FC2ブログ

今日のキラメイジャー キラトーーク! 相方大好き魔進

今回は元ネタを隠す気もない番組パロディ型の総集編。

ファイヤーとマッハでじゃんけんをして勝ったマッハが司会進行役で魔進達が相方を褒めまくる形で紹介。

良いところばかりが出た後にファイヤーがいちゃもんをつけてダメなところを指摘するという流れ。

時雨は相変わらず変だよねいじりが多目だったり、為朝をリーダーにしようとしていたショベローを騙して充瑠をリーダーと認めさせたというの事のネタばらしをしたり、マッハが瀬奈好きすぎてどんびきされたりいろいろ小ネタありでしたが、キラメイ音楽祭なんてぶち込んでくるとは思わなかったですねぇ(笑)

次回もキラトーーク!このバトルがスゴイ!!という邪面師編となりますが、それを口実に相方大好きが続くような予感も。

今日のキラメイジャー 1・2話 未公開カット蔵出し いまいちどスタートダッシュSP

今回は充瑠が仲間になるまでを先にキラメイジャーになっていた4人から視点で振り返るという総集編となりますが、力の入るパイロット版という事で、尺の都合でカットされていたシーンの蔵出しも兼ねるというピンチを逆手にとった手法で、蔵出しシーンは左上に分かるように提示されている親切設計。

蔵出しシーンですが、為朝、小夜、時雨、瀬奈がヨドン軍襲来で初めて呼び出しを受ける所、本業中に呼び出されるのは蔵出しで復活出来て良かったと思える部分で、それこそ為朝のゲームにおける解説しながらのプレーはセリフが大変そうなだけあって、カットされたのがかわいそうになりましたし、エピソードゼロをみないで本編を見る人にとっては本業で有名人というのをガッツリと描写しているのを入れておかないと伝わりにくい所もありましたからね。

そして、充瑠がひらめキーングで魔進達を生み出したのを踏まえ、博多南代表が予言通りと思わせぶりなセリフ、充瑠が一見すると一番頼りなさそうでありながら、実は一番得意な能力を持っているというのを強調するには必要なんでしょうが、いずれそこに関する事は絶対にやるでしょうね。

そして代役ンの尻同士をぶつける解除方法は最初に時雨でやった時にすでに出ていたんですね。

1話も2話も戦闘終了後にいきなり話が終わって昭和の頃のようだと感じていたりしましたが、これは尺の都合でカットされていたということでしたね、瀬奈が充瑠を認めて呼び捨てでいいなんてやるあたり、今回蔵出し出来て良かったなと。

5人で上手くやっていけるようになったとまとめておいて、6人目登場の予告となりましたが、本当に再開が待ち望まれますが、次回は相棒大好き魔進によるキラトーーク!

今日のキラメイジャー エピソードZERO

今回はテレビ本編開始前に劇場公開された魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO。

劇場で見た時も思いましたが、これを1話にしても普通に成立するというものですね。

最後にレッドが選ばれるという展開になると大人の事情で嫌がられるというのがあるとかないとか目にしたことがありますが、ストーリーとしてはこれを見てから1話に入ると分かりやすいのは変わらないですし、ここまで見てきて各キャラクターが分かった上で見ると、よく分からないまま見ていた時と違って楽しめましたね。

時間の都合もあるでしょうが、さすがにエンディングのコラボダンスは無かったですね(笑)

今日のキラメイジャー エピソード10

「時雨おいかける少女」

マブシーナ姫が頭に大根を構え小夜を横に立たせて、時雨は2人に動かないように指示するとキラメイチャージするとキラメイソードが伸びて離れた所にある大根を斬り、そのままの勢いで小夜も斬るかと思いきや小夜を斬る前にキラメイソードの伸びがなくなり小夜は無事。

充瑠が想像力でキラメイストーンを変化させるのを見て、大根を斬るまでは長く、小夜の直前で消えるようにイメージしたと。

キラメンタルをコントロールしたんだと小夜は驚きます。

そこにデリバリーが届いたと連絡が入り、時雨はサルシッチャドック・チェダースペシャルを楽しみに作戦室に戻ると、博多南代表にいいオーダーだったと声をかけられ、真ん中を食われていた。

充瑠、為朝、瀬奈は死んだはずなのに毎晩目覚めて歌うという都市伝説で話題のヨドミヒメについて盛り上がっていた。

夜中の2時から30分だけヨドミヒメを褒め称えるワードで検索してヒットすれば見られる、その確率は2万分の1と為朝は語り、画面を覗いた時雨は驚き、充瑠が知っているのかと聞くと気のせいと誤魔化します。

クランチュラはガルザに向かい、スモッグジョーキーがまた乗っ取られジャメンタルが覚醒したというのは気のせいだったのかと煽ると、ガルザは売られた喧嘩は買う姿勢を見せてからのほほんとしていていいのかと煽り返します。

クランチュラは作戦はすでに始まっていると返します。

深夜マブシーナ姫がやめた方がいいのではという中、充瑠、為朝、瀬奈はヨドミヒメについて検索しヒットすると愚民共我の歌で安らかに眠れとライブ映像開始。

充瑠、為朝、瀬奈はライブで洗脳状態になり生ライブのチケットがモニターから投げ込まれ、3人の体内へ入り、マブシーナ姫だけ無事。

ライブチケットにはヨドンヘイムの印が入っていた。

小夜は3人の体に入った異物は心臓と同化していて取り出すのは不可能と診断。

マブシーナ姫はクリスタリア人特有の結晶構造の皮膚おおかげで助かったとし、何があったのか聞きます。

マブシーナ姫はヨドミヒメの姿が変わってチケットを投げてきたと見せ、博多南代表はヨドミヒメが邪面師であるのではと推測すると、時雨は人間が操られている可能性があるというと大量のファンレターを持ってきます。

ヨドミヒメの姿が大量のファンレターを送ってきている古寺良世に似ていると見せ、マブシーナ姫も似ていることを確認し邪面師に体が乗っ取られていると推測します。

小夜は手紙に住所が書いてあると確認し時雨と一緒に現場に向かおうとしますが、時雨は力強く小夜に頼むといい、あり得ないと突っ込まれてもあり得ないと思うが頼むと力強く断言。

しかし、小夜に無理矢理連れられて良世の住所からコーポ北村に。

時雨は敵に体を乗っ取られているとなると、ここにいないかもしれないと考え安堵していると、しぐたんと言って良世が登場。

時雨は熱烈すぎるファンだと、これまでの事を話すと、小夜は早い話がストーカーと納得。

時雨は良世に最近仮面を被った化け物に接触したかと尋ねると、良世は世間話のテンションでト音記号のおじさんの事でしょと認めます。

ト音記号のおじさんは俺に任せればアイドルになれるから契約しないかと言われると、しぐたんと釣り合うレベルの人気ものになりたかったからと躊躇ゼロで契約していた。

時雨は罪も無い人を苦しめる、仲間3人が配信を見て倒れた、今すぐ辞めるようにと迫ると、良世はだったら結婚してくれると迫り、時雨が嫌がります。

それを見て、やっぱりふさわしくないと思っていると批難し、だからもっと視聴者数を上げてビッグになると語り始め、マブシーナ姫は小夜にヨドンの気配があると伝え、小夜はキラメイチェンジャーを使うと、良世の背中に邪面師がおぶさっているのを発見。

時雨と小夜はキラメイチェンジすると、しぐたんが変身してうっとりしている良世を今度は邪面師がおぶって逃走。

ベチャットの皆さんに阻まれ時雨は足止め、小夜は追いつくも背負っている良世が邪魔で思うようにならず。

時雨が追ってくると良世はト音記号のおじさんを止めるも、やめるように時雨が説得しようとすると結婚を迫り、躊躇されると撤退しようとします。

邪面師は今度のライブで作戦は完成すると言い残し撤収。

時雨は1年前きっぱり断ったのにと、ファンだと言ってくれた人を嫌いになれない、今の俺には芝居しか無いと謝っていた回想を語ると、魔進達に断っていない、むしろ期待させてしかいない、優しさじゃ無くてかっこつけとぼろくそ言われます。

深夜に全国各地でヨドミヒメのファンが姿を消していると時雨は博多南代表に報されます。

充瑠、為朝、瀬奈も小夜の前から消える。

地獄のライブが行なわれ、オーディエンスは邪面獣にエナジーを捧げ最後には食われるとト音記号のおじさんがテンション高くライブ開始を楽しみにしていた。

時雨はライブに行こうとすると、博多南代表は邪面師と一体化している彼女をどうやって助けるのかたずねると、時雨は斬ると答え出掛けます。

ライブ開始になり、愚民共に歌を聴かせようとするも誰もいない。

チケットを解析して会場を特定し誘導信号の発信源になった幕を破壊したと小夜が現れます。

正気に戻ったと充瑠達も現れ、ライブは中止になったと時雨もやって来ます。

時雨は伊予に向かって考えに考えて改めて誠意を示すといい、良世が受け入れてくれるのかと喜ぶと、斬ると答え構えるとブルー・ホリゾンタルスラッシュ。

良世ごと邪面師を斬ったかと思いきや、時雨は真ん中を食べられたサルシッチャドックを思い出し、キラメンタルのコントロールでソードの中間部分を消したと小夜は理解します。

邪面獣にはこの闇エナジーを捧げると言い残しト音記号のおじさんは爆死。

ライブ会場が邪面獣ステージシェルガが出現。

キラメイジンで応戦。

ステージシェルガの攻撃に音波には音波応戦。

地中に潜ると、モグラ叩きでいこうとキラメイジンローランドで対抗。

ガルザがスモッグジョーキーで出陣してくると、瀬奈がキングエクスプレスにして対応しようとするも、キングエクスプレスから強制的に分離。

ガルザはジャメンタルは意のままだと言い、ステージシェルガはキラメイジンの背後に回り押さえつけてからスモッグジョーキーで攻撃。

小夜はひらめクイーンと時雨の技を応用。

スモッグジョーキーの攻撃にあわせて胴体分離し同士討ちにさせます。

そこからキラメイダイナックでステージシェルガを撃破。

ガルザは撤退。

帰り道、良世はしぐたんと走って向かってくると、時雨は話があると覚悟を決めるも、いきなりミドルキック。

良世のことを斬るなんてこっちから斬ると言うと、良世を助けた小夜に付き合ってくれと言い出す斜め上の展開。

小夜は付き合うことはできない、それよりキラキラすることを見付けるようにと男前に断ります。

ということで、時雨メイン2回目でこれまで充瑠がかならず絡んだものだった話から、初めて小夜が準メインになり、新たな展開に入ってきましたね。

時雨はメイン回は必ずネタ回にならないといけないのかと、メイン以外でのシリアスな感じな扱いとの差が激しいあたり、ルパンブルー透真に通じるものを感じますね。

そして、これから色々な組み合わせによってキャラの幅を見せられると楽しみになってきたところで、次回は映画公開されたエピソードゼロの放送。

6人目がすでに発表されていますが、撮影はまだ出来ていないという事なのか、撮影までは何とか出来たけれども編集作業が間に合わないということなのか、まぁどのみち大変な状況ですよね。

エピソードゼロをテレビ放送できるのは、映画を見ていない人には親切設計でこれはこれで良いとは思いますけれどもね。

今日のキラメイジャー エピソード9

「わが青春のかるた道」

瀬奈は軽く流しただけのジョギングで充瑠と為朝相手にぶっちぎりで為朝にスピードでは無敵だと言われます。

そこに村雨真木埜が現れ、私が怖くて逃げた落ちこぼれ、スピードだけで勝負できる競技に鞍替えして良かった、こっちじゃ永遠にトップになれないからと煽りまくり。

充瑠は煽る真木埜が気になります。

為朝は無敵の瀬奈が勝てなかった競技があったんだと驚きますが、詳しく語る前に邪面師が現れたと連絡が入り現場に向かいます。

ヒャクニンイッシュ邪面は人々の額に百人一首をはりつけ取り札にしていた。

瀬奈は真木埜の呪いと驚くと、充瑠はさっきのと食いつき、瀬奈はかるたクイーンの村雨真木埜と教えます。

時雨と小夜も合流してキラメイチェンジ。

ヒャクニンイッシュ邪面は上の句が読み終わる前に取り札を取れるか勝負しろと要求し地獄百人一首スタート。

ヒャクニンイッシュ邪面がちはやぶると詠むと、瀬奈はそうきたらからくれないと札を見つけて払うも払った空中で爆発。

上の句を読み終えた瞬間に爆発する仕掛けになっていた。

充瑠がハードルが高すぎと嘆くも、ヒャクニンイッシュ邪面は俺がルールブックとノリノリ。

うかりけると詠んだところで、瀬奈はうかはげと反応しギリギリで払ってから爆発。

ヒャクニンイッシュ邪面はおてつきしても爆発だと煽ると、瀬奈はおてつきで昔のトラウマを思い出し、難波と詠んだところで反応するも、江のと続き間違えに気付きストップ。

爆発してしまうと恐れたところ、正解を真木埜が払って救助成功。

キラメイグリーンになっている瀬奈を瀬奈だとしっかりと分かっている中、瀬奈になにわではじまっているのは2枚、次がえならみをつくしてや、次ががならあはてこのよを、つっこむのはその4文字目が出た瞬間だと説教。

ヒャクニンイッシュ邪面は無視されて激怒していると、その隙に時雨が読み札を切り上げ、充瑠、為朝、小夜で読み札を撃ち抜くと、取り札も消えて取り札にされていた人々の救出成功。

ヒャクニンイッシュ邪面は捨て台詞を残して撤退。

クランチュラは雅やかな百人一首を使って地球人を痛めつける作戦にノリノリだが、ジャメンタルを得たガルザが静かなのを見て、もっとあげあげになるかと思っていたのにと話しかけるもスルーされます。

このまま瀬奈だけに負担をかけるわけにはいかないと時雨はカルタクイーンに特訓してもらおうと提案すると、瀬奈は反対。

充瑠は瀬奈が真木埜を苦手っぽかったと理解を示すも、為朝は今そんな事言っている場合かとばっさり。

嫌なものは嫌と瀬奈は脱走。

新城ヶ丘かるた会館に出向いた為朝、時雨、小夜、マブシーナ姫は真木埜に協力要請し受け入れられます。

瀬奈が1人で佇んでいるところに充瑠がマッハを連れて行き、マッハで一緒にドライブ。

瀬奈は真木埜の前だととにかく勢いだけで突っ走ってお手つきばかりだったと語ると、充瑠は突っ走るのは瀬奈の良いところじゃないかとフォロー。

競技カルタではそれが弱点でしか無かった、そこをしつこくつかれて、音速のプリンセス封印した方が良いんじゃないかと煽られていた。

昔は仲良しだったんだけどもと、せをはやみという歌をせなはやみとわざと間違えて詠んで、瀬奈にぴったりだと笑い合っていたことを思い出し、いつからかぎくしゃくしてと語ります。

真木埜の特訓で時雨達は短時間で有段者なみにスキルアップしていた。

そこにヨドン百人一首で勝負とヒャクニンイッシュ邪面登場。

真木埜も一緒に戦うというと、ならば俺が札を読むとガルザも登場。

為朝はあっさり敗戦で

『黄色ダメ 不用意出でてに 先手詰む ただ後手後手にやつは負けつつ』

と札にされる。

充瑠は瀬奈に突っ走るのは本当に弱点かと尋ね、真木埜が瀬奈のことを怖いと思っているのではないか、負けたくなくて必死なんだと目が語っていたと言います。

瀬奈は信じられないとなるも、考える前にマブシーナ姫からヒャクニンイッシュ邪面に苦戦しているという報せが来ます。

充瑠と瀬奈が駆けつけると時雨は

『服着ない 秋の出先の 時雨では さぞ大風邪に 罹り治らん』

小夜は

『見よ今の 釜の熱さで 小夜こけて 足元緩く 小指うつなり』

と札にされていて、ヒャクニンイッシュ邪面を相手に真木埜が戦っていた。

せと始まったところで真木埜が札をとるも、ヒャクニンイッシュ邪面はお手つきだと指摘。

真木埜は瀬を速みだろうと反論すると、ガルザは

『瀬奈速見 いかにせかせか 戦うも やられた末に ぎゃふんとぞ思う』

と詠み、真木埜はそんな札あるわけがないと文句。

しかしヒャクニンイッシュ邪面は札を見つけて見せつけると、これがヨドン百人一首と卑怯を開き直り。

真木埜は瀬奈に向かって勝ちを見せつけたかったと悔しがると、瀬奈はまさかと思うけれども私のこと怖かったと聞きます。

真木埜は苦笑しながら、音速のプリンセスのくせに気付くの遅すぎ、こっちが先に動いてもスピードじゃ絶対にかなわないから、わざと嫌なこと言って動揺させたりしていたと告白。

瀬奈はまんまとそれにはまっていたのかと気付きます。

真木埜は謝ると、クイーンになれたのは瀬奈がいなくなったから、戦えなくなってずっと寂しかったと言いながら

『村雨の 強さまだ見ぬ 真木埜には 友も男見守る 飽きのくるころ』と札にされます。

瀬奈はキラメンタルが熱く上昇しヒャクニンイッシュ邪面との対戦。

充瑠はヨドンの百人一首じゃ上の句も下の句も分からないと不安を口にするも、瀬奈は思い切り突っ走らせてもらうと気合い十分。

瀬奈は思い切り突っ走り、上の句も下の句も分からないまま札をとりまくりで音速のプリンセスぶりを発揮。

札が分からないからヒャクニンイッシュ邪面の動きだけに集中し先回りしていた。

ヨドン百人一首に負けたヒャクニンイッシュ邪面ががっくりすると、札にされていたみんなが復活。

ヒャクニンイッシュ邪面がもう暴力で行くと開き直ったところで、キラメイチェンジからの雅やかな名乗り。

瀬奈が音速のプリンセスぶりを発揮し攻撃すると、ヒャクニンイッシュ邪面はヒャクニンイッシュリケン。

百枚全部退けてから、キラメイラッシュストリームでヒャクニンイッシュ邪面を撃破。

保険適用でヘイアンキョウバスラ出撃。

キラメイジンで応戦。

鳴くよウグイス平安京アタックに続き、魔進ジョーキーも参戦。

ガルザは逃げようとする車を見付けると良い餌だと掴み上げてヘイアンキョウバスラの顔につけます。

瀬奈が卑怯者と罵ると、ガルザは卑怯者と呼ばれるとこのオーラは喜ぶとジャメンタルの特性を把握。

充瑠は魔進エクスプレスを呼ぶと、瀬奈が乗り込みキングエクスプレスへ。

ガルザはまたもや取り込まれるも、クリスタリアの伝説の四巨神の一角、音速の巨人をもう一度味わおうと開き直り。

瀬奈はヘイアンキョウバスラを攻撃し、車を救出。

キングエクスプレスバーンバスターでヘイアンキョウバスラ撃破。

ガルザは撤退。

瀬を早み 岩にせかるる 瀧川の われても末に 逢むとぞ思ふ

崇徳院の歌を真木埜は瀬奈の歌でもあるが、実は自分の歌でもあると真木埜は言い、瀬奈に意味を確認します。

瀬奈は今は分かれてもいつかはきっと再会しようと答え、瀬奈はいつかではなく今からかるたをしようと仲直りも音速のプリンセスぶりを発揮。

という事で瀬奈編でもあり、演じる新條由芽特技ネタ編となりました。

前回のメイン編よりも好感度のあがる話になった感じですね、元々ムードメイカー的な役割も担っているので好感度は高いとは思いますが、分かりやすくキャラの印象をよりよくするお手本のような話でしたね。

おまけ

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる