今日の契約

NBAの契約、どの情報を拾ったのか、自分でも分からなくなってきているというのと、基本大勢に影響無しみたいなものが増えてきて、報道しない自由を使ってもいいんじゃないかという感じですが、自分でもどういう動きがあったのか覚えておくためにもまだ続けておきましょう。

ジャズがロイス・オニールと契約

昨シーズンはスペインリーグでやっていて、サマーリーグ参加から契約まで持ってきたという事ですが、契約内容が未発表とかもあり、そろそろキャンプ期間中のお試し契約系と理解しておけばいんですかね?

グリズリーズがマリオ・チャルマーズと契約

アキレス腱断裂して、そのまま怪我人でロスター枠を埋めていられなかったグリズリーズから解雇されて1シーズン半ぶりに契約まで持ってきたというか、怪我の影響を払拭するのにそれだけかかったという事になるのでしょうが、怪我の状態とブランクを克服できるかどうかでしょうね、優勝経験者でもありますし、勝負所でそれなりの結果も出していますし、ロールプレイヤーとして復活できれば面白い存在であることは間違いなしですね。

セルティックスがシェーン・ラーキン、グーション・ヤブセレ、ダニエル・テイスと契約

2016年の16位指名のヤブセレはルーキー契約となりますが、ラーキンとテイスはお試し契約っぽいですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の契約

NBAもまだまだ大物のトレードの話は出ていますが、FA選手の契約は微調整段階になってきていますねぇ。

ジャズがヨナス・ジェレブコと2年820万ドルで契約

ジャズはづしてもアメリカ人選手には土地柄居着いてくれないというスモールマーケットの悲哀を味わい尽くしていますが、直近でゴードン・ヘイワードがセルティックスに移ってしまいましたが、そのセルティックスから、ジェレブコを引っ張ってきましたね。

スウェーデン人初のプレイヤーで、プレイスタイルも個人的に注目したくなるインサイドの選手ということで、常に気にかけている選手ですが、勝手にジャズでは歓迎されるんじゃないかなぁって思ったりしますね、ディアウが抜けてインサイドが手薄になりましたしスモールマーケットだからといってチームに嫌気がさすとかないでしょうしね。


セルティックスがポール・ピアースと1日契約

長らくセルティックスの顔としてプレイしていたピアースが引退する時のチームはセルティックスでということのために1日契約という事ですが、アメリカらしいなぁと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の契約

昨日チェックを怠っていたNBA契約。

ペリカンズがレイジョン・ロンドと1年契約で合意

ロンドの場合は実力云々ではなく、人間としてチームにフィットできるかどうかという、面倒臭い選手になってしまっていますからね・・・実力の方も、今のNBAはスコアリングPGが潮流になっていて、3Pで得点を稼ぐ選手の方が、アシストしまくるというベタに司令塔タイプのPGよりも好まれる傾向が出来つつあり、そういった時代に迎合しないタイプが迎合しないで信念を貫き続けられるのかどうかという事になってもいますが、ロンドの場合はそれよりも結局は人間として面倒臭い選手という評価そのものをどうにかする必要性がありますからねぇ・・・まだ衰えるような年齢ではないのに1年契約しか決まらないあたり、まだまだがっつり貼られたレッテル剥がしは大変でしょうねぇ。


ロケッツがルーク・ムバムテと契約合意

オフェンス時にボールが偏るロケッツでは、昨今珍しくなっているディフェンス専門選手は居心地が良いという可能性は高いですかね。

とりあえず、今オフのロケッツはチームを別物にどんどんしていっている感が強いですなぁ。


セルヒオ・ロドリゲスがチェスカ・モスクワと契約

昨シーズン2009-10シーズン以来のNBA復帰をしていたロドリゲスでしたが、1年でユーロリーグに戻るという事になったようですね。

チェスカ・モスクワとしてはNBAが決まったミロシュ・テオドシッチのポジションの穴埋めという事のようですね


テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック

ジョナソン・シモンズと3年2000万ドルで契約

NBAのチームの中でもオフシーズンの移籍で目立たない方のトップレベルにいるマジックですが、昨シーズンスパーズでプチブレイクしたジョナソン・シモンズと契約になりました。

スパーズという強いチームのロールプレイヤーとして頭角を現わし、最終的には怪我で離脱したクワイ・レナードの穴を埋めるべく奮闘していたというだけで、年齢こそ27歳と中堅どころながらNBAでは2年のキャリアと若手感満載であり、注目に値する選手であり、プレイオフでレギュラーシーズン以上の働きを見せたりと、マジックにとっては勝ちに繋げられるプレイヤーとして期待せずにはいられないのですが・・・

いわゆるスイングマン過多ですよね・・・

3年目の飛躍を期待しているクロアチア代表の6thマンであるマリオ・ヘゾニアがまた干されてしまうという危惧を抱いてしまいますし、期待のルーキーであるジョナサン・アイザックは線の細さを考えると最初の内は兼用フォワードとしてSF多めの起用の方がよさそうとか勝手に思っていますし、これを両方やろうとするには、やはり選手がだぶついていて、特に昨シーズンのフランク・ボーゲルHCの采配を考えると、またもやヘゾニア干しまくりの悪夢が頭をよぎりますし、ジョナサン・アイザックの本職をSFとするかPFとするかは分かりませんが、仮にPFだとしてもインサイドの数が足りないように思えるんですよね。

センターはニコラ・ヴチェヴィッチとビスマック・ビヨンボという無駄に豪華で序列をどうするのかで頭を悩ませそうというか、昨シーズンの采配ですとヴチェヴィッチの才能を潰しかねないですし、絶対的なスターターというのが決まらなそうな選手バランスでチームを作ると、少なくとも昨シーズンのフランク・ボーゲルHCだと、何で起用の優先順位がそうなのかとツッコまざるを得なくなりそうですし、この選手バランスでとなると、スモールラインナップも念頭に置いているとすると、ペイサーズ時代に一番良かったシーズンはオーソドックスにインサイドを生かしたアップテンポではないものでしたし、逆にスモールラインナップにしてテンポを上げろと当時のラリー・バードGMに指示され、ポール・ジョージをPFにスライドしてスモールラインナップ計画をやりましたが、見事なくらいにぽしゃりましたし・・・

ジョナソン・シモンズ獲得そのものは、歓迎しているのですが、どうにもチームとしてどうしたいのかが私には見えなくて困っているんですよね。

もの凄く個人的意見では、テレンス・ロスってトレードの駒に使えないの?だったりします。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の契約と解雇

NBAの移籍は落ち着いているというか、トレード関係は話し合いが行われているというようなものを目にしますが、確定ではないので話がまとまれば雪崩のようにまた動きがありそうですが、とりあえず少しだけ。

キングスはボグダン・ボグダノビッチと3年2700万ドルで契約

2014年にドラフト指名されながらもNBA入りを引き延ばしてきましたが、昨シーズンフェネルバフチェのリーグ優勝とユーロリーグの優勝を置き土産としてNBA入りという事になりますね。

昨年のオリンピックにセルビア代表として出場し6thマンとして両ガードをこなして銀メダル獲得に貢献したりと、注目していた選手ですので、目に付きやすいNBA入りをしてくれて嬉しいですね。

これで、NBAでもボヤン・ボグダノビッチと名前ややこしい対決もしてくれますし、注目度も高くなるでしょう!キングスとペイサーズの試合が注目されるのかというと知らないですが。

しかし、今年のキングスは意欲的に動いていますね、PGにデアーロン・フォックスというルーキーをいれてボグダノビッチを持ってくると言うのはバランスは良くない感じもしますが。


ジャズがボリス・ディアウを解雇

単独でこれだけ見ると、何勿体ないこと居るんだろうと思うのですが、何かしらの予算枠調整なのかなぁって。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム