今日のキュウレンジャー Space.21

「さらばスコルピオ!アルゴ船、復活の時!」

仲間がいることを再認識したスティンガーはラッキーと小太郎と共にスコルピオとの決着をつけようとしえいた。

スティンガーがアンタレスインパクト、小太郎がポラリスインパクト、ラッキーがレグルスインパクトを一斉に放ちスコルピオを追い詰めると、逆上したスコルピオは仮面を破壊して逆襲、またもや形勢逆転。

スティンガーは自らの毒により力が入らなくなるも何とかしようとするも、スコルピオに追い詰められる結果に。

絶体絶命となったところで、キューザウェポンが投げ込まれピンチを脱すると、助けに入ってきたのは復活のチャンプ。

真打ち登場とばかり貫禄十分にやってきたチャンプは、弱気になっているスティンガーに一緒に過去の決着をつける時と勇気づけると、スティンガーとチャンプはようやく共に認める相棒に。

チャンプも加わり4人で改めてスコルピオへと攻撃へ。

リュウテイオーで戦っているショウ・ロンポー達はモライマーズ達を撃破。

スティンガーは自らの毒に苦しみながらも、チャンプのサポートでスコルピオに向かっていきキューアックスでついにスコルピオを倒します。

爆発したスコルピオの下へスティンガーが向かうと、スコルピオもスティンガーが強くなった事を認めかつての兄の姿を見せます。

スティンガーも昔の兄のように守るものができたから強くなれたのだと涙ながらに語ると、スコルピオは守るべきものを捨てて強さに魅入られた事を後悔しトドメを刺すようにいい、自らの毒に苦しむスティンガーを解毒します。

元の姿に戻ったスコルピオは完全に昔の兄に戻りスティンガーに、仲間と一緒に生き抜くようにとアルゴ船ようのキュータマを託します。

そこにドン・アルマゲのホログラムが現れ、スコルピオに対する期待外れだったとの言葉をかけるとモライマーズを起動させ、チキュウのプラネジュームを一斉に吸い取り始めます。

ドン・アルマゲはチキュウと共に消えろと攻撃をしかけて姿をけしますが、その攻撃をスコルピオが必死に食い止めます。

スコルピオはビッグモライマーズを破壊すれば全てのモライマーズが破壊できると伝え自分が攻撃を食い止めている間にやらせようとします。

スティンガーはスコルピオを方って置けませんが、チャンプはモライマーズ破壊の方へと切り替えさせ、スコルピオは最後にスティンガーを守れたことに満足を覚えながら消滅。

スティンガーは兄の死を無駄にしないと切り替えることが出来ましたが、オリオン号が襲撃されてしまいボイジャーマシンが出動できず。

ラッキーは既にリュウテイオーを出撃させていたショウ・ロンポー、スパーダ、ハミィにオリオン号救出に向かうように頼み、残った面々でアルゴ船を復活させて何とかすると言います。

アルゴ船の蘇らせ方は分からないが、とりあえずリュウコツキュータマ、ホキュータマ、トモキュータマを揃えると、キュータマはいきなり空中へと飛び立ち、アルゴキュータマ出現。

アルゴキュータマを使ってみると、川底からアルゴ船出現。

アルゴ船に乗り込んだラッキー達はヒカリキュータマで船内を照らしながら捜索。

スティンガーはコールドスリープカプセルを発見します。

ラッキーと小太郎は何も調べもせずに誰が眠っているのかと嬉々としてカプセルを開けます。

すると中から伝説が始まると毛むくじゃらの人が現れ、いきなり権を振り回し始めます。

ラッキーは宇宙を救うためにアルゴ船を蘇らせただけであって敵ではないと必死に言いますが、聞く耳を持たず。

とにかく伝説伝説拘る伝説バカを何とか落ち着かせようとしますが、らちが明かなくなりラッキー達はスターチェンジ。

チェンジしたのを見てようやくキュウレンジャーと認識した伝説バカに、ラッキー達は散々キューレンジャーだと言い続けていながら話を聞いていなかったのかと力が抜けてしまいます。

とかく自己完結する伝説バカは究極の救世主と聞き、自分はチキュウ生まれの伝説の救世主鳳ツルギだと名乗ります。

そして、ツルギは後数分でチキュウが爆発するという現状の説明を受け、ラッキーにアルゴ船の力を使って何とか出来ないかと頼まれると、アルゴ船の力なんて言うものはないとばっさり。

そして剣を一閃させると髪も短くなり上半身裸体になり、アルゴ船の復活は自分の復活であり、敵を倒す鍵となるということだというと、いきなりスターチェンジ。

スペースバスター・ホウオウソルジャーとなったツルギは伝説が始まるとむちゃくちゃな強さを見せてインダベーやツヨインダベーの皆さんを撃破し、単身でモライマーズを破壊しまくり。

フェニックスエンドでビッグモライマーズをも撃破。

チキュウ上のモライマーズが停止したところに、マーダッコが出現し一騎打ちへ。

ツルギは伝説そのものの強さを見せて圧勝。

伝説の救世主を名乗るツルギはラッキー達は伝説の目撃者になると言い残して去って行きます。

スティンガーは宇宙を守るために生きることを兄に誓います。

オリオン号ではチャンプ復活祝い。

正義があれば何度でも蘇るとチャンプもご機嫌。

ナーガはスティンガーが悲しんでいる時に喜んでいいのかとバランスに尋ねますが、実はチャンプの復帰祝いを言い出したのがスティンガーだと知らされます。

そこに小太郎がいきなりスティンガー人形を販促・・・じゃなくて皆に見せます。

チャンプもみんなの人形を持ってきます。

全員分揃っていますが、小太郎が作ったのは1つだけで、後は全部チャンプが寂しくならないようにとスティンガーが作ったもの。

小太郎がそれを内緒話を打ち明けるように嬉々として語っているところにスティンガー登場。

針仕事はサソリ座の戦士のたしなみだそうで、幅広いですね(笑)

そしてスティンガーはガル、ラプター、チャンプを中心にみんなに向かって謝ります。

スティンガーのそんな姿に皆驚きますが、スティンガーも照れてその場からぎこちなく退場。

ショウ・ロンポーは伝説の救世主であるツルギの事が気になります。

ということで、スコルピオの退場とツルギの登場とキャラクターの交代劇という感じになりました。

スコルピオは結局敵のまま終わりましたが、最後に弟の誇りであった兄の姿を見せたというのが救いですね。

そして、新たな戦士であるツルギは何かというと伝説を口にするなかなかのキャラの濃さですね、現段階ではこのまま1人に任せてもいいんじゃないかというレベル差になっていますが、今後どうなるのか楽しみですね。

今日のキュウレンジャー Space.20

「スティンガーVSスコルピオ」

スコルピオにリュウコツキュータマが奪われ、スティンガーがホキュータマとトモキュータマを持ち出し1人で決着をつけに出向いていた。

スティンガーが1人で決着をつけに行ったという事で、リュウコツキュータマ捜索部隊に対して賞・ロンポーはバランスだけオリオン号の操縦をするために戻るように言い、ラッキー、ナーガ、ハミィ、スパーダにはスティンガーのもとへ向かうように指示。

話を聞いた小太郎はチャンプのオウシキュータマを手にしてスティンガーのもとへ。

スティンガーはキュウレンジャーとしてではなく、サソリ座の戦士として兄のスコルピオを倒すと決意し自らの命を賭けた一族に伝わる秘術アンタレスを使った。

アンタレスによって戦闘能力を飛躍させたスティンガーはスコルピオに猛然と向かって行くも、あっさりと反撃をくらい倒れてしまう。

スコルピオがアルゴ船が手に入ると喜んでいるところにラッキーたちがやって来て、マーダッコも加わり乱戦開始。

トモキュータマを拾おうとしたスコルピオに気付いたナーガはスコルピオの動きを封じ、その間にラッキーがキュータマを回収。

しかし、ナーガはスコルピオの攻撃を受けて倒れてしまう。

スコルピオはスティンガーを連れて一時撤退。

トモキュータマを回収してオリオン号に戻ると、ショウ・ロンポーはトモキュータマを渡さなかった事を労っていると、小太郎がやって来ます。

スティンガーのジャケットの中にあったヤギキュータマをラッキーが使うと、スティンガーがスコルピオの愚かな行いを放っておけない、兄の事は弟がけじめをつける、秘術アンタレスを使った者は絶対に助からないと死を覚悟し、キュウレンジャーを抜ける事、一緒に戦えたことを感謝する伝言が残されていた。

小太郎は勝手に死のうとしているスティンガーを許さないと飛び出していきます。

ラッキーは諦めずにスティンガーを助けに行くと言っていると、大量のモライマーズが一斉に地球に到着、スコルピオはまもなく地球が破滅する、恨むならキュウレンジャーを恨め、キュウレンジャーが来なければこんなことにならなかったから、キュウレンジャーを差し出せと発信。

地球を救ってスティンガーを救うためにはスコルピオを倒すしか無いと、ラッキー達は地球へと向かい、オリオン号を任されたバランスは前に使った解毒剤が使えるかもしれないからと持たせます。

キュウレンジャーを批難し差し出そうとするチキュウ人の姿を見て満足げなスコルピオに対し、スティンガーは強さを求めた理由を尋ねます。

強さがあれば権力も宇宙さえも欲しいものが手に入ると断言するスコルピオに、スティンガーは弱かった頃の自分を守ってくれていた兄が、次第に歪んだ強さになっていったのを見てきていて、自分の弱さが狂わせたと後悔の言葉を吐きます。

しかし、スコルピオは自分のためであり、スティンガーは関係無いとばっさり。

昔のように戻ることのできない2人、スコルピオはせめて最後は自分の役に立てとスティンガーに毒を打ち込みます。

小太郎はジャークマターに逆らわずにキュウレンジャーを批難している現場に行き、なんとか説得しようとしますが無理。

ラッキーは小太郎を連れていこうとしますが、チキュウから出て行けと石をぶつけられます。

小太郎にまで意思がぶつかりそうになるとラッキーはその石を受け止めて叩きつけると、チキュウは救ってやるから黙って隠れていると啖呵をきります。

チキュウ人として恥ずかしいという小太郎に対し、ラッキーはみんな怖いんだから仕方が無いとして、その代わり自分達は戦うための力があるから、その力を使ってチキュウを救おうと前を向かせます。

スコルピオのもとへやって来たラッキー達にスコルピオはトモキュータマを渡すように要求。

当然ラッキー達は拒否、地球の爆発を止める気なんて最初からないだろうというのも見抜いていました。

ラッキーはスコルピオを倒し地球の爆発を止めると宣言し、みんなでセイザチェンジ。

インダベーの皆さんが襲いかかってきて、さらに巨大なツヨインダベーが現れると、ショウ・ロンポー、ハミィ、スパーダがリュウテイオー巨大戦担当。

ラッキーと小太郎がスティンガーを探していると、スティンガーが襲いかかってきます。

小太郎はなんとか正気を取り戻させようとしますが、スティンガーはスコルピオの猛毒によって凶悪化し見境無し。

連携のとれたツヨインダベーの攻撃に苦戦していたリュウテイオーは一体ずつ倒すとハミィがトラップを仕掛けてリュウテイオーメテオブレイクで1体片付けると、今野はモライマーズが出てきてきりが無い状況へ。

スティンガーは小太郎を追い詰めめ、スコルピオはラッキーに自分より弱い者が死んでいく様を味わえと言うと、小太郎は立ち上がり、自分は弱くない、守るものだってあり、助けてくれる仲間だっている、チキュウ人だって戦えると啖呵を切ります。

ラッキーは小太郎に解毒剤を渡し、小太郎はスティンガーになんとか解毒剤を打とうと必死に食らいつきます。

死に損ないに解毒剤を打っても無駄と言うスコルピオに向かい、スティンガーは死に損ないではなく、誇れる兄貴だとし、必死にスティンガーを元に戻すと飛び込みます。

スティンガーは飛び込んできた小太郎を払いのけると、オウシキュータマが宙を舞います。

それを見たスティンガーはチャンプのことを思い出し、狂人から正気を取り戻すかのように動きが止まり、その隙に小太郎は解毒剤を注入。

スティンガーは正気を取り戻すと、ラッキーは1人で抱え込んでいたスティンガーに、そんなに自分達を信じられないかと咎めます。

スティンガーはもうチャンプの時のように迷惑をかけたくないと言いますが、ラッキーは1人で戦わせるために助けたんじゃ無いとチャンプが聞いたら怒ると言います。

スティンガーは自分が間違っていたことに気付き、改めて力を合わせてスコルピオと決着をつけようとします。

スターチェンジして最終決戦と言うところで次回へ。

ということで、1人で背負ってスコルピオと決着をつけようとしたスティンガーを仲間を信じて戦うように小太郎が目覚めさせたという事ですね。

兄弟という関係を今まで散々意識させてきた関係性ですから、小太郎が重要な役回りをするのは当然ですね。

小太郎に関しては諦めて文句だけ言っているチキュウ人との対比という役回りもありましたし。

次回スコルピオとの決着が付くようですが、そのままスコルピオ終了というような予告になっていますし、新キャラ登場やチャンプも帰ってきそうですしいろいろと区切りになって新たな展開になりそうですね。

今日のキュウレンジャー Space.19

「森の惑星キールの精霊」

大量のモライマーズが地球に向けてやってきてしまい、一斉に地球のプラネジュームを吸収するならば、地球は一気に爆発してしまう。

モライマーズを倒して回るには時間が無いという事で、アルゴ船を復活させるために必要なリュウコツキュータマを急いで探すことに。

ラシンバンキュータマは復活していたので探してみると、ラシンバンキュータマは惑星キールにある事が分かり、ラッキー、スパーダ、ハミィ、ナーガ、バランスがキールへと向かいます。

ドン・アルマゲはスコルピオにモライマーズ艦隊の到着と同時に地球を破壊するように指示しますが、スコルピオはそこにドン・アルマゲがアルゴ船に怯えているのではと感じとります。

スコルピオはマーダッコを蘇らせ地球にいるように指示すると、自らリュウコツキュータマを奪いに出向きます。

小太郎からスティンガーが姿を消したという連絡がオリオン号に入ります。

チャンプは順調だが、まだ時間がかかるという事。

バランスのお宝センサーがびんびんきている状態で森の中を捜索していると、いきなり蔓が飛び出してきて、バランスとナーガを縛り上げます。

ラッキー、スパーダ、ハミィはオメーガの石像作りを無理矢理やらされている住民を目撃すると、住民救出を優先し、スターチェンジして戦闘開始。

ハミィはチョウコクグキュータマを使って、オメーガの顔を削りおめめぱっちりに削り、ラッキーが斬ろうとするとオメーガはあっさり撤退。

住民にキュータマを見た事が無いかと聞くと、長老が森の奥に秘密の宝が眠っていると聞いたことがあると教えてくれますが、森に入ってはならないと止て恐ろしい精霊の話しをしはじめます。

が、ラッキー達は話しをちゃんと聞きもせずに森へと向かいます。

森に入っていくとスパーダが宙吊りにされているナーガとバランスを見つけます。

猿轡状態になっているナーガは近寄ると危ないと警告しようとしますが声がだせずに、ラッキーとスパーダも蔓に縛られてしまいます。

しかし、ステルス状態になっていたハミィが皆を助け出します。

ラッキーは蔓で攻撃してきた森の精霊エリスにジャークマターを倒すためにリュウコツキュータマが必要だと、力尽くで説得しようとしますが、リュウコツキュータマを知っているというだけで余計に警戒されます。

が、エリスはスパーダを見るとイケメンだと態度が豹変。

スパーダだけ露骨に贔屓して、はるか昔よりこの地でリュウコツキュータマの守人をしていると説明。

いつの日か、アルゴ船を求めし救世主が現れるその日までリュウコツキュータマを守り抜けとある人から言われたという事で、リューコツキュータマを渡そうとしませんが、ラッキー達は自分達が究極の救世主だから渡してくれと頼みます。

しかし、エリスは究極の救世主ではなく、普通の救世主だからと拒否。

ハミィはあとリュウコツキュータマさえあればアルゴ船が復活するからと頼みますが、あとの2つを見せるように言われ、持ってきていないために信じてもらえずリュウコツキュータマを渡してもらえず。

が、そこにスコルピオが現れてリュウコツキュータマを奪います。

ラッキー達はスターチェンジして戦闘開始。

スティンガーはオリオン号にやってくると、ガルとラプターを襲うとホキュータマとトモキュータマを手にしサソリキュータマとセイザブラスターを置いてオリオン号を去ります。

ショウ・ロンポーはサソリボイジャーがオリオン号から出撃しスティンガーが何をしたのか気付きます。

ラッキーはスティンガーやチャンプにやったことを許せずにスコルピオに向かっていきますが、スコルピオは仲間は利用するためのものとラッキーをあざ笑い、オメーガに毒を仕込んで言いなりにさせて皆殺しを命じます。

オメーガが移動したということで、ラッキーはナーガ達に任せ、1人でスコルピオと戦います。

エリスはオメーガの方に人員をさいてリュウコツキュータマを優先させないことを責めますか゛、ラッキーはこの星の人を放っておけないし、こっちは自分1人で十分だと断言。

ラッキーがスコルピオにアルゴ船を手に入れてどうするか聞くと、スコルピオはドン・アルマゲを倒し自分が宇宙を支配するとあっさり答えラッキーは激怒。

ヒカリキュータマのタイヨウモードを使い、一気にラッシュを仕掛けてリュウコツキュータマを取り戻しますが、スコルピオは尻尾でエリスを捕らえ人質にしてリュウコツキュータマを渡すように迫ります。

エリスは自分の命はどうでもいいと言いますが、ラッキーはエリスとリュウコツキュータマの交換に応じます。

スコルピオはリュウコツキュータマを手にし去って行きます。

エリスはラッキーを批難しますが、キュータマよりも命の方が大事、村人やエリスを救えなくて何が救世主だと、自分は宇宙を救う救世主であり、救う宇宙の中にエリスもいるという言葉から、エリスはかつてリュウコツキュータマを渡したオライオンの姿と重ね合わせます。

暴れるオメーガに手を焼いていたハミィはカニキュータマで挟もうとしますが、はさみが破壊されてしまいます。

チョキとグーでグーの勝ちということで、スパーダはタテキュータマで攻撃しパーの勝ち。

追い詰めたところでオールスタークラッシュでオメーガ撃破。

オメーガが巨大化したところでラッキーが合流し、キュウレンオーで応戦。

オメーガのパンチに翻弄されたことで、パンチ相手にはキックとラッキーはヒカリキュータマのタイヨウモードを使うと、バランスがあげぽよウェ~イ。

さらに、何故かナーガもあげぽよウェ~イとなってキックの連打で追い詰め、キュウレンオーメテオブレイクでオメーガをモライマーズもろとも撃破。

エリスはスパーダはどうでもよくなり、完全にラッキーにべた惚れ、キュウレンジャーがオライオンが言っていた救世主だと認めます。

オライオンはかつて宇宙を救った救世主の1人だと聞かされ驚いているところに、スティンガーがホキュータマとトモキュータマを持ち出したとショウ・ロンポーから連絡が入ります。

ラッキーはこっちもスコルピオにリュウコツキュータマを奪われたと報せます。

リュウコツキュータマを手にしたスコルピオのもとへスティンガーがホキュータマとトモキュータマを手にしてやって来ます。

スティンガーはスコルピオを倒すために1人で乗り込んできたということで次回。

アルゴ船復活はもう少しという事のようですね、スティンガーがスコルピオ相手に1人で乗り込んだということで、何となくスコルピオも最後が近いような感じになっていますかね(そう思わせておいてというパターンもありますが)

次回は小太郎が戻ってきて、スティンガーを救いそうですねえl。

で、オライオンという新たな救世主の名前が出てきましたが、これがどう繋がっていくのかも気になりますね。

今日のキュウレンジャー Space.18

「緊急出動!スペースヒーロー!」

ラシンバンキュータマが回復し、リュウコツキュータマを見つけることが出来ると思っていたのに、ラシンバンキュータマはマーダッコに盗まれてしまいキュウボイジャーで追いかける羽目に。

逃亡中のマーダッコはブラックホールに吸い込まれてしまい、1度吸い込まれたらば99%帰ってこられないと分かっていても、ラッキーは追いかけてブラックホールへ。

ラッキーがブラックホールに特攻していったのを止める間もなかったショウ・ロンポー、ナーガ、ハミィ、ガルも巻き込まれてしまいブラックホールへ。

ブラックホールを抜けると別の宇宙である地球へ。

ワームホールからの不法侵入としてラッキー達をバンが見つけます。

墜落したマーダッコは宇宙刑事の撃と出会います。

ラッキーとナーガは皆とはぐれてしまい連絡も取れなくなてし舞いますが、キュウボイジャーが大きな故障もなくラッキー。

チキュウのようなのにモライマーズが見当たらずどうなっているのか不思議がっていると、劇と一緒に歩いているマーダッコ発見。

スターチェンジしてマーダッコにラシンバンキュータマを返すように迫りますが、マーダッコから悪質なストーカーと吹き込まれていた撃は蒸着しラッキーたちを器物損壊および宇宙ストーカー条例違反逮捕しようとします。

ラッキーは逮捕の意味が分からず向かっていきます。

遊園地にたどり着いた、ショウ・ロンポー、ハミィ、ガルは自分達の見た事の無い地球の姿に驚きますが、ショウ・ロンポーはブラックホールを抜けた先にある別のチキュウのようだと理解します。

ジャークマターに支配されていない平和を謳歌していると、、仙ちゃんウメコがやって来て不法侵入の通報でやって来ますが、ガルを見てウメコはボスだと驚きます。

ガルがボスではないと分かった物の仙ちゃんは親戚かなにかかと詮索します。

怪しいものではないというショウ・ロンポーに対し惑星間ビザの提示を求めますが、ハミィはピザは知っていてもビザは知らず。

惑星不法侵入の容疑でハミィ達は逮捕されてしまいます。

劇はディメンションボンバー、スパイラルキックとラッキーとナーガを追い詰めますが、ラッキーも逆襲してマウントをとります。

その隙にマーダッコは姿を消し、ナーガは仲裁しようと撃とラッキーに割って入りますが、見事に2人からパンチを食らって倒れることに。

取調室でショウ・ロンポー達は自分達がラシンバンキュータマを取り戻すためにマーダッコを追ってここに来た経緯を説明しますが、仙ちゃんとウメコはなかなか理解できず。

そこにボスがやってくると、ハミィはガルのお兄さんと呼び、ボスとガルによるノリツッコミコント開始。

コントが一通り終わると、このままだと100%帰れないと告げます。

撃はラッキー達がストーカーではなく泥棒を追っていたというのを聞かされますが、互いによく分からないままぶつかっていたので揉めます。

ナーガは撃とラッキーを落ち着かせると、おまわりさんとは何かと尋ねます。

おまわりさんの説明を受けたナーガは自分達の宇宙は完全にジャークマターに支配されているので、おまわりさんがいないと話します。

安心や安全がないというナーガに対し、撃は自分が助けてしまった相手が本来自分が倒すべき組織犯罪者であったと知り嘆きます。

ラッキーは宇宙刑事の仕事内容を聞き、それは救世主ではないのかと言っていると、マーダッコがドルギランを奪って逃走。

ラッキーとナーガはキュウボイジャーで追いかけようとすると、撃はラッキーのシシボイジャーにどさくさに紛れて乗り込みます。

戸惑うラッキーですが、撃は急がせてドルギランに追いつくと、よろしく勇気と言い残してドルギランに飛び乗ります。

撃はマーダッコからドルギランを奪い返そうと向かっていき、2人はドルギランから外へ。

ラッキーとナーガも追いつき、2人はラシンバンキュータマを返すように迫りますが、マーダッコは当然抵抗。

ラッキーはマーダッコの銃弾が撃を襲ってくるのを守りますが、銃撃による爆破で吹っ飛ばされます。

ただ、これがラッキーにも勢いづいてマーダッコへ頭突き。

撃とラッキーはBナーガの目には良いコンビ。

そこにバンもやって来て、マーダッコを攻撃。

バンはラッキーたちがワームホールから出て地球に向かっていく現場を見ていて、それを地球署に連絡して調査していた。

ワームホールが小さくなって最終的には消えるという事をラッキー達に伝え、現在デカウイングキャノンでなんとか塞がるのを防いでいるが、もって30分。

ということで、バンと撃もラシンバンキュータマ奪回を手伝うことに。

マーダッコはデスワームを呼び出すと、スターチェンジ、エマージェンシー、蒸着して戦闘開始。

撃とナーガの銀色コンビがデスワーム、ラッキーとバンの赤コンビがマーダッコを相手にします。

ギャバンハイパーダイナミック、オフューカスインパクトでデスワーム撃破。

レグルスインパクトでマーダッコを追い詰めると、マーダッコの反撃。

タテキュータマで防御し反撃。

4人揃ったところで、オールスタークラッシュ、ストライクアウト、レーザーゼットビームでマーダッコ撃破。

無事にラシンバンキュータマ奪回。

デスワームが巨大化したところで、撃は電子星獣ドルを呼び、そこにリュウで並びたかったショウ・ロンポーがリュウボイジャーでやって来て、ラッキーも撃に合せるように頭の上に乗ります。

ドルファイヤーとドラゴンファイヤーでデスワーム撃破。

ワームホールが閉じる前に無事帰還。

それを見届けてウメコは結婚式に向けて美容院に行こうとしますが、ボスにワイハー星のビザをとったのか聞かれて、慌てて仙ちゃんととりに行くことにしますが、行こうと言う時にウメコがオッキューと答えると、ボスはオッキューは論外だと(笑)

別の宇宙いって平和というものを経験した事は良かったですね。

ということで、映画宣伝のためのコラボ回でしたが、宇宙ということで噛み合わせはよさそうなスペーススクワッドのギャバンとデカレンジャーでしたが、別の宇宙ということで、ジャークマターが宇宙を支配しているという事に対する対処をしましたね。

別の宇宙にしたことで、今後のVSシリーズとかどうするのか気になるというか、ジュウオウジャーvsニンニンジャーにも参加しているあたりの扱いはどうなるのかは気になりますが、それはそれとして今回の話しは小ネタ含めて面白かったですね。

一番はボスのオッキュー論外という、ショウ・ロンポーのロジャー論外のおかえしのような事になったというものですね(笑)

今日のキュウレンジャー Space.17

「闇のドームを照らしタイヨウ!」

スティンガーとチャンプのことがあって、早くリューコツキュータマを見つけたいと考えているガルはラシンバンキュータマがまだ使えないとあって焦りまくり。

逆に焦っても無駄と余裕の態度を見せているバランスにガルは許せませんが、ショウ・ロンポーも焦ってもしょうが無いと暗黒ドームで覆われている地区を当たることを指示。

暗黒のドームで覆われていて中に入ったらば光りが一切見えない可能性もあるという事ですが、リベリオン本部からヒカリキュータマが届く予定だからそれを使えば明かりで照らして人々を解放という事かと思いきや、光るかどうかは分からないらしい。

光ると期待してキューレット・ザ・チャンス。

ヒカリキュータマが届いていないが先乗りして調査ということで、ラッキー、バランス、ガル、ハミィ、ラプターがハミィのカメレオン忍法土掘り掘りの術で潜入することに。

ドーム内に潜入すると真っ暗でオリオン号との通信がとれず。

しかし、真っ暗かと思いきやいきなり真っ昼間に。

空に大きな黒い丸が浮き上がったドームの中では人工太陽が空の黒いところにかかる2時間だけが夜で昼間は22時間、その昼間の間は働かされるというブラック企業空間。

昼間は監視されて強制的に働かされる環境、ラッキーはここのダイカーンも最悪だと言うと、いきなり攻撃を食らいます。

反抗するものは罪として、声はすれども姿は見えないシャイドスは鉄槌を下しまくり。

ラッキー達はスターチェンジして対抗しようとするも、姿が見えない相手に一方的にボコボコにされて吹っ飛ばされます。

ラッキーは布団の上に落ちるというラッキーにその上からラプターとハミィも降っているというある意味ラッキー。

バランスとガルはゴミ置き場に吹っ飛ばされてアンラッキー、バランスは臭いセンサーを遮断するという便利機能があるものの、臭いに敏感なガルには地獄。

ラッキーはシャイドスにむかつき悪口を言うとシャイドスが姿なく現れて吹っ飛ばす。

姿が見えない相手に何か打開策は無いものかと焦るガルと、監視されていちゃ手も足も出ないと身も蓋もない事を言うバランスは当然衝突。

ガルはバランスに文句を言い単独行動、バランスは口では諦めているようなことを言いながらも、監視カメラをハッキングするなど、相変わらず食えない行動。

オリオン号でもラッキー達に連絡が付かない事で焦っていましたが、そこに小太郎がヒカリキュータマを転送してきます。

小太郎本人は順調にいっているが、チャンプは修復のためにいくつもの検査が残っていて、スティンガーは責任を感じてガチ凹み中とのこと。

通信が出来ないのでヒカリキュータマはショウ・ロンポーがリュウボイジャーで持っていくことにします。

ラッキーはシャイドスに文句を言っては吹っ飛ばされてを繰り返し、ガルとバランスと合流。

ラッキーを追ってきたハミィとラプターも合流したところで、バランスは防犯カメラの映像を見せるとシャイドスが下から現れて襲っている事が分かります。

しかし、地面の下から現れていることは超スロー再生で分かったものの、地面に穴はないということで、もう少し情報は必要だがとっかかりは分かります。

これを受けバランスが何もしていないように見せかけて分析していた事に刺激を受けたガルが、今度は自分の番だとアイディアを出します。

ショウ・ロンポーはリュウボイジャーで出向くものの穴が小さくて途中で引っかかってしまい身動きがとれずに難渋。

ガル、ラッキー、ハミィ、ラプターはスターチェンジしシャイドスの悪口大会開始。

クサイドスと言われて激怒したシャイドスはガル達を攻撃開始。

ガルは合図しハミィは透明化、ラプターは空を飛びますが、どちらもシャイドスは関係無く攻撃。

一連の流れを隠れて分析していたバランスは、空中のラプターに攻撃したシャイドスが屋根から飛び出したのを目にすると、屋根から飛び出したのではなくラプターの影から飛び出したことを認識。

シャイドスは影から飛び出して攻撃しているという答えにたどり着きます。

天井だけ黒かった理由は影が小さい状況は避けるためだった。

シャイドスが影から攻撃してくることは分かった物の、それだけでは対処できないということで、ラッキーがヒカリキュータマをとりに行きます。

ガルは時間を稼ぐために、シャイドスを挑発しまくりで攻撃を受けます。

ラッキーがヒカリキュータマをとりに行こうとしたらば、穴からギリギリ顔を出してリュウボイジャーが出現。

穴にはまってこれ以上動けなくなったものの、ヒカリキュータマは無事にラッキーの手に。

シャイドスの攻撃を受け続けて動けなくなったもののガルは降伏する気は無し。

そこにラッキーが間に合いヒカリキュータマを使うとタイヨウモードでタイヨウシシレッドに。

ラッキーはラプターに空中へと運んで貰うとテラシタイヨウと照らして影を消しシャイドスを引きずり出すと、光を浴びたバランスが超気持ちいいと力が漲りまくりでシャイドスに百烈拳ばりに連打で吹っ飛ばし、勢い余ってラッキーを空中でジャイアントスイングしそのままモライマーズへとぶん投げてモライマーズを破壊。

暗黒ドームも破壊されて外は夜。

ヒカリキュータマは上下入れ替わり、ツキモードへ。

ラッキーはシシレッドムーンになると、月の光を浴びたガルは何故かムーディーにパワーアップ。

ガルらしくないスマートな戦いぶりで追い詰め、トドメはラッキーがタイヨウツキニッショクでトドメ。

シャイドスが巨大化したところで、やっとリュウボイジャーが地上に出られて、そのままバランスとガルが加わりリュウテイオーに。

リュウテイオーメテオブレイクでシャイドスは影に隠れるのも忘れている間にフィニッシュ。

ガルとバランスは互いに認めて楽しげなコンビへ。

ラシンバンキュータマも使えるようになりめでたしめでたし。

ということで、ガルとバランスという性格の違う2人が上手くいくようになりましたというのと、ヒカリキュータマってバランスとガルをパワーアップさせるのねということで。

次回はスペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー公開記念のコラボ回。

宇宙繋がりですから、噛み合わせも良さそうで楽しみですね。

おまけ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム