FC2ブログ

今日のマジック レギュラーシーズン 13戦目

ウィザーズ121-125マジック

今日のスターターも
PG マーケル・フルツ
SG エヴァン・フォーニエ
SF アル・ファーク・アミヌ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

6勝7敗と5割復帰が現実感のあるところに戻し、このままの勢いで連勝をしてくれと思わずにはいられないわけですが、ヴチェヴィッチがFG11/14、3Pを3/4と確実に決め手30点17リバウンド6アシスト1ブロックと、これを毎試合出来たらばと夢を見てしまうような大活躍。

フォーニエが3Pを5/8と決め25点1リバウンド8アシスト1スティールとヴチェヴィッチ共々、それぞれ国の代表でエースなポジションをやってW杯を戦った経験は確実に実を結んでいると思わずにはいられない結果で目出度いわけですが、それ以上に今後に向けて目出度いのは、フルツが19点3リバウンド2アシスト1スティール、キャリアハイとなる得点もそうですが、何よりもFG8/10、3Pが2/3と心身共に怪我の悪影響を払拭しつつあるという事、今日のトップ10プレーの8位と2位にダンクが選ばれ、2位の方はスティールからの速攻で決めるという相手に与えるダメージの大きすぎるものというのがめでたくてめでたくて。

アーロン・ゴードンも13点9リバウンド2アシストと計算できる所に戻りましたし、ベンチのテレンス・ロスとDJオーガスティンも2桁得点と、基本これだけの得点を取っていれば数字も派手になるというものでね。

ずっとリードして4Qで点差を縮められるというのは、マジックの傾向から考えると怖すぎるものになりますが、勝ちきったことこそが重要ですからね。


ウィザーズですが、日本人なら当然八村のことが気になるわけですが、6点4リバウンド2アシストと数字上は残念なもの、予想以上に結果を出しているのでこれが凄く残念に見えるという事が、日本人基準でおかしな事をやっているのですけれどもね。

それでもスターターの中では+/-が一番いい-3という事で個人の数字以外の貢献は出来ている証拠にもなっているので、これを経験にマジック戦以外で大活躍していくを期待しています。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック レギュラーシーズン 12戦目

スパーズ109-111マジック

今日のスターターは
PG マーケル・フルツ
SG エヴァン・フォーニエ
SF アル・ファーク・アミヌ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

ジョナサン・アイザックが足首の怪我で欠場、代わりにアミヌがスターターで前半リードされて折り返した時点では厳しいなと思わせながらも、後半追い越してクラッチタイムでの勝負所でしっかりとフォーニエがフランス代表のエースらしさを発揮するという、マジックらしからぬ勝負強さをスパーズ相手にやるという、なかなか信じられない結果。

フォーニエは3Pを5/6と決めまくって26点4リバウンド3アシスト1スティール。

今シーズン初スターターのアミヌは13点13リバウンド1アシスト2スティールとまだスターターやろうと思えば出来るのを見せましたし、ベンチスタートのテレンス・ロスも20点2リバウンド1アシストと中堅ベテランどころがしっかりと機能した事が大きいですね。

スターターも全員2桁得点、ロスにDJオーガスティンも2桁得点ですから7人が2桁得点という良い感じにばらけましたし勢いがついてくれそうな期待高まる勝利でした。

スパーズはデマー・デローザンが21点2リバウンド5アシスト1スティールと奮闘しましたが、最後の最後でアーロン・ゴードン相手にフレグラントファウルをしてしまったりと、予定外な感じになったんだろうなぁと。


そういえば、昨日ブレイザーズがカーメロ・アンソニーを獲得したという事ですが、あまり影響はないですかね?いろいろとふっきれてベンチスタートなロールプレイヤーとしてやっていく事ができるのならば、影響力はあるかもしれないですが、そこに振りきれないのがメロなんじゃないかと勝手に思っているのでね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック レギュラーシーズン 11戦目

シクサーズ97-112マジック

今日のスターターも
PG マーケル・フルツ
SG エヴァン・フォーニエ
SF ジョナサン・アイザック
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

4Qの弱さに定評のあるマジックが、4Qにひっくり返して突き放す勝利をシクサーズ相手にやってのけたという事で、この試合をきっかけに上昇気流に乗って欲しいと願うのは決して見当外れのことでは無いですよね。

ヴチェヴィッチが4Qに大活躍をして25点12リバウンド2アシスト、FGが11/18という事で。ヴチェヴィッチはFG半分以上決め手当たり前の状態に戻ればチームの安定感も高まるというところですね。

フルツ以外のスターター4人が2桁得点、ベンチからテレンス・ロス、DJオーガスティン、マイケル・カーター・ウィリアムスの3人が2桁得点というあたりもこの試合きっかけで建て直しできそうな感じではありますかね。

気になるのはアル・ファーク・アミヌが1分半しかプレーしていない事で、特に怪我とかの情報はないんですよね、ジョナサン・アイザックとアーロン・ゴードンの2人のプレイタイムを長めにするというのと、ロスを3番で使って兼用フォワードの2人をPFで使ったからアミヌの出番をさして必要としてなかったという事も考えられますが、シクサーズ相手にアミヌがはまらないというのも考えにくいですし、何があったんでしょう?


シクサーズはジョエル・エンビートがお休みだったからという言い訳はききますが、まだ調子のあがっていないマジック相手に負けたというのは想定外でしょうね。

ドラフト1位指名してほぼほぼ使命を無駄にした形になったフルツが大爆発とかしなかっただけマシとか思っているかも。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック レギュラーシーズン 10戦目

ペイサーズ109-102マジック

今日のスターターも
PG マーケル・フルツ
SG エヴァン・フォーニエ
SF ジョナサン・アイザック
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

連勝とは行かず、10試合時点で3勝7敗というのはプレイオフ進出した昨シーズンの成果を生かせていない事甚だしいなぁというか、4Qでの弱さの改善は本気で難しいという事ですね、今日の試合3Qの大失速が問題ですが。

ヴチェヴィッチは18点17リバウンド3アシスト1スティール2ブロック、フォーニエが22点3リバウンド6アシスト1ブロックとワールドカップで国のエースをやった2人は本来の実力は出せているのですが、スターターで唯一1桁得点8点2リバウンド4アシスト1スティール1ブロックに終わったフルツが得点アシストともにもう1つ当たり前に積み上げられるようになると上昇気流に乗る事が出来るのかなと。

フルツはコーストトゥコーストのダンクがトップ10プレーの10位に選ばれていたり、今日のマジックでは一番いい+/-で+5だったりするので、もう少し上積みするだけで勝ちに直結するPGになり得ると期待しているから気になったりもするのですよね。

シーズン前フルツが当たり前のように出場し続けるとは考えていなかった事を思うと、扱いが違いすぎるのですがね。

ペイサーズはドマンタス・サボニスが21点16リバウンド7アシスト1スティール1ブロックと、こんな良い選手をドラフトで指名しながらトレードでいきなり放出するようなチームは頭がおかしいよねというくらいの大活躍。

ヴィクター・オラディポ、マイルズ・ターナーが欠場していてもその影響を感じさせないチーム力ですし、ペイサーズというチームは伝統的に選手が成長しやすいものがあるのだろうなぁと、MIPの名産地でもありますし。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック レギュラーシーズン 9戦目

グリズリーズ86-118マジック

今日のスターターも
PG マーケル・フルツ
SG エヴァン・フォーニエ
SF ジョナサン・アイザック
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

連敗が続くと悪い方へ悪い方へと考えてしまいがちになっていましたが、久々の勝利は勿体ないくらいの完勝、点差がついていてグリズリーズ側が次の試合と気持ちを切り替えていた可能性もありますが、4Qのスコアが8-34という4Qの弱さに定評のあるマジックでは信じられない事になっていて、このうちの10点くらい次の試合に回せないかと思うくらいですね。

圧勝しているので景気の良い数字が並び、ヴチェヴィッチは23点16リバウンド6アシスト2スティール1ブロック、アーロン・ゴードンは17点4リバウンド2アシスト1スティール、エヴァン・フォーニエは19点7リバウンド6アシスト1ブロックとこれだけでもなかなか幸せな気分になりえるものですが、ジョナサン・アイザックがFG9/11と決めまくって22点8リバウンド1スティール4ブロックは今年のMIP予想に名前をあげているからだけでは無く本気で嬉しくなるものですね。

まだ9試合なので参考にならないですが、ブロック王争いで3位にいたりしますので、本気でアンドレイ・キリレンコへの道を狙えるのではないかと。

フルツはスターターの中では数字は寂しいものになっていますが、回りがこれだけよければPGとしてチームをコントロールしていればすむ話しですし、ベンチスタートのDJオーガスティンが13点3リバウンド2アシストとテレンス・ロス欠場の中でベンチスコアラーとして機能しているので、ロスがいないとベンチスコアが計算できないという事からは脱却する効果もありましたし、今日はそもそもスターターが得点取りまくっているので問題はないのですよね。

マイケル・カーター・ウィリアムはシュート率こそ1/7と残念でしたが、ドライブでゴール下まで侵入して、ゴール下にカットしたアーロン・ゴードンへパスをだしてのリバースダンクが今日のトップ10プレーの8位に入っていますし、実際の数字以外での強みを出せているなど、本当に今日は連敗中の鬱憤を晴らしすぎた試合でした。


グリズリーズはルーキーのジャ・モラントがFG3/13と入らなかった事は誤算でしたでしょうね、ルーキーながらチームにとって重要な選手に即座になって結果を出してきたわけですが、それをいつでも続けられるかというと別の話になりますからね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる