今日のマジック NBAレギュラーシーズン16戦目

ジャズ125-85マジック

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG テレンス・ロス
SF エヴァン・フォーニエ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

主力に怪我人、特にゴール下の番人であるルディ・ゴベールを欠くジャズが相手ということで、今のマジックは負けていられない相手だと想定していたので、結果を目にした瞬間、何かの間違いじゃないかと思わずにはいられなかったですね。

負けるにしてもぼろ負けというのは完全に想定外でしたので、慌てて主力に怪我人続出してスターターが何これ?となっているのではないかと確認して、普通に一番真っ当なスターターになっていて、それはそれで何それでしたが・・・

とりあず、アーロン・ゴードンは18点9リバウンド1アシストと安定感を出していますが、それ以外のスターターに何か褒める要素はないかとこねくり回そうかと思いましたが、無理でした。

ベンチ陣はマーリス・スペイツが12分で11点と効率の良さを見せているくらいで、やはり褒めどころを見つけるのは難しいというかぼろ負けなスコアからどうやっても無理ですな。

ジャズの方はデリック・フェイバーズが25点11リバウンド3アシスト2ブロックFGを10/12とゴベールの分まで奮闘されてしまったというのと、ベンチスタートのロドニー・フッドが3Pを7/13と決めまくって31点5リバウンド2アシスト1スティールと大爆発。

今シーズンのMIP予想に名前を挙げたもののスターター定着よりもルーキーのドノバン・ミッチェルにスターターの座を奪われている感があり、ちょっと見当違いの予想だったかなぁと私が考えてしまっているのを、見当違いじゃないよと払拭してくれた感じがありますね。

本当にマジックの試合でそんなフォローしなくて良いから・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン15戦目

マジック94-99ブレイザーズ

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG テレンス・ロス
SF エヴァン・フォーニエ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

1Qを33-24と良い滑り出しを見せた試合でしたが、2Qで14-27とお返しされてしまい、4Qの残り6分52秒でフランスのおしゃれ上級者フォーニエがエースらしく3Pを決めて逆転して、その勢いのまま勝ちきれれば良かったのですが、勢いだけで残り時間もって行くには早い時間帯過ぎて、結局再逆転されるとそのまま力尽きてしまったというか、4Qの弱さに定評のあるマジックからの脱却はまだまだ難しいという事ですね。

逆にブレイザーズにはデイミアン・リラードというクラッチプレイヤーとして既に名を残している選手がいますし。

フォーニエはエースらしく22点3リバウンド2アシスト1ブロックとまずまずですが、アーロン・ゴードンが12点5リバウンド1アシスト2スティール、ヴチェヴィッチが11点10リバウンド4アシストとどちらか1人がせめて15点以上になっていないと安定感は増さないかなって。

ペイトンが14点3リバウンド5アシストと怪我による悪影響が見られないのは助かりますし、ジョナソン・シモンズが16点3リバウンド3アシスト、マーリス・スペイツが10点3リバウンド1ブロックとベンチで計算出来る2人はまずまずですが、ロスが5点4リバウンド2アシスト3スティールとオフェンスが外れの日となると、いつも通りの活躍だけでは厳しかったですね。

ブレイザーズはデイミアン・リラードが26点44リバウンド7アシスト、CJマカラムが24点4リバウンド3アシスト3スティールと得点源となるバックコートコンビが通常運転で好調、これに加えてシャバズ・ネイピアーが3Pを5/5と決めまくり19点2アシスト3スティール1ブロックと、今シーズンに入ってようやくコネチカット大時代のNCAA優勝経験者で大学4年までプレイしていたという期待に応える活躍を出来るようになったのを、元いたチームにしっかりと見せつけてくれたと。

ネイピアーが活躍してくれるのは嬉しいですし、今シーズンの頑張りぶりをみると、MIP予想無謀枠でリストアップまでしながらも最後の最後で候補から外したのが悔やまれるくらい。

しかし、何も今日3P決めまくらなくても良いじゃないかと・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン14戦目

マジック107-125ナゲッツ

今日のスターターは
PG エルフリッド・ペイトン
SG テレンス・ロス
SF エヴァン・フォーニエ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

ステファン・カリーが右太ももを痛めて欠場していても、今のマジックにはウォーリアーズ相手に勝てるようなチームでは無かったですね。

とりあえずは、ヴチェヴィッチが20点5リバウンド4アシスト1スティール、FGが7/13と本来あって欲しいシュートの確実性を見せたことは見るべき所ですかね。

それ以外はほぼほぼウォーリアーズに良いようにやられた格好ですが、それでも結果を見るまでも無いとはなから決めかかっていた昨シーズンまでに比べれば、キャブスやスパーズに今年は勝っているし何が起きてもおかしくないかもと期待して結果を見るようになっているのは大違いかもしれないですね。

ウォーリアーズはカリーがいなくてもケビン・デュラントが21点7リバウンド8アシストと普通にオールラウンドにやるだけですし、ドレイモンド・グリーンが20点4リバウンド5アシスト2スティールとカリーがいない分得点に回ることも出来ますし、ショーン・リビングストンが16点2リバウンド6アシスト1スティールと代役を難なくこなしていますし、今のマジックではやっぱり歯が立たないですな。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン13戦目

マジック107-125ナゲッツ

今日のスターターは
PG シェルビン・マック
SG テレンス・ロス
SF エヴァン・フォーニエ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

エルフリッド・ペイトンがまたもやハムストリングスを痛めて欠場してしまい、またもや本職PG1人状態での試合になってしまい、そうなると勝てないというのは決まりになってしまいました。

負け試合ですから全体的に残念な感じになってしまうのは仕方がないわけですが、スターターではエヴァン・フォーニエが18点1リバウンド3アシスト1スティールでスコアリーダーというのは、フォーニエ自身は悪くは無いのですが、回りがもっと寂しいですからね。

マーリス・スペイツが17分のプレイタイムで19点2リバウンド1スティールでスコアリーダーなのは、スペイツは短いプレイタイムでこれができるのが強みと素直に喜べますし、ジョナソン・シモンズも18点3リバウンド3アシスト1スティールも6thマンとして期待出来ると喜ばしいのですが、負け試合ですと何とも言えないですね。

ペイトンとDJオーガスティンの怪我の具合次第でマジックの勝率が決まるといっても過言では無い状況ですが、本職PG無しになるとそれほどダメなのかと、最近流行のポジションレス思考とは全く違うチームだという事ですね。

ナゲッツはスターター全員2桁得点、ジャマール・マレーが32点と大爆発を見せ、それに乗っかるように、スターターの座を奪われた立場のエマニュエル・ムディエイも12点3リバウンド3アシストと奮闘して、チームが良い感じに回った試合ですね。

勝敗に極端に一喜一憂しても仕方が無いのですが、怪我人の影響とうのが出てしまうといつ戻ってくるのかと、そればかり気になりますね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン12戦目

マジック128-112サンズ

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG テレンス・ロス
SF エヴァン・フォーニエ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

ペイトンが戻って来て2連勝して、あっさり勝率5割をきってしまうんじゃないかという心配も棚上げ、今シーズンのマジックはやっぱり違うんじゃないかと期待を改めて高めています。

まぁペイトンは戻ってきたとは言え、まだまだハムストリングの状態が気掛かりなのは変わりないらしくて、いつまたお休みするかと不安要素ではありますけれども、今日は大量リードもあり無理させなくてすんで良かったですね。

アーロン・ゴードンは22点7リバウンド3アシスト1スティール1ブロックFGも7/9、3Pも2/2と決めていますが、これでフリースローが6/11と残念な数字でなければ本気で大絶賛したくなる感じ、決めきれていないとはいえ、マジックはフリースロー試投数を稼げなくて勝ちきれなかったという側面もあるので、まずはそこも上積み出来たと良い方向に考えておきましょう。

ヴチェヴィッチ19点7リバウンド2アシスト1ブロック、フォーニエは3Pを7本全部外すというらしくない事をしていますが、それでも14点1リバウンド4アシストと悪かったとしても一定以上は何とか出来るフロントコート陣というのは信頼性を高めていますし、逆に安定感は求めてはけないロスも今日は当たりの日で3Pを4/3決めるなどして17点4リバウンド2アシスト2スティールと楽勝と言っても良い試合ですから一定以上の活躍はできていますね。

ベンチもジョナソン・シモンズがすっかり6thマンが板に付き17点3リバウンド1アシスト2スティール、ルーキーのジョナサン・アイザックも11点6リバウンド1アシスト1スティール2ブロックと、もっと適応するのに時間がかかると思っていたので、良い意味で期待を裏切っていますね。

これから頑張ってもマジックの未来にどれだけ関わってくれるのか未知になってしまっているクロアチア代表の6thマンのマリオ・ヘゾニアも7分の王令で5点3リバウンドと悪くは無い、改めて昨シーズン干しまくらなければ、契約のオプションもなぁって思わずにはいられないですね。

まぁ作シーズンと比べてほぼほぼ毎試合出てくれているのでそこは良いのですが。

とりあえず、1度負けたらそのままずるずると負けが続くという事にならなくなったというチームの成長が一時的なものではないと安心するには、まだ試合数が少ないのですが、それでも今年は違うと信じるに足るだけのものは出ていますね。

サンズはアレックス・レンが21点13リバウンド1アシスト2ブロックとついにウクライナの巨人が覚醒するのでしょうかね、MIP無謀枠扱いにした事は無謀枠として反則じゃないかとなるのでしょうか?

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム