FC2ブログ

今日の読書 逆説の世界史3ギリシア神話と多神教文明の衝突/井沢元彦

井沢元彦の逆説の日本史に続くライフワークとなっている逆説の世界史3冊目は、多神教文明についてとなります。

井沢元彦は日本の歴史学会の弱点として歴史上における宗教の役割についての検証の軽視もしくは無視という事に対してボロカスに罵倒して逆説シリーズを書く原動力にしたという事になっていて、実際に逆説の日本史の開始された半世紀前は唯物史観、進歩史観が圧倒的に幅を利かせていて宗教は麻薬という価値観をそのまま鵜呑みにしてしまうような状況もあったとは思いますが、21世紀以降唯物史観、進歩史観に圧倒的に影響を与えていたマルクスもまた形を変えた疑似宗教であったことが認識されるようになって、唯物史観的な考察から解放されている感はありますが、それはそれで学者ではなく作家だから好き勝手に権威ある学者相手にケンカを売って来た事が全部が全部正しかったかというと違うでしょうが、考察する方向性については早くから呪縛から解放されていた事は正しかったという事にはなるのでしょう。

それでもって、逆説の世界史は日本史シリーズとは違って時系列だけでまとめるのでは無く、ひとまとめにする事によって世界的に地域的に後の歴史にどのような影響を与えていったのかでまとめて検証するという手法になっていて、古代文明だからこそ直接的に影響力の強い宗教観について、多神教から一神教へ強引に変化させられた大多数の地域、それこそ古代文明としては存在感の強いギリシャ神話という宗教観が破壊され一神教に移行した理由と、その逆に多神教な価値観が生き残った仏教、神道、ヒンズー教との違いについての分析となっています。

仏教もインド発祥ながらインドでは廃れたのに対し、チベットや東南アジアや日本で生き残った理由、さらに日本の神仏習合という独自進化というものと、廃れたはずのインドでもヒンズー教の中に仏教が内包されていっているという事で、日本とインドの仏教の独自解釈としての生き残り方の似て非なる状況などなど。

個人的に一神教というものは肌に合わないというか、唯一絶対的に正しい考え方があるという事を信じられない性質なので、多神教の神話にあるある種のいい加減さ、ツッコミどころが多い神様がいるという考え方、ダメなのもいるけれどもダメなりに役に立った時もあるというよな部分否定部分肯定が生き残っている価値観というのが好きなのですが、そういった多神教の概念と一神教の概念の違いに関する考察は読んでいて楽しいですね。

一神教の価値観よりも多神教の価値観の方が好きなんだろうな、もしくは一神教の教えにある傲慢さが好きではないのだろうなというのは感じて、そういう意味では公平な視点とは言い難く、一神教の宗教感を持っている人に受け入れられるかどうかは分かりませんが、私は読んでいて楽しめました。

元々の世界史の知識がたいしたことが無いので、この考え方はどうだろうと疑問に思ったりする部分がないから、面白がっていられるだけかもしれないので、ガチに世界史に詳しい人にとって受け入れられるのかどうかは知りません。


序 章 多神教社会に生きる日本人 無宗教では無く「日本教」を信じる民族
第1章 インダス文明の滅亡とヒンドゥー教の誕生 古代インド思想における「輪廻転生」と「永遠の死」
第2章 ブッダの生涯と仏教の変容 なぜインドではなく中国と日本で発展したのか
 第1話 ブッダが追究した「完全なる死」の境遇
 第2話 禅宗がもたらした日本型資本主義
 第3話 仏教はなぜ発祥の地インドでは衰退したのか
第3章 オリュンポスの神々とギリシア文明の遺産 ポリス(都市国家)の連合体が確立した平和
 第1話 キリスト教に敗北したギリシア神話の世界
 第2話 民主主義のルーツとしてのポリス
 第3話 アレクサンドロス大王の偉業とマケドニア帝国の興亡
 第4話 ギリシア・ヘレニズム文明の賢者たち

今日の読書 信長はなぜ葬られたのか/安部龍太郎

歴史小説家である安部龍太郎による戦国時代に関する連載を集めてテーマに沿うようにまとめたものになります。

タイトルだけ見ると本能寺の変の真相、本当の黒幕捜しみたいなものをイメージしやすいですし、実際にそういった側面も多々あるのですが、副題が『世界史の中の本能寺の変』とあるように、日本史という枠組みの中で捕らえられている戦国時代というものが、江戸時代の史観である鎖国や儒教的価値観、士農工商といった身分制度といったものに捕らわれすぎていて、またその史観が明治時代まで強固なものであったので、戦国時代が世界史で見ると大航海時代であり、日本もその影響をガッツリ受けているという事、貿易の重要性、キリスト教的価値観の流入があったという事を改めて強調して見ましょうというもの。

また信長に関してはそれまでの身分や出自を重要視するものから、徹底的な実力主義に力技で持っていったといおう特異性、逆に権威の象徴としての公家は公家で重要な役割を持っていたという事の見直しというもので、一般的に学校で習うようなものから視野を広げようというまとめ方になりますね。

学者の人との最大の違いは、新たな視点を獲得していく動機が、自分の作品に生かすという事で、これを調べて自分の作品に生かした、また作品を書くために調べていって、思いもかけないものに当たったという流れを作れる事ですね。

また、学者と違って正確な物証を示す必要が無いというので、ここまでは確定したものとみなされているという事と、状況証拠を組み合わせて、これが絶対的な事実だという言い方はしませんが、こういった考え方が妥当ではないかという投げかけが出来るという辺りも、読み物として面白くさせているものになっています。

本能寺の変については陰謀論めいたものから、沢山書かれていますが、信長に関してはいろいろと表沙汰になっているものから、そうでは無いものまで沢山の地雷が回りに仕掛けられていて、実際にあとは誰が実行するかだけだったと考えるのが妥当かなとは思いますね。

先に読んでいた小説の例が沢山出て来たので、個人的にはこういった考察から書かれたのだなという制作秘話的なものとしても楽しめました。

第1章 消えた信長の骨
第2章 信長の真の敵は誰か
第3章 大航海時代から本能寺の変を考える
第4章 戦国大名とキリシタン

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 今日もJリーグ日和。/平畠啓史

野津田に発売イベントとして来てくれたという事でサイン本を手に入れたわけですが、消費税増税直前でなおかつ12円引きという、イベントで直売だと小銭は面倒というのを込みでの事でしたが、お買い得商品となりまいた。

サッカーダイジェストに掲載されているコラム7年分の中から厳選して、関連するように章分けし、各章さいしょには書き下ろしを入れるという形になっているものになりますが、副題が「ひらちゃん流マニアックなサッカーの楽しみ方」となっているように、こういうのを楽しいと思うのだけれどもどうですかと提示して来ていて、マニアックな楽しみ方とは言うものの、以外と見落としているところに楽しめるものがありますよと、楽しみ方は色々ありますよ、だからサッカーをJリーグを見てみませんか、スタジアムに足を運んでみませんかと誘う感じになっていて、俺の考えが絶対だというような事は一切無く読んでいて楽しめるものになっています。

前に出した本は全チーム平等に扱われていましたが、今回はそういった縛りがあるわけでもなく、また7年の月日があるので、それまでにJリーグ昇格していないチームは当然扱われようがないのですが、そういった中では比較的、名前が覚えにくい事で改名されそうになっている我らが超絶ローカルチーム、FC町田ゼルビアはそれなりに触れられていますかね。

最新式のスタジアム完成と比較されるように、ドット絵時代の電光掲示板の野津田に触れられたり、昨シーズン最後のJ2優勝争いに触れられていたり、マスコットに関して本文では触れられていないのに、ゼルビーが目立つ形で写っている写真が入っていたりとか、愛媛サポーター達の後ろ姿だよねっていうのが写っているのが野津田だよねという写真があったりとか、予想より扱いが良いなと。

スタジアムまでのアクセスが悪いところであっても、その道程そのものを楽しんでいたりするものもありますし、スタジアムに足を運んだ事が無い人が読んだらば、足を運ぶのに興味を持つかもしれないなぁと思うので、サッカーに興味が多少あるけれども出かけるほどでは無いという人に読ませるのは手かなと勝手に思ったりはします。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 テンプル騎士団/佐藤賢一

歴史の知識があることによって、それが実生活においてなにか役に立つのかというと、歴史は繰り返すという言葉があるように、なにがしかの社会問題が起きた時に類似する事例と比べてみて、本当に繰り返すかと予想してみたり、先例があることを踏まえてしっかりと対策をしてくると予想したり、そもそも類似する事例だと考えている事例が根本的に似ても似つかない何て言うことまであったりと、色々ありますが、私個人としては歴史の知識を持つという事は社会生活においての知恵となるというよりも、エンターテインメント分野の元ネタとして知っておいた方が楽しみ方が増えると考えています。

実生活に生かすだの、歴史の政治利用、それも完璧に悪用というか、思考停止状態にすぐに現代の○○だとか同一視して喧伝するようなものを目にしすぎて、残念な気持ちにしかならなかったりとかがあるかもしれないですね。

変なプロバガンダではなく、過去の人物との共通点を見つけて現代の○○扱いにして楽しむのであれば、歓迎するのですが。

私の知識量の無さは自他共に認めるものがあるのですが、そういった教養のない中でも趣味分野というものはあるわけで、その趣味分野によって元ネタがはっきりあるものだと知った中にテンプル騎士団というのものがあります。

知ったきっかけが、ブラジルのパワーメタルバンドのANGRAのコンセプトアルバムTemple of Shadowsだったわけですが、このアルバムを初めて聴いた時には、海外のメタルバンドっていうのは、難しい元ネタを使ったコンセプトアルバムなんて作るもんだなぁと感心しましたが、曲を聴いて歌詞の訳に目を通したものの、その時はそういうものがあるのんだ程度、実際にがっつりと直接的な歌詞では無く知らないなら知らないである程度普遍的なネタとして使っているというものでしたし、英語の歌詞なんて聴いている分にはほぼほぼ内容が分からなくたって気にならないですし、すっかり忘れていたり。

そんな中、たまたま本書を目にして、そういやANGRAのアルバムの元ネタだったなと気になって読んでみました。

基本的に中世のヨーロッパの歴史というものについて詳しくないを通り越して、ほぼほぼ知らない状況で、テンプル騎士団については名前しか知らないというところからですので、読み終わっても本当にうわべしか理解していないことになるわけですが、まとめると十字軍がイスラム教徒との戦争をやっていた時の流れで出来上がった、騎士と修道士が合わさって出来上がった集団であり、当時の封建的な領主が戦闘時はそれぞれが、それぞれの立場で一定の報酬を受けて、一定期間戦闘に加わるという形の戦争が行われていた中で、テンプル騎士団はその枠から外れた規格外の存在、騎士と修道士のハイブリッド種ゆえに宗教集団的な統一感、ストイックさでまとまり、目標達成までしっかりとやりきれる下地が作られていたことと、まだ国家という概念が気迫だった時代に、戦闘宗教組織として独自に動く事ができる事を最大限に利用し、キリスト教組織ながらも金貸し業を行うという、規格外さもあり組織として成功する事も出来たが、最終的に社会の枠外な組織ゆえに、勢力拡大に限界もあり、同時に国家概念が強まる時代になると、邪魔な存在となってつぶされたという事のようですね。

作者はテンプル騎士団のイメージはその後エンターテインメント分野ではスターウォーズのジェダイの騎士の元ネタの1つだと踏んでいたり異端な存在ながら、時代の中枢では無いところで影響力を持っていたと理解すれば良いのかなとまでが、元知識のない中での限界ではありますが、元々世界史の知識がある人ならば、もっと奥深く理解も出来ているのだろうなと。

中世ヨーロッパを元ネタとするファンタジーあたりをよく知っている人なんていうのも、テンプル騎士団を元ネタになっていると気付く人なんていうのもいるのでしょうね。


第1部 テンプル騎士団事件 前編
第2部 テンプル騎士団とは何か
 第1章 テンプル騎士団は始まる
 第2章 テンプル騎士団は戦う
 第3章 テンプル騎士団は持つ
 第4章 テンプル騎士団は貸す
 第5章 テンプル騎士団は嫌われる
第3部 テンプル騎士団事件 後編

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 化け札/吉川永青

戦国時代表裏比興の者と評された真田昌幸を主人公にした歴史小説になります。

真田昌幸は戦国時代でも人気の存在ですので、主人公であるとかそれと同格の扱いで扱われた小説が沢山あったりしますが、真田昌幸を扱いながらも関ヶ原までは描かない、武田家滅亡から主君をころころ変えて立ち位置を変えながらしたたかに生き残った真田家という時代までを扱うという事が特色の1つであり、先行作であまり見られない特徴として昌幸の弟の信伊をそっくりの双子の弟として重要過ぎる役回りに設定しているというところですね。

真田昌幸の兄である信綱、昌輝は結構関わりが描かれる事がありますが、信伊はあまり目にした事が無かったので、架空の登場人物かと勘違いしかけたりしましたが、一応双子説というのもあるのですね。

作者の傾向として、架空の登場人物に力点を置く作品もあり、実際に農民から重要な登場人物を設定しているので、信伊もその1人というのもありえると思ってしまったり。

真田ものとしては多少毛色が珍しい作品ですので、それを踏まえて手を出しても面白いと思います。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる