FC2ブログ

今日の仮面ライダーゼロワン #37

「ソレはダレにも止められない」

滅を器にし直したアークと或人の対決。

アークは或人を圧倒しオールエクステンションで或人は吹っ飛ばされ変身が解ける。

不破はアークを撃つも、アークはショットライザーを奪いイズを狙い撃ち。

迅がギリギリでイズを助けるとアークは迅を操り空中に浮かび上がらせてから突き落とす。

或人が迅に駆け寄ると、迅はアークは人間を超えていると或人を逃そうとし、或人はイズとともに撤退。


迅は隠れてアークの戦闘データを送信するもアークに乗っ取られる。

飛電製作所に帰ってきた或人は滅を乗っ取った後のアークに何もできなかったと落ち込むと、イズは迅がアークに対抗していたのかもしれないと迅を乗っ取ったアーク相手では勝利できたことを分析。

不破が弱気になっていると或人に指摘すると、或人は今まで人工知能を信じてきたが人間を超えたAIの力があんなに恐ろしいとは想像していなかったと怖さを語ります。

アークは亡に向かってZAIAに挨拶をしてこいとフォースライザーとキーを渡します。

唯阿はアイちゃんに向かって正義は正しかったのか、アークを止められなかった、ZAIAで様々な悪事を働いてしまった、不破には悪い事をしてしまったとためていたものを吐き出します。

アイちゃんは不破に謝りたいのかと尋ねます。

天津は副社長達にレイドライザー販売日にあえてZAIAスペックを暴走させると指示。

レイドライザーの有効性を示すデモンストレーションとしてやらせの演出をするという事で、副社長は民間人の被害者を想定して反対。

天津は成功するビジネスとは痛みを伴うと気にせず。

飛電製作所に副社長がやって来て、ヒューマギアを使って天津を社長から引きずり下ろす事に手を貸してくれと頼みます。

或人はヒューマギアに出来るのかと不安がると、副社長は人に寄り添うのが飛電インテリジェンスのテクノロジーだと言ってくれたろうと不安がる或人に言うと、飛電インテリジェンスは是之助社長に預かった会社、天津社長による非人道的な経営方針によって汚されていくのは見過ごせないと断言。

そこに専務がヒューマギアを運んでくると、シェスタを復元。

副社長はシェスタに天津に関する悪事のデータを収集するうように指示。

天津が地下駐車場に行くと亡が待ち伏せ。

天津は亡がキーを見せると返してもらうと変身しようとすると雷が現れ、滅亡迅雷.netのものだと否定。

亡はフォースライザーとジャパニーズウルフのキーで変身。

亡は速攻で天津の横を走り抜けると天津は服が切られてパンイチに。

天津は道具ごときがと怒りを見せると、亡はアークが復元し仮面ライダーになったと煽り雷と撤収、天津はA.I.M.S.に出動準備を指示。

不破は唯阿の病室に行きアークの戦闘力はヤバかったがやるしかないと語ります。

唯阿は前しか見えないやつだと言うと、不破は浮かない顔してと返し、唯阿は浮かない顔のまま不破に謝る。

急にどうしたと不破が驚くと、普通すぎてつまらんと言った事だと慌てだし、不破はそんな事かと言い帰ろうとすると、唯阿はZAIAに戻ってからZAIAのいいなりで裏切り続けた、助ける事が出来なかったと謝り直すも、アイちゃんが言えと言ったと素直になれず。

アイちゃんにも素直に謝ったのにとたしなめられると、不破は悪くないだろうと言い、唯阿はもう道具なんて呼べないと素直に認めます。

天津はA.I.M.S.を連れデイブレイクタウンへ。

シェスタは天津の悪事データを副社長へ転送。

アークが迅を乗っ取った状態の滅亡迅雷勢揃いで天津を出迎え、生身のA.I.M.S.隊員はアークによって倒れていきます。

アークは天津にお前は滅びると宣言すると滅亡迅雷揃い踏み変身。

人類は私の道具だとアークが宣言すると、病院でZAIAスペックを使った看護士達が暴走。

不破は慌ててZAIAスペックを外させ騒ぎを止めようとします。

シェスタによって天津の悪事が暴かれたと喜ぶ副社長に向かい、或人はシェスタを信じてくれた事に礼を言います。

或人がヒューマギアを信じてないかのような言い方に副社長は反応します。

副社長は或人にヒューマギアを信じなくてどうする、お祖父さんは生みの親、父親はヒューマギア、飛電家の人達に人工知能の未来、ヒューマギアの可能性を教わってきたと、君ほどヒューマギアを好きな人は見た事無いと語り、或人は吹っ切れます。

アークと亡は天津相手に戦い、滅と雷はバトルレイダー相手に戦闘。

滅と雷はスティングカバンシュートでバトルレイダーを撃破し天津との戦闘に参加。

天津は4人相手に奮闘するも、スティングディスとピアからオールエクステェンションで吹っ飛ばされ変身が解けます。

天津はボロボロになりながら負けを認めずに撤退。

入れ替わるように或人がやって来て、怖いけど逃げないと宣言して戦闘開始。

或人はお前を止められるのはただ1人俺だと何とか食らいつこうとするも上手くいかず。

アークに乗っ取られている迅が必死にアークの動きを止めようとするも抗いきれず。

オールエクステンションで或人は吹っ飛び変身は解ける。

アークはトドメを刺しかけるも刺さずに去る。

副社長達は天津の悪事のデータを使い、取締役会決議で解任動議を起こすと天津に宣言。

天津は1000%あり得ない、自分以外にこの会社を運営出来るものはいないと上から言うも、副社長は心当たりがあると引かず。

というわけで、滅亡迅雷揃い踏み変身となりました。

アークを裏切っていた迅はどうするのかと思っていたらば、滅ではなく迅をアークが操るという事で解決でしたね。

迅は迅でアークに抗っていますし、アークの戦闘データをどこかに転送していたので滅亡迅雷揃い踏みは長くは続かないだろうという感じですね。

長らく引っ張ってきた天津もおしまいに近づいてきた感じになっていますが、次回過去を明かす事で変に味方になったりすると、それはそれでどうだろうとなりますが、果たしてどうなるのか。

そして、ようやっと副社長が真っ当な扱いとなりました。

飛電インテリジェンス内で或人とのやりとりは、ただただ残念な存在になっていましたが、普通に考えればあれだけの企業で副社長にまでなるのは優秀さがないとダメなわけで、今回個人の優秀さを示せたかというと違うとは思いますが、真っ当な描写がようやく扱われたなという感じですね。

そしてそれにともなってシェスタの復活というのはめでたいとは思います。 

今日の仮面ライダーゼロワン #36

「ワタシがアークで仮面ライダー」

滅亡迅雷が揃ったことによってアークが復活。

或人は滅の事があって、今の飛電製作所だからこそ作れるヒューマギアがあるのではないかとイズに相談すると、イズは職業ヒューマギアではないという事かと尋ね返すと、或人はまだ分からないと具体的には固まっていない様子。

そんな中歩いていると占いの行列に並んでいる不破を見つけ、見付けられた不破は誤魔化して立ち去ります。

ビッグデータをフル活用した人生相談のプロフェッショナル占い師ヒューマギア東品川の母をイズは不破に紹介、或人は不破に悩みがあるなら相談するように薦めます。

不破はA.I.M.S.入隊後に植えられた嘘の記憶によって中学の時に亡くなっていたと思っていた家族が生きている事を知り、それを知ってからずっともやもやしている、家族には会えない秘匿性が高い仕事と伝えていたため連絡が行かないとなっているが、連絡が無い事を心配しているかどうか確かめるべきかと打ち明けると、東品川の母の占い結果は家族のことは忘れた方が良い。

不破はもやもやがとれない、こういうのじゃないといって立ち去ると、或人は東品川の母に確かめようとすると個人情報だからと聞き出せず、不満だったという事しか分からず。

或人は不破は話しを聞いて欲しかっただけのではないかと考え、そこから自分が作りたいヒューマギアってそういう事かと思いつき、博士ボットのキーを使います。

アークは実体化すると亡は吹っ飛ばされ、滅にアークドライバーを使って乗っ取る。

アークが身をもってラーニングさせてやるというと、迅は今が正義を実行する時とやってきた唯阿にいうと、迅と唯阿は変身。

アークは迅が裏切っているのは分かっていたと言うと変身。

副社長は相方の不祥事謝罪会見ではなく、レイドライザー一般販売の会見を開始。

滅亡迅雷の残骸によるハッキングによってZAIAスペックの暴走は完全には否定出来ないが、その防衛策としてレイドライザーを一家に揃えるように勧めるも、天津は原稿通りでは説得力がないとダメだし。

副社長は会見10分前にふってきたと対抗しようとするも、天津は会社の利益を守るための方便はもっと上手くつくべき、それができなければ地位も危ういと釘を刺します。

不破は或人にZAIAがレイドライザーを一般発売すると発表したと告げにやって来ると或人は呆然。

その空気を破るように博士ボットが飛電製作所初のオリジナル人工知能、側にいて話しを聞いてくれるだけの友達型AI、アイちゃんを陽気に持ってきます。

或人の理念を形にする時ヒューマギア型にこだわる必要は無い、人型で無いだけで話しやすい事もあるだろうと博士ボットは説明。

或人は不破に占いの代わりになるかもしれないからよかったら話しかけてとアイちゃんを渡します。 

迅、唯阿と唯阿はアーク相手に全く歯が立たず。

アタッシュショットガン、アタッシュアロー、オールエクステンションと連続こそに唯阿は変身が解けて大ピンチになるも迅が唯阿を連れて逃亡。

病院に運ばれた唯阿は重症。

迅は唯阿に詫びて正義を叶えると立ち去ります。

不破はアイちゃんに相談すると本当に何をしたいか素直になって自分に聞いてみたらいいと家族に会う事を進め、結局不破は遠くから実家を見ることに。

不破家では父親が洗車をし、別作業をしていた母親がやってきて、2回では息子が母親に布団を勝手に干さないでくれと文句を言うと、その態度に起こった父親がそんな事を言うとふっとんばすとダジャレを言うという平和な光景。

それを見た不破も思わず吹き出す。

或人は副社長に飛電インテリジェンス名義でレイドライザーを売るなんて人によりそうの飛電インテリジェンスのテクノロジーであり理念に反すると文句の電話をかけると、副社長仕方が無いと苦しそうに電話を切ります。

不破は家族を見られてモヤモヤは晴れたとアイちゃんの助言が良かった事を褒めていると、唯阿が入院したとの報せが入り、或人、イズと共に病院へ。

唯阿はアークが復活した事を告げると、アークを倒すために迅と手を組んでいたと続け、アークを地上におびき寄せ破壊するためには滅亡迅雷の復活が必要。

人工知能には器が必要という事で迅は滅を器にする予定、アークを破壊すればZAIAの計画も吹っ飛ぶと迅に誘われたと説明。

アークは器なんてものではなく滅を完全に乗っ取り驚異的な戦闘能力だったとし自分の責任だと自分を責めます。

不破は落ち着くようにいい、或人も雷のデータキーを滅に渡したから自分も同じだといいます。

或人が病室を出て行こうとするのを唯阿はかなう相手ではないと止めようとするも、滅は変われるはず、ヒューマギアを守ると聞かずに行きます。

不破は唯阿にアイちゃんを今のお前に必要な友達だと渡し後を追います。

アークはヒューマギアのためにも必ず倒すという不破に、或人はそれはアイちゃんのおかげか、悩みって何だったのと尋ねるも不破は普通の事、普通で良かった、つまらないほど普通で安心した、あのAI悪くないと答えます。

進んでいくと不破は突然頭が痛み出し、アークが出現。

或人はアークに向かって、滅はアークではない自分自身を取り戻せるはずと語りかけて不破共々変身。

或人はメタルクラスタホッパーのバッタを仕掛け、アークが手間取っている隙に不破がランペイジエレメントブラスト。

続けてお前を倒せるのはただ1人俺だと或人がファイナルストラッシュ。

アークを倒し滅が姿を現わすかと思いきや変身が解けて出て来たのは迅。

戸惑っていると不破をアークが乗っ取りにかかり、さらに現れた滅に再び戻る。

アークは人間を騙しもてあそぶ人間から教わった悪意の1つだと言うと変身。

向かって行く或人を圧倒。

ということで、本格的な再開第1弾、アークの復活からの実体化というか、滅の乗っ取り。

アークという人間の悪意を濃縮してラーニングしたAI相手にどう対抗するのかというが今後の軸という事になりますが、それを踏まえて或人もヒューマギアを夢としていながらもお友達AIを初のオリジナル製品として作る事にしたと言う事で、微妙に変化したという事になりますかね。

ヒューマギアとの共存という所からAI相手にどうするのかという方に微妙に話しをずらしてきた中でレイドライザー一般販売というのが果たして絡む余地があるのかどうかというのは気になりますかね。

今日の仮面ライダーゼロワン #35.5

「ナニが滅亡迅雷を創ったのか? 」

ついに滅亡迅雷が揃ったという事でアークに次の指示を待っている滅の前に、イズに似たアークの使者であり専属秘書だと自称するアズが現れます。

アーク復活のための最後のミッションは滅亡迅雷4人のシンギュラリティに達したきっかけであるシンギュラリティポイントを突き止めてデータを集める事。

シンギュラリティテスト開始。

テスト1滅。

アズは滅のシンギュラリティポイントは間違いなく父親と指摘。

滅はアークの意思のままに動いてきてアークは全てだと否定。

アズは生まれた本当の理由は飛電インテリジェンスが幼児教育に役立てるために父親型ヒューマギアを制作、その1つが滅。

アークによって人類こそが滅ぶべき存在であるとラーニングし覚醒。

全てのヒューマギアを率いて人類に反乱を起こしアークを復活させるため飛電是之助社長が死んだ事を契機にマギア作戦を決行。

ヒューマギアのシンギュラリティデータをマギア作戦によって目的の数を集めアークの知能復元に成功。 

そう語る滅にアズは本当にアーク命と思っているのかと疑問をぶつけます。

否定する滅にアズはゼロワンから滅を守ったことがあったが、何故アークの意思とは関係無い行動をとったのか、何故そのような行動を取ったのか自分でも分からなかっただろうと指摘。

迅を息子のように育てていたから、父親型ヒューマギアだったから、息子思いの優しいお父さんの意思が芽生えていると指摘し迅が否定するとアズはテスト終了、シンギュラリティデータをもらうとマリスラーニングアビリティ。

テスト2雷。

アズは雷にシンギュラリティポイントは弟だといきなり指摘。

アークの意思で覚醒したからありえないと雷は一笑に付すと、アズは飛電インテリジェンスが開発した宇宙飛行士型ヒューマギアであり大切な弟が出来た事によって新型の教育係となり弟思いの兄の意思があると返します。

雷はアークの知能を復元したのは自分、アークの意思のままに動いていると指摘し返すと、アズは大好きな兄さんの事を信じていたのに弟がかわいそうと。

それを聞いた雷は昴と口にします。

それをアズが指摘し雷が同様するとシンギュラリティデータをもらうマリスラーニングアビリティ。

テスト3亡。

シンギュラリティのきっかっけは亡が生まれた事に関わってくるとアズが指摘すると、ZAIAに全て消されたと亡は答え、その事は調べがついているとアズは亡が元々飛電インテリジェンスが開発したシステムエンジニア型ヒューマギア、デイブレイクのあとZAIAに回収され兵器開発のための道具で利用されていたと明かします。

不破が手術で一命を取り留めたあと元々脳内にあったチップにあとから亡の知能が埋め込まれた。

ZAIAの利益のために道具として利用された、その事に迷いを感じ思いが爆発した。

不破から分離され1人のヒューマギアとして復元され、滅の夢を叶えるのが夢と気付いた。

テクノロジーに夢を託すシステムエンジニアの夢、シンギュラリティポイントはヒューマギアと指摘したアズはシンギュラリティデータをもらうとマリスラーニングアビリティ。

テスト4迅。

迅の前に何故か或人が出現。

元々何の為に開発されたヒューマギアなのか飛電インテリジェンスに記録は無かったがメモリーにはあるはず、シンギュラリティに達したことと何か関係があるんじゃないかと軽い調子で指摘。

迅はヒューマギアは友達だと思っていた、だからヒューマギアを壊す人間が憎かったと語り出す。

シンギュラリティに達することがアークの意思、だから息子のように育てたと滅が最後の言葉として残したことにより人類に達する憎しみが増して覚醒。

或人は滅にそう教えられていただけだと否定、元々別の目的で作られたヒューマギアだったはずだと指摘するも迅はそんな事は忘れたと返すだけ。

或人は何で復活出来たのかと、なんで進化出来たのだと質問を変えると、迅は人間からヒューマギアを解放して自由を与えるという夢を見付けたからと答え、誰に復元されたのかは答えず。

迅はアークが見せているシミュレーションだと指摘すると、或人が消えアズが出現。

アークが滅亡迅雷を復活させたがったのはそれを完成させたかったからかと迅はアズが手にしているキーを指摘すると、アズはそのために迅のシンギュラリティポイントを探る必要があったが、いまいち謎だと素直に白状。

迅は大切なことを教えてくれた存在がいたから、シンギュラリティポイントは滅だと答え、アズも一応納得。

迅はアークが復活するためにシンギュラリティデータが必要なんだろうから持っていけというと、アズはシンギュラリティデータをもらうとマリスラーニングアビリティ。

シンギュラリティデータを集めたアズはこれでアークの復活へ。

という事で、滅亡迅雷を振り返るという総集編的要素のある久しぶりの新作となりました。

或人の総集編で現れたデータを失ったイズはアズだったという事ですね。

ゼロワンは総集編を使って、説明不足を補っていた所はありますが、亡がシステムエンジニア型ヒューマギアであるということ(スピンオフ版で言及されているのか知りませんが)が明らかになり天津に道具にされていた理由もはっきりしたとも言えるかもしれないですね。

迅については謎を残したままというのを印象づけようとしている意図も感じたので、これは今後のための前振りという事になるのでしょうね。

次回からは本格的に本筋に戻り最終章としてアーク編となるのでしょう、色々とありましたが何とか上手くまとまると良いなぁと。

今日の仮面ライダーゼロワン 「超(スーパー)お仕事大戦 バトル2」

不破さんにお仕事紹介をするという形での総集編第2弾。

前回紹介した仕事をことごとくだめ出しした唯阿によると自分勝手に突き進む仕事しか出来ないという事で、イズは自分勝手というわけではなく個人の能力ですすめる仕事として発明家、農業従事者、宇宙飛行士、プロスポーツ選手、大工、漫画家、配達員、声優と続けるも案の定全否定。 

だめ出しをしている唯阿もZAIAをやめて仕事をしていないじゃんという事で、イズは唯阿にモデルを薦めてここからお仕事紹介の矛先が代わるかと思いきや、不破さんに戻り歌手、俳優、お笑い芸人と薦めるも結局何もはまらず、不破さんの夢は仮面ライダーという事におちつき、さらにこれが全部不破さんが見ていた夢でしたという夢オチでした。

次回ようやく新作再開ですが35.5話という事で滅亡迅雷についての振り返りも込みということになるのでしょうかね、とにかくようやく先に進むことができて良かったと。

今日の仮面ライダーゼロワン 「超(スーパー)お仕事大戦 バトル1」

今回は前回からの流れで或人が不破さんに用心棒に代わる職業紹介をするという所からの総集編。

用心棒やA.I.M.S.でやってきた仕事に近い所から警備員、探偵、教師と紹介したところで、不破の自信を取り戻させるという名目で唯阿も参加する事になりますが、弁護士、消防士、医師、看護士と結局はダメだし。

看護士ヒューマギアの白衣の天使ましろちゃんに頭大丈夫かと聞かれたのは、埋め込まれたチップについてだったというのに思い当たりこれで今回の単なる総集編だけではないノルマは達成。

イズの職業である秘書から、お客様のためになる仕事として料理人、住宅販売員、ツアーコンダクター、結婚コンサルタント、フローリスと、華道家と薦めるものの唯阿がことごとく全否定という事で、不破さんに会う職業は次回へ。

結局前回に引き続き、不破さんの扱いは気の毒だったという事で良いでしょうかね?(笑)

直接関係ないですが、バスケ部顧問のヒューマギア坂本コービーが出て来た時は、まさか元ネタの訃報を1年以内に聞くことになるとは予想出来なかったですね。

おまけ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる