今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs大分トリニータ

FC町田ゼルビア2-2大分トリニータ

今日は午前中に祖父の13回忌をやっての流れで、昼飯をとってから出かけたので優先入場前に到着しましたが、腹が減っておらず。

入場してから、相手がJ2J3入替え戦で戦った大分トリニータで絶対に負けられないと思って戦ってくるだろうとか、その時喧嘩を売る形を取った重松がスターターって攻めているなとか、出場停止の松本に代わって怪我明けの星野がスターターで、怪我さえなければこれが一番しっくりくる選択であるだの、多少長めに今シーズンというか昨シーズン最終盤に何気に話すようになった方とくっちゃべってからZ劇場へと。

あまりにも暑かったので隠れ家食堂でソーダのソフトクリームを買ってからZ劇場を見ると本日1つめの出し物のタヒチアンダンスのORIMANAの中盤から終盤という感じ、露出の多いものでしたからある意味暑くて良かったねと思ったり。

次はTHE BOXING SHOWということで、6月25日に町田市立総合体育館で行われる町田初のプロボクシング興業の告知込みでのトークショー。

やって来たのはジムの新井会長と野津田高校出身で高校時代陸上部だったので、野津田のトラックで走った経験もある高橋選手と、女子の小関選手。

タスクさんとボクシングについての初歩的な話し、サッカーとボクシングの少しの共通点と多くの違う点を交えてとその後はミット打ちのデモンストレーション。

ゼルビー、空手をやっているというちびっ子、ボクシング経験者という大人の方とやった後に小関選手がやるという事で良い感じになりました。

続いて、ベンチ外選手の挨拶ですが、今回は累積による出場停止の松本、深津両選手が順番で挨拶。

何気に昨日この2人はジョルナでイベントをやっていたんですよね、渡しは行きませんでしたが。

缶バッチのガチャを回して星野選手が当たると、これは今日復帰した星野大活躍の予兆だと勝手に決めつけて、ゴール裏に戻り、今日は旗の海という企画で旗を貸し出ししていたのですが、旗を渡されたので、定位置であるはずの準立ち見エリアから、最近試合前になると移動する事になっている立ち見エリアに微妙に移動。

大分の選手紹介では出場するキーパーの上福元、控えキーパーの修業の2人に拍手をし、旗を振っての応援へ。

とにかく西日を直接受ける格好での試合ですから、試合開始からとにかくまぶしくて細かいところがほぼほぼ分からない(苦笑)

試合を見ている感じはなかなかつかめないのですが、ちょいちょい危ないシーンがあり、これはまぶしい影響だろうと思えるレベル。

前半19分には右サイドの角度のないところで撃たれたボールを高原が弾くもそのまま驚くくらいあっさりとゴールに吸い込まれて先制されてしまい、やっぱりまぶしいからだと。

先制されてそのまま主導権を握られるかというとそうでもなく、反撃体勢へ。

攻撃の時間が長くなってきたなと思っていた中、ゴール前の混戦から押し込んで同点に。

ゴールが決まったのは分かった物の誰が決めたのか全く分からないと、大谷のゴールと分かり、移籍後初めてゴールだと。

そのまま前半スコアが動かず。

後半に入り、まぶしいのは大分側になると言う事で大いに期待していると、やはりまぶしい影響はあるのだと言わんばかりに立ち上がり速攻でコーナーキックから戸島がヘッドで合わせて逆転。

戸島が普通にゴールを決めるようになって大盛り上がり。

これで、一気にイケイケになると信じていたのですが、理想通りにはいかず主導権を握るという事にはならないでもやもやする展開に。

どうにも攻め手に欠くなぁと思っていたらば後半23分コーキックからあっさり失点で同点に追いつかれてしまい、残念な空気へ。

そして、主導権が握られっぱなしで防戦一方、遠くへ行ってしまっているので誰がどうとか今ひとつ分からずに選手達も我慢の時間帯だけれども、見ている方も我慢の展開。

熊本戦で途中交代から決勝点を決めて、その記憶も新しい井上、今のゼルビアでは一番攻撃のリズムを作れる吉濱と投入されるも、それでも流れを引き寄せきれず。

防戦の中でも相手陣ないでのパス回しをかっさらってシュートまで持ち込んだ中島のプレイなど、決めきるまでは素晴らしいのにというのを目の当たりにするも、なかなか良い形でゴールが奪えず、ひたすら我慢の時間帯。

応援する方も暑いし我慢の時間帯が続きすぎるしと、いろいろきついなぁとなっていたところ、その気持ちを払拭する選手交代が。

戸高の2年以上ぶりの試合復帰!

戸高が入った瞬間の歓声からのチャントのヴォリュームが明らかに上がった感じ、どうしても応援する方も限界突破するための何かが必要ということが、もろに分かった感じになりましたね。

しかも、その戸高が左サイドをドリブルで運んでシュートを放つと、入ってもおかしくないシュートでしたが上福元に防がれてしまいラストチャンスを生かせず試合終了。

我慢の時間が長く続きすぎた感じはしますが、昇格プレイオフ圏内で思うところがあるだろう大分相手に引き分けというのは、それだけ取り上げると悪い試合では無かった。

怪我人の実戦復帰、特にまるまる2年間リハビリだけに費やしていた戸高の復帰、しかもドリブルは健在で決勝点を取りかけたということで得る物はある試合だったと。

ディフェンスラインが2人出場停止でいじらざるを得なくなり、そのピンチをチャンスとばかりに復帰した星野の存在であるとか、あれだけ防戦一方な時間帯を作られながらも同点までで防いだ事といい、得る物は沢山あった試合ではあったと思います。

得る物がある事そのものは良いのですが・・・そろそろ得たものから成果をドン!と出し切って欲しいんですがねぇ・・・

試合終了後には大分のキーパー2人上福元と修業がやってきてくれて、ちょうど帰ろうとしていたタイミングなので、危なかったなぁと。

帰りはツインライナーに座って帰れたのですが、わりとゆっくりと出てもしっかりとツインライナーに間に合ったというのが、楽で助かって良かったのですが、それはつまり3500人しか入らなかっただと思うと素直に喜べないんですよね・・・

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs湘南ベルマーレ

FC町田ゼルビア0-0湘南ベルマーレ

相手が湘南と近いこともあってか、早々に並んでいるという情報を目にして、普段よりも早めに出かけ、行きのバスの中では青のユニフォームは私だけで黄緑のユニフォームしかいねぇよという感じになってしまいましたが、まぁ出足が早いというだけで、ゼルビーランドが激混みということにはなっていませんでしたね。

それほど苦も無くYASSカレーで角煮カレーを食べ、前から気になっていたDAFIORIでローストビーフを食し、早めに着いていたというのもあり、いつもより気持ち早めに優先入場者の列にならび、いつもよりも早めなのに並びは長くて、動員が増えて良いねと思ったり。

いつもの準立ち見エリアの定位置に席を取ってからZ劇場に戻ると、今日は出し物が3つあるということでいつになく早めに1組目が開始。

去年もZ劇場に出演していたコーラスグループのWILLの皆さん。

出演前にゼルビアのTシャツを3人揃って購入という気合いの入りっぷり。

町田在住の方がいますし、町田でライブがあるという告知もありましたからね、衣装にも使えるということでしょうね。

2度目ということで、聞き覚えのある曲があったり、曲中に拍手させたりサビの部分で手を振らせてみたり、タオルを回させてみたり楽しまさせて貰いました。

続いてゴールデンウィークは応援ウィークということで、サポーターのみなさんによるチャント練習。

WILLのみなさんも舞台横で一緒にやっているという、なかなか貴重な感じでしたね。

3組目は吉田眞一さんによる弾き語り。

相馬監督が前に監督をやった時あたりからゼルビアを応援していて、前節のロアッソ熊本戦も見に来ていてくまもんを見たというくらいで、この人ガチだと。

何せ入りがゼルビアのチャントでしたからね。

今MMSというバンドでドラマーをやっていて、ハーレーダビッドソンに乗ってライブをしているらしく、それでアメリカにも呼ばれたらしいと、知られざる大物なのかぁと聞いていたらば、昔THE MINKSというバンドをやっていてと話して、今は無くなってしまったからその頃の曲といってやり始めたのがPASH!


知っている曲で驚きましたね!きちんと手元にある状態で聞いたことがないので、バンド名をきちんと覚えていないのに、年単位でたまに頭をよぎる曲で、これってなんて曲だっけとWikiでウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語で調べて、曲名を確かめてYouTubeで聞くと言うことを何度かした事があったので、驚いた驚いた。

調べたら、作曲者だったんですね。

そんなこんなでテンションがあがり、しめの曲もゼルビアのチャントという、町田在住で野津田にも何度も足を運んでいるのにZ劇場登場が初めてというのが不思議すぎる感じでしたし、これからできるのならばしょっちゅう出演してくれるといいのにと思ったり。

ベンチ外選手の挨拶では、相手が古巣である湘南ベルマーレということで、中村祐也選手。

怪我でプレイ出来ないのが悔しそうでしたね、本当ならば出場して大活躍して欲しかったのですが、なんとかアウェイの最終戦では元気にプレイしていて欲しいなぁと思わずにはいられなかったですね。

席に戻ると、正面の湘南サポーターがずらりといて圧倒されまくり、ゴール裏の数では勝ちようがないなと。

実際問題2012年J2最終戦でホームをジャックされるは、雨の中天国と地獄とはっきり分かれる残酷な現場になってしまったという話は知っていましたけれどもね、当時は私は野津田通いをしていなかったのですあ、当然当時を知っている人達の気合いが入りまくり。

今日は負けられないから、なるべく中に集まってくれということで、基本準立ち見エリアが居心地が良いのですが、今日は仕方が無いと少しずれて立ち見エリアへ移動。

2012年を経験している人が多数ですので、かなり気合いが入りまくっているゴール裏の勢いに多少乗っかってテンションを上げて試合開始。

当時を知っている選手はピッチ上にいませんが、当時の天国と地獄という因縁を意識しているかのようにアグレッシブな立ち上がりで、押せ押せムードな展開。

点が入りそうで入らないというもどかしさはあるものの、逆に危ない攻撃もされずで試合が進み、ゴール裏にはハーフタイムに入団式を控えたユースの子達もやってきてすぐ隣で元気に応援に参加、かなりのお調子者達がいて、若さって素晴らしいと。

ハーフタイム前に移動してしまいましたが、いる間に点が入っていたらどれだけ盛り上がったかと思わずにはいられない感じでしたね。

前半、流れも奪っているし、実際惜しいシュート(ゴール裏だとリアルタイムで見ていて、どれくらいが本当に惜しかったのと言えるレベルだったのかは分かりかねますが)もあり、これで決めきれないのは勿体ないと思いながらも、流れはあるし主導権を握っている優勝争いをしている相手に臆することない試合で個人的には喜ばしく思いながらハーフタイムへ。

ハーフタイムではゼルビアのジュニアユースとユースの入団式があり、それぞれを代表して挨拶をしたあと、スタジアムを一周。

続いて後半開始。

前半と比べるとやや攻めきれていないかなと思わなくはないものの(近いからよく見えるようになっただけでしょうが)惜しいところまでは来て、とにかくゴールが欲しいと。

1枚目の交代カードを後半16分と予定されていたように元湘南ベルマーレ所属の吉濱が投入されて、期待は高まりますが、なかなかゴールまでは届かず。

重松、平戸と選手が交代するたびに、ポジションが入れ替わったりと目先を変えるものの、なかなかゴールまでたどり着けないどころか、終盤はどちらかというと向こう側に言ってしまう時間帯が多く我慢の時間帯へ。

結局、そのままスコアレスドローになってしまい、2012年当時を知っている人達は、その悪夢を塗り替える事ができずに残念な空気になりますが、個人的には相手が相手だけに引き分けでも満足できましたし、試合も点こそ決まらなかったものの面白かったので十分に満足。

点が入らなかった事よりも、久しぶりに無失点だったというのが良かったし、次に繋がると思えるものだったということでしょうかね。

ただ、湘南から大挙として駆けつけてもらったのに6200人という動員数は物足りなく見えましたね、もう少し入っているように見えたんですがねぇ・・・

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsロアッソ熊本

FC町田ゼルビア2-1ロアッソ熊本

ゴールデンウィークということで、だからと言う事でも無く野津田に行ってきました。

野津田の山登りからゼルビーランドに到着し、YASSカレーでチキンタッタカレーを食べ、じゃんごで馬肉ウインナを食べて優先入場へいくと、入場口に今日の最大のゲストくまもんがいて、ハイタッチして入場というテンションのあがる事から始まり、大体定番の場所を取ってからゼルビーランドへと戻ると、今日は久々にZ劇場のイベント盛りだくさん。

町田警察署から警察官とピーポくんがやって来て、還付金詐欺やオレオレ詐欺に関する注意などなんですが、ピーポくんのお面をつけていたりして、警察のお堅い感じがないのがなんとも(笑)

続いて、熊本サポーターの方による、熊本の現状と我々に出来る復興支援ですが、とりあえず来てくれというのがメインでしたね。

特に9月にある熊本でのアウェイ戦に来て、止まって飯食って飲んでくれと、変に気張りすぎない方がいいんでしょうね、私は遠征はいかないですが、多くの人が遠征に行ってくれるといいなぁと願っています(人任せ)

そして、ゴールデンウィーク中の企画としてゴール裏を増やそうというものがあるという事で、久しぶりにサポーターによるチャント練習、J2に入ってからは初ですね。

J3時代にやっていたチャントの歌詞カード配りはしていなかったですし、時間も短めだったので2つほどでしたが、Z劇場で何も出し物がないというのが2戦続いていただけに、タスクさんワンマンショーにねじこんでおけば良かったのにと勝手に思ったり。

何気に、良い席に座っていた熊本のサポーターの方々も一緒になってタオルを回していたのが、牧歌的な光景でしたね。

そして、今回の目玉となる大物ゲストのくまもん登場。

お姉さんが進行になり、去年Z劇場でやった持ち歌とは別の曲のダンス披露。

かけ声の練習をしたりと、完全に参加型ですね。

くまもんとゼルビーの共演が終わると、ベンチ外選手の挨拶。

今日は遠藤選手が勢いの良い挨拶、話しはそれほど決めていなかったようで短めでしたが、もう少し仕込んでおけば、もっと良い感じになるんじゃないかなと、大竹劇場がなくなってしまった今、その穴埋めになりそうな選手を見定めてみたり(Z劇場で楽しみな存在って褒め言葉になりにくいですが)

くまもんとゼルビーが戻って来て、選手たちと記念撮影を見終わってから席へと戻り選手達のアップ開始。

今日は、大谷が開幕直前にした怪我から復帰してスターター、もっと長い時間プレイさせた方が良いんじゃないかというくらいに、貴重なゲームメイカーになっていた吉濱も初のスターターなど選手をいじっただけではなく、今まで見た事が無い3バック、頑なに4-4-2でやって来たのに、ついにフォーメーションをいじるのかという大きすぎる驚き、それ以上に嬉しいサプライズが2年間まるまるポジション怪我人だった戸高のベンチ入りと、試合前には一体これはどういうことなんだといろいろと期待と不安とありまくり。

試合が開始され、ゴール裏からですので、サイドの俯瞰から見るのと違いフォーメーションがくっきりとわかりにくいのですが、どう見ても通常と同じ4-4-2にしか見えない。

出場している選手がどう配置されるか分からないからこそ、誰がどこにいいるのかしっかりチェックしても、どう考えても通常通り、一体登録上の3-5-2は何だったんだ?としか思えず。

試合は開始から、ちょいちょい細かなパスミスがあったり、強めの向かい風でやりにくいとかあるのかなぁというのがあるものの、早めに修正が利いて徐々にゴールへと迫るようになり、流れを掴めてきたかなとなったところ前半42分に大谷のクロスから戸島がヘディングで決めて先制。

正直決まった瞬間誰が上げて誰が決めたのかごちゃついていて分からなかったのですが、決めたのが戸島と分かってからの盛り上がりっぷりが凄かったですね、何だかんだと戸島の覚醒を期待している人が多いという事でしょうね。

前半リードして折り返すという、久しぶりに気が楽なハーフタイム、くまもんとゼルビーが場内を回って結構な盛り上がりっぷり。

後半開始から良い流れが出来ていて、吉濱が積極的にミドルシュートを打ったりと、追加点も近いのじゃないか、なるべく点差をつけて余裕が出たらば、戸高投入とかあるのじゃないかと期待していたらば、後半17分に、絵に描いたようなカウンター一発をきれいに決められてしまい同点。

そこから膠着状態になり、選手交代も早めに仕掛けることもなく、連敗中だからこそ嫌な感じになり応援の個人的なテンションも上がりきらず(単純に着かれてきただけ)

後半26分と通常通りな時間帯に井上投入、30分には重松投入と元気な選手が入ってきてまた流れを掴みかけ惜しいシュートもでるも、決まるまでいかず。

CKのチャンスからこぼれ球を井上がシュートを決めて再びリードするも、熊本がオフサイドじゃないかと抗議して、またもや幻のゴールかと嫌なかんじになりましたが、得点が認められて助かりました。

試合最終盤に今日はベンチスタートだった谷澤を投入して、ライン際で体を張った時間稼ぎ要員という使い方もありだなと思ったりしながら試合終了し、無事にホームで勝利。

連敗脱出をホームで成し遂げられて幸せを感じる試合でした。

そして勝利のラインダンス、今日決勝ゴールを決めた井上がメガホンを受け取って、戸高が2年ぶりにピッチに帰ってきた事に触れた後、自分のゴールを祝って何か話すのかと思いきや、いきなりラインダンス用の俺たちの町田を歌い始めてまさかのタイミングで開始(笑)

スキップしながらラインダンスに参加するなど、井上があんなお調子者だとは知らず驚かされました。

これから、定番化しちゃえば良いと思うくらい(笑)

帰りはツインライナーで帰りましたが、座れず道も混んでいて完全に疲れ果てたのですが、ユニフォーム着て歩いていたと言う事もあり町田駅でゼルビアの試合結果を聞かれるという初めての経験。

私のような不審者丸出しの人間に話しかけるとは、酔っていたらしいのですが相当の勇気がいるのではないかと思ったりしますが、話してみると横浜Fマリノスのサポーターの方らしく、ゼルビアは上がってきて欲しいとありがたいお言葉をいただき、私の方は仲川テルを是非応援してあげてくれと、一体何目線なんだというくらい頼んでおきました。

今日は非常に良い1日でしたね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs徳島ヴォルティス

FC町田ゼルビア0-1徳島ヴォルティス

直前の天気予報で雨マークが消えてくれたので、これはよかったと出かけてきました。

相手関係もあるのか、天気の悪さもあるのか、野津田の山登りでゼルビーランドに到着すると何だか閑散としてしるなぁと、YASSカレーで合鴨カレーを食べ、器を捨てに行ったところでゼルビーが来ていろいろと遊んだりし、先行入場へと並び、ここではそこまで閑散としていないものの、先行入場じゃない方の列はほぼほぼいない感じでしたね。

いつものあたりに席を取りゼルビーランドに戻りキングオブケバブでケバブを購入しZ劇場に腰を落ち着けますが、2開催連続でZ劇場のイベントが無しというのは、ちょっとどうだろうと思わずにはいられないですね、タスクさんが話し続けているので、Z劇場の意味が無いわけではないのですが、去年のイベントラッシュと比べるとどうしたものかと。

新商品紹介にゼルビーも手伝ったりとかありましたが、タスクさんが持ち場に戻ってから、ベンチ外選手が来るまでに空白の時間が出来てしまったりで、勿体ないなぁと。

ベンチ外選手、今日の挨拶は高卒ルーキーの渡辺健太選手、挨拶の後打ち合わせ無しの無茶ぶりの質問で趣味を聞かれて、音楽を聴くことと答えてましたが、いろいろと洋楽邦楽問わずと答えたものの特定のアーティストの名前は出てこなかったですし、ジャンルがラテン系というのは、誰を指すのか気になったり。

臨時にサイン会が行われるということで、鈴木孝司選手、土岐田洸平選手、中村祐也選手と2人個人的な事情で応援に力が入ってしまう選手だったりもするので、サイン貰っちゃおうかとも思いましたが、極度のコミュ障ですし、手がぬるぬるしている人と握手するのが嫌だったとか言って宗教方面に走られたりすると困るので止めておきました。

席に戻ると選手のアップが始まる時間としては、ここ最近でも記憶にないくらい空席だらけで、一体何があったんだと(逆に言うと集客用のイベントが何もなかったんだというのもありますが)

流石に今日は全体に人が少ないので、準立ち見エリアから立ち見エリアへの誘導に乗っかって(移動距離ほぼないですが)移動しましたが、選手のアップの時間から雨がぽつぽつ降り出し、徐々に強くなり始めてテンションだだ下がり。

上着を着てフードを被ってですが、雨が降ると眼鏡を拭かなければいけないし、雨対策といえば傘を念のために持ってきただけなので、バッグはどんどん濡れていくしで、早々にやけくそな気分にさせられましたが、雨が弱まることなく試合開始。

雨の影響のせいかはわかりませんが立ち上がりから押される展開、雨の中応援しなければいけないだけではなく、試合も防戦一方な時間帯が多く両方の意味で我慢の展開。

そこから前半10分と早い時間帯に綺麗な速攻から、ボールがわたった瞬間これは決まるだろうというくらいフリーでシュートを打たれてゴールを決められてしまいます。

早々に点を決められていろいろと厳しく感じるものの、点を決められていろいろと吹っ切れたのか、防戦一方な展開はなくなり、徐々に流れも掴み、徐々に雨脚も弱まりテンションが上がっていきます。

しかし、シュートまで行っても決めきれず1点背負ったまま前半終了。

後半に入り前半よりもチャンスが増えCKからの得点を期待したりもするものの、なかなかゴールが決まらず、徳島が1点守り切るためにゴール前をしっかりと固めているのが、しっかりと分かるという。

なかなか悪くは無いけれども決めきれないという展開から、相馬監督にしては珍しく早めに吉濱、吉田と同時投入とさらに攻撃的にして点を決めきろうという流れに。

この狙いは、より攻撃がスムーズになって得点が決まってもおかしくないまでは当たるのですが、点が決まるまではいかず。

吉田のシュートがポストに当たって決まったかと喜びかけるくらい惜しいものであるとか、戸島がドリブル突破までは凄く力強くなって後は決めるだけというものであるとか、本当にあと少しというのは出るものの得点は決まらず。

さらに試合終了間際にはまた雨脚が強くなってくるという、負けている状況だとアディショナルタイムを長く取れよと思うものなのに、全くそう思えない状況になり試合終了。

4位相手に全く遜色ない戦いは出来たことは十分評価できるものの、でも惜しい止まりでは厳しいという試合でした。

逆に徳島が上位にいる理由を見せつけられたという事かもしれないですね。

ちょっと耐えられないくらいの雨になったので、選手達がやってくるのを待たずに早々に退散し、3000人を切るというJ3時代のような観客数でしたので余裕でツインライナーの1便で座って帰ってきましたが、試合結果以上に閑散としたスタンドが寂しかったなぁというのと、雨だとやっぱりきついよなって。

あと、メインスタンドには大杉漣が徳島の応援で来ていたらしいですね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs横浜FC

FC町田ゼルビア1-0横浜FC

前節アウェイの福岡戦でもの凄い大逆転劇をした勢いが出て、ホーム初勝利になるといいなぁと願いながら出かけてきました。

野津田の山登りから、葉っぱ混じりの桜を見ながら、今日はイベントで対戦相手のカズに敬意を表して満50歳の人、新入学の春特別企画「学生服・ランドセル着用者無料招待」を年齢制限無しで行われるということで、カオスを覚悟して行ったのですが、ついた直後はそれほどおとなしいものに感じましたが、先行入場をして席を取ってゼルビーランドに戻ると、ランドセルを着用したいい大人達がかなり目に付くだけではなく、取材に応じていたり、ランドセルを背負ったゼルビーと一緒に、振り返ってからセリフを言ったりする撮影をしていたりと、何だかんだ結構なカオスぶり。

まぁ、完全コスプレ用セーラー服を着てカツラまでつけた、高校生と中学生の娘がいるという45歳のおっさんがいろいろ全部持っていったというか、取材を受けまくっていたようですし、Z劇場に上がらされたりしていましたからね、試合中は普通の格好に戻ったり、試合終了後にはコスプレに戻ったり忙しそうでしたが(笑)

YASSカレーの角煮カレーと、今日は無性に体が甘い物を欲したのでクレープくれよんで信玄餅クレープを食し、珍しく何も出し物がないZ劇場でたすくさんの話を聞き、ベンチ外の選手の挨拶まで。

前の試合でイエローカード2枚で退場になったマグの移籍後初の挨拶、退場を喰らって謝るというのも、ある意味懐かしかったり。

席に戻って練習も開始され応援したり何だりしていると、急に雲行きが怪しくなり小雨もぱらつきはじめ、無性に甘い物を体が欲したのは大気が不安定になっていたのかと、変に納得しながら試合開始を待ちますが、私はゴール裏といっても定位置的にいるふれあい応援エリア改め準立ち見にいるわけですが、立ち見エリアへの誘導がいつになく激しい(笑)

小雨がぱらついていなければ、微妙に移動したかもしれないですが、大気が不安定になって調子が悪くなることも念頭に置いて移動せず。

横浜の選手紹介で去年町田にいヨンアピンとカズの名前のところで拍手がおき、町田の選手紹介、選手入場、中島裕希選手 J1・J2リーグ通算400試合出場達成セレモニーと続いてから試合開始。

雨も上がり晴れ間の見える中での試合開始から、ペースを握って押している展開。

ゴール裏から向こう側のゴールとなると、押しているように見えるが、チャンスに見えるものが実際問題どの程度のチャンスなのかは正確には分かりかねるのですが、少なくとも相手ゴールに近い所でのプレイが続き、こういう押している間に点を決めて欲しいと心底思う形に。

なかなか、得点が入らず逆にピンチだとこっち側でよく見える中、体を張って防ぐ時間も目立ったりもする中、深津の体を張って防ぐ安定感が目立ちそのままスコアレスで前半終了。

後半頭から横浜FCはカズを下げたので、カズがゴールを決めてなおかつ試合は町田が勝つという目立つためには最高のシナリオは早々に消えることに。

これを外してはどうしようもないといほどのチャンスまではいかないものの、これを決めてくれれば助かると思えるようなチャンスがありながら、なかなか得点には繋がらず。

戸島が幻のシュートを決めたときのように、DFに囲まれながら力強く突破してシュートまで持ち込んだときは、これを決めたら本当に覚醒と言えるのにと、力強くなって成長が分かるのと同時に決めきるまで出来るようになって欲しいという願望とせめぎ合いがあったりも。

なかなか惜しいまででゴールが生まれない中、バックパスを相手GKがトラップミスという何が起ったの?という感じで先制点が生まれるという、決まるときはあっさり決まるものだなと。

これも戸島がしっかり追いかけていたからというのがありましたが、そういう問題じゃないレベルで入りましたからね。

思わず笑っちゃうようなゴールで大盛り上がりにはなりましたね。

これで勢いが付いてペースは握り続け、惜しいシーンはいくつも生まれるも追加点まではいかずに試合終了。

ようやく今季ホーム初勝利でした。

途中交代で入った吉濱が流れを変える役割が計算できるようになってきていると同時に、先発させてみたいなぁと思ったり、チームとして良い感じに噛み合ってきている感じはありましたね。

久しぶりの勝利のラインダンスに町田市歌斉唱、ジュニアユースの子と、ユースの子が試合の告知をして、ユースのGKの目標がハットトリックというネタをかましたりと、やっぱり勝利は盛り上がるなぁという感じでした。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム