FC2ブログ

今日のNBAファイナル

マーべリックス105-95ヒート

祝マーべリックス初優勝!

今回のファイナルはマブス全力応援モードでの観戦でしたが、物凄く久しぶりにファイナルを見終わって心底嬉しいと思えましたね。

とにかく激戦続きのファイナルで最後の最後まで試合結果が分からないという試合だらけでしたので、マブスの3Pが好調で前半から自分たちのペースで試合をしていたにも関わらず、安心して見ていられないかったですね。

特に前半ノビツキーのシュートが全く入らず1/12なんていう事では、仮にマブスが勝ってもノヴィツキーにとってはいろいろと取り払わないといけないレッテルをきれいに剥がす事ができないんではないかとか余計な事を考えたりするくらい。

それでも、終わってみれば21点11リバウンドのダブルダブルと全くの杞憂でしたけども。

マブスの不安要素は後半に入ってからも強くあったのは、インサイドというかセンターのチャンドラーとマイミがファウルトラブルに陥ってしまった事。

ここにきてヘイウッド欠場の穴が重くのしかかるかと思いましたが、これも最後までなんとか我慢できて問題にならず。

前半ノヴィツキーが得点を決める事ができない時間帯も、全く問題にならなかったのは、ジェイソン・テリーの存在でしたね。

5年前のファイナルで無残な敗北を喫した経験をノヴィツキーと共有する唯一のチームメイトはベンチスタートから今日のチームハイの27点とチームを引っ張っていました。

ファイナル初戦では今一つでベンチの層の厚さがマブスのアドバンテージだと思っていたのが計算が狂うなぁと思いましたが、やっぱりアドバンテージでしたと。

ファイナル4戦目からチームの流れを変えるためにスターター起用されたホセ・バレアも今日はFG7/12と、ひっかきまわすだけではなく、きちんと役割を果たしていましたし、逆にスターターからベンチになったデショーンも3Pで3/5と配置転換が上手くいったなぁと。

そして、今回の優勝で私が一番嬉しいのはジェイソン・キッドが初優勝という事ですね。

38歳とキャリアも終盤というか、来期ロックアウトするようなら今シーズンで現役を終わるというような話も出てきていたNBA史上に残る名PGは、ネッツ時代に2度ファイナルで敗れ、最後のチャンスをものに出来たと。

ネッツ時代とは違い、マブスではチームのNo1選手ではなくなりましたし、かつてのような圧倒的な支配力もなくなりましたが、それでも大ベテランとしてチームを牽引していた事は間違いなく、エースであるノヴィツキーの重圧を軽減させていた事は間違いないでしょう。

NBA史上最年長のスターターPGとしての優勝という、いかにもアメリカらしい記録も残しましたし、NBAをスタートさせたマブスで優勝というのも感慨深いものがあるのではないかと思います。

トリプルJなんて、本当に若さゆえの崩壊でしたからねぇ・・・(遠い目)

ノヴィツキーは順当にファイナルMVPを獲得ということで、シーズンMVPを獲得してプレイオフ1回戦で敗退という悪夢をようやく払拭できたんじゃないかと。

いろいろと語りたい事もいくらでも出てくるような心底嬉しいと思えるファイナルの結果でしたね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる