今日の読書 戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本/水野大樹

タイトルそのまま応仁の乱について、存在は知っているけれども結局何があって誰が関わって、結果どうなったのかよく分からない人に向けた解説本ですね。

応仁の乱については、何故かもの凄い売れたという呉座勇一著の『応仁の乱』を読みましたが、あれは基本的に中級者以上向け、基本的に応仁の乱について一定以上頭に入った上で、それぞれの要因であるとか背景を突っ込んで理解する、ある程度通説が頭に入った上で、最近の研究ではこうなっている、争いの原因に進歩史観や階級闘争史観的な要素を含めてしまうと、かえって邪魔であり、理解を妨げるどころか、むしろ本質を見誤るという事を解説したものと個人的には理解しました。

そこから拡大解釈して私はいかに進歩史観や階級闘争史観から逸脱出来るかというのが日本の歴史研究の課題なんだなと、いわゆる左翼系の人がぶち切れそうな理解を強めました(笑)

結局私が理解したものは、実は応仁の乱そのものではなかったということですが、いかんせん元知識が希薄な上に応仁の乱そのものが結局何だったのか分かりにくいで有名な出来事であったり、それぞれが身内で権力争いをしているので、名前がややこしくて理解の妨げになるのは定番ですので、本当の初心者向けを読み直そうと思って手を出したのが本書になります。

図解が多く添えられているので、人間関係が分かりやすかったり、流れを踏まえてそれぞれ誰が関わって何が起きて結果どうなったをひとつひとつ片付けていく格好になっていて、全部理解した上で覚えられたかというと覚えきれてはいませんが、一通り分かりやすかったですね。

結果として戦国時代に流れていくものなわけですが、ここで勢力が強まったり弱まったりで戦国時代での影響力がどうなったまでいくと頭の中に入ってきやすくなって応仁の乱そのものよりも、後処理辺りの方が理解しやすかったですね。

で、完全に読む順番が逆だったなぁと。

第1章 応仁の乱前夜
応仁の乱の主要な登場人物をおさえる
応仁の乱とはいったい何か?
室町幕府とはどういう幕府だったのか?
守護大名って何?
国人ってどういう人たちのこと?
応仁の乱で活躍した足軽とは?
応仁の乱、対立の構図──畠山家の内訌
応仁の乱、対立の構図──斯波家の家督争い
応仁の乱、対立の構図──有力守護大名の権益争い
応仁の乱、対立の構図──将軍家の後継争いと将軍側近の横暴
応仁の乱のとき天皇は何をしていた?
当時の時代背景を見てみよう

第2章 応仁の乱、勃発!
山名宗全による畠山政長追放のクーデター
応仁の乱の幕開け、上御霊社の戦い
有力守護大名は東西どちらに味方したか
京を焼き尽くした戦い!上京の戦い
戦の趨勢を変えた大内政弘の上京
東軍の総大将・足利義視が遁走!
東西の優劣が逆転!東岩倉の戦い
応仁の乱最大の戦闘!相国寺合戦
年明けから再び乱戦がはじまる!
1年ぶりの大合戦!船岡山の戦い
東軍の総大将・足利義視が西軍に鞍替え!
京の入り口・西岡地区を西軍が攻撃
西岡地区争奪戦と分国へ広がる戦火
西軍の主力・朝倉孝景がまさかの裏切り!
山名宗全と細川勝元が相次いで死去!
細川・山名の単独講和と北野千本の戦い
大内政弘がついに降伏するも畠山義就が講和に反対
応仁の乱はなぜ11年も続いたのか?
なおも続く畠山家の内訌!
応仁の乱に参加した武将たちはその後どうなった?
天皇や貴族は京にいたのか?

第3章 地方い波及した戦乱
京極家と六角家の争い──近江国の陣取り合戦
斯波家の権威凋落!守護代・朝倉家が台頭──越前国
斯波家の守護代・織田家が台頭──尾張国
今川家が駿河・三河まで進出──遠江国をめぐる戦い
赤松家の旧領奪回作戦──播磨国をめぐる戦い
中国地方と四国地方はどうなった?
なぜ関東の武将は応仁の乱に参戦していないのか?
応仁の乱より前に始まっていた関東の戦乱とは

第4章 応仁の乱をもっと知るための人物事典
後花園天皇/後土御門天皇/足利義政/足利義視/足利義尚/細川勝元/山名宗全/
畠山義就/畠山政長/斯波義廉/朝倉孝景/赤松政則/京極持清/土岐成頼/
大内政弘/伊勢貞親/日野富子/日野勝光/足利成氏

あとがき──その後の室町幕府

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 幕末雄藩列伝/伊東潤

幕末の激動の世、この時代について書かれているものは多く出ていますが、時代そのものや人物に力点を置くものが定番ですが、藩単位で見てそれぞれの藩の明暗を分けたのはどういうものであったか、幕末を勝ち残ったものはどのように勝ち抜いたか、実力か節操なしか、負けた扱いとなった藩は、負けを回避できたのか、時流を読み違えたのか義に殉じたのかなどなどを歴史小説を書いている作家だからこそ、ある程度自由に読み解くと宣言すると同時に、史料はしっかりと使っているからねとしてまとめた物になります。

作品を読んでいるので、伊東潤がどういうものが好みであるのか結構見えてきているので、そう評価するだろうなとなったり、詳しくない小藩については存在すらよく知らないのでそういうものなのかと楽しく読めると同時に、これって絶対に小説のネタとしてもどこかで使うよねって深読みもしたくなります。

薩摩藩 維新回天の偉業を成し遂げた二才(にせ)たち
彦根藩 先祖の名誉を踏みにじった幕末最大の裏切り者
仙台藩 東北を戦禍に巻き込んでしまった「眠れる獅子」
加賀藩 一方の道を閉ざしてしまったことで、墓穴を掘った大藩
佐賀藩 近代国家の礎を築いた「蘭癖(らんぺき)大名」
庄内藩 全勝のまま終戦という奇跡を成し遂げた天才児
請西藩 「一寸の虫にも五分の魂」を実践した脱藩大名
土佐藩 無血革命を実現しようとした「鯨海酔侯」
長岡藩 薩長の新政府に意地を貫いた「腰抜け武士」
水戸藩 明治維新の礎となった勤王の家譜
二本松藩 義に殉じて徹底抗戦を貫いた東北の誇り
長州藩 新時代の扉を開いたリアリストたち
松前藩 幕末の動乱に巻き込まれた「無高大名」
会津藩 幕末最大の悲劇を招いてしまった白皙の貴公子

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 不道徳な見えざる手/ジョージ・A・アカロフ、ロバート・J・シラー

自由市場は人間の弱みにつけ込むという副題のついた、ノーベル賞受賞経済学者による、自由市場はそれに任せていれば良い形に均衡するというのはウソだという事を釣り師とカモの関係に例えて説明したものになります。

ノーベル経済学賞を同時に受賞したジョセフ・スティグリッツは翻訳された著書も多く、実社会の問題提起という事もあり、結構目を通しているので、市場こそが至上という市場原理主義批判としての情報の非対称性という事では基本線は一緒ですが、扱い方が別アプローチという意味では興味深く読むことが出来ました。

自由主義経済は、制度として多くの恩恵を生み出していることは事実だが、同時にいわゆる定義されている市場の失敗以外にも問題点が内包されていて、その内包されている問題点というのは、基本的に稼ぐという事は他人の利益のために働くということではなく、自分の利益のためであり、その自分の利益のためには他人からぼったくってかすめ取る方に向かうように制度が仕向けられているという事。

釣り師とカモの関係というのも、ずる賢い悪人が善良なバカをだますと言うような単純な関係ではなく、自称優秀な人間であったとしても簡単に釣られるような構造であり、実際に自分もそういった経験をしているとしていくつか例を示しています。

基本的にアメリカでの事例の検証ですので、日本との違いを感じる部分もあったり(アメリカの経済関係のものを読むと、市場への信頼感が日本よりも高いことが前提としてあったり、市場の失敗例が政府や官僚の失敗例があまり検証されないなど逆転現象があるので)ちょっと何でもかんでも、釣り師とカモという世の中こんなにぼったくられているとまとめるのも、それはそれで単純化しすぎかなって思ったりもしますが、これは私が意図的に市場原理主義批判を目的としたアメリカの経済関係のものを読んでいるので、前知識があったりするからという影響もありそうですね。

アメリカの何でもかんでもぼったくり感、日本ではそれほど感じないと思うのは日本が他国に類を見ないデフレスパイラルに慣れきっていること、逆にアメリカはバブルがしょっちゅう弾けている、弾けるだけのバブルがしょっちゅう作られるという、懲りない状況があるという国民性の違いなのか文化的な違いなのか、バカじゃないかと思う反面羨ましくもある、日本にもアメリカの1/3くらいバブルに持っていくくらいのノリがあればいいのにと思う状況があるからなんでしょうが・・・

日本だと釣りとカモの検証に使うのならば、パチンコのような立地条件が良い場所に大量にあり誰にでも簡単にできてしまうギャンブルの害悪であるとか、ソーシャルゲームの大量課金なんていう問題は同じ事例の延長線上で簡単にできそうだなというのがありますが、社会全体の問題、デフレスパイラルを引き起こしている釣りとカモの理論に当てはめるならば、労働環境、サービス残業であるとか、ブラック企業、インフレをハイパーインフレかスタグフレーションのどちらしかないかのように誘導したり、欲しがりません勝つまでは理論が大好きで赤字財政を絶対悪と価値固定しているようなマスメディアあたりは十分に検証対象になるんじゃないかなって思ったりします。

日本では自覚的な市場原理主義者というのはそれほど多いとは思わないですが(無自覚では多そうですが)全肯定するっていうのは、それはそれで違うというのを知るには比較的読みやすいんじゃないですかね、少なくともノーベル経済学賞だから難しそうというのは全くありません、若干アメリカと日本との違いに慣れるのが面倒というくらいで。

まえがき 経済はごまかしに満ちている

序章 みんな操作されてしまう:釣りの経済学

第1部 釣り均衡を考える

第1章 人生至るところ誘惑だらけ
第2章 評判マイニングと金融危機

第2部 あちこちにある釣り

第3章 広告業者、人の弱点を突く方法を発見
第4章 自動車、住宅、クレジットカードをめぐるぼったくり
第5章 政治でも見られる釣り
第6章 食品、医薬品での釣り
第7章 イノベーション:よいもの、悪いもの、醜いもの
第8章 たばこと酒と釣り均衡
第9章 倒産して儲けを得る
第10章 マイケル・ミルケンがジャンクボンドを餌に釣り
第11章 釣りと戦う英雄たち

第3部 自由市場の裏面

結論 自由市場のすばらしい物語を見直そう
あとがき 釣り均衡の重要性

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 合戦の日本史/安部龍太郎・伊東潤・佐藤賢一・葉室麟・山本兼一

雑誌オール読物で企画された歴史作家による座談会をまとめたものになります。

『天才か、狂人か、信長の夢』は2013年6月号
『豊臣秀吉 その野望と謎』は2014年9月号
『関ヶ原、そして徳川幕府へ』が2015年10月号
『幕末の英雄たちと明治維新』が2016年2月号

最初は5人の作家ですが、初回と2回目の座談会の間に山本兼一氏がお亡くなりになって以降は4名の座談会ですね。

安部龍太郎、伊東潤の両氏の作品は読んでいるので、信長、秀吉、家康に対する評価であるとか、どういった視点で見ているのかというのはある程度予測できたりするのですが、面白かったのは元々ヨーロッパの歴史小説を書いていてヨーロッパ史と日本史はパラレルだなという視点で扱っている佐藤賢一氏が入る事で、日本史からの視点だけではなく、ヨーロッパ史での類似例を扱ったり、スペインとポルトガルの差異からの影響、商人の感覚と農民の感覚の違いからの統治システム構想や、仮に信長が本能寺の変で生き残った場合の世界展開への野望であるとか、秀吉の場合の海外出兵のやり方であるとか、逆に家康が鎖国へ向かう事であるとか、元々日本史の中でも語られる事の多い人選というのもありますが、視点が多角的で面白かったですね。

西日本と東日本の商人と農民的思考の違いであるとか、興味を持ちやすいものが多いですし、やはり基本的な知識を持っているものを扱っているからこそ分かりやすく楽しめたという事かもしれないですね。

読んだ事がない作者が3人いるので、手を広げる機会にもなりそうだなって。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 スティグリッツのラーニング・ソサエイティ 生産性を上昇させる社会/ジョセフ・E・スティグリッツ、ブルース・C・グリーンウォルド

日本では経済学に関しては胡散臭い扱いされがちというか、いわゆる経済学としての基礎知識をほぼほぼ無視して、経済についてあれこれ言うコメンテーターなんていうのがいたり(これが困ったことに経済学者の看板を掲げて論理的分析をせずに個人基準の倫理分析で結論ありきで語る人がいたり)政治家にしろ官僚にしろ論理上から導き出した政策よりも、結論ありきであったり、全体的な視点ではなく自分にとって(所属している組織にとって)都合の良い金の使い方をするためのものをやったりと、正直なんだかなぁというのが溢れています。

そんな中私は個人的な確証バイアスの下、私は市場に任せておけば何でも大丈夫という、いわゆる市場原理主義に対して懐疑的を飛び越えて市場の失敗について力点を置きまくりのものを好んで読むようにしています。

小泉純一郎政権から民主党政権時代の市場原理主義っぷりが、バブル崩壊以降浮き上がりそうで浮き上がらない日本経済をさらにデフレスパイラルへと向かわせた要因となっているわけですしね。

まぁ市場の失敗についてよりも、日本の場合は政府の失敗や官僚の失敗というものが目に付きやすかったというのと、単純な二項対立構造が一番頭を使わなくても良いので、マスメディアが散々原因を固定化してしまったというのもありますし、マスメディアの一方的な報道というのも、それはそれで市場の失敗と言えるかもしれないですが、そういう分析は今回は取り立てて扱っていないので言及はしませんが。

ラーニング・ソサイエティというか本著はラーニングというものの重要性を伝えるものであるのですが、この概念を頭の中で整理しきらないといけなく、上手くまとめられる日本語訳があればいいのにと思い続けさせられるのですが、一般的な使い方ですとLearningですから一番普通の日本語訳ですと『学習』という意味になるのですが、学習というだけだと学生に向けた言葉に受け取られてしまいそうになるのですが、学習するという意味はもちろんあるのですが、情報や知識が誰にでも集積できるような仕組みであるとか、それを踏まえて経済成長や開発、生産性向上につなげるというまでを囲い込んだ概念と理解すればいいようで経過から結果まで含んでいるという感じですね。

このラーニングというものを使い、伝統的な新古典派経済学の不備を指摘、特に伝統的な経済学であると静学的な分析でおしまいになってしまうので、経済学の基礎知識の1つである貿易による比較優位論は、それを決めつけてしまうと農業国は永遠の農業国のままであり、工業化する事によって得られる知識や技術革新を得る事ができなくなり、それはそのまま永遠の発展途上国のまま先進国への仲間入りを目指すことすら出来なくなることを表しているとして批判し、比較優位論を無視して工業化して発展させた成功例に東アジア諸国を例に取り上げ、逆に伝統的な経済学の下ワシントンコンセンサスで制作を決めさせたラテンアメリカが見事に撃沈していると例に挙げたりしています。

ラーニングという概念を前面に押し出しているもの以外は、スティグリッツの他の著書と大きく被りますし、理解に困ることはなかったのですが、同時に動学的経済学となると覚えなくてはいけない範囲が広がりすぎて大変なんだよなぁって思ってしまったり。

とりあえず、日本で自称リベラルを名乗っている政治家は少なくともここに書かれている中身をすっかり理解して、政策に取り入れることが出来れば集票できるんじゃないのと思える物になっていますが、少なくとも財政赤字が無くなれば不況がなくなるとか、日本にとってのデフレは良いデフレであるとか言っている人が平気でいるようでは無理でしょうね。

第1部 成長・開発・社会発展の新しいアプローチ:基本概念と分析
 第1章 ラーニング革命
  1 市場の非効率性
  2 ラーニング・ソサイエティ促進における政府の役割
  3 比較優位理論の再定義

 第2章 ラーニングの重要性について
  1 マクロ経済学的視点
  2 ミクロ経済学的視点
  3 急速な生産性上昇事例に見るエビデンス
  4 成長に関する代替理論
  5 おわりに

 第3章 ラーニング・エコノミー
  1 ラーニングの対象
  2 ラーニングのプロセス
  3 ラーニングの決定要因
  4 ラーニング・スピルオーバーの検証
  5 ラーニングの障害
  6 ラーニングの動機づけ
  7 トレードオフ
  8 おわりに

 第4章 ラーニングを促進する企業とラーニングを促進する環境の構築
  1 ラーニングを促進する企業
  2 ラーニング・ソサイエティの構築のためのマクロ的条件

 第5章 市場構造・厚生・ラーニング
  1 イノベーションがある市場構造
  2 競争の増加がイノベーションに与える影響

 第6章 シュンペーター的競争の厚生経済学
  1 知識の特徴的性質
  2 イノベーション市場が非効率になる他の理由
  3 社会的に非生産的イノベーション イノベーションはいつも厚生を向上させるのだろうか
  4 進化論的プロセス
  5 革新的経済システム
  6 イノベーションと社会の特質についてのより広い考察
  7 おわりに

 第7章 閉鎖経済におけるラーニング
  1 基本的競争モデル
  2 独占
  3 おわりに

 第8章 幼稚経済保護論:ラーニングを促進する環境での貿易政策
  1 幼稚経済保護論
  2 幼稚産業論から幼稚経済論へ
  3 簡単なモデル
  4 最適な貿易介入
  5 非定常状態の分析
  6 競争の不完全性
  7 おわりに

第2部 ラーニング・ソサイエティに向けた政策
 第9章 ラーニング・ソサイエティ構築における産業貿易政策の役割
  1 産業政策の必要性
  2 発展途上国にとっての産業政策の特別な重要性
  3 産業政策の目的
  4 貿易政策
  5 歴史の重要性
  6 政治経済
  7 産業政策に関する一般的考察
  8 おわりに

 第10章 金融政策とラーニング・ソサイエティの構築
  1 金融市場の自由化
  2 資本市場の自由化
  3 金融と産業政策
  4 おわりに:労働移動の規制に関して

 第11章 ラーニング・ソサイエティのためのマクロ経済政策と投資政策
  1 金融政策とマクロ経済の安定性
  2 為替政策
  3 投資政策
  4 政府の投資政策と支出政策

 第12章 知的所有権
  1 知的所有権および社会的便益と指摘収益の関係
  2 IPR制度の改革
  3 IPRと国全体としてのイノベーション制度
  4 知的所有権と経済発展
  5 おわりに

 第13章 社会変革とラーニング・ソサイエティの構築
  1 信念の社会的構成概念と社会変革の一般理論に向けて
  2 民主主義とラーニング・ソサイエティの構築
  3 おわりに

 第14章 あとがき

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム