今日の読書 風都探偵 02/脚本・三条陸 作画・佐藤まさき

仮面ライダーWのマンガによる正当派続編の同時発売の2巻目、帯にはフィリップ役の菅田将暉のコメント付きになっています。

ゲーム会社からイメージアイドルへの脅迫から守って欲しいという依頼となる『最悪のm』7話分と翔太郎が名探偵と持ち上げられる猫探しの依頼となる『cはどこに』3話分の収録で、両方ともしっかり解決編まで入っているという事で、話の長さはニチアサと違い自由度が高い物になっています。

今回から、前の事件の結果からときめが鳴海探偵事務所預かりとなり、翔太郎の探偵助手となり事件に関わるようになり、ときめに色々と説明することになるのが、そのまま仮面ライダーW本放送を見てないけれどもマンガは読んでいるという層へ向けた説明にもなり、仮面ライダーWの変身やフォームチェンジというものを分かりやすくしていると思いますが、あらかじめ知っている視点ですので、そうではない人視点では分かりやすいとなっているかは分かりません。

猫探しになると、園咲家の飼い猫でありドーパントでもあったミックが登場し、鳴海探偵事務所の気まぐれながらも重要なメンバーであると明かされて、これも本編でその後が明かされなかったネタですので、こういうところをしっかり拾っていくというのが良いと思わされます。

そして、園咲家がテレビ本編では風都で暗躍する敵組織として描かれていましたが、今回は街と呼ばれるメンバーが事件の裏にいるというのを意識させるようになりますが、狙いは不明だが、いろいろと情報を持っているというのが出てきて、今後どうなっていくのかという感じになっています。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 風都探偵 01/脚本・三条陸 作画・佐藤まさき

仮面ライダーWの正当続編がマンガで開始という事になり、その1巻目になります。

連載しているスピリッツでも、翔太郎とフィリップの2人が改めて当時の格好をしてグラビアに登場したり、この巻の帯には翔太郎役の桐山漣のコメントが付いてきたり、スタッフも当時のスタッフが関わってきたりと力の入れようがかなり凄いのですが、その力の入れようは中身にもしっかりと生きている感じです。

今回は『tに気をつけろ』がまるまる収録、依頼は魔女に鞄を奪われてしまい、それを取り戻して欲しいというもの。

翔太郎は依頼人の本当の目的は鞄を取り戻す事ではなく、魔女に惚れたんだろうとして依頼を受けるものの、風都が別世界に通じてしまったりと大苦戦。

魔女と名乗るつきめは、風都名物の悪女としか見えないものの話はそう単純ではなくという流れになっています。

仮面ライダーWの復活というのもあり、捜査にはなつかしいキャラが目白押しですし、絵柄も実写の世界観を想起させやすいものであったり、仮面ライダーW好きにはたまらない展開ですね。

マンガだからこそ出来ること、やりやすいことというのも意識している感じですし、日曜の朝向けにはやりにくいことも入っていますし、既にやって来た仮面ライダーWを大事にしながら、新たな事をやろうという意欲が見えますね。

小ネタとしては、まだ照井家には子供ができていないということで、仮面ライダードライブのVシネよりも時間軸は前の話なんだなっていうのが分かりますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 小説仮面ライダーW~Zを継ぐもの~/三条陸

講談社キャラクター文庫で随時発売(予定がいろいろとズレているようですが)されている平成ライダーの小説版、やっとWに手を出しました。

テレビ本編の嵐が呼ぶBとYの悲劇の間に起きた事件という設定で、翔太郎が風邪で寝込んでいる時にきた依頼に、フィリップが翔太郎として外に出て探偵活動をするという、テレビ本編でもやっていないパターン。

すごく、面白かったですね。

メイン脚本の三条さんが書いたものですので、世界観はつかみきっていますし、小説形式だからこその内面描写や、世界観の細かい部分の描写、設定としては知ってはいるものの、劇中でしっかりと説明されたわけではない、サイクロンとジョーカーのメモリがそれぞれに相性が良いからWはサイクロンジョーカーが基本形であるという事など、仮面ライダーWをしっかりと知っている人だけではなく、小説で初めて知るという人にも親切設計。

私は、平成ライダーの中でもWは好きな作品の上位に来ますが、それを横においても凄く楽しめました。

ただ読み終わって困った事は、この小説の映像化が観たくて仕方が無くなるという事でしょうか。
小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)
(2012/11/30)
三条 陸

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーエターナル

仮面ライダーW、スピンオフ作第2弾、仮面ライダーエターナルを見ました。

去年の夏の映画、仮面ライダーW FOREVER A to Z運命のガイアメモリの悪役集団である、不死身の死人軍団NEVERが主役となる本作。

去年の映画の過去の話となる、NEVER版ビギンズナイトですね。

去年の夏の映画でのNEVERは完全に悪以外の何物でもないのですが、元々は傭兵軍団だったNEVERがこの作品で何でそこまで悪になったのかをガッツリと描いていますね。

不死身の死人軍団の敵として現れるのが、超能力兵士軍団のクオークス。

スピンオフ第1弾のアクセル編が風都を舞台にしたテレビ本編の延長線上であるのに対して、今回はWの世界の中の出来事である事は確かなんですが、完全に非日常ですね。

非日常だからこそ、設定に枷が少なくやりたい放題やっているとも言えるでしょうか。

悪と悪のぶつかり合いという仮面ライダーという看板を使った中ではかなりの実験作だとは思いますが、これはこれで十分すぎるくらいありですね。

日曜の朝に流れるとすると無しですけど(笑)

今作でのゲストヒロインにシンケンピンク高梨臨を始め、クオークスの1人にアバレブルー富田翔、そしてクオークスのトップで極悪人としてゴーグルブラック・ダイナブラック春田純一と戦隊関係者が出てくるのも見どころの1つですね。

全体として面白かったんですが、須藤元気はやりたい放題過ぎる(笑)
仮面ライダーW(ダブル) RETURNS 仮面ライダーエターナル【Blu-ray】仮面ライダーW(ダブル) RETURNS 仮面ライダーエターナル【Blu-ray】
(2011/07/21)
松岡充、須藤元気 他

商品詳細を見る

今日の読書 仮面ライダーW RETURNS公式読本

テレビ本放送が終わり、ライダー対戦の映画を経てVシネでスピンオフが作られるという異例の展開を見せているWなわけですが、そのスピンオフ作品2作、アクセルとエターナルについて公式本ですね。

発売時期が今月頭とアクセルはすでに視聴した人がいる事を前提に、エターナルはまだ見ていない人向けにという感じの構成になっています。

キャストスタッフに対するインタビューがメインであり、この手の本でのお約束ですが、何気に一番面白かったのは、監督VS美女対談という企画で、坂本“足フェチ”浩一監督と出演した女性キャストとの対談4連発。

山本ひかる、滝裕可里、高梨臨、八代みなせとの対談ですね。

もともとのレギュラーだった山本“所長”亜樹子はともかくとして、監督のご指名でキャスティングされた3人の傾向が分かりやすすぎますね(笑)

アクセル編はWの延長線上の新番組と言う感じでしたが、去年の夏の映画の悪役集団だったNEVERをメインとしたエターナル編は完全に異色作の悪vs悪という形らしいのですが、とりあえず早く見たいなという気持ちになりますね。

通して読んで、キャスト、スタッフ共に愛された作品であるというのが良く分かりますね。

一視聴者である私も愛している作品ですが。
仮面ライダーW RETURNS 公式読本 W RETURNS ~仮面ライダーアクセル×仮面ライダーエターナル~ (グライドメディアムック)仮面ライダーW RETURNS 公式読本 W RETURNS ~仮面ライダーアクセル×仮面ライダーエターナル~ (グライドメディアムック)
(2011/07/01)
東映

商品詳細を見る

おまけ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム