今日の読書 応仁の乱/呉座勇一

歴史上の出来事としての知名度は上位に入ることは間違いく、同時に中身はよく知られていないという事でも上位に入ることが間違いない応仁の乱。

日本の歴史が好きという人の大多数が戦国時代に関する知識を持っている場合が多い中、戦国時代を生んだきっかけと言っても過言では無い応仁の乱に関しては誰が誰と戦って誰が勝ってどうなったのかを完結に説明出来る人はほぼほぼいないというのが現状ではないでしょうか。

完結に説明できるような単純なものではないというのも大きな理由ですし、戦国時代を生んだ大乱というだけで正直勝者がいないというか、関わった人達はぐだぐだな状況で最終的に皆負けみたいな感じになっているというのも、よく分からないということで。

そんな出来事としては重用なんだけれども、内容については今ひとつ有名では無い応仁の乱を扱った本書が、何だかんだと結構な売れ行きを残したというのが、日本人って歴史を学ぶの好きなんだなと思わずにはいられないですね。

存在の知名度と比べて実態が知られていないというのを何とか実態も知名度を上げたいという狙いで書かれたものになりますが、読み終わっての一番の感想はこれが結構な売れ行きがあって、勝った人の大半が理解出来ているとするならば、みんなすごく教養水準が高いんですねって。

まぁ私の教養水準が著しく低く、私よりも教養水準が低い人を探す方が困難だと自負していますが、私は読み終わっても元知識が弱かったというのもありますが、ぼんやりとしか分からなかったというか登場人物を覚えるだけでも結構知らない名前があるので大変な思いをすることになったというか。

ただ、日本の歴史解釈において、いわゆるマルクス史観が戦後幅を利かせてしまった弊害、いわゆる革命史観であるとか、階級闘争史観が応仁の乱の理解をする上で大いに邪魔になっていたのではないかという理解を深めたりはしました。

それぞれの対立構造も、分かれて戦っているといてもそれぞれが一枚岩というわけではなく、それぞれの利害の上で戦っているし、戦う理由も単なる自己防衛もあれば、権力欲に動かされてのものあり、また最初から長期戦を考えていたのではなく、大事では無い局地的なものの短期戦を想定していたのに、関わりを持っている人がこじれてしまって、戦いたいわけではないのに無駄に被害を増やしてしまったと。

構造としては第一次世界大戦に近いものがあり、そっちの知識を得ている人には理解しやすい部分も多いという事ですが、残念ながら私は詳しくは無いので表層的な理解を深めるにとどまりました。

京都市街を舞台とした戦いでありながら、理解の鍵は大和国の自社勢力が火薬庫になっていた事にあるとか、単なる室町幕府の中の将軍人事による対立ではないという事を理解出来ればいいんでしょうかね?少なくとも室町幕府内の権力争いというわけではないから、バカみたいに長引いた、裏には室町幕府とそれに付随する既得権益があり、争っているうちに既得権益にいろいろと飛び火してしまったと。

なんというか、現在の日本の政治も似たような事をやっているというか、権力者を引きずり下ろそうと持ってきたネタが、持ってきた側の既得権益を破壊する結果に跳ね返ってみたりというのを見ていると、ある意味では日本は変わっていないねと理解の一助になるのかもしれないですね。

ただ、改めて本当にこれが売れていて読んだ人はみんな簡単に理解出来たんだろうかと。

第1章 畿内の火薬庫、大和
第2章 応仁の乱への道
第3章 大乱勃発
第4章 応仁の乱と興福寺
第5章 衆徒・国民の苦闘
第6章 大乱終結
第7章 乱後の室町幕府
終 章 応仁の乱が残したもの

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長/吉川洋

超少子高齢化、人口減少が進み日本経済は衰退、日本人はこのペースでいくと消滅する運命というような悲観論というのは多くはびこっています。

少子高齢化と現役世代の人口減少によって、年金を筆頭とする社会保障費が賄えなくなるという悲観論は分からなくは無いのですが、同時にだから増税であるとか、だから積極的移民策というような話の流れになると、悲観論を利用したきな臭い動きをしようとしていると穿った見方しか私には出来なくなっているわけですが、悲観論を利用して、短絡的なだから~すべきというものを横に置いて、本当に悲観論しかあり得ないのかと、悲観論一辺倒はおかしいよと指摘するものはないかという私のニーズに合わせたようなものを探していると都合良く現れたのが本書になります。

日本国内では、バブル崩壊以降こと社会分析、経済分析において楽観論よりも悲観論の方が受けが良いのか、このままでは日本社会はこのままでは大不況に陥る的なものが幅を利かせている感を勝手に私は思ったりします。

楽観論と悲観論極端にどっちか片方に振りきれているものはどっちであろうとろくなものではないというのは横に置いて、悲観論を言っておいた方が物事を考えているっぽく見えるという傾向はあるかなと、こと社会分析においては楽観論はどこかバカっぽく見えると判断している人が多いかなとか、単純に何かを批判していると、批判している人は批判いている俺かっこいい!みたいな恍惚感を感じていたりするのに対し、何かを無批判に持ち上げていると、それを書いている奴は裏で何貰ったんだと思われるかもしれないとか、たんなる太鼓もちのようにしか思われないんじゃないかというような判断をしている人が多いのかと思ったり、実際に本当に根拠があって判断しているよりも、何かを良く書くか悪く書くかという前提を先に決めてから根拠を後付けにするというものも溢れているでしょうが、それはそれとして、とかく日本の少子高齢化を扱い、それと経済状況を絡めた物では楽観論というものはなかなかお目にかかれないですよねってことで。

日本人の人口構成を元に行われる経済分析はとにかく悲観論一辺倒になっているというのを、排し経済学上では悲観論を乗り越えることが十分可能であると示そうというのが狙いで書かれています。

経済学としての分析ですから、まず経済学では人口というのものを、どう扱ってきたか古典であるマルサスの『人口論』をメインにして、それまでは人口爆発を危機として考えてきたこと。

人口爆発によって食糧供給が安定できなくなることを真剣に考えないといけない、逆に経済的に裕福になる事は人口が増える事と同義語として考えられてきたこと。

しかし、技術進歩や経済的な余裕ができるようになった社会では日本に限らず人口爆発は起らず、むしろ人口減少へ向かう傾向が現れるようになった。

その理由として、娯楽分野の充実によって金銭を子育てに回すよりも自分に金をかけたいであるとか、単純に子育てに金がかかりすぎるようになって、子だくさんな家庭が減っていくとか、まぁ現実社会と照らし合わせれば理由は誰にでも思い当たる事がいくらでも出てくるようになった。

さらに、医療分野の発達などと共に平均寿命が延びたことによって起きた社会の変化などで社会構造も変化したなどがみられるようになった。

等々を踏まえ、問題は人口そのもの、労働者の数の問題ではなくイノベーションをどれだけ起こせるか、イノベーションによってどれだけ労働者を有効活用できるかが重用だと。

たとえば、かつて人力で農業をやっていた時と比べて、機械が発達した現在では同じ農産物を作るにしても、労働者の数は少なくても大丈夫になった。

かつては駅には切符切りがいたけれども、今は自動改札機ですませられるようになって駅員の数が少なくても賄えるようになったし、労働者を他の分野に回すことが出来るようになったなどなど、働き手が少なくなったから、即座に日本経済は回らなくなると短絡的な結論になるわけでは無いなど具体例を交えながら解説していきます。

日本の問題ではありますが、海外との比較、特に新自由主義批判としてアメリカの市場原理主義の問題点、特に医療分野を提示して、社会保障によって長寿国となった日本を取り上げて、日本は超少子高齢化社会としての問題に直面し過ぎていて、あたかも日本の長寿が当たり前のものであると考えている事の錯覚の指摘などなど、決して悲観論に満ちあふれた社会では無いというのを提示しています。

基本経済学をベースに説明しているので、多少の経済学の知識が無いと学者の固有名詞などで理解がしにくい部分もあるかもしれないですが、私のように理解力が低くても十分に理解できる形にまとめられています。

イノベーションがあれば何とかなるという前提である以上は、イノベーションがなければどうするの?という罠が待ち受けていたりはしますが、まぁ悲観論一辺倒ではないよという希望を提示するのはそれはそれで必要だと思いますし、ある程度はスルーで良いかなと。

景気の気は気分の気ですから、悲観論一辺倒を払拭する事そのものに大いに意味があると思いますし、少なくともデフレスパイラルな日本国内では、何かと悲観論や文句を振りかざすのが正義という世論形成を打破する事は重用だと思いますし。

第1章 経済学は人口をいかに考えてきたか
第2章 人口減少と日本経済
第3章 長寿という果実
第4章 人間にとって経済とは何か

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 イギリス解体、EU崩落、ロシア台頭/岡部伸

イギリスが国民投票によってEU離脱が決まりましたが、その理由の分析、EUの成立理由や元々のイギリスの立ち位置、EUという組織によってのグローバル化、その恩恵を受ける人と受けない人それぞれの価値観などなどを踏まえて、EU離脱を決めたイギリスの保守層は頭がおかしいというような断定はせず全面的にそれぞれの立場の言い分を扱い、単純な善悪二項対立構造に落とし込まないように気を使って分析した上で、実は一番書きたいのはイギリスの問題というよりも、タイトルの後半に当たるロシアの台頭の方なんだろうなぁという一冊ですね。

EUの問題点としてはある意味拡大しすぎた、ヨーロッパに潜在的にあるロシアへの恐怖というのが東側に拡大しすぎてそのせいで、余計にロシアもEUに対し攻撃的に工作を仕掛けてくるという感じですかね。

結局、この問題は何が正解なのか分かるとしたらば何年も後の事なんだろうなぁと、ヨーロッパでかつてのような戦争がまた繰り返されると断言する気はないですが、戦乱を教訓にしてそうならないような社会システムを構築しようとしても、所詮完璧な社会制度というのはありえず、理想と現実で何かしらの乖離が起るものですし、変に正義や理想を高く掲げすぎたりすると、そのせいで現実社会と乖離してしまうという事例もいくらでもあり得るわけだしなぁと。

EU離脱を決めたイギリスはポピュリズムに陥ったバカの集まりであるみたいな断定的な物を読みたいガチガチのリベラルという看板を背負っている人向けでは無い1冊ですね。

第1章 打算と誤解の離脱劇
     キャメロンの危険な賭けと誤算
     「離脱」が選ばれるとは思っていなかったジョンソン
     史上2人目の女性首相の誕生
     イギリス社会の分断
     なぜ離脱派が台頭したのか
     孤立への郷愁
     扇情的議論が招いたテロ
     騒動の裏で高笑いしていたのは?

第2章 EU崩壊の危機
     EU成立の経緯
     EUに対する英国の不満
     「パンドラの箱」あ開いたのか? 他国への影響

第3章 連合王国解体の可能性
     スコットランド、サイドの住民投票へ
     北アイルランドやウェールズで何が起こるか?

第4章 再び英露の「グレートゲーム」が始まる
     始まったロシアの逆襲
     ロシア 毒殺の伝統
     ロシアの脅威に対峙するイギリス
     ドーピング疑惑で対露包囲網
     ハイブリッド戦争
     「英中黄金時代」のゆくえ
     英国が逆襲に出る手段はあるか
     日本への教訓

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか/国末憲人

先日フランスで大統領選挙が行われ、極右ポピュリストの危険人物という扱いのルペンが敗れ、マクロン大統領が誕生しました。

極論主義者が昨今幅を利かせている状況であり、実際にフランスでも決選投票まで持ち込んだということの意味は実際に大統領に受からなかったからといって無視出来るものではないでしょう。

ポピュリズムは大衆迎合主義と訳される物で、民主主義という政治制度では不可避なもの、大衆に迎合するが故に多くの大衆、非エリートにも分かりやすく夢を見させるか、もしくは恐怖心を煽るかという政策をぶち上げるものと思っておけば大きく間違いではないのかなと思いますが、じゃあ全否定すべきものかというと、大衆迎合ということは、それだけ現実社会のニーズをくみ取っているとも考えられるものであり全否定しきれるものでもないという扱いが面倒なものになります。

現実社会そのものが、単純な全肯定と全否定の2択で決める事ができないものであり、それを踏まえた上であたかも単純な二項対立構造で解決可能かのように語る人がいれば、そういった輩は警戒しないといけないとなるのですが・・・実際問題日本の国内でも政治家もマスメディアもわりと簡単に二項対立構造で語りがちで困りますね。

筆者は朝日新聞GLOBE編集長という立場の人であるというので、私はフランスのポピュリズムを取り上げただけで、ルペンを極右ポピュリストとしてボロカスに扱う、ナショナリストをボロカスに扱う、イスラム教徒がフランス国内でテロ行為を行ったとしても、それを理由にイスラム教徒を警戒するのは差別主義者のレッテルを貼る、そういった事に力点を入れまくるのかと思いましたが、予想以上にポピュリズムが台頭する理由、引き金になりかねない移民問題、移民や不法移民だけが問題ではなく、移民2世が世俗的な移民1世から先祖返りしたようにイスラム原理主義的な方向に振れていくということも、しっかりと触れていて驚きました。

フランスの移民問題、特にイスラム教徒との軋轢は基本キリスト教国家でありながら、政教分離をしっかりとやり、信教の自由の上にフランス国民としてのあり方が規定されている社会で、フランス国民としてよりもイスラム教徒であることを優先させようとすることは、郷に入っては郷に従うに逆らう行為であり、存在が差別されるという意味ではなく、行動として嫌われるという前提があるが、その前提を復してもイスラム教徒に対する差別問題にすり替えられ、共に不幸にしているという実像を扱っているのに、まさか朝日新聞社が差別されたと喧伝する方の言い分以外をしっかりと取り上げるとは!と驚いた次第。

フランス国内の移民やテロ問題、EUという組織による国家として不況対策を打ち立てられなくなっているグローバル化の問題であるとか、とかく現代社会は複雑な問題だらけの中、フランスの政治も多党乱立して政権も右派がとったい左派がとったり、コアビタシオンという保革連合政権で結局何をしたいのかよく分からなくなったりと複雑になっている中、だからこそ分かりやすいポピュリズムに走りやすい土壌になっているというのと、もはや現代社会は右だ左だと単純に分けることそのものに無理が出来てきている、もはやイデオロギーによる対立軸という概念そのものが現実社会から乖離しているというか、問題解決に向かわないであるとかいろいろぶちまけていますが、結局の所権威主義的ポピュリズムに向かって息苦しい社会へ向かうか、権威主義的な方向へ行くことを嫌ってカオスのまま問題の先送りしか出来ないのが現状なんじゃないかとしか思えないという結論なのかなぁと。

正直、本書を読んでフランスの問題を扱っているという意識よりも、朝日新聞の記者も日本国内問題を扱う時に、これくらいのスタンスで書けばいいんじゃないかと、そっちばかり気になってしまいました(苦笑)

まぁポピュリズム批判であり、それこそアメリカのトランプ大統領やロシアのプーチン大統領はほぼほぼ全否定ですが、これが朝日新聞の紙面だったらば、絶対に日本の首相をポピュリストかつ権威的なナショナリスト扱いとして、むしろそれを否定したいがためにフランスを引き合いに出しているんじゃないかということをしがちなのでね。

個人的には、フランスの左派がまとまりを欠いて、分裂したり共闘すれば良いところで共闘できなかったりというあたりで、日本の左と既視感を感じたり、それこそ日本屈指のポピュリズムの例になるよなって思ったりしたので。


はじめに 欧州が欧州でなくなるとき
第1章  イスラム過激派の世界から
第2章  『服従』の共和国
第3章  デカダンスの十年、迷走の四十年
第4章  先細りする外交大国
第5章  国民戦線はなぜ台頭したか
第6章  マリーヌ・ルペン権力への道
第7章  悪魔は本当に去ったのか
第8章  分断、排除、ノスタルジー
第9章  ワシントン・パリ・モスクワ枢軸
第10章 混迷の春
第11章 ロシア色に染まるフランス

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 国益から見たロシア入門/藤和彦

『知られざる親日大国はアジアを目指す』と副題がつけられているもので、とかくロシアというとマイナスなイメージしかない大国だけれども、それだけではない側面を取り上げないのは勿体ないというもので、ロシアって使えるよという所に力点をおいて紹介するというものです。

アメリカにしろ中国にしろ大国は大国で非常に厄介な存在で、厄介でマイナス面に力点を置いたものが散々紹介されている反面、もの凄く素晴らしい存在であるかのような扱いで紹介されるもののも簡単に目にすることが出来て、それに対して両方に目を通して賛否両論自分の中で消化して、判断することは容易に出来ます。

それぞれを全肯定か全否定かの単純な二択という頭の悪い判断の仕方を回避する手段は容易に揃えられていて、それこそ中国に関してなんかではこれだけ散々チャイナリスクが顕在化していても、なおかつ中国側の言い分を垂れ流し、日本こそ悪だみたいな論調を作り上げる人もいたりして、何だかなぁと思ったりすることがあったとしても、それはそれとして、その情報に対してどれだけ信憑性があるかどうかを横に置いて、賛美両論出そろっている事は確かだと思います。

それに比してロシアというのは日本の国境から考えると一番近い距離にありながら、隣国であることがほぼほぼスルーされ、とかくだれだけ喧嘩をふっかけてきてふざけるのも大概にしろよというレベルのことをされても、隣国同士は仲良くあるべきと、東アジア諸国のことは扱うのにもかかわらず、その隣国の中にすら含もうとしないという残念な扱いにしかなっていないと筆者は強く感じずにはいられないということで、ならばまずはひたすらに日本にとって都合の良い部分に力点を置きまくって紹介してやるという意欲の元に書かれています。

まずは、隣国でありながら隣国扱いされない、紹介もされななければどこの国のマスコミだよというくらいにステマもされないロシアが実は、そのステマをしまくっている国と違って根本的に反日によって成り立っていないどころか、むしろ親日だよという事例をあげ、その親日具合が日本に伝わってこない歴史的背景、日露戦争やシベリア出兵シベリア抑留にソ連時代の冷戦構造下での敵国扱い、北方領土問題などを扱い、そういったものを乗り越えて上手くやっている国もあるという事を上げ、さらにロシアと仲良くなるメリット、対中牽制とエネルギー供給源、天然ガスのパイプラインは弱みを握られるという側面ばかり強調するよりも普通にエネルギー供給源の多角化と商売上の有効性はこうだ!と説明する物になっています。

個人の単位ではロシア人が日本に対して好意的であるというのは結構目にしますし(世界一フィギュアスケートの上手くセーラームーンのコスプレでエキシビジョンを滑るアニオタとか)、手段としての反日が転じて目的のための反日を使っている隣国と比べれば話しが通じるというのもわかりますが、国単位政府単位としてのロシアに対してどれだけ信頼できるのかというと、懐疑的にならざるを得ないですし(根本的に全肯定できるような国際関係そのものが本来ありえないのですが)、ロシアとの単独の関係性はともかく、日本が欧米諸国とのつきあいを考えると、いわゆる欧米はロシアを潜在的に敵対視する傾向が強く、なかなか思うように突っ込んでつきあえない、中国とロシアというある種の暴力国家と認定したくなる大国が隣にある以上、日本の平和のためにはこの中国とロシアが牽制し合って、できれば共倒れしてくれるのが一番ありがたいことなんですが、ロシアと中国を互いにぶつけようとすると、欧米は中国に肩入れしがちでロシアを叩きがちという事で、なかなか日本の思うようにならないのが現状だなぁと。

これに関してはつきあいが多ければ多いほど、マイナス面をしっかり把握して、つきあいが希薄だと感覚的に分かりにくいという事なんでしょうが、個人的には中国とロシアどちらが直近の脅威かというと中国になるので、日本がロシアに肩入れして中国を牽制する流れになる事は、一定以上歓迎はするのですが、世界情勢から考えると、欧米が中華幻想から目が覚めてくれないとどうにもならないですし、チャイナ系移民があちこちに出張ってしまっていると、プロバガンダが出回ってしまっていて、思うように行かなそうだよなぁという気持ちにしかならないのがあって、ロシアとつきあいを深めるのは日本にとって有効だよ!という本書の内容は非常に楽しめても、現実問題が厄介でなかなか上手くいかないだろうなという風にしかなりませんでした。

ただ、プロバガンダだろうがステマだろうが東アジアの隣国は異常なほどの持ち上げがある中、逆に距離的には一番近いのにそういうプラス面に力点を置きまくったものがロシアには無かったということでは、興味を持つ人は目を通して損はないなと思える一冊でした。

第1章 親日国家ロシア
第2章 日露の歴史を振り返る
第3章 プーチンの実像 「脱欧入亜」を目指す人たらしの指導者
第4章 現実味を帯びてきた、天然ガスパイプライン計画
第5章 これからの日露関係

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム