fc2ブログ

今日の仮面ライダーリバイス 第47話

「狩崎の反乱、変身の代償」

狩崎はあんたの悪魔はもういないせいせいするよと。

デッドマンズとオルテカのおいたを止めて、やばいくらいの兄弟ケンカもちゃんと止めて、明石をぎゃふんと言わせて、いっぱいいろんなことあったけどみんなで乗越えて、ラスボスのギフを倒した。

世界も平和になってもう変身する必要もないし一輝がこれ以上家族の思い出を忘れる事もないしこれでゆっくり風呂に入れるとバイスは満足。

狩崎はまだ終わりじゃないと行動を開始。

父ちゃんと一輝はドミノを並べて撮影。

大二は組織の立て直しと残務処理のために出かけようとしていると、テレビではギフが消滅したとは言えギフの遺伝子を持つものがまだ残っているので脅威がさったと考えるのはまだではないかというような分析を流していた。

母ちゃんはテレビを消し気にしない、あんた達は胸はっていればいいと言うと、大二は出かけます。

さくらも出かけると本を読みながらドミノを起用に避けて歩いて行くと、ラブコフがお弁当をもってドミノを全部はじき飛ばして後を追いかけます。

父ちゃんがせっかくのリベンジドミノだったのにと嘆くと、一輝はリベンジと聞き直して微妙な空気に。

このドミノ前にも一緒に作った事があるんだねと一輝が謝ると、母ちゃんはここからまたスタートすればいい、これから濃い思い出作っていけば良いと父ちゃんも取り繕います。

一輝は時間だと言ってバイスと共に出かけます。

さくらがラブコフからお弁当を受け取ると、さよならを言いに来た、私にできる事は終わった、これからはデッドマンズとしての罪を償うと花が現れます。

門田と光がウイークエンドのアジトを整理していると、門田は狩崎の子供の頃の写真を見て引き取りに来なかったなと言います。

光がケースを運ぼうとし門田も手伝いますが、労働時の息切れが半端ない状態。

大二はフェニックスで隊員達が倒れているのを見付け驚きます。 

狩崎は花の前に現れ変身しいきなり襲う事に。

ポンがBYTUBEを復活させ一輝とバイスはゲストとして呼ばれた。

バイスはボンにシャバの空気はどうですかといじったりしても、ボンは2人のおかげだと礼を言う。

一輝は子供達にサインをねだられていると、花が襲撃されたと玉置から連絡が入り一輝は現場へ向かう事に。

玉置は一方的にボコボコにされとどめにインパルスゲノムエッジを受け変身が解けると、そこに一輝が到着。

狩崎は変身を解き、一輝とバイスはどういう事だと戸惑います。

狩崎はようやく完成した悪魔の力に頼らない、人類の人類による人類のための最強のライダーシステム、ギフの力が残っている以上本当の平和は訪れない、人類の未来の為現存するライダーシステムを、仮面ライダーを駆逐するそれが最後の使命だと言って狩崎は仮面ライダージュウガに変身。

平和になった世界に俺たちは邪魔という事かと一輝が尋ねると、理解が早くて助かる夜と言いながら狩崎は攻撃。

一輝がドライバーを手にするとバイスはこれ以上家族の事は忘れたくないだろうと止めます。

一輝がそれでもという素振りを見せると、バイスは俺っち1人が変身する分には記憶への影響は少ないだろうと言うと、バイスだけ変身。

一輝が玉置が大丈夫かどうか確認していると、門田と光は花の様子を心配していた。

狩崎はバイスとの1対1で互角よりやや優勢というところでインパルスゲノムエッジを放ちバイスをぶっ飛ばすも、不具合が出て撤退。

しあわせ湯に戻り大二は玉置も花も無事だと報告。

全ての仮面ライダーを駆逐する、ギフの遺伝子が残っているからって何なんだと、さくらは怒るとラブコフが元気づけようとします。

一輝は仮崎が本気だったと言うと、また俺っちが戦うから大丈夫だと盛り上げようとし、そこに父ちゃん母ちゃんも帰ってきて晩飯は唐揚げだと盛り上がります。

しかし一輝はお客さん銭湯は15時からと2人を客扱いして場が凍り付きます。

一体どう言うつもりだと門田が仮崎に迫ると、仮崎は全ての生物種を制御できるこのドライバーで真に平和をもたらすと答え、本当にそれが目的かと門田は念押し、それ以外に何があると仮崎は答えます。

バイスだけが変身しても一輝の記憶への影響は減らせなかったとバイスは謝ると、一輝のためにと思ってやってくれたんだろうと父ちゃんは礼を言い、記憶が無くなっても一輝は俺たちの家族である変わらないと言うも、母ちゃんはそんなに簡単に受け入れられないと泣きます。

記憶の事ずっと言えなくてごめんと一輝は大二とさくらに謝ると、大二は謝らないでくれ、元はと言えば俺のせいだと言い最初に変身出来なかった事を思い出します。

後悔はしていない家族を守るためだったからと一輝が言うと、それで家族の事を忘れたら意味ないじゃんとさくらは泣きながら言い返します。

何かを得るためには何かを失う等価交換だ、それを覚悟してお前ら俺たち悪魔と契約したんだろうとカゲロウが突然姿をあらわし、一輝とバイスはそういう契約だっただけだと、嘆いても現実は変わらないとカゲロウが続けるとさくらがブチ切れ、変えられないなら仮崎を倒すしかないだろうとカゲロウは続けます。 

カゲロウから大二に戻るとさくらに謝ります。

さくらはカゲロウの言うとおり私達で戦おうと言うと、仮崎の強さは尋常じゃ無かった俺たちだけで勝てる保証はないし兄ちゃんを巻き込んでしまうかもしれないと大二は戦わない事を選び残りのバイスタンプとドライバーを返しば仮崎を説得出来る可能性はあると答えます。

ワンチャンあるかとさくらも納得、仮崎が受け取らなかったらと一輝が聞くと、さすがに戦うしかないそれでも兄ちゃんには変身させないと大二は言います。

その時は俺元一輝が言おうとすると、選択の余地はないとバイスが止めます。

バイスは大二とさくらに託してドライバーとバイスタンプを渡します。

君たちの方から出向いてくれるなんて嬉しいよと仮崎は五十嵐3兄妹を歓迎。

今の俺たちに戦う理由はないはずだと大二が言うと、では家族のために戦え、私には私の理由があると仮崎は返答。

大二はおれとさくら父ちゃんのドライバーも全て渡す、だからもうこれ以上家族から何も奪わないで欲しいとドライバーを差し出すと、仮崎はそれじゃあ意味が無いと大二を殴り飛ばします。

さくらは手加減できないけどいいのと言うと、嬉しいよその方が証明出来ると仮崎は変身。

大二とさくらも変身。

仮崎は2人を相手に圧倒。

さくらはラブコフとインビンシブルになり反撃するも仮崎のクラッシュゲノムエッジで大二もろとも吹っ飛ばされ、アメイジングフィニッシュでさくら変身解除。

アメイジングフィニッシュで続けて大二も変身解除。

一輝はドライバーを拾うと、家族の事忘れちまうぞとバイスが止めます。

俺の家族に手を出すなと一輝は大二とさくらがやめるようにいっても変身しようとします。

という事で、ギフが消滅して後は残務処理という状況かと思いきや仮崎が仮面ライダーを殲滅すると変身して襲い回る立場となりました。

一輝の記憶消滅度合いが進みすぎて父ちゃん母ちゃんも忘れてしまうようになってしまったという事で、これ以上戦うわけには行かないとなったものの、仮崎と戦わなければ行けない羽目に陥ってしまって次回なわけですが、仮崎は何かを証明するために戦っているという事のようで、その狙いは不明というかギフの遺伝子は危険だからとかそういう分かりやすいものではないのだろうというのは匂わせていますね。

ギフを倒してしまってから仮崎をラスボス扱いとしてどう落としどころに持っていくのか予測がつけられないですねぇ、実はまだギフが生き残っていたとかいう引っ張り方では無いと思いたいのですがどうでしょう。

今日の仮面ライダーリバイス 第46話

「向き合う勇気…真に護るべきものは何?」

五十嵐家よお前達を新しい始祖として迎えよう、人類の滅亡か我らで新しい世界を創り直すのか選べとギフはバイスを使い一輝達に決断を迫ってギフは去り、バイスは倒れる。

しあわせ湯に戻り一輝はバイスに大丈夫なのか聞くと、バイスは大丈夫そうではない様子ながら大丈夫だと答えます。

どうやったらギフを倒せるんだと大二が弱音を見せると、どんな事が起っても決断は一緒だと一輝が言い、世界を救うと大二も続きます。

必ずギフを倒す方法はあるはずだと一輝が言うと、バイスはひと叫びしてから風呂入ってすっきりしようと風呂に入ろうとすると、一輝はどこの風呂に入るんだと言ってバイスは戸惑い、そんな時間ないだろうと大二が続けてとりあえず風呂には入らず。

バイスは一輝の記憶を気にします。 

さくらはラブチャンは無理しなくても良い、どうして私の言うこと聞いてくれないの、私が守ってあげるから次は絶対とラブコフと大げんか。

そこに次はないと花が言い放ち、2人とも足手まといだから来ないで、さくらがラブコフを気にしながら戦えば隙が生まれる、そして今度はそのさくらを誰かが守らなければならなくなると断言し、反論するさくらに大事な相棒の声ちゃんと聞いて、耳を傾けて、大切な人を守りたい気持ちはみんな同じと指摘。

そのやりとりを玉置は聞きます。

門田が狩崎のもとへ行くと狩崎は研究に夢中でろくに寝ていないという事で酷い顔で寝ていた。

門田はギファードレックスの力が何故ギフに通用しないのか何か考えられることはないかと助言を求めるも、狩崎はこの研究が何よりも最優先と目の前の研究を続けながら助言を断る。

人類が滅びるかもしれない、みんなギリギリのところで戦っているんだと激昂する門田に対し狩崎は五十嵐三兄妹が奇跡を起こしてくれる、話は終わりとまともに取り合わず、ほらと弓を与えます。

一輝達がギフ相手にどうすれば良いのか考えがまとまらないところにさくらが帰ってきます。

ラブコフはまだ戦える状態じゃないみたいだというさくらに一輝や大二も黙り込むと、ラスボスってみんな無敵なのずるいだろとバイスが叫びます。

するとカゲロウが現れ、1回だけ大二の攻撃が利いたというと、繭を吐きだした時ねとバイスが思い当たると、大二は手応えがあったのはあれだけだと。

大二の攻撃と共に繭が吐き出されたなら亜空間はギフと繋がっているとカゲロウが言うと、バイスも餌にしたやつらを繭にして保存していたから胃袋みたいなもんか急所といえば急所かもとバイスも話に乗っかると、外にいるギフと戦いながら亜空間の中から攻撃すればダメージを与えられるかもしれないと大二は思いつきます。

それに賭けようと一輝が言うと、あんな場所誰が行くのよとバイスが気付きます。

一輝と大二は無言でバイスを見るとバイスは慌てふためくと、ギフが現れた事を知ります。

一輝達が現場へ向かおうとする中、さくらは時間もらえると言うと、一輝と大二は任せておけ、ラブコフはさくらの悪魔一心同体だ一緒に戦えるようになるまで待つと言います。

さくらは一輝兄のお節介久しぶりにもらったかもといい、大二にも礼を言い一輝達は出かけようとすると母ちゃんは晩ご飯まで帰ってきなさいよと声をかけます。

母ちゃんはさくらに頑張りすぎているんじゃないと声をかけます。

玉置は光の病室に行くと、光はいとしのアギレラ様を守るんだろとドライバーとバイスタンプを渡します。

一輝達が現場へ出向くと、ギフはデッドマンやギフテリアン達を伴っていて決断を聞きます。

一輝、バイス、大二はお前を倒すと変身し戦闘開始。

バイスは一輝にバイスタンプを投げ、一輝はファイナルリミックスしてギファードレックスファイナルスタンピングで絶対に戻ってこいよとバイス異空間へ蹴り込みます。

さくらは初めて変身しないでラブコフを実体化。

弱い存在だと思っていたから、守らなきゃって一輝兄や大ちゃんみたいに心の底からラブちゃんを信頼出来ていなかったのかも、ペットじゃないのにとさくらはラブコフに謝ります。

ラブコフもさくら守ると言うとラブコフの背中の傷が大きくなり、それを見てさくらはちゃんと成長しているんだと気付き、一緒に戦おうそして守ってねと言います。

バイスは亜空間に入り、なんか見た事があるとギフの棺を見付けます。

一輝と大二はギフテリアンやデッドマンがわらわらと出てきてギフの所までたどり着けず、大二は一輝にギフの所へ行くように言うも、一輝も前に進めず。

そこに花が空中からやって来て参戦しイキはギフに向かいます。

ギフの棺はバイスを襲い、一輝はバイスが何か見付けたのかと話すとバイスはビンゴだと伝えます。

ギフは敵味方関係無く攻撃し一輝は吹き飛ぶ。

大二も花もワラワラと迫る敵に翻弄され、一輝を助けにいけない。

そこに、アギレラ様これから世界がどうなってもあなたを守りますと玉置がやって来ます。

でもこれはあなたの為じゃない、自分の罪を償い人々を守るための変身ですと玉置が花に向かって宣言すると、花は顔が固い笑えと命令。

玉置は変身し参戦。

花は玉置に足引っぱんないで夜というと、かしこまりましたと玉置は答えます。

バイスはギフの棺相手にお前もおれっちみたいに人間と仲良くすれば良いじゃないかと言うも、捕らえられ食べられるんじゃないかと不安になります。

一輝はギフに押されて後退、大二は一輝を守ろうと周囲のギフジュニアの皆さん達と戦います。

圧倒的な物量作戦相手に玉置は初心者には難易度が高すぎないかと弱音をはきながら戦っていると、おまたせと、さくらがやって来る。

玉置に先こされたとさくらは言い、花がラブコフはと聞くとおラブコフは実体化して怪我やないんやと言いながら参戦。

玉置はラブコフが喋ったのに驚き、花はじゃあ何と聞くと、脱皮よとさくらは答えます。

さくらはラブコフと変身、手加減できないけどと戦闘開始。

ラブコフもさくらを守るでと一体化した事で防御しながらの攻撃。

花と玉置はここは任せて先に行けとさくらを一輝達の方へ向かわせます。

一輝はギフに苦戦、大二もギフテリアン達に苦戦していると、大二の背後のギフテリアンが倒れた。

門田が矢を放ちギフテリアンを倒すと、大二とカゲロウにお前達はそんなものかと発破をかけます。

カゲロウと大二は舐めてもらっちゃ困ると立ち上がり奮闘開始。

とらわれていたバイスは諦めかけるも、一輝は今の俺たちなら何だって可能だといってバイスタンプを握り、バイスも同じように知ると一輝の手からバイスへとバイスタンプが向かい燃えだしてバイスはギフの棺の拘束から逃れられます。

バイスタンプは再び一輝の手元に戻ると、大二はエビリティパーフェクトフィナーレをギフの背後へ放ち動きを止めると、一輝は一気に、いや一緒に行くぜバイスとギファードフィニッシュをギフに向けて同時に放ちます。

亜空間が燃えて戻ってこいと一輝が言うとバイスは炎まみれで帰還。

さくらも合流し五十嵐三兄妹が揃ったと言うと、人間の悪魔は極上の味がする何と醜い生き物だとギフは言います。

そうかもしれない、でも俺たち人間には悪魔が必要だ、みんな必死に悪魔と向き合って、悪魔のささやきに反発し抗って人間は成長していくんだと一輝は言います。

ギフは何でミルに耐えん争いが永遠に続くんだというと、それが人間なんだ愚かで弱くて誰でも必ず間違いを犯す、でもだからこそいとおしいんだと大二は言い放ちます。

たとえ道を外れても変われる人間だっているとさくらが言うと、そんな人間が大好きな悪魔もここにいるとバイスがカゲロウに話をふると、カゲロウはおめぇと一緒にするなと。

そう遠くない未来人間を待つのは自滅だとギフは言うもそうはさせない人間の可能性を信じる、自分の悪魔と仲良くなれるその力をと一輝は返し、人間は変身出来るんだと五十嵐3兄妹とバイスで一斉にギフにキック。

忘れるな人類は必ず過ちを繰り返すと言い残しギフは爆散。

ついにギフを倒した。

しかし空には謎の光が伸びていき、悪魔の力には頼らないと狩崎は口にします。

という事で、さくらはラブコフを守るという一方的な関係から脱し相互的な信頼関係を結びパワーアップ。

玉置もようやく変身という事になり、総出でようやくギフを倒す事になりました。

さくらとラブコフの関係性についてはもっと早くにやっておいても良かったような気がしますが、ギフを倒すという事に関しては強化されたタイミングというのは良いのではと言う判断なんでしょうね。

実質的にはバイスに無茶をさせた結果ギフを倒せたという事になるとは思いますが。

今回でようやくギフを倒した事になり、次回までの間が夏映画の時系列という事になるようですが、映画を見た時は本編後だと思っていたのがそうではないという事になるわけで終盤まだ何かが残っているんでしょうね。

今日の仮面ライダーリバイス 第45話

「終わらぬ悪夢、守る者と守られる者」

一輝はギフを封じ込めたものの、あれで良かったのかと悩んでいた。

大二と門田はギフから噴出されたオルテカの入った繭を追って森の中へ花と玉置も捜索していた。

オルテカを包み込んでいた繭はいきなり小さな虫となって飛び去った。

玉置はオルテカを見付けると殴りかかろうとするのも花が止める。

花は、あんたを政府に突き出すとオルテカに言うと、自分達は正義の味方だから許されるととオルテカは返し、全てが終わったら私もと花は決意を表明。

門田がオルテカに手錠をかけ、大二もやって来ると、まるで同窓会だとオルテカは嗤います。

大二は繭はどこに行ったのか気にします。

繭から飛び立った虫たちは街中の人々に取り憑くと人々が苦しみだし繭に覆われます。

しあわせ湯にようやく再開出来そうだなとぶーさんがやって来ます。

父ちゃんは順調に快方に向かっているとの朗報を聞いているにも関わらず、一輝は元気ないとバイスは気付きます。

ギフを封印してあれで良かったのかという一輝に対し、あれ以外方法無かったとバイスが答えると、一輝はなんだか胸騒ぎがすると言い、バイスは気のせいこれ以上戦って記憶を失う事もないと言いながらも一輝がまた何か忘れたのかと心配します。

世話になったと狩崎は荷物をまとめてしあわせ湯をあとにしようとすると、真澄さんの事残念でしたと一輝は気にし、狩崎は答えずにバイスに手を貸してくれと頼みます。

何もかも終わったんだと一輝が考えようとしていたところ、街に大量の繭が発生していると大二から連絡が入ります。

さくらはウイークエンドのアジトで、何だか前より広く感じる、強くなれたのかとラブコフに話しかけ、これからもずっと守ってあげると言います。

そこに門田がやって来て、街の様子として繭になった人々の画像を見せます。 

さくらは、まだ終わってなかったと驚き、ラブコフの背中に穴が開いています。

狩崎は荷物運びを手伝ったバイスに悪魔らしさのかけらもないというと、だとしたらそれは一輝のせいだとバイスは返すも狩崎は話を最後まで聞かずに車を出します。

取り残されたバイスは戻ろうかとしていると、悪魔よ目覚めよというギフの声が聞えてきます。

一輝はウイークエンドのアジトにやって来て大二と門田に現状を聞きます。

門田は考えたくはないがギフの影響である可能性が高いと繭騒動を分析。

花は小さな虫がギフテリアンになっているのを見付けると、ギフが何か仕掛けていたのかと大二もギフが封印しきれていなかった事を認めます。

みんあ現地へ行って何とかしようとする中、門田は玉置に残ってみんなのサポートをするように指示。

敵の正体が分かっていない以上危険だと言われても玉置は現地へ向かいたそうにするも、花は玉置の安全のために言っているとお留守番。

無視が人々を襲っている中一輝達は現地に到着し避難を誘導。

ヘルギフテリアンまで虫が集まって出てくるのを見て一輝は驚き変身。

大二は虫が襲ってくる中変身。

さくらと花も変身して戦っているとデッドマンまで現れ襲ってきます。

ラブコフはさくらの前に立ちかばおうとすると、さくらはラブコフの背中に穴が開いてるのに気付き怪我をしているのかと指摘。

ラブコフは違うと言うも、さくらは皆まで聞かずラブコフに下がるように言うと、デッドマンと戦闘開始。

バイスは戦闘中に苦しみだし、一輝と大二はバイスを守ります。

バイスはギフの悪魔よ目覚めよという声に反発。

さくらは戦いながらラブコフがいつ怪我をしたのかと心配しまくり。

バイスはギフがしゃべりかけて来て超うぜえんだと一輝に言うと、まずはこいつらだとギファードフィニッシュで回りのギフテリアン達を一掃。

カゲロウはバテる前に変わってやろうかと大二に言うも、大二は力を借りたい時は俺から言うと拒否。

バイスの調子がおかしくなったりギフテリアン達がわらわらと出てきたりという事で、一輝も大事もギフは生きていると確信します。

ラブコフの背中が大きく割れ始める。

ラブコフの怪我がドンドン酷くなっているみたいだとさくらが心配すると、ラブコフは怒ります。

さくらはラブコフにまずは怪我をしっかり治すように、1人でもなんとかなるからと言い含めます。

その様子を見ていた玉置に門田は残れと言ってすまなかったと謝ります。

もう仮面ライダーになれない事がつらくないのか玉置が門田に聞くと、もうおっさんだからと嗤った後、お前の気持ちもよく分かる誰だって本当は守る側でいたいんだと門田は玉置を慰めます。

そのやりとりを聞いていたさくらと花は何かしら思うと心を見せます。

狩崎は父の墓標に向かい、もうあんたの力は頼らないと仮面を置きます。

バイスは夜中しあわせ湯で歩いていると時計の針が逆回転。

一輝はバイスを探して家を飛び出し、そこでバイスが空中にとらわれているのを見付けます。

人間こそ悪魔との言葉と同時にギフが空中に出現。

バイスは墜落し一輝は心配して駆け寄るもバイスは意識を戻さず、全てを無にとギフの声が続きます。

ギフはデッドマン達を甦らせると、そこに大二がやって来る。

一輝は大二に止めるぞと言うと、大二もカゲロウお前にも出番をやるよと入れ替わり変身。

さくらと花もやって来るとギフテリアン達が行く手を阻み2人揃って変身。 

さくらはラブコフに安全な所に隠れているように言いますがラブコフは参戦しようとします。

カゲロウは準備運動にもならないとデッドマンを倒して行くも、ギフが出現させたデッドマンに背後から襲われ変身が解けます。

カゲロウが集中していないのを指摘しながら大二に入れ替わり変身し戦闘開始。

大二と一輝で次々にデッドマンを倒して行くも、ギフが新たにデッドマンを出現させてキリが無い。

一輝は大二にギフを地上戦に持ち込めないか聞くと、大二は飛んでギフに向かい、エビリティパーフェクトフィナーレ。

ギフは地上に降りてくると、一輝と大二は立ちはだかるデッドマン達に向かって行きます。

花とさくらがギフテリアン達の物量作戦に苦戦していると、ラブコフが助けに入ろうとします。

さくらは危ないから隠れているように言ったでしょとラブコフを責めるもヘルギフテリアンの一撃をくらって変身が解ける。

ギファードフィニッシュを一輝はデッドマンズの間を狙ってギフに放つも、ギフはダメージを受けた様子無し。

一輝と大二は同時にギファードフィニッシュとエビリティパーフェクトフィナーレを放ちデッドマンごとギフを狙うとデッドマンは一掃出来たもののギフは無傷。

逆にギフの一撃で一輝と大二は倒れる。

五十嵐家よお前達を新しい世界の始祖として迎え入れようとバイスが義父の前に立って言います。

という事で、ギフを封印出来たと思っていたけれども出来ていませんでしたという話でした。

映画版を見ていますが、オルテカはここで逮捕されていたんですね。

ギフの影響によってバイスが持っていかれたというのと、ラブコフが何かしらの変化を見せる予兆を出しているというのが今回の話の軸になるという事ですね。

ここ数年の仮面ライダーの定番、倒したと思ったらば倒せていませんでしたの繰り返しで引っぱる終盤、どうやって結末まで持っていくのでしょう?

劇場版仮面ライダーリバイス バトルファミリア

こちらも当然映画を見ました。

ギフを倒して父ちゃんと母ちゃんが飛行機で旅行に出かけたところハイジャックにあって、ハイジャック犯は明石長官と同時期にギフによって永遠の命を与えられていた男であるアズマ。

五十嵐3兄妹は父ちゃん母ちゃんと乗客の皆さんを助けるために現場へ向かう事になるけれども、ハイジャックされた飛行機が行った先は高い壁に囲われた城塞のようになっていて、奪還作戦は手の込んだものになったという流れですね。

坂本浩一監督ですのでアクション全開ですし、ハリウッドや香港のアクション映画でやりそうな事を落とし込んでまとめましたというもので、テレビ本編との繋がりはあるけれども細かい事は気にしないでねという感じですかね。

明石長官と同じく太古の昔から人間が自滅しないように見張っていたアズマがケイン・コスギが演じているという事で忍者装束が出てくるシーンがあるのは明らかに狙っていたなと。

そして次作の仮面ライダーである仮面ライダーギーツが顔見せ登場しましたが、夏映画で次作の仮面ライダーが出てくるというのをすっかり忘れていたので結構驚いきましたね。

ストーリーとしては細かい所がちょいちょい気になりますが、映画だから大画面でアクションを楽しめば良いんだよという姿勢で見ると正解かなって思いますね。

そもそもテレビ本編からして細かな整合性とか視聴者への情報の与え方のバランスのおかしさとか、それぞれの行動規範とか心情とかとっちらかっていたりするのでね。

今日の仮面ライダーリバイス 第44話

「全身全霊をかけて、決断の行方」

大二はギフに契約しろ、赤石の役割は俺が引き継ぐ、たとえ人でなくなったとしても人類を守ると言いだし周りは唖然、ギフは大二に向かって契約を意味するかのようなものを放つと、バイスが割って入り阻止。

その代りにバイスがギフに引き込まれて消える。

みんな唖然とする中大二は去って行き、一輝は叫ぶ。

倒れた光をストレッチャーで運びながら玉置は牛島さん誇りに思ってると思うと声をかけます。

光は少しは褒めてもらえるかなと父のメガネを見ます。

バイスはギフに捕らえられ、閉じ込められたオルテカを目撃し戸惑います。

バイスの身に何かあったら一輝もと門田は心配すると、一輝はそれより大二だと。

さくらは止めるには戦うしかないのかと悩んでいると、母ちゃんにお別れを言いに来た、今まで育ててくれてありがとう、人類を守るためと大二がやって来ます。

一輝は大二に表に出ろと言ってしあわせ湯から出します。

狩崎父はジョージに何を残せたんだろうかとベッドで横たわりながら弱々しく言うと、やっぱりちゃんと2人で話した方がと花が言います。

それに答えること無く狩崎父は苦しみだし心拍数が減って危機的状況に。

花は慌てて狩崎のもとへ行き状態が悪いから会いに行くように言うも、狩崎は今ドライバーの調整中で忙しい、死にかけの老人に構っている暇は無いとつれない態度。

お父さん待ってるよ、後悔する前にお願いと花はうったえます。

お前の目的は何なんだとバイスがギフが言うと、生物の放つ悪性のエネルギー、貴様らが悪魔と呼ぶ存在を食料とする私にとって地球は楽園だった、素晴らしい悪魔を産む種族人間がいたからと普通に話をし始めてバイスは戸惑います。

バイスはじゃあ何で人間を滅ぼそうとすると聞くと、進化すればするほど人間の闇は極まったこのままでは自ら破滅に向かい絶滅するだから調整が必要だ、だが少しだけ興味深い人間達を見付けたとギフは語ります。

一輝は大二にギフの恐怖のもとで人々は笑顔になれるのか、大二を失って俺たち家族は笑顔で暮らせるのかと大二に問うと、さくらもずっと大ちゃんの笑った顔を見てないとうったえます。

ご託はもういい時間が無い、そこをどかないというのなら兄妹だろうが容赦しないと変身。

一輝も変身し一騎打ち開始。

さくらも変身して2人を止めようと割って入ります。

五十嵐家のものは悪魔と共存できている普通の人間では体外に排出した悪魔を制御する事は出来ないとギフが言うと、おれっちと一輝は特別なんだとバイスは返します。

それは私の遺伝子が関係しているという事か、ならば五十嵐家と私は家族だ、共に道を歩めるとギフは言います。

一輝は大二と戦いながらバイスと共鳴していると感じます。

さくらは2人を止めようとするも大二に吹っ飛ばされて変身解除。

五十嵐家を除き全てを無に戻すとギフは言い出します。

それじゃ意味が無いんだよ人はとバイスが言い返すと、無限に悪魔が生み出されるそれが人間だとギフは答え反論しているバイスは外へと放り出されます。

狩崎はドライバーが上手く出来なくて叫び、結局ダディーに弄ばれていたんだと苛つきます。

そこに門田がやって来ると、狩崎は一応釘を刺しておくが君はもう変身に耐えられる体じゃないと言います。

門田はだが一輝やさくらにやらせるわけにはいかないと答えると、君なら大二を変えられると狩崎が問うと、再び命を賭けなければならないとしたら今だと門田は答えます。

その言葉は二度と使うな、それがドライバーを渡す条件だと狩崎は言いながらドライバーとバイスタンプを門田に渡します。

バイスが吹っ飛ばされて一輝達の前に現れると、ギフも表に出てきていきなり街を破壊し始めます。

大二はギフに俺が契約するだから人類を見逃してくれと言い出します。

ギフは大二と契約しようとしますが、一輝が阻止。

バイスはギフは五十嵐家以外滅ぼすと言ってたと教えると、一輝は聞えていた絶対に大二を渡してはダメだと答えます。

一輝とバイスがギフと戦い始め、これは大二をどうこうと言ってる場合じゃなくなり一輝は大二をあの人に託そうとバイスに言います。

門田は大二の前に現れると、我が全身全霊をかけてお前を変えると変身。

命懸けじゃ無いと俺は倒せませんよと大二が言うと、門田もかもしれないな、だが俺はもうその言葉は使わないと返し懸命に戦いだします。

ホーリージャスティスフィニッシュとデモンズフィニッシュの打ち合いとなり大二と門田は相打ちとなって同時に変身解除。

おれはもう引き返せないんだという大二に、諦めるな過去を否定するな、元太さんも変わったんだ失敗したって良い、またやり直せば良いと門田は必死に諭そうとします。

俺はあいつの分も背負ってと泣く大二に、大丈夫お前もきっとと言いながら門田は崩れ落ちます。

ギフはギフジュニアの皆さん達をワラワラと出現させます。

俺だって変わりたいどうしたら良いんだよ助けてくれカゲロウと大二が涙を落とすと、ホーリーウイングバイスタンプが黒くなり、遅えよとカゲロウが実体化して復活。

生きていたのかと大二が驚くと、お前が泣き寝入りするまで黙っていようと思ってなと言い、大二はずっとこの中にとバイスタンプを見ます。

カゲロウはバイスタンプを取り上げると、やっと俺が必要だって事に気付いたかとカゲロウが言います。

俺はお前との戦いを嘘にしたくなくてと大二が答えると、お前にしては上出来気付いただけで十分だとカゲロウは言います。

これからは一緒に戦ってくれるかと大二が言うと、お前がだらしなかったらいつでも乗っ取るからなとカゲロウは答え、パーフェクトウイングとなったバイスタンプを使ってエビリティライブに変身。 

大二は門田に礼を言い、吹っ切れ状態でエビリティパーフェクトフィニッシュでギフジュニアの皆さん達を一掃。

大二はさくらにも謝り、ギフと戦っている一輝達に合流し一輝にもかけた迷惑は戦いで返すと謝ります。

攻撃が利かないんだどう戦うと一輝が大二に聞くと、俺が引きつける、ギフの力を使えるんだろう、ならその力でゲートを作れるはず、そこにぶち込んで封印しようと答えます。

頼もしい弟が帰ってきたと一輝は喜び、カゲロウもよろしくなと言うと、 相変わらず悪魔使いの荒いお兄様とカゲロウは答えます。

さくらは門田にあれが私の自慢の兄たちですと喜びます。

一輝とバイスでゲートを作り出し、大二がギフをゲートに向かって突き飛ばし、エビリティパーフェクトフィナーレで完全にゲートにぶち込みゲートを封じる事に成功。

大二はみんなに礼を言い、一輝は1人にしてごめんなと大二を受け入れ、さくらも大二とカゲロウを受け入れます。

ギフに勝ったという事でみんなで浮かれ喜びます。

狩崎が狩崎父の様子を見に来ると、狩崎父は既に力尽きていた。

しあわせ湯に帰ると母ちゃんが大二をおかえりと迎え入れます。

という事でようやくこじらせにこじらせた大二が元に戻るという事になりました。

カゲロウは泣き寝入りするまで助けるつもりは無かったと言うことですが、死んだふりを続けなければここまでこじれなかったよねと思ったりもするんですよね、カルトにはまっていながら自分のやっている事が正解ではないとどこかで自覚しながら、それでも暴走せずにはいられないという風に勝手に自分を追い込んでいく痛々しさが酷かったですから。

ギフもようやく言葉を発してくれて、悪魔が好物だけれども悪魔が出現しすぎて自滅しそうだから人間を管理しなければねっていう本音が分かりましたが、オルテカの姿があったりとかまだ明かされてないものがあり過ぎというか。

一応封印という事にしましたが、それによっての影響が次回から最終回に向かってという事になるのでしょうが、どうなるんでしょう?狩崎父の死はそこに何か意味をもたらすのかどうか共々気になります。

おまけ

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる