今日の読書 素敵な日本人/東野圭吾

とりたててタイトルには意味が無い、短編集になります。

ここの所、短編集となると連作短編であるとか、何かしらテーマが統一されたものをよく読んでいた気がするのですが、統一感のないジャンルとしてもがっつりミステリーもあれば、日常の謎っぽいもの、ちょっとしたSFっぽいものから、完全なネタものまで幅広く収められていて、統一感と言えばいかにも東野圭吾の作品だよなという事くらいのものになっています。

シリーズ物の連作短編と違って、ある意味1つ読み終われば切り替えが効いたり、1つ読み終わるのに区切りが早く来ますし、ちょっとした空き時間向けに良いなと、短編集ってある意味ではそういうものだよなぁと再確認することになりました。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 城をひとつ/伊東潤

戦国時代、相模国を中心として関東に覇を唱えていた北条氏。

その北条五代を支えた影の軍師一族である大藤氏が幻の兵法書である『孟徳新書』に書かれている秘伝「入込」の術を用いて諜報活動を繰り広げる、戦国時代を舞台とした歴史小説にしてスパイゲーム小説の連作短編になります。

伊東潤は戦国時代を舞台とする歴史小説の中で、あまり陽の目を見ないできた北条氏をメインとする小説を多く発表していますが、新作になればなるほど北条氏もので名前を売ったけれどもそれ以外も書けるんだよとばかりに、扱う時代も扱う題材も幅広くなってきましたが、そんな中でも再び北条氏を軸とした物語に戻って来てくれて、個人的に嬉しくなりますね。

歴史の表舞台での活躍とは別物を題材にすることによって、自由度が高いですし、その自由度が高い中にも北条氏の善政について詰め込んでくるあたり、本当に北条五代イメージアップキャンペーン作家ですよね(笑)

戦国大名の中では、知名度のわりにエピソードがあまり知られていない北条氏ですから、こういうのは大いに喜ぶべきですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 落語魅捨理全集 坊主の楽しみ/山口雅也

山口雅也の5年ぶりの新作という事になるのですね、久しく新作を読んだ覚えが無いと思っていましたがそこまで間が空いていたとは思ってもいませんでした。

今作は新作落語の文章化という感じですね。

古典落語をいくつか混ぜてみたり、ミステリーであるとか、その他現代小ネタをを詰め込んでみたりしていますね。

密室ネタを入れると、密室の説明は未来では知られることみたいな事をしたり、サゲになりそうになると、ここでサゲになるところですがと話を続けてみたりと自由にやっているなぁと。

山口雅也だから、ガチガチの本格謎解きみたいな事を期待するとそういうものでもなく、変わった新作落語を読むというスタンスで読むものなんだなと、恐らく私は小ネタを拾いきれていないんだろうなぁと、多少上級者向けなのかもしれないと勝手に思わずにはいられない作品ですね。

元ネタとなる小ネタを拾いきれないとダメかというとそうではないですけれども。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 一月は合格祈願×恋愛成就=日常の謎/霧舎巧

私立霧舎学園ミステリ白書シリーズ10作目となる一月は日常の謎という事になります。

本格ミステリの中で日常の謎というジャンルは、基本的には殺人事件がおきず、事件性がないものから事件性はあるけれども警察沙汰になるかどうかは、その謎に気付くかどうかで決まるとか、解釈次第でどうにでもなるジャンルであり、概ね連作短編形式、連作短編に見せかけて実は長編としても成立するように一見無関係のように見えたものが繋がったり、明確に1つの繋がりがあって最後にオチがつくとまではいかなくても、隠しテーマがあったりというような感じになるものになります。

という日常の謎というジャンル構成のようになりながら、1つ謎解きが終わるとそれで区切りが付く短編小説という形にはならずに、謎解きが出来るものと出来ないものを混在させて続いてく長編という形式になっています。

このシリーズは本格ミステリと学園ラブコメの2つの要素を両立して、マンガからミステリに興味を持った層が小説に手を出そうとする時の受け皿となる狙いを持って書かれているので、意図的にトリックによる分類などで事件をジャンルわけして、いわゆる密室ものというのはこういので、アリバイものはこういうのでという説明も兼ねていながら、同時に分かりやすいジャンルわけだけにはしないトリッキーさが特徴なわけですが、今回も日常の謎というジャンルの説明になるだけではない構造になっていますし、シリーズはこれをいれてあと3作ということで、シリーズの終わり方、ミステリの方とラブコメの方両方をかなり意識したものになっています。

ここまでは一気に読めましたが現段階ではこれが最新刊ということになり、シリーズが進むにつれて刊行ペースも落ちているので、果たして次に読めるのはいつなのかなぁと。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 十二月は聖なる夜の予告殺人/霧舎巧

私立霧舎学園ミステリ白書シリーズの9作目、十二月となる今回はクリスマスと予告殺人の組み合わせになります。

十一月と同時刊行されたというこで、実はこの2作は対になっている関係性となっているという凝ったものになっています。

予告殺人というタイトルではあるものの、露骨に分かりやすく誰を殺すという予告状が届くというようなものではなく、毎月事件のジャンルが別物という設定であったり本格ミステリっぽさやら、元がマンガ読者から小説読者へと枠を広げようという読者への受け皿狙いというのもあり、本格ミステリと学園ラブコメの両立を狙っているシリーズですが、クリスマスというイベントもあってラブコメ要素は強めに感じたりしましたが、毎月イベントものと言えばそれまでですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム