FC2ブログ

昨日のアキバレンジャー シーズン痛 第9痛

「妄想弐號」

現実世界のツー将軍のアジトの手掛かりを掴んだ信夫達は、早速向かったわけですが、今回の優子のコスプレが応援団で、いちいち応援っぽく話すのが、若干めんどくさいですね(苦笑)

ツー将軍は現実世界では歯科技工士で、本名後沢次男、次男だからツー将軍だったんですね。

さっそく、侵入してみると部屋は戦隊の悪へのマニア心に溢れすぎているわけで、しかもアキバレンジャー告別式へのご招待。

矢印にそって進んで行った所で、改めてツー将軍とご対面。

さらに、3人はツー将軍に妄想送されて、重妄想もしないのに妄想世界へ。

さらに、ルナの足の下からツー将軍も妄想世界へとやってきます。

ツー将軍、毎回妄想世界の登場の仕方が羨ましいですね!!

ツー将軍は自分の妄想世界で、信夫に台本を渡すと、シンケンジャー第22と半幕「大興奮水着美少女」と書かれていて。

信夫の妄想力で殿を呼びだそうとしたのですが、現れたのは殿ではなく水着姿になった信夫達。

待望の水着回・・・なんですが・・・

水着回ではあるんですけれども・・・優子もルナも夏っぽくて可愛いですよ、可愛いんですが・・・これを水着回とは認めたくない!!

ルナもそんな水着じゃぽろりして芸能界で目立てないんだから、がんばれ!!

それ以上に、現実世界での、ひみつきちのお客さん達が水着になるなんて誰得なんだ!!

重妄想してツー将軍と戦おうとしますが、ツー将軍の妄想世界なので、重妄想できず。

さらにゴーオンジャーの台本、GP33 1/2「金緑結婚」が優子の手に渡ったという事で・・・

優子は、すっかり範人とアニの妄想を始めてしまい3人は新郎新婦な姿に。

夏の映画が終わった後の秋口によくある、花嫁が狙われるという時に行われる花嫁に変装するエピソードのようだと信夫は気付きますが、それと同時に顔が行き過ぎたキス顔になって優子やルナに向かっていく始末。

ルナは相手は大手芸能事務所の芸能人じゃないとダメなんですね、信夫の中の人の事務所ならばかなり大手だったりする気も(笑)

とりあえず、信夫を顔面ケーキで止めた後、優子は妄想解除を頼みますが、妄想解除もできず。

続いてバイオマンの台本、46.5話「南の島を駆け抜けろ!」

一旦もとの姿に戻った3人に対し、ツー将軍はマラソンで勝負を挑んできます。

ルナが挑戦する事になり、42.5mのレースをする事に。

ツー将軍にあっさりと勝ちますが、これはホノルルマラソンだと言うツー将軍。

そして、メカジャイガンのシーラカンスカンスが出撃してきます。

信夫は忠実にブチメカを再現してきたシーラカンスカンスに大興奮。

そして、マシンイタッシャーを呼んでイタッシャーロボに乗り込もうとすると変身できていて、バイオロボの歌をBGMに真っ向勝負。

イタッシャーロボ妄想粒子斬りで仕留めにかかりますが、イタッシャーロボは完膚なきまでの敗北。

ツー将軍がホノルルマラソンという設定を出してきたのは、ホノルルマラソンの時期、12月上旬は、クリスマス商戦のために戦隊の1号ロボが一番弱く、敵が一番強い時期という事で。

イタッシャーロボが破壊されてしまったという事で、博世に2代目のイタ車を買うように要請しますが、まだイタッシャーのローンも残っているという事で無理。

そこにマルシーナが登場し、襲いかかってきます。

ツー将軍のいいなりになって、さらに強すぎるマルシーナは絶対神ン・マの使った呪縛転生で蘇ったという事で。

マルシーナに圧倒されながら、ダイソレタバズーカで逆転を狙います。

しかし、マルシーナがウー・ウザラで公認様の力を奪い取ると、悪の大それた力としてロン、闇のヤイバ、バンキュリア。

悪の公認様の攻撃を受けて大ピンチになり、マルシーナの良い子は見ちゃダメな演出で暗黒ダイソレタキャノンになり、暗黒ダイソレタキャノンファイヤーで、さらに追い打ち。

シーラカンスカンスがトドメをさしにやってきて、ザイドスのようにペラペラにされてしまいそうな大ピンチ。

そこに博世から新しいイタ車を買ったという連絡が!

そこに現れる新しいイタッシャー!!

感動の2台目と思ったらばラジコン?というレベルの小ささ!!

これはさすがに絶望した!!というところ、ルナがチェンジイタッシャー2号の掛け声を。

ルナの先入観の無さが起こしたものですが、これに信夫も2号ロボは1号ロボよりも小さい事が多いという事を思いだし、その場合はイタッシャー2号ではないということで。

チェンジ!イタッシャーボーイ!

タイタンボーイ、テトラボーイ、タックルボーイ、ライナーボーイの系譜のイタッシャーボーイに。

1号機にもない飛ぶという新機能で小さいのにパワーにあふれ、真剣白羽取りからの一本背負いができるレベル!

新ロボは登場しただけで超強力な勝利フラグと言う事で、シーラカンスカンスを撃破。

これで無事に妄想解除でめでたしめでたしかと思いきや、博世にさそりの痣再び。

現実世界のツー将軍はぶっ倒れているし、謎の入院患者も快方へ向かっていたりと、またもやアキバレンジャー名物の終盤の怒涛過ぎる展開への前振り?

エンディングはHOT!HOT!ガオマッスル!! 歌:三田こずこず

昨日のアキバレンジャー シーズン痛 第8痛

「妄想美闘」

カー将軍のコスをした通なおっさん、この時点でツー将軍の正体が、通なおっさんだと気付くべきだったと熱弁する信夫ということで、ここからは現実世界のツー将軍探しという流れ。

ツー将軍はハーデズキンをアラビア風にいじった、時の拳魔ムトウムシテを良い子は見ちゃダメな感じで寝ているマルシーナの所へ妄想送。

信夫達は、ツー将軍が銀河ハ二―を歌っていたカラオケパセラに聞き込みに行きますが、よく来るという事までは確認出来ますが、個人情報を得る事は当然無理。

諦めかけていた所で、常連さんでカザリっぽい人がカレー屋で倍辛を食っていたという情報が。

しかし、純インド風カリーの店ベンガルに行くと、タッチの差で店を後に。

バロスwのマークのワゴン車で移動した事を聞いて、ワゴン車を見つける事に成功。

ワゴン車には誰もいなかったので、駐車場の前でビラを配っていたメイドさんに聞き込みをすると、チェリーの皮ジャンを着た目つきの悪いおじさんが、水道橋に行くという事を話していたとの情報を得ます。

水道橋に向かおうとしたところで、ハートが刺さった串を持った弾丸ジャッキーが、けんけんぱならぬ、けんけんまをして、ギャラリーのお姉さん達がドン引きしながら消えていく現場に遭遇。

ということで、弾丸ジャッキーは時の拳魔ムトウムシテが登場で重妄想。

妄想世界に突入すると、早速マルシーナが、ここがお前らの墓場という、強力負けフラグセリフを。

慌ててツー将軍も妄想世界にやってきますが、ちょうど風呂に入ろうとしていたいう事でシャワーキャップを被っています(苦笑)

時の拳魔ムトウムシテは温故知死85年で大星団ゴズマのブーバの剣さばき、温故知死88年ドクター・アシュラのカットアッシャーで追いこみますが、ここでマルシーナが邪妄想。

マルシーナが割り込んでやる気が失せた、ムトウムシテに向かい、マルシーナをどかせてもいいという事で温故知死87年オヨブーでマルシーナを焼きにかかりますが、ツー将軍はこれを止めて、アクリルの板で囲ってマルシーナを捕獲。

その時にチケットが風に飛ばされ、ルナが拾う事に。

信夫はボスが悪の幹部を倒すというのは、悪の組織壊滅の鉄板フラグだと言うのに対し、ツー将軍は本当の幹部はマルシーナではなくムトウムシテだから新幹部登場はヒーロー苦戦のフラグだと返します。

温故知死84年でバイオハンターシルバの破壊に圧倒されて妄想解除。

過去の幹部の真似というレベルを超えているという事で、現実のツー将軍をどうにかするしかないということで、再びツー将軍探索へ。

手掛かりは、ルナが妄想世界で拾った、サウナ東京ドーム回数券。

妄想世界で拾ったのに、現実世界に持って来れるんですね。

水道橋でお風呂と繋がった所で、いざサウナへ。

サウナに行くとそれらしき人物を発見し、信夫はサウナに入りますが、頭からタオルを被っているために顔を確認できず、長時間たっぷりサウナにはいっていたせいで、信夫はすっかりのぼせてしまいます。

続いては、ルナがあかすり、強くこすったつもりなのに、ちょうどいい扱いでルナもギブアップ。

続いて、優子のマッサージハードに行くという事で、ピンヒールでの足踏みマッサージ。

これも、ちょうどいい扱い。

サウナ東京ドームいけば、ルナがやってくれる垢すりとか優子のピンヒールで踏んでくれるとかな感じのサービスが揃っているという事ならば、物凄く行きいと思っている人が続出だと思ったり。

背中に傷が多いという事で、正義のヒーローとの戦いで出来た名誉の負傷という事を聞きだす事に成功し、ツー将軍の正体という結論に。

サウナを出て後をついて行き、信夫が襲いかかりますが、とんでもない勘違い。

大ベテランのスーツアクター岡本さんということで、優子は次郎さんとお約束の勘違い。

次郎さんではなく岡本美登さん、1期の新堀さんに続き大御所スーツアクターの登場ですね。

信夫は優子とルナに岡本さんは歴史に残る悪役を演じてきたと説明しますが、ここでムトウムシテが繰り出した温故知死が全部岡本さんがやっていた役だと気付きます。

すると、岡本さんはツー将軍に妄想キャプたんじゃなく、モーションキャプチャーの仕事を依頼されて、そのギャラの支払いを受け、その時にサウナの回数券を渡していたと。

ムトウムシテが完璧に動きをマスターしていたのは、モーションキャプチャーのデータをインプットしていたから。

岡本さんに会えて感激する信夫に向かって、岡本さんは動きをコピーした相手が、ヒーローを苦しめて喜んでいる事が心外だと、散る美学に命をかけているんだと。

そう語って去っていく岡本さんと入れ違いに、弾丸ジャッキーのムトウムシテがやってきて重妄想。

ゲキレンジャー挿入歌なら、ゲキチョッパー推しアキバレッド、ゲキオレンジのロボたすが好きなアキバブルー、歌って踊って絵が描けるマダムを狙っているアキバイエロー。

温故知死02年サーガインに対し、どんな技でも受けて立つと信夫は超妄想。

温故知死85年ブーバ、信夫と剣の対決となったところ、後ろから優子がモエモエズキューーンで狙い撃ち。

それを受けて、信夫が自分のモエモエズキューーンを渡して、2丁拳銃で攻撃させようとの意図でしたが、釣られてルナまで投げて落っことす羽目に(苦笑)

ブーバ相手ならばチェンジドラゴンだという事でルナから楯を渡されて一騎打ちへ。

その間優子とルナは撮影セットを設置。

新堀さんの剣さばきを意識した信夫が夕日をバックに戦う形になり、岡本さんの技と共に散る美学を受け継いだムトウムシテはすっかり、美しく散るモードに。

新堀レッドを意識した信夫がおぜん立てをして、ダイレンボンバー、ハリケンボール、ジュウレンバックラーを合体させたダイソレタバズーカでフィニッシュ。

あまりの岡本美登っぷりにツー将軍も思わず感動。

今回の顛末を岡本さんに報告すると、散りっぷりに岡本さんも喜んでもらえたようで。

で、高岩さん、何ちょろっと出演しているんですか!(笑)

ツー将軍の名刺をもらった事で、手掛かりを1つ手に入れました。

そして、前回から思わせぶりに出てきた入院患者は、ボウケンジャーを病室で見始めた所で次回。

EDはカバー曲ではなく、スーパー戦隊非公認応援歌(妄想戦士ver)

昨日のアキバレンジャーシーズン痛 第7痛

「妄想間者」

絶対に自分の妄想ではありえないアキバレンジャーという存在に、自分以外にも妄想している存在がいると気付いたツー将軍。

それに対し、ツー将軍が考えた怪人を現実世界で活躍させる事ができるかもしれないとけしかけるマルシーナ。

妄想世界と現実世界とがリンクしてしまう事の狙いがさっぱり分からない信夫達、ルナは地球征服が狙いだったらば良いという、過酷な試練を乗り越えた方が人としてもアイドルとしても成長できるって、過酷過ぎる事を(笑)

などと喋りながら歩いていると、天使の格好をした女の子が秋葉原にいる皆さんから、ヲタ心を獲ってしまう現場に。

当然バロスwということで、胸についているマークはジャンカジャンカではなく、ジャカンジャ暗黒十本槍・十の槍ハーデズキン。

という事で、重妄想。

暗黒七本槍ではなく、十本槍という事は、八の槍はクワガライジャーではなくウラヌスッド、九の槍はカブトライジャーではなくポセイドム。

ゴウライジャーの2人からハーデズキンがせいぎの心を奪って、ジャカンジャに引き入れたとの事。

という設定は、マルシーナが独断で、暗黒七本槍を愛蔵版ハリケンジャー超図鑑で勉強して暗黒七本槍っぽく名付けた物。

ツー将軍は本来悪の戦隊としてデビューさせたかったという、カゲレンジャーというツー将軍の妄想が元という事で。

ジャカンレッド・カブトライジャー、ジャカンブルー・クワガライジャー、ジャカンイエロー・テントライジャーの忍虫戦隊ジャカンジャーとなって戦闘開始。

ツー将軍の野望のために戦うというゴウライジャー2人に対し、半年近くかけてハリケンジャーと仲良くなったのが無かった事になってしまう事に対して憤る信夫ですが、圧倒されて妄想解除。

ツー将軍の狙いは手加減してハリケンジャーが助けに来る事を待って、3対3で戦って、名実ともに悪の戦隊が誕生する事を狙っていたようですが、マルシーナは命令無視したとの事。

今回の、妄想世界での出来事の現実での影響は、1週間が10日に。

土曜日の次に、天曜日、海曜日、冥曜日ができてしまっていたと。

暗黒七本槍が十本槍になったからですね。

十曜日になってしまった解説のホワイトボードに一生懸命書いたこずこずの努力が報われてよかったですね。

これにより、1か月が3週間になり、公認様のオンエアも36回になってしまう。

そうなると、デカレンジャー37話ハードボイルド・ライセンスが無かった事になってしまう!日曜が減ってしまうとヲタイベントも減ってしまう、週末のファンの人達との触れ合いのひとときも減ってしまうと。

博世はそれだけで済めばいいけどと呟きますが。

それだけでは済まなくなり、天曜日はオタクゴミの日。

京都議定書に地球上からオタク文化追放に関する条約が追加されたと。

京都議定書だから、アメリカに行けば大丈夫だったんですね(違)

これにより、ひみつきちにあるディスプレイは全て撤収されてしまいます。

海曜日は特ソン禁止。

冥曜日はコスプレ禁止という事で、優子はコスプレ許すまじ軍団に追われる羽目に。

さらに、ツー将軍まで追われる羽目に。

追われている優子を信夫とルナで倉庫に誘導して、許すまじ軍団から救いだしますが、ツー将軍とも遭遇。

信夫がこういう静けさはピンチの前兆、送風口から毒ガスが・・・という妄想を話していると、その妄想に導かれるように、宇宙忍法煙変化でハーデズキンが登場。

そこですかさず重妄想。

ツー将軍は信夫達がアキバレンジャーだという事に気付き、さらに自分も妄想の力を強めれば妄想世界に行けるのではないかと考えつきます。

妄想世界では、信夫がゴウライジャー2人に正義の心を取り戻してもらいたいとだけだと力説しますが、それだけで元に戻る事も無く戦闘開始。

ハーデズキンはルナが担当し、信夫と優子でなんとかゴウライジャーの記憶を戻させようとします。

信夫は隠流満月斬り、優子は隠流三段斬りと先輩の地球忍者の技を見せて記憶を取り戻させようとしますが、失敗。

吹っ飛ばされた優子とルナはダイナブラック木の葉隠れからニンジャマンのサムライ激怒ボンバーをだしますがまたもや失敗。

さらにツー将軍もついに妄想世界に降臨。

ピンチが続く中はりけんじゃーの3人が登場、声は本人たちじゃないですけれどもね、というか、ブルーがハーデズキンですから、ハリケンブルーを本人にするとわけがわからなくなりますし(笑)

ハリケンジャーの超忍法影の舞をだしますが、地球の忍法は効かないということで、優子が嬉々としてシュリケンジャーのマークをハリケンレッドにつけて、宇宙統一忍者流の技が使えるという事に。

秘打千本ノックを出すうちに、がれきの下敷きになっている信夫を救いに行こうとする優子とルナ。

秘打千本ノック不発で反撃されるかと思いきや、ゴウライジャーの2人は記憶を取り戻します。

その原因が瓦礫から信夫を救いだそうとする優子とルナの姿に、ドカタ仕事をしていた事を彷彿とさせたから・・・

ここまできて、そんなオチかよというツー将軍の言い分が全面的に正しい!

そしてツー将軍が直々に戦闘に加わろうとした所で妄想世界からフェイドアウト。

現実世界で佐々木ポンポコデリバリーのたづ子さんが荷物を届けに来て、現実に引き戻されたから(苦笑)

いきなり、8対2になったところで、マルシーナも撤退。

大それた力、ハリケンボールで一気に撃破。

1週間も7日に戻り、オタク文化も戻りましたと。

で、思わせぶりな病院カットって何の伏線?

EDはシンケン祭り 歌:石清水ルナ、横山優子、マルシーナ、赤木信夫

昨日のアキバレンジャーシーズン痛 第6痛

「妄想娘娘」

アキバ名物スターケバブの行列に並ぶツー将軍。

そこに、好き嫌いダメ運動のビラを配るダンボールに顔を書いたゆるキャラというか、できそこない感のある萌えキャラのゆるさなえ登場。

ツー将軍はゆるキャラが嫌いという事でいちゃもんをつけ始めます。

信夫はひみつきちで新劇場版ズバーーン葵のフィギュアを自慢し始めます。

妄想世界で使っている、ムニュムニュズバーーンとと同じ実物大を発注して作ってもらったということですが、触り方が完全に危ないですし、ドン引きされるもの仕方が無い(苦笑)

優子は硬くてテカテカの胸じゃ興奮しないと突っ込みますが、信夫の目は泳ぎまくり。

そこにやってきた、ルナはアキバレンジャーの4人目のアキバピンクを勝手に決めたと発表。

そのメンバーはマンガの腕がプロ級で、ブログの更新頻度や、アイドルとしてのパフォーマンス一流なちょこたんこと永川蝶子。

非常に元ネタが分かりやすいというか、許可をとったのか気になるレベルというか、訴えられる事はないとは思いますが、むしろ訴えるとすれば本人役で出たかったとかそういう方向な気がしなくもないですが、それは置いておいて。

さすがに、忙しいだろうし妄想世界に付き合わせるのは無理があるという事で、ルナの追加戦士案は却下して、アキバの重要スポット巡りに繰り出します。

ゆるさなえの中の人が武芸の達人でボコボコにされてしまったらしいツー将軍、その恨みを込めて、最近知り合いの知り合いからこの手のキャラを発注されて作った経験をいかして、ユルキャラジゲンを作ります。

発注したのは、信夫なんだろうなぁということで、共通の知り合いが重要な意味があるのかどうか、ないならないで全く構わないですが。

戦隊ものの奥の深さを教えられたルナが真っ先にあげるのが、オーレンジャー第36話オナラに直撃!!というのが(笑)

そこに、好き嫌い撲滅キャンペーンとして現れたユルキャラジゲン。

渡されたビラには好き嫌いをなくして大銀河時計をもらおうと、胡散臭さ満載ですが、信夫はど真ん中ストライクだったようで、頬が緩みっぱなし。

ユルキャラジゲンは小学生のお友達にもビラを配っていましたが、ダサイなどと散々な言われよう。

それに怒ったユルキャラジゲンは小学生をピーマン、人参、算数の教科書と嫌いなものに変えてしまいます。

バロスwだゼーーーーーットということで、重妄想。

アバレンジャーの浦沢さんの10話マッシュルームカットの回推しアキバレンジャー

アニメのはまちゃんの登場にびっくりのアキバブルー

名乗りが終わった所で、ちゃぶ台にお茶を用意していたユルキャラジゲンのお茶にお呼ばれ。

そこで信夫は次元獣だと気付き、ユルキャラジゲンも丁寧に自己紹介。

信夫は完全に浮足立ってしまいますが、ルナと優子はまともなので、きちんと悪者は許さないとなります。

信夫もなんとか平静になって、カーレンジャーでのOOバットンやボウケンジャーでのデンベエのように裏の顔を見せるようにと迫りますが、ユルキャラジゲンはそんなのは無いと涙ぐみます。

それを見た信夫はあっさりと陥落して謝りますが、爆弾のプレゼントを受け取る羽目に。

見た目で翻弄されないルナと優子とで戦い始めますが、大苦戦。

改めて信夫も加勢しようとしますが、可愛すぎると手も足も出ません。

この手の可愛さで翻弄した敵達はヒーローが倒しやすいように凶暴な顔を見せるのが定石だったが、それをしなければ倒される事は無いというのが、ツー将軍の狙い。

ユルキャラジゲンがとどめを刺そうとすると、そこに仮面をつけたチョコタンが乱入。

妄想力で登場させたものの、本人の登場は無理と思いこんだ信夫のせいで素顔での登場ではなく仮面をつけていたという事のようで、いろいろと妄想が便利になっていますねぇと。

ヌンチャクを使うという、元ネタ意識しまくりの攻撃で追い詰め、とどめを刺しに行きますが、なぜか信夫が間に入って止めてしまいます。

その隙にちょこたんは嫌いなオクラにされてしまいます。

現実世界に戻ると、ちょこたんの姿がオネェダーのようになってしまいます。

ツー将軍もそれを目にして混乱。

今回の影響力の大きさに、ユルキャラジゲンを倒せなかった信夫は落ち込み、思わずカミングアウト。

ツルツルでテカテカのメカ的な女の子キャラがどストライクなんだと。

幼稚園の時、超獣戦隊ライブマン13話、燃えよ鋼鉄コロンを見てコロンの可愛さに春が目覚めてしまったと。

そして23話コンマ1秒に賭けた命のコスプレで、完全に決まってしまい、以来再放送で見たバイオマンのピーボ、フラッシュマンのマグ、カクレンジャーの花のくのいち組のマスクバージョンやオーレンジャーのマルシーナにまでほんのりとときめくようになったと・・・花のくのいち組はともかく、他は上級者過ぎます!

葵たんもテカがあったからという事で。

このままではダメだと特訓開始。

ツルツルテカテカのスーツを着た博世相手、あっさりと打ち込めたりします。

顔が博世だからという事で、本気で上級者(笑)

ユルキャラジゲンの可愛さを克服できない事で悩む信夫のもとに、博世から優子とルナが妄想世界で戦い始めたという連絡が入ります。

ためらう信夫に対して博世は絶対に勝たせるから信じるようにと。

女の子同士の戦いに信夫がマシンイタッシャーで登場。

しかし、ユルキャラジゲンの顔を見ないようにしますが、見てしまうと一方的に攻撃されてしまいます。

それをなんとかするために、優子は紙袋を頭にかぶせて可愛さを消す作戦。

これなら大丈夫と意気込みますが、あっさりと紙袋は炎上、元の木阿弥。

そして、博世の用意していた作戦第2弾は、チェンジマンのBGMにのっけての田中信夫さんのナレーションの声。

立て!アキバレッド心の目を開くのだの声に、信夫は燃えて超妄想。

OPに乗せて反撃開始、モエモエズキューーンとムニュムニュズバーーンを合体させたムニュモエズバキューーンでムニュモエプロミネンスでユルキャラジゲンを撃破。

田中信夫さんのナレーションをヒントにゴーグルにシールを貼って視界を消していたという事で。

田中信夫さんにギャラを支払ってナレーションをしてもらっていたと。

本当に何気にギャラを支払って頼むという作戦は多い気が(笑)

ターボレンジャーを歌っていたオネェダーの姿のちょこたんが元の姿に戻る瞬間をテレビで見ていたツー将軍は、ユルキャラジゲンが倒されたという報告を聞き、妄想世界と現実が連動していると気が付きます。

そして、諦めかけていた夢をかなえると、取り出したのはヒーローっぽいフィギュア。

エンディングは夢をかなえてダイナマン~萩原佐代子バージョン~歌:葉加瀬博世

ツー将軍が妄想世界の影響が現実世界に影響を与えるという事を知って、いろいろと動いてきそうですが、次回はゴウライジャーが登場ということで、ハリケンジャー復活に便乗ですね(笑)

昨日のアキバレンジャーシーズン痛 第5痛

「妄想輸入」

ルナの歓迎会をやろうと盛り上がる信夫と優子でしたが、前回ルナが戻ってきたのは、ギャラを払った仕事だったからということで、これ以上予算の関係上ギャラを払えないと。

とりあえず信夫はアキバレンジャーの活動がアイドルの活動にとってめっちゃプラスになるとでっち上げて、信じさせる作戦でルナをメンバーに戻そうと考えます。

ルナがジョージ・スピルバートンのオーディションを受けているという情報を得て、合格してしまったらば大問題という事で。

スピルバートン監督のオーディション、英語でスピーチしたルナは監督には好感触。

スピルバートン監督を見ていると、英語が云々よりも、とりあえず絶対領域にこだわって足見せておけば、合格しそうなのは気のせいでしょうか?

新しい怪人が送られて来ないという事でマルシーナから苦情の連絡が来たツー将軍、反抗的な態度にまるでゼノビアみたいだと、分かりやすい例え。

本当はキメラみたいな部下が欲しかったんですね(笑)

オーディションに参加していた、じっくりコトコト豚の角煮を作りそうな舞浜亜希奈は、痛いくらい作り込んで女王の欲ばり踊りを見せる事に。

亜希奈は2次通過、ルナは落選という事ですが、亜希奈はツー将軍と面識があるというかうしろざわ先生と読んでいるのでツー将軍の本名はうしろざわさんなんですね。

オーディションに落ちて凹んでいるルナから、亜希奈が女王の欲ばり踊りを踊ったという事を聞いた信夫は、スピルバートンが戦隊マニアである事を語ります。

映画のオーディションで、ダイアン・マーティンのファンと語っただけで大逆転採用が決まった例があるとか。

その話を聞いたルナは監督が、胸のマークが菱型の戦隊フィギュアを持っていた事を思い出します。

信夫はスマホで検索して、ジュウレンジャーの画像をルナに見せます。

が、ジュウレンジャーのつもりでみせたのは、パワフルレンジャーの画像。

アメリカでリメイクされた戦隊ものなのですが、ルナはダイレクトにアメリカで作られたものと勘違い。

信夫が勘違いを解くために説明しようとした所で、謎の虚無僧軍団(1人胸の露出の高いお姉さん)が登場。

義援金写真くじを1枚800円、買ってくれた人にはサービスありを売りだします。

大サービスに釣られて大盛況。

写真の中身は信夫や優子の間抜けな写真、ということでバロスwだと見破った信夫達。

とりあえず、ルナにも今だけは頼むという事で重妄想。

そして、マルシーナも良い子は見ちゃダメな変身バンクで邪妄想。

怪人が来ないイライラをぶつけるために戦おうとしたマルシーナの前に、ジュウレンジャーのゲキとブライが登場・・・

と思ったらば、首やベルトの柄も態度までも変にアメリカン。

マルシーナは恐竜みたいなのが出てきたという事で、ツー将軍に早く怪人を作るように要請。

ルナは戦隊の元祖パワフルレンジャーと喜びますが、パワフルレンジャーの2人はやたらと尊大な態度、アメリカ生まれの戦隊シリーズをパクった日本の戦隊と全く逆、信夫と優子は起源を捏造されてわけがわからない状態。

さらにマルシーナとパワフルレンジャーとが手を組んでアキバレンジャーに攻撃、必殺モヤブラスターで吹っ飛ばされたところで妄想解除。

現実世界に戻ってくると、スーパー戦隊シリーズ第1作がガオレンジャーになってしまっていて、しかも、ガオレンジャーはアメリカのパワフルレンジャー8作目を丸パクリして大問題なったという扱いに。

戦隊は日本固有の財産、国際問題だと嘆く面々に、ルナは特に問題が無いとしか思っていません。

ということで、今回妄想世界が現実世界に与えた影響の出所は、アメリカのパワフルレンジャーが戦隊のルーツだと勘違いしたルナによるものでしたと(苦笑)

いくら日本の東映が作ったものだと説明しても、ネットにも書かれていると信じないのは、現実世界が受けた影響で変化したと理解できないから仕方が無いですかね。

インチキアメリカンなパワフルレンジャーの2人にマルシーナがちやほやされている所に、ツー将軍から怪人が転送されてきます。

トリノイド第23号クニマスマホガニー。

アバレンジャーと戦うつもりでやってきたわけですが、目の前にいるのがアバレンジャーではないという事で。

恐竜みたいなという事で、アバレンジャーだと思ったツー将軍と見たまま言ったマルシーナとの意思の疎通ができていませんでしたね(苦笑)

ルナの勘違いから妄想世界がおかしくなってしまったので、それを正そうとレクチャーする信夫たちでしたが、ルナは妄想世界に行ってパワフルレンジャーのしもべになればいいと、理解してもらえません。

ルナは首の星条旗とかお気に入りだったりして、変なパワフルレンジャーがお気に入りになっていたんですね。

秋葉原界隈で、戦隊の本来の歴史を語って思い出させようとする信夫と優子ですが、恥ずかしいオタの妄想捏造扱いされるだけ。

ついて行ったルナは、なんでこんな事に一生懸命なんだろうと。

そこに、またもや虚無僧出現。

パワフルレンジャーのアメコミを見せてきます。

その正体はマルシーナではなく、手だけ魚になったスマホモンガー、ではなく、クニマスマホガニー。

戦おうとした所に、そうはいかのソルト辛とパワフルレンジャーとマルシーナも登場。

ルナは、パワフルレンジャーのしもべになってしまいます(苦笑)

マルシーナも本日2回目の邪妄想。

信夫は、戦い傷つきながらも、ティラノに全身全霊を賭けた説得でドラゴンレンジャーが地球を守る仲間になった事を思い出すようにと説得します。

ドラゴンの日は消える寸前だったが、それだからこそ一緒にいられる短い時間を悪との戦いで燃やしつくしたのではないかと、優子は思い出すようにと説得します。

しかし、全く変化は現れず、2人は変身が解けてボコボコにされてしまいます。

信夫はそれでも、小学校高学年だったけれども、テレマガ、テレビくん、今は亡きテレランも全部買って応援していたと。

優子もジュウレンジャーかるたの『あ』は『あいきょうもののしゃーまぞくのごうし』だった事を覚えていると。

そんな必死の説得も届かずに、ボコボコにされ続ける2人。

敵の作戦で人々に悪者扱いされて、石を投げられそれでも、みんなのために戦ってくれた事、あなたたちの活躍のおかげで売り上げが持ち直し、シリーズ存続の危機を乗り越えたのではないかと。

日本で生まれたスーパー戦隊がどうしようもなく好きだと叫ぶ信夫。

何万年の時を越えて蘇った永遠の戦士、情熱の戦士、いつも子供たちの側にいなければならないという言葉に、パワフルレンジャーの2人にも変化の兆しが。

それに追い打ちをかけるように、信夫は獣奏剣で曲を奏でると、ついにジュウレンジャーとしての記憶が復活。

記憶が復活したジュウレンジャーの2人はマルシーナとクニマスマホガニーとの戦いへ。

ルナも何だかわからないがカッコイイと、ジュウレンジャーと一緒に戦い、大それた力を得ます。

信夫と優子も改めて重妄想。

ジュウレンの挿入歌ならばドラゴンシーザー推し、アキバレッド

石清水といえば、仁和寺にある法師先達あらまほしき戦士、アキバブルー

少し前に流星王子の映画をみたでありますが、梅宮アンナのお父さん・・・アキバイエロー

大それた力、ダイノ組体操フォーメーション、ジュウレンバックラーであっさりとクニマスマホガニーを撃破。

これで、めでたく日本のスーパー戦隊がオリジナルとしてもどりましたと。

そして、ルナもめでたくアキバレンジャーをアイドル活動の踏み台にする事で復帰。

ひみつきちに、亜希奈がやってきて監督が帰国してしまい、非公認の戦隊がひとしれず戦っている夢を見て新作を書きなおすという事のようで。

亜希奈はルナをライバルとして見ているという事のようですが、基本どっちも売れていないアイドルっていう事ですよね?(苦笑)

エンディングはgirls in trouble! DEKARANGER 歌赤木信夫・ツー将軍

何で、この曲をおっさん2人に歌わせる!!(笑)

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる