FC2ブログ

今日の読書 モモンガの件はおまかせを/似鳥鶏

楓ヶ丘動物園の愉快な飼育員達が活躍するシリーズの4作目になります。

今回は連続短編型長編になっていて、動物がらみのトラブルの軸としてペット業界や責任感の無い飼い主などペット関連となっています。

シリーズが進むにつれて、レギュラー陣の素性が明らかになっていきますが、実質探偵役の女性獣医の鴇先生が一番いろいろと明かされていっているのは、そういった立ち位置になりやすいだけのものがあるからでしょうし、今後まだまだ明かされることがありそうに思えますね。

ネタ満載で気楽に読めるような作りの中に、闇を感じさせるものがふんだんに入ってくるのは似鳥鶏の作風であり、このバランス感覚は維持し続けて欲しいと思えますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 迷いアルパカ拾いました/似鳥鶏

楓ヶ丘動物園の愉快な飼育員達が活躍するシリーズの3作目になります。

今回はタイトルにあるようにアルパカが動物園に迷い込んできていて、それを確保した事から厄介事に巻き込まれていくというものになります。

アルパカという特種な動物であるにもかかわらず、どこからも持ち主が現れず、そこに行方不明事件が起きてという事になりますが、シリーズ物という事でレギュラーキャラクター回りの人間が絡んできて、それを利用してそれぞれのキャラの過去を出していったりという手法になっているのは、長期シリーズを狙いとしてそれぞれのバックボーンを小出しにして感情移入しやすいようにと狙っているというのもあるのかなと思ったりしますが、私にはそのやり方が狙い通りになっていますね。

個人的に動物園に行こうと思わないくらい、普段動物に対しての興味は薄いのですが、動物好きの人が読んだら違う面白さを感じるのだろうなとは思いますので、動物好きでミステリー好きにはど真ん中なシリーズなんでしょうね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 ダチョウは軽車両に該当します/似鳥鶏

楓ヶ丘動物園で働く愉快な飼育員達が活躍するシリーズの2作目になります。

今回は県民マラソン大会に沿道で応援していたところ、コースを爆走するダチョウに遭遇、飼育員達が必死に確保した事がニュースや動画サイトを賑わしたところを発端に動物園が物騒な状況に巻き込まれるというお話になります。

シリーズ化しての最初の作品という事で、登場人物の過去の話が絡んできたりと前作よりもシリーズとしての狙いが強めになっています。

基本的には気楽に楽しめるノリでありながら、絡んでくる事件は何気に結構重たいというのは似鳥鶏の作品の特徴の1つになるとは思いますが、いかんなく発揮されていますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 午後からはワニ日和/似鳥鶏

楓ヶ丘動物園を舞台にしたシリーズの1作目になります。

楓ヶ丘動物園で凶暴でいて、特に希少性が高いというわけでも無いイリエワニが快盗に盗まれるという事件が発生。

それを発端に快盗による事件が続きというお話となりますが、動物園という特種な仕事環境とそれに関わる濃い目の職員達が事件解決に向けて、飼育員が事件に関わっている可能性を考慮しないといけない状況という事で、一枚岩というわけでは全く無い中で奮闘するという流れになります。

動物園を舞台にワニが盗まれるという事で、職業ものの日常の謎系なミステリーかなと早い段階では思ったりもしましたが、日常の謎とするには事件性高めのものになっています。

シリーズ化されるだけあって、キャラ濃い目の登場人物となっていますので、事件が起きた中の日常でのやりとりといったものを楽しめる人には間違いなく楽しめるものになっていますし、もっと素直に動物好きならば楽しめる要素も多いのではないかと、動物に一切詳しくないので判断出来ませんが。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 三つのアリバイ 女子大生桜川東子の推理/鯨統一郎

女子大生桜川東子の推理シリーズ完結編になります。

前作『テレビドラマよ永遠に』でシリーズが実は1作目だけが小説内現実でその後は、ヤクドシトリオの1人が小説として書いていたものとして続いていたという、かなり強引なやり方によるシリーズとしての設定が明らかにされましたが、それを受けてのシリーズ集大成という形になり、それまでのシリーズは基本的にテーマのある連作短編だったものが、短編では無く1冊丸々1つの話となっていて、事件を何かのテーマに見立てて推理されるというきまりは緩く、事件に関係する話はあるけれども、扱う雑談は大きな意味での物語という事になり、それまでの雑談をも振り返る感があります。

雑談のくだらないネタに見せかけて、わりと真っ当な社会分析が入ってきたり、そう見せかけてどうしようもなくくだらないものだったりと、そういうのを混在させたこのシリーズらしい締めくくりになっていますし、それをひっくり返すかもしれないという風にも思えたりするラストでした。

昭和なネタが多すぎるシリーズですので、令和でシリーズをおしまいにするのも区切りとしてはいいのかもしれないなとは思ったりしますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる