今日のNBAマガジン 6月号

2016-17シーズン最後となるNBAマガジンが放送されました。

ゲストはほぼ準レギュラーの松井啓十郎選手。

まずはファイナルですが、ウォーリアーズ優勝予想があたってウッキウキの松井啓十郎と、キャブスを優勝予想していたMC陣の水野裕子と塚本さんとの対比が予想出来る事態でしたけれども、予想通り過ぎ。

1戦目ケビン・デュラントが前半だけで23点、レブロン・ジェームズを手玉にとって38点の大活躍。

2戦目、スティーブ・カーHCが戻って来て、ステファン・カリーがトリプルダブルの活躍などによりホームで連勝。

3戦目初めて劣勢に立たされたウォーリアーズ、デュラントにボールを集め劇的なシュートを決めて優勝に王手。

ケビン・デュラントは今まで大舞台で力を出せず、Mr.Unreliableと呼ばれても来たが、サンダー時代は自分がやらねばと重荷になっていたのが、ウォーリアーズでは周りにフィットすれば良いとなったのが大きいのではないか。

4戦目レブロンがトリプルダブルを達成しキャバリアーズが一矢報いる。

5戦目デュラントが前半21点とって突き放し最後までデュラントが引っ張りウォーリアーズの優勝。

MVPはデュラント。

Re:FOCUSのコーナーではデュラントの加入はとても大きかった。

デュラントとカリーの速攻を止めるのは難しい。

デュラントの流れの中で相手を操る高度なテクニック。

ウォーリアーズのプレイオフ1試合平均得点昨シーズン107.7から今シーズン119.3へ。

NBAに新たなチームスタイルを作りだした。

ルーズボールNBAのコーナー。

オールスターゲーム大改革、新ルールの候補、4ポイントシュート、キャプテンによる先発指名など。

ウォーリアーズのシャンパンファイト1本13万円×150本。

東京オリンピックから正式種目になる3×3にカイリー・アービングが出場か?

塚本さんはポルジンギス推し、松井啓十郎はデュラント推し。

移籍の噂、ポール・ジョージ、クリス・ポール、カーメロ・アンソニー。

NBAアウォーズ予想

新設された賞

ダンク・オブ・ザ・イヤー、ラリー・ナンスJr、ヴィクター・オラディポ、ザック・ラビーンの3つの映像から、ナンス2票、オラディポ1票。

最優秀ヘッドコーチ、マイク・ダントニ予想。

MVPはラッセル・ウェストブルック、ジェームズ・ハーデン、クワイ・レナードと候補3人が見事に割れる。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック ドラフト指名

ということで、NBAドラフトが今日行われたということで、マジックネタだけでひとまとめ。

6位指名でジョナサン・アイザック指名。

まだドラフト順位が決まる前から、大体マジックが指名できそうなあたりに予想で名前がうろちょろしている中で、早い段階で目をつけていたのがアイザックでしたので、かなり喜んでいます。

地元フロリダ州立大ということで人気者になるでしょうし、環境に慣れやすいというのもあるだろうというのがありますが、私にとって分かりやすすぎるポイントは髪型がぱっと見で分かりやすい!

是非、エルフリッド・ペイトンと一緒にコートに立っていて欲しいというのが大きいですね(どうせいつもそんなレベル)

あと、噂に上がるのがアイザック以外だとワークアウトに参加したというので取り上げられたりしたのが、デニス・スミスやマリック・モンクと個人的に食指が動かない選手だったというのがありますかね、まぁ共にベンチスコアラーとしてならばマジックに足りないところを補えるかもと仮に指名したとしたらば受け入れる気持ちはありましたが。

ただ、アイザックはどうにも戦が細いにも程があるというのが気掛かりな点ですね、ぶつかり合いに全く勝てそうも無い細さが果たしてどうなるのかですね、何とかがっつりと体を作ってサイズのあるSFとして、スコアラーになってくれるのならばマジックとしても助かるのですが、即戦力というよりも2年後までは我慢してしっかりと伸ばしてくれればなぁって。

25位で指名したのがアンジェス・パセチニクス。

ラトビアの巨人7フッターを超える選手となると貴重ですし、ラトビアはクリスタプス・ポルジンギスの大ブレイクだけではなく、ダービス・バータンズがスパーズでロールプレイヤーとして、ルーキーながらも嵌まっていたので、リトアニアに続くバルト三国はバスケット強国という流れになっていて、密かに気になっていたプレイヤーなだけに、マジックが指名しているというので、喜びかけたのですがシクサーズの2020年の1巡目指名権と2巡目指名権と2つの指名権とトレード。

まぁマジックにはニコラ・ヴチェビッチとビスマック・ビヨンボとセンター2人がしっかりいて、昨シーズンの2巡目指名のスティーブン・ジマーマンとセンターは足りているというのはありますが、やはりパセチニクスは出さないで欲しかったですねぇ、去年のドマンタス・サボニスに続いて2年連続でバルト三国のビッグマンは指名だけして即トレードになってしまいましたねぇ。

33位指名でウェスリー・アワンドゥ。

カンザス州立大学の4年生のスイングマン、ディフェンスに定評があるということで、ベタなエースストッパーとなることを期待されているということですね。

2巡目指名ということですが4年生というのが順位の低さに直結しているということですし、4年までやっていたからこそ、ロールプレイヤーとして適応しやすい可能性も高く、拾いものになってくれると嬉しいなぁと。

35位指名でアイバン・ラブを指名しましたが、グリズリーズの2019年の2巡目指名権と交換。

一昔前のベタなブルーカラー系のPFと、個人的に嬉しくなってしまうような選手のようですが、放出してしまいました、パセチニクスといいラブといい指名したインサイドの2人は放出したという事は、ルーキーのインサイドは今はいらないという事なんですかね?

とりあえず、ドラフトを踏まえた上でどう補強し、どうチームバランスをとるのかは注目ですね。

今年は昨シーズンと違って、頭を抱えながらどうやってポジティブに解釈すれば良いのか悩まずに済んで助かりました。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のドラフトとトレード

今日はNBAのドラフト会議ということで、新人選手の指名と同時に絡めたトレードが行われました。

とりあえず、ドラフト上位の方の簡単な感想とトレードについてまとめておきますが、マジックは別枠で。

1位 シクサーズ マーケル・フルツ
2位 レイカーズ ロンゾ・ボール
3位 セルティックス ジェイソン・テイタム
4位 サンズ ジョシュ・ジャクソン
5位 キングス デアーロン・フォックス
6位 マジック ジョナサン・アイザック
7位 ウルブス→ブルズ ラウリ・マルカネン
8位 ニックス フランク・ニリキナ
9位 マブス デニス・スミス
10位 キングス→ブレイザーズ ザック・コリンズ
11位 マリック・モンク

1位は順当にマーケル・フルツでした、フルツを指名するためにシクサーズはドラフト前にセルティックスとトレードをしたわけですし、シクサーズには空いているPGのポジションを埋められるし、セルティックスはフルツが今ドラフトで図抜けた存在であるからこそポジションが埋まりきっているからといって指名回避だけするのは勿体ないという事でしょうからね、フルツの問題点は大学が強くなくてNCAAトーナメント出場できなかっただけではなく、大学で勝利経験すら積み上げられなかったという事くらいらしいですから・・・シクサーズでも勝利経験の無いチームだからそのまま泥沼に沈んでいくとかだけが怖い事ですかね。

2位もある程度既定路線というか、実力は全く問題ない大型PGのロンゾ・ボール、レイカーズじゃなければ嫌だと親父が揉めていたというのもあり、よそのチームもロンゾが上手く収まってくれて安心しているんじゃないかと邪推(苦笑)

まぁレイカーズもドラフト直前にトレードでディアンジェロ・ラッセルを放出していますし予想を裏切ることは無かったですね、とにかく選手本人よりも親父が面倒臭いというのがどうなるか。

3位のセルティックスはPGが豊富といわれる今年のドラフトであっても上位3人がPGというところまでではないということで、指名したテイタムか同じSFのジョシュ・ジャクソンかどちらかだろうと予想されていましたが、テイタムの方を指名しまいたね。

デューク大というだけで派手な活躍よりもチームプレイヤーとして重宝される存在になるんじゃないかと勝手に思っていますが、今のセルティックスだと、そういうプレイヤーの方がはまりそうですよね。

サンズは身体能力系ディフェンダーという評価のあるSFのジョシュ・ジャクソンを指名ということで、まぁサンズは今ディフェンスが壊滅状態になっているので、そこを改善したいというのもあるでしょうし、予想時期によっては2位指名もあるんじゃないか説もあったジャクソンが4位でとれたのは喜んでいるんじゃないですかね、現段階ですとSFが補強しないといけないポジションでもありますからね。

キングスはデアーロン・フォックスということで、完全に再建期に入ったキングスですから、どこのポジションから手をつけても良いんでしょうが、ダレン・コリソン、タイ・ローソンと中堅からベテランに差し掛かっていて、なおかつスターターとして任せるには伸びしろが完全になくなっているPGを2人抱えているチーム事情から考えると、PGが豊作という流れに乗っかるのは自然ですかね。

ケンタッキー大学のPGというと、ワン・アンド・ダンを前提にその年の有力な選手を引っ張ってきているという流れが出来上がっているので、少なくとも素質は大学入学前にはトップレベルと考えて問題ないでしょうから、5位指名でも儲けもの扱いになってもおかしくはないんじゃないかと。

マジックのジョナサン・アイザックはドラフト直前の予想でほぼガチガチになっていて予想通り、別枠で。

マルカネンはウルブスからトレードでブルズへ、期待の若手だらけで勝ちきれていないウルブスだと、プレイタイム配分で上手くいかない可能性もあったので、ブルズへのトレードはブルズが再建期に入るにしても悪くは無さそうですね、ただニコラ・ミロティッチにも似ているタイプという評価があるのでそれがどうなるか。

ニックスはフランス人PGのニリキナを指名、サイズのあるPGであり、アメリカはNBA入りで初めてというのがどうでるのかというのはありますかね。

本人がどうこうというよりもニックスが現段階でチーム作りの上で、クリスタプス・ポルジンギスやカーメロ・アンソニーをどうするのかなどなど揉めていたりしているので、どういう役割が振り分けられるのかも予想がつかないので何とも言えませんが、いろいろと大変なチームに指名されたよねと。

マブスは身体能力系のPGのデニス・スミスの指名、元々PGを補強ポイントとしているという話でしたのでPGを指名するのは驚かないですが、デニス・スミスは指名がもう少し上なのかなぁという予想が多かったですよね、単にマジックも呼んで動きをチェックしたりもしていたようですし。

予想よりも上位指名にならなかったのは、攻撃型PGとしては身体能力頼り過ぎてジャンプシュートがそれほどでも無いという事で今時の流れに逆らう一昔前の派手な選手という扱いになっているからでしょうか?その偏見はドラフトネットで似ている選手がバロン・デイビス、スティーブ・フランシスとなっているのが根拠という適当なものですが(苦笑)

キングスが10指名したザック・コリンズはトレードでブレイザーズへゴンザガ大学ということで、かつてはジョン・ストックトンだけがNBA選手としては突出して知られていた存在でしたが、最近は八村塁の影響で日本でも知名度が上がっていますかね、とりあえず活躍して名を馳せてくれると八村絡みで日本では大きく扱ってもらえるんじゃないかなぁと思ったり。

ブレイザーズは今後補強でどうなるかは分かりませんが、現段階ですとユスフ・ヌルキッチやマイヤーズ・レナードというビッグマンがいますが、なかなかフルシーズン出続けない選手だったりするので、早めからチャンスが与えられそうですよね。

10位まで触れようかなと思っていましたが、マリック・モンクが11位まで残っていたので。

この選手も一時マジックが指名するという予想に入っていたりもして気になっていたプレイヤーですが、やはり小さなSGというのが10位以内から落ちた理由ですよね。

まぁケンタッキー大学というだけで、高校まではすごく高い評価を受けていたんじゃないかと思ってしまう位なので、たぶん素質はあるんだと思います、使い勝手は悪そうですが、上手くベンチスコアラーとして嵌まれば、そういう役割が欠けているホーネッツは大喜びでしょうね。

トレードネタとしては

ペリカンズがウィザーズから52位指名権を得てエドモンド・サムナーを指名
ウィザーズはペリカンズからティム・フレイジアー獲得

正直、影響がどれくらいあるのか分かりません(苦笑)

ブレイザーズがキングス10位指名のザック・コリンズ獲得
キングスはブレイザーズの15位指名ジャスティン・ジャクソンと20位指名のハリー・ジャイルズ獲得

ザック・コリンズは既に触れたので、キングスはノースカロライナ大のSFのジャスティン・ジャクソン、デューク大のCハリー・ジャイルズと名門大学から2人を引っ張ってくる事になりましたね。

名門ということで、勝ちに繋がるようなノウハウを持っているというのがキングスの願いでしょうかね3人1巡目指名ルーキーを手にすることになるわけですが主軸狙い1人とロールプレイヤー2人とかが嵌まると低迷からの脱却は見えるかもしれないですね。

ブルズがウルブスから7位指名のラウリ・マルカネンとザック・ラビーンとクリス・ダンを獲得
ウルブスがブルズからジミー・バトラーと16位指名のジャスティン・パットンを獲得

今日一番のニュースはこれでしょうね!

ジミー・バトラーがブルズから出るかもという噂レベルは昨シーズン中にもありましたし、オフの間にもフロントと話し合ったというのもありましたし、そのフロントとの話し合いで上手く折り合わなかったということにもなるのでしょうかね。

ジミー・バトラーも優秀な選手ですが、性格的にはちょっと面倒臭い所もあるというような面が出てきていている感じにはなっていましたが、結局ブルズはバトラーのチームで上を目指すことは諦めたという事ですね、まぁブルズはHCをフレッド・ホイバーグに交代してから迷走していましたからねぇ・・・

バトラーとしてもいろいろと仕切り直しをするには、交代前のブルズHCであり現ウルブスのHCのティム・ティボドーの下でプレイする事は悪くないでしょうし、ウルブスとしても期待の若手が揃っていながらも勝ちに繋がらないという状況から乗り越えるには勝ちを知っている選手がやってくるのは悪いことでは無いでしょう。

まぁ、理想としてはドラフト1位指名で新人王経験者のアンドリュー・ウィギンスとカール・アンソニー・タウンズがしっかりとチームの顔として勝てていて欲しかったのでしょうが、残念ながら勝ちにまでは繋げられていませんでしたしね。

バトラーが入ることによってチーム内の序列変更がどう影響するのかともども注目度はあがりそうですね。

ブルズはザック・ラビーンとクリス・ダンという2人の若いガードを手にしたことになりますが、ダンクコンテストで圧倒的な身体能力を見せつけていながらも、昨シーズン中怪我で離脱してしまい、それがどこまで戻せるかというラビーンと、昨シーズンのルーキーで、ダンがいればリッキー・ルビオを出していいんじゃないかという話しにまでなりながら、実際のゲームではルビオのプレイタイムを削るというまでには全くならなかったダン、どちらも素質の高さはありながらも、チームの勝ちに繋がるようなものは見せていない選手が移籍を機にどうなるかは気になりますね、特にラビーンは怪我の具合がどれだけ良くなっているのかというのと、結局ポジションはガードのどちらにするつもりなのかとか、ウィギンズとダンクダンクコンビを解散した事によって得点を狙える扱いになれば一気にブレイクするのではないかとか、いろいろと思うものはありますが、ブルズがこのトレードを機にどれだけチームをいじるつもりなのかがはっきりしないことには・・・

ジャズはナゲッツから13指名のドノヴァン・ミッチェルを獲得
ナゲッツはトレイ・ライルズと24位指名のタイラー・ライドンを獲得

ジャズは小さなSGのドノヴァン・ミッチェルを得るために、そこそこやっていたビッグマンのトレイ・ライルズとPFのタイラー・ライドンの指名権を放出したことになりますが・・・互いにこのトレードだけを抜き出して狙いを考えても今ひとつ分からないですねぇ。

ジャズの場合は↓に狙いの1つは分かりますが。

言えることは日本語表記だとトレイ・ライルズとタイラー・ライドンは似ていないですが、英語表記だとTrey LylesとTyler Lydonですからぱっと見嫌がらせだとしか思えない(苦笑)

ジャズはレイカーズから28位指名のトニー・ブラッドリーを獲得
レイカーズはジャズから30位指名のジョシュ・ハートと42位のトーマス・ブライアントを獲得

センターのノースカロライナ大のトニー・ブラッドリーを得たということで、インサイドは本職センターが欲しかったという事でしょうかね。

レイカーズは若干質より量に寄せたかったという事でしょうかね、正直このくらいの指名順位になると当たれば儲けものですからねぇ。

ウォーリアーズはブルズからジョーダン・ベルを獲得
ブルズはウォーリアーズから現金獲得

2巡目指名ですから、どこまで影響があるのか分かりませんが、とりあえずブルズがジョーダンと名の付く選手をとるのは、いろいろとプレッシャーになるでしょうからねぇ(笑)

ペイサーズはペリカンズから52位指名のエドモンド・サムナー獲得
ペリカンズはペイサーズから現金獲得

ペリカンズはホーネッツから31位指名のフランク・ジャクソン獲得
ホーネッツはペリカンズから40IS名のドゥエイン・ベーコンと現金獲得

グリズリーズは45位指名のディロン・ブルックス獲得
ロケッツはグリズリーズから将来の2巡目指名権獲得

クリッパーズはバックスから48位指名のシンダリウス・ソーンウェル獲得
バックスはクリッパーズから現金獲得

ドラフト当日のトレードとしては大物絡みはバトラー絡みだけ、2巡目指名選手のトレードとかですと、正直何の意味もなさないものもあるので分からないですねぇ。

今年の下位指名で絶対に頭の片隅に入れておかないといけないのは、やはり下位指名といえばスパーズということで29位指名のデリック・ホワイトですかね、コロラド大学で4年までやっていたということで、スパーズで立派にロールプレイヤーに成長しそう。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のトレード

NBAはドラフトが今週現地で木曜日に行われますが、それを踏まえてのトレードが決まったということで。

1つ目は
レイカーズがネッツからブルック・ロペスとドラフト27位指名権獲得
ネッツがレイカーズからディアンジェロ・ラッセルとティモフェイ・モズコフ獲得

レイカーズは2年前のドラフト2位指名選手であるディアンジェロ・ラッセルを放出ということで、今年の2位指名はガード指名(たぶんロンゾ・ボール)という事でしょうね、若い選手同士でポジションを被せると失敗することが多いのもありますし、ラッセルが期待ほど活躍していないのと同時にSNSでチームメイト相手にやらかしてしまったりとで、正直他のチームに行って心機一転やり直した方がまだ良さそうというのもあるのでしょうかね、ネッツならばプレッシャーなく弱いチームのエースとして当確を表しやすいかもしれないですね、それが良い事なのかは分からないですが。

まだ未来があるラッセルを出すから、ついでに不良債権処理も引き受けてというのが、モズコフですね。

レイカーズはオフに日本に来て秋葉原や三鷹に出没するのがお決まりになっているブルックを獲得ですが、能力に期待してというよりも契約があと1年というのでそれ以降の補強をスムーズにするためと、同時にベタで一定以上の能力のあるセンターがいて損は無いというのとでしょうね。

伝統的にレイカーズは優勝する時、圧倒的な支配力のあるセンターが中心としていることの多いチームではありますが、今の時代は必ずしもそれが必要ではないかもしれないですし、ロペスは悪いセンターではないのですが、いかんせん何故そんなにリバウンドを拾わないという分かりやすく残念なところのあるプレイヤーですからね、まあ将来へのつなぎ目的でしょうし、それをロペスが復すことが出来るかどうか。

大学時代カリフォルニア州にいましたし、西に移って何か上手くいくと良いですねと。


ホーネッツはホークスからドワイト・ハワードとドラフト31位指名権獲得
ホークスはホーネッツからマイルズ・プラムリーとマルコ・ベリネリとドラフト41位指名権獲得

ドワイトはねぇ・・・かつてマジックでこの世の春を謳歌していたと言ってもいいくらい特別で支配的で陽気で人気者なオールNBAチームにいて当たり前過ぎるセンターだったのですが、マジック在籍末期から始まったいわゆるドワイトメア騒動をきっかけに、陽気で人気者というキャラクターを失い、怪我によって圧倒的な支配力も失い、それでも過去の栄光と、まだ衰えたと見限るには若すぎる年齢もあって、復活を期待され続けてはいるのですが・・・レイカーズではそれまで当たり前だった主役の座に座れず、怪我もあって何もできず、移ったロケッツでも走りまくるチームスタイルと、やはり主役の座にはジェームズ・ハーデンがいて主役になれずに復活できず、ようやく故郷のアトランタに戻って来たホークスで今度こそ完全復活かと思われましたが・・・

結局、かつての圧倒的な存在感が無くなったどころの話では無く、普通のオールスター未満のレベルのセンターに落ち着いてしまい終盤の勝負所でコートに立っていなかったりで、全盛時のような数字を残す試合はあるものの、安定感はなくなったままであって、アル・ホーフォードの穴を埋めるという期待には応えられなかったわけですが、それにしてもあっさりと1シーズンで放り出されてしまったなって。

ドワイトに関してはマジック時代本気で応援していた選手であり、マジック終盤は残念な気持ちにさせられましたが、シャキール・オニール、ペニー・ハーダウェイと生え抜きの特別な選手が残念な別れをするという前例もあり、どこかしら仕方がねぇかと思ったりもしましたが、ここまで順調に右肩下がりになっていくとは思わなかったですねぇ・・・結局ロールプレイヤーに変化も出来ていないですし、どうなることやら。

ホーネッツにいってマイケル・ジョーダン社長に一喝されて復調とか・・・ホーネッツが選手再生工場と化しているという話も無いですしねぇ・・・

ホークスはプラムリーとベリネリというロールプレイヤータイプの方がチームに馴染みそうな気はしますが、プラムリー兄弟は本当にチームをころころ変わるのやめて欲しい、未だにメイソンとマイルズはどっちが上でどっちがどういうチームに所属していたのか混乱するんだから・・・

マイルズはプラムリー3兄弟の長男でペイサーズ、サンズ、バックス、ホーネッツと渡り歩いて次はホークスでありサンズに移籍してスターターになってプチブレイクをしたり、昨オフにバックスでバブル契約の波にのって恩恵を受けたんでしたっけね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のドラフト権トレード本決まり

昨日、ある程度信憑性があるという扱いではあるものの噂段階であった、ドラフト1位指名権のトレードが合意に至ったようですね。

これでセルティックスは今ドラフトは3位指名、来年のレイカーズの1巡目指名権が条件付きで、条件によって情とされない場合は19年のキングスの指名権という若干面倒臭いもの。

シクサーズは今ドラフト1位指名権ということで、これで2年連続で1位指名権を獲得という事になりました。

ついでに、これによって2年連続でシクサーズ、レイカーズ、セルティックス、サンズと4位まで同じ流れになったという事ですが・・・あまり去年のドラフト1位から4位までって恩恵を受けていないような・・・まぁ1年で結果が出るものではありませんが、期待のルーキーが1年目から大活躍してチームを一変させるという、応援する側のワクワク感は皆無であったことは確かですね。

私はとりあえず、今年の6位指名が大成功すればそれだけで良いですが。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム