今日のユーロユーロバスケット 3位決定戦 決勝

スペイン93-85ロシア

スペインがパウ・ガソルの26点10リバウンド3アシスト1スティール3ブロック、マーク・ガソルの25点4リバウンド1アシスト1スティール1ブロックというガソル兄弟の活躍でチームを牽引して銅メダル獲得。

兄のパウの方は年齢的にそろそろという扱いになったりしますが、未だ衰えずという事ですし、個人的にはインサイドが得点を牽引するというのが嬉しくなったりしますね。

ベンチからはセルヒオ・ロドリゲスが16点9アシスト3スティールと起爆剤になっていますし、何だかんだと今のスペインがメダル獲得圏外になる事は無い強さですね。

ロシアもアレクセイ・シュベドが18点1リバウンド3アシスト1スティールとチームで一番頑張ってはいるはずなのに、+/-で-16とチームで一番マイナスになってしまうという悲しすぎる数字があったり。

ベンチスタートですが、ティモフィー・モズコフが14点10リバウンドとこっちもベタなセンターが奮闘しているで、これはこれで嬉しかったりはします。


スロベニア93-85セルビア

スロベニアが優勝しましたが、この大会優勝したからというだけではなく、完全にスロベニアのための大会であった感満載でしたね。

ゴラン・ドラギッチが35点7リバウンド3アシスト2スティールとエースとしてしっかりと結果を出しましたが、それ以上に18歳の若者ルカ・ドニッチが8点7リバウンド2アシスト1スティール1ブロックという数字上はこの試合では大活躍とはいえないものの、コースト・トゥー・コーストのダンクを決めるという心臓の強さ。

バスケットボール界としても新たなヒーロー誕生した大会という扱いにしてもいいんじゃないかくらいのものですよね。

あまり過大なものを背負わせてプレッシャーに潰されてしまうと困りますが、少なくともスロベニア国民は優勝したと同時に未来まで楽しむ事が出来てウッキウキじゃないかなぁと勝手に思ったりしています。

セルビアもボグダン・ボグダノビッチが22点4リバウンド5アシストと大活躍をしてみせたのですが、この大会はスロベニアが持っていた感が強いですよね。

旧ユーゴスラビアの決勝でしたが、かつての血腥い争いとは違い、こういう争いならばいくらでもガチでやって貰っていいですよね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のユーロユーロバスケット セミ・ファイナル ロシアVSセルビア

ロシア79-87セルビア

セルビアが勝って決勝はスロベニアと旧ユーゴスラビア決戦という事になりましたね。

ボグダン・ボグダノビッチが24点3リバウンド4アシスト2スティールとチームを牽引し、ベンチスタートのボバン・マリヤノビッチが18点6リバウンド4アシスト1ブロックとゴール下で巨人ぶりを遺憾なく発揮した形になりました。

ボグダノビッチは25歳という年齢的にも選手として勢いが増している感じがしますね、元々しっかり存在を知っているから、そう思うだけかもしれないですが。

負けたロシアですが、アレクセイ・シュベドが33点2リバウンド5アシストとエースっぷりを発揮、ティモフィ・モズコフが11点9リバウンドと知っている選手が頑張っていたのですが勝ちきれなかったですね。

シュベドは、国際大会での活躍から目をつけていたので、改めてNBAで活躍出来なかったのが不思議で仕方が無いんですよん。

この大会でモズコフも活躍が目立っていたので、実力云々よりも上手く役割が与えられるかとか、自分にあう戦術かどうかという方が大きいんだろうとは分かりますが。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のユーロユーロバスケット セミ・ファイナル スペインVSスロベニア

スペイン72-92スロベニア

マジックの選手がいなくなったということで、ユーロバスケットの結果だけはチェックしながらも書かないできたのですが、予想していなかった結果に驚いてしまったので。

正直スペインは知った名前も多いというだけではなく、チームとしての実績もありますし流石に決勝進出するだろうと予想していたのですが、この大会で勢いを感じていたとはいえスロベニアがそのまま勝ちきるとは驚きですね。

エースPGのゴラン・ドラギッチは15点6リバウンド5アシストと決して突出した活躍というわけでは無かったものの、アメリカ人からスロベニア人となったばかりのアンソニー・ランドルフが15点3リバウンド2アシスト3スティールとスロベニアの人達から見ると、よくスロベニア国籍を取得してくれたと喜んだことでしょうし、スロベニアの希望ルカ・度ニッチは11点12リバウンド8アシストと18歳とは思えないほどオールラウンドに大活躍とスロベニアはこれは盛り上がるよねって。

旧ユーゴスラビアとなると、スロベニアもそれなりに成功しているとは思いましたが、セルビアとクロアチアの二国と比べると、その下くらいな印象できただけに、いろいろと歴史的瞬間なんじゃないかと思わずにはいられないですね。

この大会の結果だけで云々はないですが、来年のNBAドラフトでの評価はかなり上がりそうですが、どうですかね?通常サイズのヨーロッパ系のSGですから、どう扱われるのか今ひとつ分からないんですよね。

スペインは大ベテランのファン・カルロス・ナバーロ、ガソル兄弟と実績十分な選手を軸に、若手のエルナンゴメス兄弟とバランス良く配置しているように見えましたが、残念ながら決勝進出ならず。

中堅として良い働きをしていたように見える、かつてのスペインの至宝リッキー・ルビオが13点2リバウンド3アシストと、こういう試合でチームを牽引できず、わりかし苦手にしているシュート率も今大会は改善されているかなという印象もありましたが、ノックアウトステージに入ってから、もう一歩感がありましたし、この試合も3Pが1/6と残念な結果。

敗北の要因をルビオにおっかぶせるのは正解では無いと思いますが、期待の若手から今ひとつ上の選手になりきれていないのはこういう所にあるのかなぁって。

元の期待値が高い選手だから必要以上に厳しい目で見る事になっていますし、それこそ怪我をくりかえしたりと、伸び悩んでいるように見える要因もはっきりとはしているんですけれどもね。

これでスロベニアの決勝の相手はロシアとセルビアの勝者ということになって、決勝はスラブカラーな国旗が並ぶという事が決定ですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック ユーロユーロバスケットラウンド・オブ・16 ラトビアvsモンテネグロ

ラトビア100-68モンテネグロ

モンテネグロ代表がどこに目標を置いていたのかは分かりませんが、過去の実績で強豪だったという記憶がない国ですので、ベスト16まで残ったというだけでも実は良かったのかもというのが実情かもしれないですし、ラトビアは今十分強豪扱いされるに足るチームになってきているというか、実質右肩上がりの時期なんだろうなといのと両方でしょうかね。

我らがニコラ・ヴチェヴィッチは16点9リバウンド4アシスト、FGも7/15と手放しで褒めるまではいかないものの、まぁ負け試合の中では頑張っていたとは言えますかね。

ただ、この負け試合で頑張ってるという経験値だけはマジックで積み重ね続けているので、なんとか番狂わせという経験を積んで欲しかったんですよね。

負けたらおしまいというプレイオフのような緊張感は、マジックで経験出来ていないですからねぇ・・・

これで、フランス代表も負けているのでマジックの選手はユーロの出番は終了。

モンテネグロ代表はともかく、フランス代表はベスト8以上にならないと失敗扱いの国だと思っていただけに、勝ちを経験しきれなかったというのが痛いですねぇ・・・

ラトビアはクリスタプス・ポルジンギスが19点6リバウンド3アシスト2ブロックと安定して活躍、ヤニス・ティマが21点5リバウンド6アシスト2スティールと大爆発とダービス・バータンがベンチスタートで5点3リバウンド2アシスト程度でも十分強いというのがラトビアって層が厚いんだねって。

果てしなくどうでもいいですが、背番号8がダービス・バータンで背番号9がダリス・バータンとダービス・バータンの兄でスタッツをチェックするとなると両方ともD. Bertansになるのは本当にやめて欲しい・・・

NBAを見ていて思うのですが、兄弟で似た名前って結構いますし、それこそイニシャル一緒というパターンが多くてややこしくて困るのですが、家族で生活している時に面倒じゃ無かったんですかね。

本当にマイルズ、メイソン、マーシャルのプラムリー3兄弟とかさ・・・そういや長兄のマイルズは最近マリファナ所持で逮捕されたりしていましたなぁ・・・デューク大学なんて名門大学を出ていても、そんな犯罪に手を染めるんだなぁっていうのは、学歴と犯罪は別に関係ないという事なんでしょうがね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック ユーロユーロバスケットラウンド・オブ・16 ドイツvsフランス

ドイツ84-81フランス

というわけで、ベスト8進出を賭けたノックアウトステージ初戦、フランスはドイツに敗れてしまい終了。

我らがエヴァン・フォーニエは3Pを3/8と決めて27点3リバウンド2アシスト4スティールとスコアリーダーなだけではなく、フランス代表のエースとしてふさわしい活躍を見せるものの試合は敗戦。

こういう、接戦はするけれども、活躍はするけれども、結局勝てないよねっていうのはマジックではよく見ることだっただけに、フォーニエが大活躍してなおかつ試合にも勝つという経験を多く積んできて欲しかったのですが、残念ながらそうはならず。

フランス代表で一番大舞台を経験し逆に重要なところで存在感を発揮する術をもっているボリス・ディアウも15点9リバウンド5アシスト1ブロックと奮闘したのですが、それでも勝てずで、フランス代表はメンツを見ると知っている選手が多いというせいもあるのですが、ここで負けるようなチームではないよなぁとは思いますね。

ただ、ディアウは+/-を見ると4とプラスになっていて、このスタッツは単純にその選手がいるから良いのか悪いのかを表しているというわけではないというのであったとしても、どうしても、これが勝ちを経験してきている選手の力かと思わずにはいられず、フォーニエが-5となっているのも、本当の意味で勝ちに繋げられるプレイヤーにはなっていない事なんだよなぁって考えさせられますね。

ドイツはデニス・シュルーダーが21点4リバウンド8アシスト2スティールと、戦前にフランスは抑えるのに苦労するんじゃないかと予想したとおりの活躍。

ただFGは5/15と確率は悪かったのでフランスもしっかり対策はしてきた結果ともなるんでしょうが、やっぱり率が悪くてもチームを引っ張る存在という事でしょうね。

さらにベントにスタートのダニエル・テイスが22点7リバウンドとしっかりとチームの起爆剤になっていますし、これが勝敗を分けた事になるんですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム