FC2ブログ

今日の退任

FC町田ゼルビア、相馬直樹監督が退任という事になりました。

公式発表で協議を続けた結果退任が決まったということなので、基本チームとしては継続を優先として動いた上での退任という事なのでしょう。

6年間という長きにわたって監督をしていて、14年から野津田に通うようになった私にとって相馬監督以外の町田ゼルビアというものは想像できないので、今後については心配の方が大きくなっています。

練習環境が悪くコストパフォーマンスが良いという名の貧乏クラブで昨年の4位という成績は、ブレずに積み上げた継続の勝利だったと思いますし、来期から練習環境も良くなっていく(今シーズンも待望の天然芝の練習場を限定的ではあっても確保できるようになりましたが)状況で継続して欲しかったなぁと思わずにはいられないですし、隔年で結果を出した事を考えると、今シーズン失敗体験を踏まえた上で修正し来シーズンに望んで欲しかったという気持ちと、昨シーズンが1つの完成形、環境が変化する事が決まるという達成感を味わい過ぎていた事が、縦横圧縮の超コンパクトサッカーという極端な戦術をベースに進めて行くには微調整がむずかしかったのかなぁと、完成形を出してしまったが故の限界も出してしまったのかなと。

普通に考えれば昨シーズン最終戦まで優勝争いをした上で4位、今シーズン最終戦まで残留争いをした上での18位となると、監督交代するのも当然となるのでしょうし、それこそ何してくれているんだとなるはずなのですが、交代して欲しくないと思えるのは、相馬監督の人徳のなのかなと、本当に感謝しかありませんし、チームの伝統として残すべき要素を沢山与えてくれたので、それを無駄にしないようにしないといけないなぁと。

監督交代が決まった事で、これからコーチ、選手の人事にも影響が出て来て寂しい思いをするのも増えてくる覚悟はしないといけないのかもしれないですが、まずは後任監督の発表で安心刺せて欲しいなぁと。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のDAZN観戦 モンテディオ山形vsFC町田ゼルビア

モンテディオ山形1-2FC町田ゼルビア

本日はJ2最終戦、去年は最終戦まで優勝かもしれないという立場が確定していない中で迎えましたが、今年はJ2残留が確定していないという真逆の状況になってしまって不安な気持ちになってしまいますが、チームを信じるしか無いという事で、山形まで出向ければ良かったのですが、簡単にいけるものではないのでおとなしく家でDAZN観戦。

最後の最後の試合、前節柏に圧倒的な力の差を見せつけられての敗戦という事で、スターターをいじるかと思いましたが、スターターは変更せず。

その代わり怪我で離脱していて今シーズン復帰は無理かなと思っていたロメロ・フランクが日本人となってから初めて戻って来てベンチ入り。

残留争いをしている3チームの中で一番対戦相手が厳しい、プレイオフ進出争いを生き残ろうとする山形、スターターに松本、栗山、ベンチスタートには三鬼、南とゼルビア在籍経験者が多いチームという事で見ている方もなかなかの緊張感。

開始早々に中島がゴール前に飛び込み潰れながらボールを渡してチャンスをつくり、そのまま痛めたが大丈夫で立ち上がりから勢いをつける。

ロングボール多用し攻守の切り替えを速くして、前へ前への意識を強くして、下手にボールを繋いで丁寧にしてもたつく事が無く、去年までの戦い方ともいえる原点回帰に成功し、やや押込む展開、なかなか得点をとれず、攻めていたところからあっさり失点というのが今シーズン繰り返された中、43分のコーナーキックのピンチで失点を覚悟するほどゴール前でばたついてしまったものの必死に防ぎきり、スコアレスなまま前半終了。

前半の戦い方を続けられる体力が残っているのならば、そのままやりきれば負けずに済むという事で、体力が持つことを願いながら後半開始。

しかし、後半開始早々にコーナーキックで変化をつけられてあっさり失点。

ハーフタイムで山形が修正してきて、前半と違って主導権を握られる展開となり、早く追いつきたいという事で51分リハンジェに代わってバブンスキーを入れて攻撃の流れを掴もうとし、期待感は出たもののゴールまでは繋がらず。

栃木が先制したという話が中継で触れられたところで、75分森村に代わりロメロが入り交代直前に手にしていたFKのチャンスがわずかに弾かれるもチームに勢いがついて来て、80分コーナーキックのチャンスに下坂がヘッドでふわりと決めて同点。

待ちかねた平戸の復帰後初アシストという事で、ようやくあるべき姿に戻りつつあるのを感じ、89分相手ゴールキーパーのフィードをバブンスキーが拾って前にいる中島に出すと、そのままバブンスキーにリターン、突破からマイナスのグラウンダークロスを出すとロメロが押込んで追加点で勝ち越し。

アディショナルタイムに土居に代えて深津を入れて守り固めて、試合終了の時間を待つだけとなったところ、藤井と松本が頭同士で激突で倒れ込み不安になる状況。

両選手とも大事なく、山形が他会場の結果を踏まえてそのままでいいということになり、何もしないで時間が過ぎるのも待つ事になり試合終了。

これで無事に地力による残留決定。

残留確定出来そうで出来ないという状況が続いていて、惜しいまでは出来ても点を取りきる勝ちきるという事ができないというもやもやしたものでしたが、ロメロの欠場がそのまま響いていたという事を証明する事になりましたね。

本当にロメロがよく最終戦に戻って来てくれたと、ロメロがいなければ決定機そのものが作れなくて押込むまでが限界という試合で終わっていた可能性が高いですからね助かりました。

試合中、藤枝を応援しに行く事も覚悟しましたが、最後を勝利で締めくくってくれて本当に助かったと、しかも勝利で終えたおかげで順位を1つあげて18位になりましたし、15年のJ3優勝を取りこぼしたり、去年のJ2優勝もあと1点とっていればで取りこぼしたりと、最後の最後の試合で勝ちきれないという歴史がありましたが、ここに1つの成功体験の歴史を刻めたのは今後に向けて大きいですかね。

来シーズンどういった構成のチームになるのか分かりませんが、総入れ替え何て言うことはありえないわけで、この最後の成功体験を上手く引き継いでいけるようにして欲しいですね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs柏レイソル

FC町田ゼルビア0-3柏レイソル

ホーム野津田での最終戦、バスが予定時間よりも遅くに到着するという幸先の悪い中出掛けてきました。

アウェイ側が売り切れて出足が早い事を予想していましたが、ゼルビーランドは比較的早い時間は空いていて、インド料理ハベリでタワチキン、蛸やんでサーロインステーキ串を食べ、ゼルビーランド待望のエコステーションという名のゴミ捨て場が出来て、これは本気で常設すべきだと、他会場では当たり前のように設置されていましたが、野津田では無かったので不便だったんですよね。

100個限定という事で出遅れたから無くなっているかもと心配していた中島裕希100ゴール記念タオルマフラーをゲットし、先行入場で定位置確保してからZ劇場に戻ると、ちょうど1組目のゲストの渡辺裕太さんがタスクさんとトーク。

イベントで来ている時の勝率は悪く、そうではなくて来ている時は悪くは無いという縁起がやや悪目な事になっていたり・・・

2組目は町田在住のシンガーソングライターの舞弥さんのライブ、オリジナル2曲とカバー曲2曲、ZARDの負けないでは、本当に今日の試合負けないでと思っているのでぴったりすぎる選曲でしたし、だれでも知っている曲をと前振りした曲はラブミー・テンダーで最後は入場時の町田ゼルビアバージョンにするというサービス精神という事で。

3組目は首都大学東京の男子チア MAXONS。

去年もやって来ていて、男子チアという事でイロモノなのかと思ったらば、アクロバットショーといった感じで楽しめていたので、今年もやって来てくれて結構嬉しいですし、試合前のものとしての相性は良いよなと、何人かメンバー紹介がありましたが、サッカー出身者が悉くサイドバックというのは狙ってそういうことにしていたのかどうかまでは知りませんが、場を考えているなぁと。

ゴール裏に戻ると目の前の黄色い事黄色い事、応援の声から何からホームはどっちでしたっけ?と圧倒されまくり、選手のアップ時からこれはなかなかに厳しいなと思わざるを得ない状況。

選手入場時にはコレオという事ですが、1人1枚あげるところを、2枚あげないといけない位置になってしまったり、1人で色違いの部分を担当しなくてはならず、疲れたから休むとかも出来ず結果どうなっていたのかと気になったり。

前節久しぶりの勝利、ホームでは3月以来の勝利という事で、その勢いが続く事を期待、スタートは前節とまったく変わらないので勢いも継続しているものと期待していたのですが・・・

ピッチを入れ替えて始まった試合早々、FKからあっさり失点。

ゴール裏からですと向こう側ですので何が起きたのか全く理解出来ず、さらに立て続けにコーナーキックからあっさり失点で開始5分で気がつけば2点リードされているという、今年は本当にセットプレーの守備が悪かったのが低迷の要因として避けられないよねというのを再確認させられる事に。

前半押し気味で後半押され気味というのがチームの傾向にあるために、ピッチが入れ替わったらば攻撃がよく見えるという事を期待していたのに全く期待と違う展開、レイソル強いというのを思い知らされ続け前半終了。

他会場の結果をチェックして、栃木が長崎相手にリードしているという嫌すぎる状況で後半へ。

立ち上がり修正が利いて、惜しいまでは出来るようになり、平戸がゴール前で持ち込んでシュート、こぼれ球に土居がスライディングで合わせようとするも決まらずという、2戦連続でスライディングで押込むと言う場面は見られなかった物の、得点する可能性を感じる事までは出来て、とりあえず微かな期待が芽生えるも、後半14分にクロスからヘッドで合わせられ、増田が防ぐもこぼれ球をしっかりと押込まれてリードが広がる最悪の状況へ。

直後失点前から交代の準備をしていたバブンスキーが平戸と交代。

21分にはリハンジェから久しぶりに出場する平尾に交代と、選手交代と同時にポジションも移動させたりと変化をつけようとし、チャンスはわずかながら作るも、GKは日本代表の中村と、何で今日の試合出てから合流という事にするんだと・・・

43分に下坂に代えて山内と選手を交代させるたびにポジションも移動させるという事になり変化をつけるも得点には結びつかず、柏レイソル優勝を決定させました。

あと勝点1を取れば残留確定でしたが、栃木が勝利したため残留確定せず、試合終了時点では鹿児島もリードしているという事で、考えられる中最悪の状況となり、目の前では柏レイソル優勝セレモニーが行なわれ、ゴール裏では次節それぞれの対戦チームを確認して、町田が一番厳しい条件過ぎるという事で、藤枝応援しないといけないなという空気というか、実際藤枝応援しにいけるかどうかを確認。

優勝セレモニーのあと、ホーム最終戦セレモニーという事で、残留を確定させられず去年のホーム最終戦あと1点取っていれば優勝だったのに惜しかったねという空気とは真逆の重すぎるセレモニー、まぁ2012年の最終戦はもっと地獄だったらしいので、まだ希望が残っているだけましだとは思いますが・・・

次節地力で引き分けにまででも持ち込んでくれれば良いのですが、そのハードルがあがりまくり過ぎてつらいですね・・・

本気で藤枝応援していますし、一応来期J3という覚悟もするようになりました・・・

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsレノファ山口

FC町田ゼルビア1-0レノファ山口

残留争いに本格的に危機感を感じる中出かけてきました。

野津田に到着しYASSカレーでWカレーを食べてからゼルビーランドへ移動するとプロ野球ファン招待企画の関係で野球の格好をしている人げ結構な数確認。

いつになく早めにスタメン発表があり、出場停止中の深津に代わって藤井、久しぶりに下坂、李漢宰が入り新たな変化に期待というか、とにかく今シーズンは出番が少なく年齢的に1試合まるまる出場が厳しくなりながらも出ると期待以上の事をしてきた李漢宰が入ってきた辺り、崖っぷちをくぐり抜けてきたベテランの本領発揮に期待していると先行入場が始まり定位置を確保しZ劇場に戻る事に。

今日の1組目はAYUMANIAによるパーカッションライブという事ですが、いきなりの機材トラブルというかマックの電源が無くなったという事で、お客様の中に電源をお持ちの方はいませんかとなり、残念ながらケーブルの関係でダメとなり、電子パーカッションはなしでのライブ。

アクシデントはアクシデントとして成立させていましたね。

続いて小学生中学生の8MACS Bomber!のダンス、アクロバットバク転とか普通に出来るんだなぁと驚いたり、体が柔らかいのを見ると本気で羨ましかったり(笑)

SVOLMEマッチデーの企画のリレーで来ていたというチームOBの斎藤貴之さん、藤田泰成さんとタスクさんが予定外で絡んでからのベンチ外選手のサイン会という事になり定位置に戻り、選手達のアップを見届け終了。

マッチデースポンサーのSVOLME代表の挨拶で、来シーズンもゼルビアと一緒にと言う発言があったので来シーズンもユニフォームはSVOLMEという事で決定ということでいいのでしょうね、個人的には新ユニフォーム発表会をやるのが好きだったんですが、去年からやらなくなりましたよねぇ。

試合開始から前節あまりにもゼルビアらしさを失っていた事が心配になっていましたが、コンパクト気味に戻っていて、高い位置からプレスに走りまくる姿を見て、これはハードワーク至上主義な原点回帰狙いなのではないかと期待を高め、前半3分と早い時間に土居がスライディングで押込んで先制点。

あまりにも早い時間の先制点に信じられない気持ちと、とにかく久しく点が取れていなかったのでようやくこれで大喜び出来るという事でわけが分からない事に。

これで勢いもつき、ここ何試合もどうやって点が入るのか分からないという試合だった事が嘘のように追加点が期待出来る流れ、明らかに前への意識が強まり、久しく見れていなかったボールを持った選手相手に複数の選手で囲って奪うも上手くいき、改めてこれが見たかったと思わせる展開。

攻め続ける、押し込み続ける事は無理なので攻められる展開もあったものの奥山が体をはって弾き返したりと体力さえ続けばこれは去年までの勝ちパターンに持って行けると期待させ前半終了。

ハーフタイム中にSVOLMEからのプレゼントとしてボールが投げ込まれ目の前に飛んできて、これはど真ん中キャッチだなと思ったところ、後ろから手が伸びてきてボールはとれず。

こういうのを欲しがる人の執念の違いを見せつけられたなと。

後半こっちに側に攻めてくるので前半の勢いを期待したものの、ハーフタイム中に修正してきた山口に攻められて我慢の時間が続くという、前半押して後半押されると、ゴール裏からずっと遠いところでプレーされるという嬉しくないが、去年もよく見た状況へ。

さらに山口は去年まで町田にいた吉濱を早い時間で交代出場させて、攻められている中怖いなぁと。

押込まれる展開を変えようと22分森村に変えてバブンスキーを入れ、なかなか攻撃の形が作れない中個人の力で突破しようとする形を出してボールを運ぶ事が増えるも、なかなか突破しきれず防戦一方こそ防いだものの主導権を奪い返すまではなかなか出来ず。

終盤選手交代がなかなかならず、1度交代をしかけて海舟が呼び戻されたりと、後退する事によって悪い流れになる事を心配する事になり、アディショナルタイムに入ってから中島から山内、下坂から海舟ともう少し早くに交代しても良かったんじゃないかという事になりますが、とにかく後半は我慢が利いて、去年の勝ちも結局はこういう事だったよねと思い出すような勝利となりました。

3月以来の勝利でしたので、勝つと試合後ヒーローインタビューがあるとか、監督のインタビューもみんなに聞える形でやる事になるとか、すっかりと忘れていました(笑)

場内一周して戻って来た選手達を拍手で迎え入れるのも久しぶり、土居がトラメガで挨拶するというような感覚も久しぶり、勝利のラインダンス町田市歌も久しぶりと、勝つとこういう事をするのだと思い出すような事になりました。

栃木が引き分けたため残留が確定とまではならなかったですが、条件としてはほぼほぼ残留という事で安心出来そうになりました。

アフターゲームショーはOBの先崎勝也さん、2012年だけの在籍でしたがその頃トップ下でずっとやって来たのにセンターバックに回されて、そこで上手く気持ちを切り替えられずにいたという失敗談や今サッカーを離れているという事で自分を素人扱いしたり、今日の試合は気持ちを感じられて良い試合であったことを踏まえながらも、今年この位置にいる理由と印象を語るというあたりは、一生懸命予防線をはりながら答えていたり、タスクさんは結構突っ込んでいたり、まぁ勝った上での話なのでいつもよりは純粋に楽しいネタが多目でしたけれどもね。

本当に勝ち試合って楽しいと再確認する日となりました。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のDAZN観戦 愛媛FCvsFC町田ゼルビア

愛媛FC0-2FC町田ゼルビア

アウェイ愛媛戦という事で、遠すぎるのでおとなしく家でDAZN観戦となります。

勝てていないのですが引き分けで勝点を積み上げて残留確保まであと少しというところまできているものの、早く安心したいというのと勝ちを見たいというのとで、是が非でも勝ってもらいたい試合、相性云々で期待していた前節岐阜戦でも勝てなかったので相性がいいからというのは通用しないとしても、ホームよりはアウェイの方が勝つ可能性は高そうというのも。

今日は前節試合途中で交代した大谷に代わって佐野海舟、ジョンチュングンのに代わって山内がスターター出場で、大谷、ジョンと2人とも怪我でベンチにも入らず。

山内は惜しすぎるヘディングシュートがあったので、惜しいから決めきれるまで調子を上げてきている事を期待。

立ち上がりからコーナーのチャンス多めになるほど押込む展開、押込むまではできるけれども決めきれない試合が続いているので、10分にFKのチャンスからゴール前押込めば決まりそうと言う決定機に土居が決めきれず、本当に点が決まらない流れは打破出来ず。

13分にオフサイド判定されたのが間違いとしてドロップボール再開など珍しいものがみられたが、押込む町田、カウンターで一気に攻め返すというやり合いの中、23分に左サイドのグラウンダーのクロスをトリッキーに合わされて先制許す。

町田同様に得点が決められない試合が続いていた愛媛はこの得点で憑物が落ちたかのように余裕が生まれ、主導権を握り早く追いつきたい町田は追いつけずに前半終了。

後半頭から山内に代えて岡田を入れて流れを変えようという狙いになるも、流れを変えるまでに至らず。

67分に森村からバブンスキーをFKのチャンスと同時に入れるも、生かせずカウンターをくらい、ぎりぎり奥山が体をはって防ぐ。

73分右サイドからのクロスを頭で合わせられて追加点を奪われてしまい愛媛は完全にあとは守るだけと割り切る事が出来て、78分にい中島から敬真に変えるも得点機にまで繋げられず終了。

本当であるならば、愛媛に勝って順位入れ替えたかったのが逆に愛媛を生き返らせただけの結果。

ここの所下位相手に勝てば残留に近づくというのを引き分けで逃してきた事が、チームに重くのしかかってきていて、勝てないから勝てないというデフレスパイラル状態に陥ってしまっていて、本当にどうすれば良いものかと。

点が入らないのも点が取れないから点が取れないという、歯車が噛み合っていない状態が続きすぎていて、修正の仕方も分からなくなっているなぁと。

昨シーズンから戦術を変更し、勝てなくなってから極端なワンサイドアタックもやめてとシーズン中に変更してしまって、それが良さも消してしまった結果になっているなぁと。

本当に昨シーズン全てが上手くはまって好結果に繋がっていたのは、前提として全てが上手くはまる事だった、何かが上手くはまらないと全部が破綻するというのと隣り合わせだったのかなぁと。

21位の栃木が勝利して残留争い本格参戦に戻ってしまいましたが、もう1回原点回帰の超圧縮の体力サッカーに戻して流れを変えるとかは出来ないですかね?

攻守の切り替えの悪さというか守備から攻撃の切り替えの切り替えはじめは速さは分からないのに、丁寧に繋ごうとして切り替えの速さをほぼほぼ自ら潰しているように見えるし、それが決定機を作れないという事になっているようにしか見えないのですよね・・・

まぁ戦術に関して私は詳しくはないので、戻しても対応されて終わりなんだという可能性もありますけれどもね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる