごしたわけですが、今週は間に川崎フロンターレ相手に0-5とボコボコにされたトレーニングマッチも行なわれていて、ちょっと浮かれすぎたかと気を引き締めての観戦。

試合はYouTubeで実況はPlayer!という投げ銭が出来るアプリを使ってという2画面対応、解説はOBであり町田市議会議員の星さん、ガチガチの解説というよりも広報の近藤さんとの雑談形式。

先週は30分で4本という変形的な配分のものになりましたが、今日は45分で4本という実質2試合文という長丁場。

先発は先週と同じで、現段階での優先順位が高いメンバーという事なんでしょう。

ソーシャルディスタンス記念撮影から始まり、さすがに先週は出来すぎなくらい出来すぎていたので、それと比べると攻守ともにやりたいことをやらせてはもらえないものの、守備はほとんど崩されずゴール前には守護神秋元がいるという事で、そう簡単には失点はしないと思える安心感もあり、2年前天皇杯でボコボコにされた時とは大違いであることは確か。

ただ、先週との違いはシュートまで持って行けていないという事で1本目スコアレスで終了。

2本目に入っても基本的には流れは大きくは変わらず。

決定機を作る前までのテンポ良く前に繋いでいく事は出来るものの、真ん中での鹿島の固い守備を崩せず。

終盤にジョンチュングンからマソビッチ、吉尾からジョセフと今シーズンに入ってから手術をした2人、安藤から中島、試合中に足をつっていた深津から酒井と交代。

特にマソビッチは先週は試合に出ていなかったので、練習に出ているのは知っていたものの予想以上に早くに戻って来たなと嬉しい限り。

ただ互いに決定機も少なく、スコアレスで2本目終了。

3本目は2本目途中から入った交代選手とサブ組に交代。

鹿島もサブ組ですが、地力の差はどうしても出るのは仕方が無く、スターター組と比べてパスミスが目立ったりと押込まれ気味。

そんな中でも福井がスーパーセーブを見せたりとこらえていたものの、良い形で攻められてから大谷が必死にスライディングで止めようとしたのがオウンゴールになってしまって失点。

怪我明けのマソビッチから岡田に交代、なかなか自分達のペースを掴めないままもバブンスキーのヘッドが惜しいというのがあったものの決められず0-1で3本目終了。

4本目はGK福井から廣末、井上からハンジェに交代してキャプテンマークをつけて出場、ジョセフに変わって晴山、青木に変わって初めて右サイドバックに入るのを見る事になる土居。

本職SBではない布陣(サイドバックがいなくなって、どういう布陣なのかしばらく把握出来なかったが)で少し不安だったものの、サイドバックが足りなくなった時の選択肢として土居の起用というのもありかもしれないなというくらいに守備が破綻する事は無く、なかなか得点が生まれそうではなかったものの、その中では惜しいまではあり、押込まれても失点することも無くスコアレスで4本目終了。

試合後昨シーズンまで監督で現在鹿島でコーチになった相馬さんが中島と話している姿が映されて嬉しかったですね。

鹿島相手にこの結果は決して悪くは無い、浦和、川崎、鹿島という再開前の豪華過ぎるトレーニングマッチは1勝2敗という結果、ぼろ負け試合だけは配信が無かったので結果しか分かりませんが、格上相手で修正点も見付けられ、一定の手応えを掴んだのではないかと。

あとGKは基本的には1人なので、3人のうち1人しか試合に出れないのが勿体ないなぁと思うくらい、3人とも良い感じに見えましたね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のリモートマッチ

Jリーグは今年の再開後の日程の発表と同時に無観客試合の名称をリモートマッチに決定したと発表しました。

現段階では2節3節はリモートマッチが決定しているという事で我らがFC町田ゼルビアはアウェイ東京ヴェルディ戦とホームのモンテディオ山形戦がそれに当たるということになりますね。

今シーズンはアウェイ観戦は期待しないでおいた方がいいのですが、しょっぱな行きやすいヴェルディ戦がなくなったなというのと、マスコミに流れていた情報通りの対戦相手だったなと。

東京は昨日今日と新型コロナウイルス感染者数が40人超えしてしまったので、それによってリモートマッチ多目という措置になる事はある程度覚悟しておいた方が良いですかね、多少の不公平が起きても仕方が無いという事を織り込み済みで再開までの道のりをJリーグは考えていたようですし。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のトレーニングマッチ 浦和レッズvsFC町田ゼルビア

浦和レッズ1-2FC町田ゼルビア

緊急事態宣言が解かれJリーグも無観客試合からのスタートとはいえ再開が決まり、その流れで空白期間を埋めるためにトレーニングマッチが配信されました。

トレーニングマッチということでは選手達の調整だけではなく、運営側も無観客試合での対応をどうするのかというトレーニングも兼ねているのかなというのは、埼玉スタジアムで両チームともに試合用のユニフォームで行なったりとかにも現れているのかなと。

スターターは開幕戦に出場していたセルビア人コンビがともに怪我で欠場となってしまったのを受けて、代わりに逆に怪我明けとなったジョンチュングン、休止期間にセレッソ大阪から期限付き移籍で補強した安藤が入り、これが現段階での序列と考えて良さそうですね。

相手がかつて天皇杯でボッコボコにされた浦和レッズですから、いくらあの時がJ3だったとはいえ一方的にやられることも一応は覚悟したのですが、そんな予想を打ち破り立ち上がりから町田が高い位置からボールを奪いテンポ良く前への意識高く攻め立てて主導権を握る展開。

今シーズン初めて見るというのがあり注目していたからというのもありますが、怪我明けのジョンチュングンの調子が良さそうというのと、新加入の安藤が前へ前と力技込みで突進していくのが目立ち、休止期間が上手くいったかなと思うくらい。

左サイドのジョンチュングンからのクロスがこぼれ球になり、それを髙江がきれいにミドルシュートでたたき込みまさかの先制。

この得点によって浦和が目を覚まして反撃にくるかと思いきや、そのまま主導権を握り続けて30分の1本目終了。

2本目もメンバーは交代せずに始まり、流石に1本目のように主導権を握り続けるような事にはならず押込まれる時間帯が一気に増えたものの、慌てずにしっかりと決定機は作らせず、危ない場面になっても守護神秋元が守護神ぶりを発揮し安心して見ていられ、ある意味感覚がおかしくなる始末。

怪我明けのジョンチュングンが井上裕大に交代し、平戸がサイドに降りて髙江がトップ下に移動と変化をつけてから、コーナーキックのチャンスに平戸が上げたボールにどフリーで安藤がヘッドで押込み追加点。

去年シーズン中に鹿島から戻ってきて一昨年ほどセットプレーが得点に直結しなかった平戸が、その鬱憤を晴らすかのようにアシストを決め、これでセットプレーが決定機と言えるところにまでなるのではないかと期待が高まるのと、ステファンが怪我で離脱してしまった穴埋め候補の筆頭扱いとしてこの試合抜擢された安藤が惜しいまでで終わらずしっかりと決めた事で、これは最適の補強だったと期待せずにはいられない嬉しすぎる追加点。

このまま2本目も1本目同様1点を守り切る点差を広げて終了。

3本目は2本目途中から交代出場していた井上裕大を残して全部サブ組に。

浦和もサブ組に交代し、普通に考えれば選手層の厚さから浦和が優勢になっておかしくない状況へ。

案の定押込まれる展開になるものの、慌てたりばたついたりすること無く相馬監督のもとでやって来た選手が多い事もあり、しっかりと我慢出来る伝統を作り上げていると感じさせる展開、福井が秋元に負けじとしっかりと危ないシュートを弾き返しスコアレスで3本目終了。

4本目はキーパーが福井から廣末に交代し3人全員出場、ジョセフ、ハンジェも頭から出場。

ジョセフがサイドに入ったり、森村がトップ下にあがったりと、そういう使い方をするんだと意外な動きがあったり。

最年長のハンジェがまだまだ終わらないとばかりに気合い溢れるプレーぶりは目立ったものの、惜しいまでは出来てもなかなか追加点には結びつかず。

半ばに怪我人を除いて最後まで残っていた期待の高卒ルーキー晴山岬がトップ下に入り、トレーニングマッチだと許されているのか、一度ジョセフと交代したバブンスキーが出戻りで入ってきたりと、おもしろ展開はあったものの、コーナーキックからの流れで武藤に決められてこの試合初失点。

これで一気に勢いを持って行かれることも一応頭をよぎりましたが、この試合の浦和はどうもそこから勢いがつくというような状態では無くそのまま逃げ切りで勝利。

久しぶりの試合、トレーニングマッチとはいえ浦和相手に内容で上回る試合という素晴らしいものを見せてもらい、30分4本という長い時間でしたが幸せな時間でしたね。

改めて今年のチームはやっている事は去年までと大幅に違いますが、伝統として良いところは残している感じで楽しくて仕方が無いですね。

来週は鹿島とのトレーニングマッチという、贅沢な試合が続きますが、相馬さんが鹿島でコーチになっているので、相馬さんが育ててくれたチームの良いところが残っていてチームの伝統となってきていますよというのを見せたいですね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる