FC2ブログ

今日の読書 クララ殺し/小林泰三

夢の世界を共有し、それぞれの世界の記憶を持つという特殊設定のミステリーである『アリス殺し』の続編になります。

シリーズ化されているのを知ってから手を出したので、これをシリーズ化するというのは一体どうするのだろうかと予想出来なかったのですが、シリーズは必ずしも時系列順ではないというやり方を当てはめてきたかと。

『アリス殺し』は不思議の国のアリスの世界を元ネタとするというのは、一応元ネタを知っていたからというのもあり分かりやすかったのですが、本作のクララに関しては作品となる元ネタに心当たりがなく、クララが車椅子に乗っているという登場から、クララが立ったでおなじみの『アルプスの少女ハイジ』なのかと勘違いしかかりましたが、速攻全く別物の世界であるというのが分かり、元ネタ不明のまま読み切り、巻末にドイツの作家であるエルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマンの作品群を元ネタとしていて、関連する作品についての紹介文が載っていて、ようやく元ネタが分かった次第。

元ネタの心当たりがないのですが、ホフマンという固有名詞は出ているのでぼんやりとそういうものだろうと納得し、特殊設定については元ネタが知らなくても理解出来るように説明もされていますし、元ネタを知らないとミステリーとしてアンフェアというわけではなく、楽しめるような作りにはなっています。

知っていたらば、登場人物の名前を覚えやすいというのはあると思いますが。

特殊設定でトリッキー、一般常識が別物の世界も含んでいるので、面倒なところはありますが、それ込みで独自性を出している作品になっていて、現実世界を舞台にしている本格ミステリとは別の頭の使い方をしながら読むと言うことで、なかなか良い刺激になるなと思えますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 アリス殺し/小林泰三

毎日のように見ている夢が複数の人と共有していて、夢と現実がリンクしている部分があり、その中で事件が起きて巻き込まれてというかなりトリッキーなミステリー小説になります。

夢の中の世界は、タイトルから分かりやすいように不思議の国のアリスの世界であり、不思議の国でのやりとりは普段の生活とは全く別物の面倒な条件であり、それ故に巻き込まれた事件の解決方法もなかなか思うように進まず、夢の世界と現実世界を行き来しながら難儀するという、もどかしさと設定のトリッキーさが今まで私が読んできた作品の中でも初めてお目にかかるタイプのもので驚かされました。

設定そのものがトリッキーな作品が好きな人や、あまり読んだ事はないが変わり種に手を出そうかなと考えた事がある人ならば手にしておいた方が良い作品なのかなと思えますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 猫君/畠中恵

猫は20年生きると妖怪の猫又になり、新たに猫又になったものは江戸城内の学び舎である猫宿で修業に励むことになるという江戸時代を舞台にした愉快な妖怪話という畠中恵の得意とするジャンルになります。

猫又は飼い主を呪い殺すという悪い噂が立っていてその噂を避けるために何とか手を打っておかなければいけないという中、もうすぐ20歳で猫又覚醒目前のみかんの飼い主は寿命がつきてしまい、猫又になる前から不吉な妖怪扱いされて幸先の悪い猫又生活を始めることになり、猫又として慣れる前から猫宿に送られて奮闘する羽目になるというお話ですね。

猫又たちは、江戸に6つの陣地を持っていて互いに関係が良好だとは言い切れず、それにもかかわらずそれぞれの陣地から猫又が集まってくるのだからそれだけでも大変なのに、その中には猫君と呼ばれる特別な存在がいるかもしれないとなって大騒動という。

結構な大騒動ではあるものの、畠中恵作品お妖怪というのは良くも悪くも浮き世離れしていて面白い存在であるので殺伐としそうな話であっても殺伐とした方向に振りきれず気楽に楽しめるという事は作品が変わろうとも軸は同じ、安心安全に楽しむ事ができるものになっています。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 魔眼の匣/今村昌弘

鮎川哲也賞を受賞しデビュー作ながらこのミスなどミステリーランキングで1位を取りまくった『屍人荘の殺人』の続編になります。

古典的な本格ミステリ定番である孤立した山荘というクローズドサークルで起こる連続殺人事件、大学のミステリ愛好会のメンバーが参加したりと新本格の定番を意図的に配置したもの。

そこから定番ではない舞台装置を使った特殊環境でのものにスライドし、それでいてしっかりと本格ミステリの範疇で解決するという、これはその手のミステリを読んでいれば読んでいるほど絶賛されるのも分かるというものでした。

前作も事件は一応の解決をしますが、クローズドサークルから外側の要素については解決はつかずにそこにある意味巻き込まれた部分もあるという始まりから。

今回も同じくクローズドサークルものであり、死者が4人でるという予言があるという特殊設定ものであり、前作よりは特殊性はやや薄め衝撃的な展開は前作に詰め込まれるだけ詰め込まれているので、ある意味普通の新本格の範疇といっても差し支えはないでしょう。

このままシリーズ化も十分できるような作りになっていますし、同時に長く続ける事よりもシリーズ物としての結末をつけることも想定しているかもしれないなぁという感触もあるといえばあります、当たるかどうかは知りませんが。

デビュー作が凄すぎて作品全体のハードルが上がっているのでしょうが、少なくもデビュー2作目は十分にノルマ達成という感じになっていますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 魔法使いと最後の事件/東川篤哉

八王子を舞台に魔法使いのマリィと八王子署の刑事である小山田聡介が安定感のない魔法を交えて事件を解決するシリーズ第4弾であり、しりーず最終刊になります。

前作のタイトルが『さらば愛しき魔法使い』であり、ラストで本当に姿を消したのでシリーズとしてさらばなのかもと思いましたが、今回姿を消したところから始まり、2人が結婚し奥様は魔女となる話になります。

連作短編であることは変わらず、基本線はシリーズものとしてのお約束を踏まえていますが、今回は結婚という事が絡んできて、今までの家政婦さんというところから変化がそのままシリーズとしても分かりやすい変化となっています。

とはいえ、八王子地元小ネタを中心に殺人事件ばかり扱っているにもかかわらず、シリアスさは微塵もなくネタをネタとして楽しむためのものである事は変わらず、そういう状況下でのバカなネタを楽しむものになっています。

東川篤哉作品全てに共通しますが、本当に気楽に楽しみたい人向けのミステリー小説のシリーズですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる