今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsファジアーノ岡山

FC町田ゼルビア1-1ファジアーノ岡山

今日も野津田の山登りから優先入場前に到着し、YASSカレーで豚トロカレーを食べてから先行入場開始くらいに並んで即入場。

ゼルビスタのポイントでまさか1ポイントから景品交換になるとは思わず、さらにその景品がモバイルバッテリーという豪華さに驚きを隠せず。

一体どこからそんな金が入ってきたのかと気になって仕方が無いままに、ふれあい応援エリアで席を取ってゼルビーランドに戻り、インド料理ハベリでタワチキンを買ってJ劇場へ。

今日は出し物が少ないということで、たすくさんの話が長め、そして今シーズンから新商品紹介をすることになった山川マリオさん登場、一般人となってお子さん連れで来ていた齋藤さんがちょっとしたヤジを入れていましたね(笑)

Z劇場の出し物は、去年も出演していたまちだガールズクワイアの皆さん。

普段は7人でやっているらしいですが、今日は下の方の子が来ていなくて5人でした、去年はもっといたよなと思ったんですよね。

セットリストは去年と被っている曲があったというかカバーはこれやっていたなというのと、去年新曲だと言ってやっていたのは聞き覚えがありましたね。

ベンチ外選手の挨拶では、滅多にZ劇場に出てこない(ようするに試合に出まくっている)森村選手の挨拶。

先発を外れるのはともかくベンチからも外れていたのには驚きましたが、なんだかインフルのえいきょうがあったとからしいですね。

キーパー練習開始には少し間に合わずに席に戻り、フィールドプレイヤーの選手達の練習開始。

今日はサインボールの投げ入れはゴール裏にはやらずにバックスタンドやメインスタンドの方にやっていましたね、ゴール裏ばっかりというのもバランスが悪いですし、ライトファン層の拡大というかライトファン層を微妙に格上げするには分散化させるのは良いことですよね。

選手入場後、中島裕希選手 J2リーグ通算300試合出場達成セレモニーが行われてからキックオフ。

試合開始から攻撃の時間帯が多く、これはいつ決まってもおかしくないと思わせる感じになるものの、いかんせんゴール裏から向こう側に攻めている時間帯は細かい部分でチャンスの度合いがどの程度なのか把握は出来ず、ただ良い形で崩す場面が多く見えるのは確かだな程度。

ペースは握っていて流れは来ていると思える中、それでも得点が奪いきれず徐々に岡山側が慣れてきた感じとなり、徐々に攻められて我慢の時間帯に。

我慢の時間帯にしっかりと体を張って我慢出来てやや盛り返すも、そのまま得点は奪えずスコアレスで前半終了。

ハーフタイムにはジュニアユース、ユース選手の卒団式が行われ、ユースのキャプテンで昨シーズン2種登録にもなった青木君が代表して挨拶をしてからスタジアムを1周。

ゴール裏でラインダンスをしてハーフタイムは終了し後半開始へ。

後半開始早々、右サイドのFKを重松がヘディングで合わせて先制。

そういえば、昨シーズンも重松は先発として初出場した試合でゴールを決めたはずですから、何気に先発初出場というのに相性が良いのかもしれないですね。

そして立て続けにチャンス到来、戸島がボールを奪うとドリブルで力強く切り込んでシュート!

これがゴールにきっちりと決まって、戸島章J2初ゴールということで、1点目が決まった時以上の盛り上がり!

待ちに待った未完の大器戸島章覚醒の瞬間とばかりに私ももはしゃぎまくったのですが、放送でも戸島章のゴール、掲示板でも2-0のスコアとなっていたのに、何故か岡山がゴールキックで試合継続しているということで、何が起きたのか分からない状態。

場内ざわついていると、スコアも1-0に逆戻り・・・

オフサイドがあったという事でしたが、こういう時にリプレイであるか、何が起ったのか分かるような説明手段が欲しくなりますね。

これで気落ちしたのか、岡山側が命拾いしたと流れに乗ったのか、オウンゴールであっさりと追いつかれる結果に。

追いつかれた後も我慢の時間帯続きでなかなかゴールに向かってくる気配無し。

単発で攻撃に転じて来るもなかなかゴールは遠いまま。

岡山の方が積極的に選手を入れ替える中、ある意味通常通りな時間帯で吉濱投入。

我慢の時間帯ではなくなったものの、なかなか決まりそうなところまではいかず。

このまま試合が終わると残念な気分のままな同点かとなったところ、長めのアディショナルタイムで2種登録で高校1年生の橋村龍ジョセフ投入!

短い時間ながらも、走れるし多少のぶつかり合いも苦にしていない感じで期待が高まるものを見せてくれてその勢いで得点まであげてくれとなりましたが、そのまま同点で試合終了。

2-0で勝った気分になっていただけに、痛い引き分けでまだ勝利を得られていないと焦りが全くないかというと嘘になりますが、まだ次ぎに繋がる試合だと言えるだけのものはありましたね。

幻となりましたが、戸島のゴール。

あの時のまわりの反応を見ても、何だかんだ言って戸島の覚醒を期待している人は多かったんだなって思わずにはいられなかったですし、幻のゴールということで、去年の中村祐也の幻のゴールを思い出した人だらけだと思いますが、ある意味縁起が良い事として、これは次ぎいけるんじゃないかと思わずにはいられないと言うことですね。

そして、待望のユースから初めてのリーグ戦出場選手となったジョセフ!

短い時間でしたが、怪我人続出で人数合わせのためにベンチ入りしていたのではなく、しっかり戦力として計算されてベンチに入っていたんだと分かり本気で嬉しかったですね。

帰りは久しぶりにツインライナーに乗りましたが、同じツインライナーに乗るのならば次の便を待てば良かったと、継ぎ目辺りで立っていなければならなかったので後悔。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsジェフユナイテッド千葉

FC町田ゼルビア0-1ジェフユナイテッド千葉

今日からJ2開幕ということで野津田に出かけてきました。

去年の開幕戦のセレッソ大阪との試合、チケットの完売という未知な状況に圧倒されたという事もあり、今年は完売したという話はなかったのですが、一応警戒して早めに野津田の山登りをしてゼルビーランドにたどり着きましたが・・・慌てること無かったですね。

去年の開幕戦と、最終戦の松本山雅戦のレベルを想定してしまったせいで肩すかし。

早い時間についた時の通常状態でそれほど待たずにYASSカレーで角煮カレーを食べ、もちもちポテトを手に優先入場に並ぶと、ほとんど食べる前に開場時間となり手荷物多めで入場。

ふれあい応援エリアのほぼ定位置に席を取り、見回すと客入り少なそうとか思いますがアウェイ側に優先入場がないから当たり前だと気付き、ゼルビーランドへ。

Z劇場で妙に髪が短くなっていたたすくさんの話を聞いていると時間になって、一日園長になっている渡辺裕太さんとたすくさんのトークショー。

そういや、去年までの園長の斉藤さんが辞めたと言うことで一日では無いレギュラーの園長ってどうなっているんだろう?と気になるというか新商品紹介で斉藤さんがいないと、全部たすくさんがやっていることになっていましたからね。

でもって、今回のトークで一番頭に残ったのが2年前の開幕戦はキックオフセレモニーで石坂市長が蹴ったボールをGK役としてしっかりゴールさせたのに、あれからキックオフセレモニーに呼ばれないという事ですかね(笑)

続いての出し物はZ劇場では毎年目にするぞっこん町田’98というよさこいのグループ。

今回一番前で見ていたので、鳴子を落としてしまった人がいて、流れの中で拾おうとして上手くいかないというのをしっかり見てしまったのが、一番前っていろいろ見えるねって。

そしてベンチ外選手の挨拶。

今日は新しい選手が言いと言うことでボリス・タタール選手、通訳は大田隼輔が勤めると割り振りましたが、日本語でしっかり挨拶ができるようになっているタレ!せっかく通訳がいたのにと言うことで、改めて英語で話していましたが、同じ事英語で言い直しているというのは流石に私程度の英語力でもぼんやりと分かりましたね。

通訳はできなかったものの、隼輔も挨拶をしてZ劇場の出し物は終了。

席に戻るとちょうどGK練習が始まったところ、少ししてフィールドプレイヤーが練習となりますが、とにかく今日の最大の目玉というかサプライズはユースから2種登録になった高1の橋村龍ジョセフ選手のベンチ入り!FWが怪我人の影響もあり数に不安があるにせよ、大抜擢は大抜擢ですからね。

ベンチ入りの選手全員のチャントは、まだ新入団選手が覚えきれていませんが、選手紹介などが終わりキックオフセレモニーへ。

石坂市長の挨拶の後、今回は原点回帰で普通にPK。

ゼルビーがキーパーでの接待PKが決まり石坂市長コールにゴール裏がわき上がりますが、今年はPKもプラス1と2本目(笑)

2本のPKを蹴ってキックオフセレモニー終了。

選手が入場となり、バンデーラーを掲げるという事になり布の下に入る格好で入場から一連のものは全く何も見えずから試合開始。

立ち上がりから激しいボールの奪い合い、やや劣勢に感じるのは攻められている方がしっかり見えるからと言うゴール裏観戦の性質上の者だけではなく攻撃時間の関係もあり。

守護神高原のファインセーブだけでなく、全体的に体を張って止めにいっているものの正直怖い展開。

ジェフの方がイエローカードを出されたりして、何とかそれで流れを持ってきて欲しいもののそこまで流れは来ず、攻撃しているもののシュートまで行っても枠に入っていないか、キーパー正面という感じで得点に結びつかず。

そんな中、どフリーでボールを受けた町田に突破されきれいにゴールを決められ、町田が町田にゴールを決められるという混乱を来す状況へ。

そのままリードされて前半終了。

後半開始立ち上がり主導権を握られ、しばらく遠いところで試合が進みやきもきするも、何とか失点は重ねずに我慢の展開。

数少ないながらもシュートチャンスまで作れても、戸島が激しく外してしまって残念な気持ちになったり、せめて枠に入ればという変な期待感も強くなったり。

なかなか動かない中、井上に代わって重松、戸島に代わって吉濱と投入すると徐々に流れが来て、その重松のヘディングがわずかに枠の横に行ったりとあと少しというプレイが続くもなかなか点は入らず。

鹿島アントラーズからレンタル移籍で期待の若手平戸投入で、もしかしたらFKで追いつくかもなどという期待もありましたがゴールを割れずに試合終了。

終盤は本気で惜しいシュートがあり追いつくまではできたのではないかなぁと思ったりはしましたが惜敗は惜敗。

ジェフにはイエローが4枚出ていましたが、誰か1人でも2枚目を貰ってくれていたらなぁと思ったりも。

で、Z劇場に中村祐也選手が来ていないなぁと思ったらば、全治5ヶ月の左腓骨骨折の手術をしていたんですね。

横浜Fマリノスとのトレーニングマッチで足を痛めて途中交代をして心配ではあったのですが、足を引きずってはいましたが普通に自力で歩いていたので、大事になっているとは思わなかったので残念。

もともと怪我の多い選手ですが、そのたびにしっかり復活してきた選手ですので、信じて待ちたいのですが・・・これで去年2桁得点をあげた3人のうち2人が前半戦絶望って相当にヤバいですねぇ。

戸島覚醒か重松、吉濱と今日の途中交代でチームの起爆剤になっていた2人あたりがもっとプレイタイムを得て得点に絡むか、上積みが欲しいですねぇ。

心配もありつつですが、今シーズンも開幕したという事で、今年も楽しめれば良いなぁ。

今日のトレーニングマッチ

FC町田ゼルビア0-4横浜F・マリノス

野津田で無料で観客を入れてのトレーニングマッチ、しかもJ1のマリノス相手にやるということで今年初の野津田の山登りで行ってきました。

バックスタンド側だけ入り口を開けるとのことでしたが、ホーム入り口の所へ到着すると長蛇の列があり一体何事かと思う次第。

どうやら、行列がぐるりと回ってメインスタンド方まで来たんだと理解して最後尾まで向かっていくと、普段は入ることの無いアウェイ側のゴール裏までやって来て、並んでいる間に少し練習風景が見えるという(苦笑)

チケットがあるわけでもなくただ順番に誘導しているだけなので、流れはゆっくりながらも止まらずに行くと、いつもは閉めてある所から入っていき、トイレにシャッターが降りているという普段見慣れない光景を経てようやく唯一の座席へと入っていく入り口を超えて席探し。

いつになく混んでいる感じに驚きつつも、今日は応援なしだからしっかりと試合が分かる場所とバックスタンド真ん中付近で席を見つけ、ほぼほぼ微動だにできない窮屈さを感じながらも試合開始を待つことに。

何の演出もなく選手は自分で確認しないといけないということになりますが、何気にトレーニングマッチ用のユニフォームは遠目でも数字が見やすく助かりましたし、今まで画像は目にしていましたが本物もデザインというか色も格好良く、これをイメージした商品展開した方がいいんじゃないかと思うレベル。

スターターは来週の開幕を想定してガチという事になるのでしょうか、ほぼほぼ昨シーズンと変わらないメンバーに新戦力として1人だけ入っていたのがレノファ山口から移籍してきた奥山選手で、ポジションは本職はボランチでサイドバック、センターバックといくつもできるという話でしたが、早速右サイドバックという本職以外での出場。

試合は前半J1相手でも攻め込む時間も多く、これは結構良い感じだなとまではなるものの、決定機手前までで防がれるのに対し、逆にマリノスはちょうどこっちサイドで見やすかったというのもありますが、齋藤学が分かりやすく1つの動きが速くて簡単に振り切ってチャンスを作ったりとか、マルティノスの手足の長さを生かしたちょっと変わった速さで一気に行かれる感じとか、差を感じさせられながらもPKで与えた1点を失っただけで、結構やれるなという風に。

後半開始もゼルビアは選手交代せず、マリノスは何人か交代していたようですが、選手交代の報せが無いので、前半新井田ウーゴ・ヴィエラが後半はいないなとか分かりやすい人しか確認できず。

後半に入っても基本流れは変わらず、防戦一方になったりもせず決して分かりやすい力負けをしているわけでは無いけれども、じゃあ決定機まで持って行けるかというとその手前までで防がれたり、コーナーキックまでは持って行けるんだけれども残念ながらそこから決めるまでは行けずとか。

後半も半ばになるくらいからマリノスはガンガン選手交代、去年半年レンタルでやって来ていた仲川輝人が出てきたり、どんどん変わるなぁとなりますがゼルビアは公式戦仕様でなかなか選手を替えず。

中村からザスパクサツ群馬から加入した吉濱、谷澤から重松と交代する時間帯はほぼ公式戦を踏まえた感じ、ロスタイムだよなという辺りで、大谷からカマタマーレ讃岐から加入した藤井が交代というのも、最後まで公式戦仕様だったわけですが、そのせいかどうかは分かりませんが元気なマリノスが最後はあっさりと得点を重ねていて、疲れているのかなと思ったり。

来週の先発メンバーが誰になるのかは分かりませんが今日の試合を踏まえたものになるとして、試合最後らへんのしんどい状況を経験したのは大きいのでしょう。

逆に練習試合なんだから普段公式戦でなかななか出場機会が無さそうな選手も見たかったなぁと、マリノスが総取っ替えなくらい交代していたので余計にそう思いましたね。

で、声を出し続けての応援が無いなかの試合ってのも選手の声が聞えて面白かったですね。

帰りには今年のタオルマフラーCastle in the sky NOZUTAを購入して開幕への準備も揃ったという事ですが、今の所去年のような大入り満員というわけにはいかなそうですよね、開幕1万人を目指しているわけですが去年は前売りが今の段階くらいでは売り切れていたはず・・・

今日の新体制発表会

FC町田ゼルビア新体制発表会に初めて参加してきました。

ゼルビスタ会員になったのが去年からでしたし、実際にどんな感じなのか分からなかったのですが、結構混んでいたというか、開場30分前でも並んでいましたし、今回から選手全員参加から選手は新加入選手だけ参加、毎年ここで新背番号発表から、すでに背番号発表済みと目玉企画は減ったということでしたが、さほど影響はなかった感じですね。

開幕セレモニーはサックスのカルテットによる演奏、聞いたことある曲ばかりの分かりやすい選曲から始まり、新加入選手の入場。

ここで、サプライズはすでに練習風景で写っていた謎の外国人選手がこの場で加入発表。

元モンテネグロU21代表のボリス・タタール選手でポジションはディフェンダーで背番号は4。

社長の挨拶では、社長も加入を今日知らされたというネタとしてぶっ込んできたりしていましたが、いろいろとサプライズ。

社長も、ビールを飲んできていて顔の赤い石阪市長も小ネタを挟んだ挨拶をしたり、全体的に去年の成績が良かったことと同時にJ1を目指すにはスタジアム問題があったり、それを市の方にいろいろと頼んでいるけれどもそれだけではダメで常にスタジアムが満員になるようにとか、唐井GMにしろスポンサーの皆さんの挨拶にしろ、今年のスローガン+ONE 超えろJ2!というのに絡めて前向きな感じのお話が多かったですね。

観客に関しては、みんな周りの人をもっと誘って引っ張ってきてというのが私にはハードルが高いですが(汗)

選手はスーツで登場の時は、簡単な挨拶とそれぞれの選手については丸山強化部長がどういう選手で、どういうことに期待してというような感じで説明するというスタイルでしたが、吉濱、奥山両選手については1度フラれているのをネタにしていたのが印象強いですね。

あと、香川真司そっくりさんな大田選手はシンジと呼ばれているというネタを早々にぶっ込んできたり(笑)

選手は1度はけてユニフォームに着替えて登場し、新ユニフォームお披露目とたすくさんの質問コーナーと言う事になりましたが、ユニフォームはホームはすでに発表されていましたがアウェイは初お披露目。

白地というのはアウェイでは定番ですが、背中にはうっすらと町田市が描かれているということでなかなか格好良かったですね。

たすくさんは選手にどういうプレイが得意かという新加入選手定番の質問と、ある意味どんな答えが返ってきても、町田はそういう選手大好物と返していたような気がして、それは良いとして謎のリス園推しコーナーと化していたのが、これは今年リス園と何かやらないといけないんじゃないかと思わずにはいられなかったですね。

フォトセッションがあってから最後は相馬監督のお話でしめとなりましたが、全体的に希望を感じさせる新体制発表会だったのではないかなと。

終了後は新加入選手がお見送りということで、一緒に写真をとったりサインを書いたりとかしていましたが、私は基本写真を撮るというのはないことなのでそれぞれの選手を遠目に見るだけにしておきましたが、みんな良い感じにふれあっているように見えましたね。

モンテネグロではタレと呼ばれていたというボリス・タタール選手は一番手前にいたのも関係して結構な盛況でしたし、すごく良い笑顔で対応していて、本物もイケメンだなと、23歳という年齢は帰ってきてから知って驚きましたが期待したくなる選手ですよね。

モンテネグロは少し前までセルビア・モンテネグロでしたから、ゼルビアにセルビアというネタになりそうな選手ですし。

あと、今シーズンから発売が決まったゼルビアチップスの試食も出来たので試食してきましたが、考えたらポテトチップを食べること自体どれだけぶりだったのかと、全くポテトチップ食べなくなったからなぁと変に感慨深くなりました。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のオールスター

B.BLACK117-95B.WHITE

Bリーグのオールスターを見ました。

日本のバスケットボールが華やかなイベントになっていると言う事に感慨深いものがありながらも、私自身はまだ選手に詳しくはないのでオールスターで選手を覚えるところから始まっている所はあったりもしますが、なかなか盛り上がったんじゃないですかね。

ハーフタイムにダンクコンテストの決勝をやって、その投票をSNSで投票させてアイラ・ブラウンが優勝したりとか。

MVPは生まれて初めてダンクを決めた富樫でしたが、リフトアップダンクというオールスターでしか出来ない事をやっていましたし、日本のバスケットボール人気が一過性のものではなく定着するといいなぁという視点で見てしまいました。

ブログに書いていなくてもちょくちょく放送を見ていたりしていますが、まだどこのチームに肩入れするか決めていないので、どこか決めておいた方が楽しいよなぁというのがありますが、どうせならば近所のチームという制約はあるんですよねぇ、元NBA選手がいるチームだと知っている選手となってとっかかりは良いんですが、都心部のチームは敷居が高い(笑)

おまけ

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム