FC2ブログ

今日のニンニンジャー 忍びの45

「親子三世代!ニンジャ全員集合」

お祖父さんにラストニンジャ失格と言われた天晴は倒れた後、お父さんに屋敷まで運ばれていました。

先代を倒して忍タリティを奪わないとラストニンジャになれないというのはお父さんも知らなかった事。

正影が討たれたと言うことで、九衛門は蛾眉雷蔵に上級オボログルママーク2で出撃させます。

天晴抜きの5人はシュリケンジンとバイソンキングで迎え撃つことにします。

シュリケンジンアッパレ斬り、バイソン荒くれバスターが全く利かずぺちゃんこにされてしまいそうになったところで、天晴がやって来てゲキアツダイオーで応戦する事に。

蜿蜿長蛇の術で空を飛び、何でもありの状態でフライングゲキアツ大フィーバーでオボログルママーク2を撃破、雷蔵は脱出します。

天晴はラストニンジャ失格になる条件がお祖父さんを倒すことであるというのをみんなに知らせ、その上でみんなもそんなことできないと言ってしまったから全員ラストニンジャ失格になってしまったと謝ります。

しかし、皆そんなことはできないと言い、キンジは何故前もって教えてくれなかったのかと疑問を口にします。

そこに、九衛門がやって来て、事実を告げてラストニンジャになる決意が揺らぐことを恐れていた、だから教えなかった。

そして実際に倒す覚悟を持っていなかったと突きつけます。

そして、お祖父さんを倒しラストニンジャの力を奪って終わりの手裏剣を手に入れるのは自分だと宣言します。

天晴達はそれを受け入れるわけもなく、シュリケン変化し、いきなりシュリケン忍法奥義一斉・忍烈斬を出そうとすると、九衛門は十六夜流忍法・日輪封じでシュリケン忍法を封じます。

九衛門はお祖父さんを倒すために、妖怪の力を手に入れ人間であることを捨てた、覚悟の次元が違うから負けるわけが無いと言うと、十六夜流忍法奥義・究極十字砲火の術を出します。

天晴達は十字砲火に囲まれたところで撤退します。

凪はラストニンジャになるには覚悟が一番大事とお祖父さんが言っていたことを思い出します。

みんな人間であることをやめた九衛門の覚悟の強さに対し、自分たちの方が負けていると感じている所、キンジは異論を挟みます。

みんなと自分では九衛門に対する印象が違うようだ。

九衛門がキンジに近づいたのはキンジの心の弱さを見抜き似たもの同士だと感じたからに他ならない。

キンジは一か八かの賭けになるが、今まで助けてもらった分、今度は自分が助ける策があるとします。

お父さんも九衛門を倒す手がかりがないか探すと言います。

お祖父さんは単身で幻月の下へ行き、以前は倒すことはできず仮の形で封印するに終わったが、因縁は自分の代で断ち切ると一騎打ちを仕掛けます。

天晴達は牙鬼城の方で爆発音が起きたのを耳にし、お祖父さんが1人で出向いたのでは無いかと気付きますが、駆けつけようとする前に九衛門がやって来ます。

お父さんは屋敷で何か手がかりは無いかと探しますが、なかなか見つからず、ちょっと目に入った狸の置物に何かがあるのを見つけます。

お祖父さんと幻月の戦いは熾烈を極め、お祖父さんは上級シュリケン忍法砲煙弾雨の術、上級シュリケン忍法雲蒸竜変の術、上級シュリケン忍法風林火山の術と立て続けに出しますが、幻月は体に集まった恐れの威力を使って全てを跳ね返します。

シュリケン忍法が使えないという事で、通常攻撃だけで立ち向かいますが九衛門には通用せず。

力の差を誇示する九衛門に対し、キンジは妖力のすさまじさを知っているからこそ、心に闇を持っているものは安易に力を求めようとすると、それこそが弱さだと挑発。

天晴に忍者激熱刀を渡すと、憑依合体の術を使い激熱刀に憑依合体。

天晴は激発刀を振るうと、キンジが自ら武器となって襲いかかります。

キンジが手に入れた激熱刀と凪が考えた憑依合体の術はすでに九衛門の知っているシュリケン忍法とは別物だから、シュリケン忍法は利かないという九衛門の論理は当てはまらない。

そして、新しい道を踏み出したからにはお祖父さんを倒してラストニンジャになるというのではなく、自分たちで新たなラストニンジャを目指せば良いという振り切れ方をします。

覚悟は九衛門の方ができていたが、その代わり掟に縛られてお祖父さんの世界から抜け出すことをしなかった。

自分たちの覚悟はラストニンジャの掟すらも越え、違う道を行くと、前にお父さんがみんなに話した守破離の教えそのものを実践します。

新シュリケン忍法奥義衝撃爆裂斬で九衛門を攻撃。

すると九衛門からお父さんの忍タリティがあふれ出ます。

そしてお父さんはついに忍タリティを取り戻す事に成功。

九衛門はまだ戦う気でいましたが、雷蔵がやって来て退却させます。

忍タリティを取り戻したお父さんが戦線に合流し、みんなで幻月へと向かいます。

お祖父さんは幻月に追い詰められていましたが、みんなで合流。

天晴はお祖父さんに今までは覚悟ができていなかったが、今は新しいラストニンジャの歴史を作っていくという覚悟ができたと言います。

お祖父さんはお父さんに忍者一番刀を渡し、天晴はさっき手に入れた封印のシュリケンを渡します。

そして8人揃ってシュリケン変化。

彩りの星!スターニンジャー!

揺らめく霞!モモニンジャー!

ひとひら風花!シロニンジャー!

きらめきの凪!キニンジャー!

轟け八雲!アオニンジャー!

暴れてアッパレ!切り裂く旋風!果て無き日輪!アカニンジャー!

忍びなれども忍ばない、忍びなれどもパーリナイッ!手裏剣戦隊ニンニンジャー!

忍ぶどころか暴れるぜ!と言うところで次回へ。

比較的緩い設定であったニンニンジャーも最終局面ではなかなか盛り上がってきた感じですね。

あまり伏線を張ってどうこうという作品では無かったのですが、夢は真っ暗の中にあるというお父さんの言葉ですとか、覚悟を決めるという事と掟に縛られていると言うこととを上手くずらしたという感じですね。

九衛門の覚悟というのも、今ひとつ元々人間だというのが、牙鬼一族を見ていて感じにくいというのがやや難点ではありますが、そういうものとしておけば良いんでしょう。

とりあえず、親子三代変身に燃えておけと言うことでしょうしね。

今日のニンニンジャー 忍びの44

「最終決戦!ラストニンジャの試練」

息子である萬月の死をしった有明の方の強烈な恐れの力によって、牙鬼幻月が復活。

そして九衛門の正体は444年前幻月が側室に産ませ、死ぬ間際に妖力でこの時空に飛ばした息子である牙鬼九衛門新月だと明かされます。

さらに幻月は蛾眉雷蔵も蘇らせ、牙鬼城も復活させ、恐れによって牙鬼家の天下統一を宣言。

幻月は九衛門を新たな指揮官としてさらなる恐れと滅亡をもたらすと伊賀崎家に宣戦布告。

九衛門は正影に出陣させます。

天晴達も黙ってみているわけにはいかないと応戦しに行こうとすると、お祖父さんが最終試験をすると言って止めます。

試験は1人ずつ受けて残る者が正影を相手にするようにと言う事で、最初に試験を受ける事になるのは天晴。

最終試験はお祖父さんとの命のやりとり。

正影の出た辺りに出向いてみると、とりあえず分かりやすい異変はなし。

何か仕掛けているはずと言う事で、八雲、風花と霞、凪、キンジの二手に分かれて捜索する事にします。

正影は霞達3人を襲います。

暗闇に包まれた中で3人は九衛門と戦った時の記憶が映し出されますが、途中で苦しみ出します。

八雲は風花の様子が変なのに気付きます。

天晴がいない事が不安なのかと聞くと、そうでは無いが何だが嫌な予感がすると言います。

八雲は牙鬼の復活でナーバスになるのも仕方が無いとして、天晴が来る前に晦を倒そうと前向きにしようとします。

その言葉を耳にした辺りの人達がいきなり激怒し始めます。

晦様のおかげで、就職が決まった、婚活が決まったとどれだけ晦正影は面倒見が良いんだよという状況になり八雲達は戸惑います。

襲ってくる人々に八雲はレーネクム・ネジマの魔法で眠らせます。

天晴は最終試験で命のやりとりをするという事を本気にしません。

しかし、お祖父さんは天晴にそんな甘い事ではラストニンジャになる事はできないと、シュリケン忍法究極奥義終極斬を繰り出します。

風花は様子のおかしさに八雲に天晴を呼んだ方が良いのかと相談します。

そこに霞達が天晴の存在を完全に知らないものとしてやって来ます。

しかも、街の人々同様に晦様に害を与えるなんて言語道断だと。

天晴のおかげで成功した事が、全部正影のおかげにすり替わっていて、逆に偽物扱いされて八雲と風花は戸惑いまくり。

八雲とと風花はとりあえず逃げる事にしますが、逃げた先に正影が現れます。

そして八雲と風花も黒い霧に包まれると、天晴との記憶を見る事になります。

精神的に頼っている人間を上書きする妖術で天晴を正影に書き換える妖術でした。

この妖術で霞達もおかしくなっていたと風花は気付きます。

天晴はお祖父さんにとどめを刺さずに一本先取したとして勝利宣言。

お祖父さんはとどめを刺さないのは甘いと指摘すると、天晴はあの程度の術では自分は倒せないからお祖父さんの方が甘いと返します。

そして天晴は試験よりも現場に行こうとします。

お祖父さんは八雲達が心配なのかと問うと、天晴は心配はしていない。

自分がいなくても負けない、調子の悪いお祖父さんに勝ったって最終試験に受かった事にはならないから、調子が良くなった時に正々堂々と勝たなければダメだと。

正影はそろそろ天晴に変わって自分が精神的な支えになる頃だとすると、風花は天晴はみんなの前では大黒柱かもしれないけれど、自分にとってはいつまでも心配でダメな兄でしか無いと反論すると、八雲も精神的に頼った覚えなどないとして、天晴のダメなところを思い出します。

天晴の間抜けな記憶がことごとく正影に改ざんされていき、正影は改ざんをやめさせようとし、風花と八雲は脱出。

同時にみんなの記憶の改ざんも元に戻ります。

シュリケン変化し正影と戦い始めます。

ガマガマ銃の攻撃が利かないと言うところに、超絶勝負チェンジャーが飛んできて八雲は超絶になり、キンジもスーパースターニンジャーへ。

超超激熱一番勝負で正影をぶった斬り、正影も爆発したかと思いきや、あっさりと復活。

八雲は前に天晴が正影を斬った時も生きていたという事を思い出します。

正影は解明など無駄だとし、また記憶をいじって遊んでやると攻撃してこようとすると、八雲はこっちも記憶を使うとレーエガミ・ヨデイモオの魔法を使います。

すると、正影の記憶が映像化し、実は正影の本体は小さくて正影の本体と思っていたのはからくり人形と言う事が分かります。

八雲とキンジは正影を掴み、風花に顔を狙わせカラクリヘンゲン弓で正影の操縦席を壊します。

正影はこのままやられるわけにはいかないと自ら巨大化。

キングシュリケンジンで応戦する事に。

天晴は合流しに行こうとしますが、お祖父さんが止めます。

命のやりとりの前に正々堂々などとう私情を挟むなと言いますが、天晴は命のやりとりなどするつもりはないし、自分だけではなく八雲達もそう言うに決まっていると答えます。

キングシュリケンジンは破天荒斬りで正影を倒しにかかりますが、弾かれます。

逆にピンチに陥りライオンハオーを呼び、覇王シュリケンジンに。

覇王アッパレバスターで正影を撃破。

お祖父さんは誰も自分を倒せないというならば、全員ラストニンジャ失格だと言います。

ラストニンジャになるためには先代を倒し、忍タリティを奪う事で受け継がれる、それができぬとあらば、ラストニンジャを受け継ぐ資格は無い。


と言う事で、牙鬼幻月復活、九衛門の正体が明らかになったと言うところから正影の最後、ラストニンジャになる条件とラストに向けてたたみかけるようになってきましたね。

正影がリケンジャーの暗黒七本槍のサーガインを思い出させる状態とは思いませんでした。

でも、普通に今までも顔を攻撃さて来た気もしますけれどもね。

ラストニンジャの最終試験は先代を倒す事というのは、一子相伝みたいな事ではわりかし定番でもありますが、比較的緩いニンニンジャーでこの設定を使ってくるとはあまり考えていませんでした。

それよりも、次回は親子三代で変身するんですね、お父さんの忍タリティを九衛門から奪い返すと言う事は絶対に必要ですが、どうなるんでしょう。

今日のニンニンジャー 忍びの43

「伝説のニンジャ!妖怪かるた大作戦」

年末の大掃除、天晴は速攻で飽きていると、お父さんがいきなり忍術勝負を仕掛けてきます。

普段との変わりように一同驚きますが、牙鬼萬月を倒して高ぶっているんだろうと気軽に見ています。

しかし、天晴は気楽にやり返す事ができず本気を出す羽目に。

そこに、掃除中のお父さんがやってきて、お父さんが2人に。

天晴に挑んで来たのは、緑の光弾、忍者オブ忍者天空忍者シュリケンジャーでした。

ということで、ハリケンジャー本編では散ったはずのシュリケンジャーが健在だったという事で、10イヤーズアフターの2代目シュリケンジャーとかもなかったことになるのかなとか、整合性を考えては負け。

シュリケンジャーは忍者の名誉を守る会から冬期講習をするようにと派遣されてきた。

サスケや鷹介から半人前だと聞いているというシュリケンジャーに、半年前とは違うと自信に漲る一同。

まずはこれまで倒してきた妖怪達を振り返るという事で、妖怪カルタ。

カルタならばこれだと、一同着物に着替えて始めます。

『なにもかも はでにせつだん カマイタチ』

霞が札をとり、カマイタチを倒した時のことを思い出すという、総集編も兼ねた展開へ。

『おれなんて どうせどうせ エンラエンラ』は凪が捕り、『いっきうち いのちのやりとり 蛾眉雷蔵』は天晴がとります。

『ほれたおとこが しのびやったんや スズメバチ』は惚れられた八雲がとります。

『やたいごと とびこめツチグモ はらのなか』天晴が捕り、『はじめての じょうきゅうようかい ヌエでござる』は風花が捕ります。

『たぬきじゃなく ムジナですがね』は天晴が捕り、『つきのぱわー たいじふかのう オオカミオトコ』はキンジがとります。

『そこがしりたい どうじょうはどこ カサバケのあめ』はいきなりお父さんが飛び込んできてゲット。

お父さんが突然やってきてみんな立ち上がった隙に不穏な手裏剣が近づきます。

『もしもしおにいちゃん! ヤマビコさぎ』を風花はおてつきしてしまいます。

すると、風花はカルタの中に引きずり込まれてしまいます。

妖怪の神、フダガエシがお手つきをすると札の中に入れる術をかけていた。

風花は札の中に入ると、天晴から連絡が入ります。

それは、ヤマビコ詐欺がの時と同じ状況。

そこに天晴が現れて、どういうことかと確認しようとすると、ヤマビコが声をまねするだけだったのが天晴に化けられるようにもなっていた。

風花を助け出す方法はカルタを最後までやることというわけで、カルタ再開。

『しばかりきから どーんとオトロシ』は八雲が強制的にお手つき。

『きもだめし うらやましやと ユキオンナ』は霞が強制的にお手つき。

オトロシは仕様変更で芝刈り機には戻れなくなり、倒すとカーリーは木っ端微塵になると八雲を脅し、季節が巡って今は冬ということでユキオンナは絶好調。

このままでは行けないという事で作戦会議。

凪が作戦を思いつきます。

シュリケンジャーが読み手に戻って『もしもしおにいちゃん! ヤマビコさぎ』で凪がわざとお手つき。

『しばかりきから どーんとオトロシ』をキンジが、『きもだめし うらやましやと ユキオンナ』で天晴がわざとお手つきをします。

これでそれぞれ2人で戦うことになりシュリケン変化。

凪と風花のコンビは天晴に化けたヤマビコの変装を見抜き反撃。

この世界に天晴がいないから化ける方がダメ。

キンジは芝刈り機に戻せないとためらう八雲にオトロシは幻で本物はあるとカーリーを見せます。

戦意を取り戻した八雲はイージーな戦いに。

ユキオンナに対しては天晴が超絶になり冬でも夏よりも熱いと暑苦しさ全開し霞と超絶サマーシュリケン斬。

凪と風花はハイスクール忍烈斬、カーリー忍烈斬でそれぞれ撃破。

ニンニンジャーの姿の上に高校の制服を着たハイスクール忍烈斬がシュール過ぎ(苦笑)

カルタから抜け出し他という事で、フダガエシは妖術カルタの舞で『めいきゅうの むかつくばんにん オオムカデ』『ろーらーでぺちゃんこでおじゃる オボログルマ』『のりこえられない ヌリカベの じんせいのかべ』『うでじまん かいりきじまん ダイダラボッチ』『すとっぷらいとじゃけん フランケン』『さいころをおふりください イッカクサイ』のカルタ札から再生怪人を登場させます。

イケイケドンドンであっさり大掃除。

オボログルマだけ残ったので、天晴が超絶手裏剣斬で倒そうとしますが、それだと道場が燃えると一斉に止めに入ります。

そこでシュリケンジャーが代わりに超忍法千本ノックでホームラン。

これはこれで道場突き破るわ花火があがるわで道場が大惨事になっていそうなんですが、道場は無事だったようで。

カルタ札が一枚残っていると、それが『ここがしゅうてん ワニュウドウ』改めこれが本体フダガエシ。

妖怪の神というよりも妖怪の紙でした。

フダガエシはちょこまかと攻撃してきて厄介ということで、天晴はシュリケン忍法縮尺縮小の術で自分も小さくなります。

さんざん追いかけっこをしてから追い詰めると、超絶手裏剣斬でフダガエシを倒します。

燃えてしまったところは風花が火の用心とコップの水で消火。

改めて大掃除をしている間に、シュリケンジャーはお祖父さんに孫達のことを褒めて去って行きます。

天晴達はお祖父さんに留守番を頼んでお正月の買い出しへ。

正影が萬月は倒されたという事を教えられずに有明の方は萬月を探していると、九衛門がやってきて、萬月の首飾りを有明の方に見せます。

すると、有明の方は萬月の死を悟り慟哭。

すると恐れが水となってあふれ出します。

その恐れを九衛門は牙鬼幻月の復活に使い、ついに幻月復活。

ということで、総集編とゲスト回とを合わせた気楽なところから一気にクライマックス感のあるラストへ。

でも、そこで2週待たされるんですね、来週は正月なのでお休みは想定していましたが、その次がまさかトッキュウジャーvsキョウリュウジャーを流すとは思いませんでした。

今日のニンニンジャー 忍びの42

「オトモ忍ウォーズ!ネコマタの逆襲」

萬月に覇王シュリケンジンを奪われ、ゲキアツダイオーは倒され、ライオンハオーとバイソンキングも拘束されてしまい、敵の支配下になったオトモ忍はコントロール不能ということで太刀打ちできず。

お父さんがとりあえず天晴達を避難させ、ゲキアツダイオーは鉄之助に直させるように頼んでおいたが、まずはシュリケンジン達を奪還する事が重要。

なんとかコクピットに潜入したいところだが、萬月は鼻が利くので近寄ればばれてしまう。

そこでお父さんが、みんなが引きつけてさえしてくれていれば潜入して奪い返すといい出します。

霞は叔父さんの手も借りたい所でしたというと、それを言うならば猫の手も借りたいと突っ込むと、八雲はそれだと作戦を思いつきます。

シュテンドウジが本陣に戻り、正影は幻月の予言が実現すると確信に至ったと喜んでいると、見覚えのある妖怪がやってきます。

ネコマタのいとこの後輩のはとこのメガネコマタ。

ネコマタと同じように忍者達のアジトを突き止めてきたと。

メガネコマタが屋敷に案内し、シュリケンジンで屋敷を破壊しようとすると屋敷は幻となって消えます。

シュテンドウジはメガネコマタを問い詰めようとしますが、萬月は天晴達を見つけて、それで十分と戦いに出向きます。

天晴達はシュリケン変化して戦い始めます。

萬月を引きつけて戦い始めたのは八雲の考えた作戦。

お父さんをレーナニ・タマコネでネコマタの姿に変えて潜入させ、戦っている間にシュリケンジンを奪還するというもの、ただしタイムリミットは30分。

メガネコマタというかお父さんは、シュリケンジン内に残っているシュテンドウジにも出撃させようと話を振りますが失敗。

凪は上級シュリケン忍法都会砂漠の術、天晴は上級シュリケン忍法冷え冷えクーラー南極送りの術と立て続けに萬月に幻を見せますが、牙凌道萬月斬で反撃されてしまいます。

お祖父さんは道場に残っていると獅子王が助けに行かないのかと言いに来ます。

お祖父さんは自分の教えから一歩踏み出して一人前の忍者へ踏み出そうとしているからと、助けに行かない理由を話します。

作戦の時間が過ぎ、お父さんの時計は鳴りっぱなしでシュテンドウジにうるさいと攻められます。

霞は最後の手段として5人で結界を張り、天晴に萬月と一騎打ちさせることにします。

五トン結界の術で結界を張り、天晴はキンジから渡された激熱刀を使い二刀流で戦い始めます。

結界を張られたのを見たシュテンドウジは自分も参戦すべくシュリケンジンから出て行きます。

獅子王は本心を押し殺しているお祖父さんに頑固じじいのやせ我慢にしか見えないと責めます。

結界の中で戦っている天晴は追い込まれ、萬月の牙凌道萬月斬を受けて倒れます。

シュテンドウジもやってきて結界を張っていた風花を吹っ飛ばします。

結界も破れたところで、萬月は牙凌道萬月斬を再び放ち、6人が倒れることに。

天晴と風花が倒れ、お父さんは思わず2人の名前を呼んでしまい、ヒャッカラゲ親衛隊に怪しまれてしまい、さらに元の姿に戻り正体がばれてしまいます。

倒れている天晴の所にお祖父さんのシュリケンが現れます。

それを使って超超超激熱な一撃を与えます。

正体がばれたお父さんはシュリケン忍法破れかぶれ。

こけたのが偶然良い感じの攻撃になりましたが、ピンチのまま。

そこに獅子王がやってきて、声でヒャッカラゲ達を倒します。

獅子王はお祖父さんがシュリケンを貸すだけというのに腹を立てながらお父さんと一緒にシュリケンジンを動かします。

シュリケンジンが動き出したという事で、萬月はシュテンドウジを巨大化させて相手をするように言います。

改めてシュリケン変化して萬月と再戦。

凪と風花、八雲と霞との連続連携攻撃、キンジのロックンロールサンダーの術、天晴が二刀流のままでの攻撃とで萬月を圧倒。

萬月は半人前相手に追い詰められ唖然としていると、一人前でないから家族一体となって戦うとして、シュリケン忍法究極奥義伊賀崎一族忍烈斬を決めると、ぼろぼろになった萬月は自分に肥大蕃息の術を使い巨大化。

ゲキアツダイオーで応戦。

シュテンドウジ相手にシュリケンジンで戦っていたお父さんは動かし方が分からず苦戦。

そこに、お祖父さんが合流。

サーファーマル、UFOマル、パオンマルがライオンハオーとバイソンキングの拘束を解くと、獅子王がライオンハオーを呼び、バイソンキングも参戦。

一気に反撃開始。

覇王シュリケンジンの攻撃からゲキアツダイフィーバーでシュテンドウジを撃破。

有明の方がガジャドクロで助けに来ると、萬月は何のためらいもなく盾代わりにして有明の方は出落ち状態で吹っ飛んでいきます。

親でも何でも使える物は何でも使う主義だと開き直る萬月に腹を立てた天晴は覇王ゲキアツダイオーになり、覇王ゲキアツボンバー、シュリケンジンアッパレ斬り、覇王ゲキアツ大一番と連続攻撃で萬月撃破。

お祖父さんは自分の手が消えかかっているのを確認。

天晴はみんなにクリスマスプレゼント。

お祖父さんにも助けてくれた礼を言い、一人前にはまだ遠いというと、お祖父さんはじぶんがしたいことをしただけ、弟子である前にお前達は孫だと言って、シュリケン忍法メリークリスマスの術で、みんなをサンタ姿に。

死の間際の萬月の前に九衛門が現れ、小槌を奪い返すと、自分は牙鬼幻月の息子であり萬月の兄だと教えます。

ということでクリスマス商戦向け、オトモ忍総出演と共に牙鬼萬月との決戦が終わりました。

萬月が最後まで残らずここら辺で倒れるというのは、ある程度予想できる物でしたね。

そして、九衛門は幻月の息子であったと。

そうなると、ラストニンジャに弟子入りしていたり、お父さんの忍タリティを奪ったりといろいろと早い段階から仕掛けていたということになりますが、牙鬼の息子であるという事を隠しているというのは有明の方の息子ではなさそうですし隠し子ということでしょうか?

そして、お祖父さんは何となく消えそうということで、やっぱり死んでいた説が強まりましたね。

シュリケンを渡すだけで直接助けないということもあって、お祖父さんが終わりの手裏剣そのものという説も強くなったんでしょうかね。

で、次回はついにシュリケンジャーが登場。

手裏剣戦隊という戦隊名を聞いた時からシュリケンジャーと絡むのではないかとか勝手に思っていましたが、ようやくですね。

今日のニンニンジャー 忍びの41

「牙鬼パーティー、五番勝負!」

キンジの案内で九衛門の潜伏先へ。

九衛門を見つけ6人で一気に倒しにかかると、そのさなかに萬月がやってきて、九衛門ごとヒャッカラゲの皆さんに襲わせます。

九衛門は一編には相手にできないから、どちらか一方と戦えば良いのか決まってから来れば良いと速攻撤退。

天晴はガジャドクロを相手にするためにヒャッカラゲはみんなに任せライオンハオーで応戦。

萬月は気が変わったと撤退。

萬月は全部が全部気にくわないとして、正影に今までのデータがあることを確認し勝負に出ることにし、牙鬼家当主継承のお披露目式への招待状を送りつけます。

屋敷に戻り、明らかに罠だが同時にチャンスと言うことでどうしようかと話し合いますが、なかなか結論がでず。

凪は隠れて聞いていたお祖父さんにどうするべきか聞きます。

お祖父さんは遠足の時、バナナはお弁当に入るのか、おやつに入るのかどっちだと思うと関係ない話をし始めます。

一同が戸惑う中、天晴はよく分からないけれども自分たちで考えろと言うことだろうと割って入ります。

お祖父さんも天晴にフォローされてみなまで言う前に去って行きます。

そこにお父さんがやってきて、自分で考えろと説教するつもりだっったのに、天晴に先に言われて驚いたんだろうとフォロー。

そして修業の最終段階に来たとして、守破離について説明します。

弟子はまず師匠の教えを守る事で型を身につけ、次にその型を破る事に挑戦し、やがて師匠から離れていく。

シュリケン忍法の基礎と上級忍法を学んだみんなは何度か祖父さんの型を破ることができた。

後は自分の意志で、例えば誰にもできない忍術を身につけ祖父さんから離れることができたら一人前の忍者ということだ。

その話を受けて、萬月のお披露目式へ向かうことにします。

正影は事態が飲み込めていない有明の方に萬月が幻月が不在の間総大将になることを正式に披露すると言っていると説明します。

有明の方が浮かれているところ、萬月は天晴達がすでに忍んでいることを見破ります。

獅子王も準備は万端だとやる気を見せますが、天晴はとりあえず今は大丈夫だとして6人で向かうことに。

萬月は式典の余興に呼んだだけと、超上級妖怪シュテンドウジを呼び人質を取って無理矢理五番勝負を行うことに。

一番勝負は喧嘩凧勝負。

シュテンドウジと八雲が凧にのっての空中戦。

八雲はレーナニ・コタノンデオを唱えて凧をおでんの蛸に変えて勝利。

二番勝負は流鏑馬。

騎馬戦の要領で霞が弓を放ちますが、最後の的が動き外してしまったのとは対照的にシュテンドウジは的が近くて外しようがなく、勝負は1対1に。

三番勝負はダンス。

風花とキンジがキレッキレのダンスを見せますが、シュテンドウジ達のバラバラというかドリフ大爆笑やドジョウすくいがまじったいい加減なものでも、採点競技はインチキがしやすいというかインチキするに決まっているのでシュテンドウジの勝利。

四番勝負は綱引き

天晴が一騎打ち、天晴は超絶モードにならずに逆転勝ちで勝負は最終戦へ。

最終勝負は腕相撲。

またもや天晴とシュテンドウジの一騎打ちと、凪は何もしていないじゃんという感じに。

しかし、天晴はシュテンドウジのはき出した息の悪臭っぷりにもだえていると、獅子王が目には目、おっさんにはおっさんと登場します。

一人前になりたいから頼らなかったという天晴達にそういうことを言っているんではないとシュテンドウジと腕相撲へ。

獅子王はシュテンドウジの息に対して、自分も飲んべえだから関係ないとして腕相撲に勝ちます。

無事に人質も解放されたところで、戦闘再開ということになりますが、霞は萬月が何も仕掛けてこないことにひっかかります。

天晴は獅子王に礼を言います。

獅子王は天晴に一緒に暴れようと思ったのは、半人前のお前達の方がラストニンジャのじいさんよりも可能性があると思ったから、一人前っていうのは人に頼らないのではなく、巣から飛び立つためにより人の意見に耳を傾ける大人になれと。

余興が終わり、戦闘も本格化、シュテンドウジの酔拳のような動きに翻弄されます。

天晴はこうなったらとことん頼ると超絶になろうとしますが、獅子王は酔っぱらったダメなおっさんになっていて超絶になれず。

人生の先輩に対して失礼だと酔いつぶれた獅子王の言葉から、天晴は先輩のシュリケン、カクレンジャー、ハリケンジャー、ジライヤのシュリケンを使い、新上級奥義レジェンド忍列斬でシュテンドウジを倒します。

遠くから見ていたお祖父さんもそろそろ巣立つ時だと思うようになります。

シュテンドウジが自力で巨大化し年末のサラリーマン並に暴れるというので、ゲキアツダイオーで応戦。

ゲキアツファイヤーで一気に決めにかかりますが、シュテンドウジはのんべえ寝返り落としで獅子王を操ります。

シュテンドウジの息を完全に飲み込んだものを操ることができるとして、ライオンハオーで攻撃するだけではなく覇王シュリケンジンを乗っ取ります。

ここまでが萬月の仕掛けた罠。

覇王シュリケンジンを乗っ取った萬月は,アッパレ斬り、覇王萬月バスターと立て続けに攻撃しゲキアツダイオーを倒します。

正影は幻月の予言、444年後妖怪となって復活しもう一度天下を恐怖で支配する、その全てが幻月の息子がなすというもの通りになったと喜びます。

正気に戻った獅子王はライオンハオーから追い出されてしまい大ピンチのまま次回へ。

と言うことで、余興というネタ編っぽい形から年末間際の大ピンチへ。

年末商戦へ向けてシュリケンジン関係が大々的に使われるというのは予想できることでしたが、なぜこの緊迫して状況なのに、次回はネコマタが三度登場するんだ!

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる