FC2ブログ

今日の、マブス優勝記念で10年前の恥さらし。

今シーズンのNBAはマブスが優勝という非常にお目出度い結果で終わり、ファイナルMVPにダーク・ノヴィツキーが選ばれて、ここ数年、実は勝負弱いんじゃね?というレッテルが貼られていたのを、見事に引っぺがす事に成功しました。

という事で、それを記念して別名義でひっそりと適当な事を書き捨てていたサイトを運営していた頃に、ひっそりと書き捨ていていたものを編集無しで再掲してみようかなという誰も得しねぇ事を。

読み返すと苦笑してしまうようなヘタクソな文章ですし(今でも進歩が無いとした方が適切か)、この当時は登録では7フッターじゃなかったとか、ポジションがSFだったんだなぁとか諸々ありますね。

というわけで、以下から2001年6月6日に書き捨てたものになります。


エンターサンドマンさん7777カウントゲット記念リクエストは毎年着実に実力が伸び過ぎで、今期のオールNBA3rdチームに選ばれたダーク・ノヴィツキーです。
 ヨーロッパの選手はNBAに入ってから実力を発揮するのに1年は猶予が必要であると言われています。プレイスタイルの違いや、激しいボディコンタクトのために、それまで培ったものが生かしきれないからというのが理由です。そのかわり、NBAに慣れさえすれば、そのプレイスタイルの違いが良いほうに出て1年前と別人のプレイぶりをみせ、一気にスターダムにのぼることがままあります。

 ダーク・ノヴィツキーもNBAでは珍しい部類に入るドイツ出身の選手で、現在進行形で著しい成長振りをみせています。ノヴィツキーは現在3年目のシーズンが終わったところですが、去年の成長を踏み台に今年は一気にチームの中心選手としてどこに出しても恥ずかしくないような選手に成長しました。なにしろ、ほぼ全てのスタッツを向上させているのです。(アシストだけ微妙に減少)

 このノヴィツキーの成長はマブスの成長に密接に関係があります。昨シーズンの特に後半から超攻撃的チームのひとつとして、非常に注目を集めるようになりました。速攻と無謀じゃなかろうかと言えるくらい外からガンガン3Pを撃つチームカラーは、ディフェンス主体の現在のNBAでは異色の存在であり、そのため、勝つか負けるかは相手との力関係ではなく、あくまでも、自分達のシュートが決まるかどうかという非常にスリリングと言うか、なんというか、面白いんだけど、この先上を狙うにはどうだろう?といったものでした。
 そもそも、マブスというチームは、長期低迷チームのひとつでありました。一時3J(ジェイソン・キッド、ジム・ジャクソン、ジャマール・マシュバーン)といわれた、3人がチームを強くすると期待されていましたが、結局空中分解し、そのまま非常に注目度が低くなっていました。そのため、ノヴィツキーが入団した年など、ろくに放送もされず、見てみたい選手なんだけれども、放送がないといったものでした。

 ノヴィツキーを始めて見たときの印象ですが、背が高いくせにアウトサイドプレイヤーなのねということでした。とにかく、外からシュートを撃つ事撃つ事びっくりしました。まだ、今ほど安定感は感じられませんでしたが、大きいアウトサイドシューターというのも面白いなと思いました。とはいえ、昨シーズンと、今シーズンオールスターサタデーの3ポイントシュートコンテストで優勝してしまうのはどうだろうと思い、優勝できなかったのを見てなぜか安心してしまったんですが(苦笑)

 ノヴィツキーという選手を考えるうえで私が絶対にはずせない考えがあります。それは、“規格外”というものです。
 どう規格外なのか、まずはサイズです2m11cm、これよりもサイズの劣るセンターはいくらでもいます。インサイドの選手としてこれだけあれば、ばんばんざいなチームはいくらでもあるでしょう。しかし、彼のポジションはSFです。インサイドもアウトサイドもこなせるに越したことはありませんが、インサイドのスペシャリストたる必要性は高くありません。つまりは高い身長がどうしても必要かと言われれば、必ずしもそうとは言い切れないポジションです。そのポジションで絶対的な高さを誇ります。
 次は、スピードです。普通これだけのサイズがあれば、多少スピードが劣ろうとも十分な働きができます。インサイドでゴール下の番人をすれば良い訳ですから。ところが、ノヴィツキーの動きのそれは明らかにSFがナチュラルポジションと言えるだけの物があります。つまり、スピードやクイックネスそのもので勝負できるほどの圧倒的なスピードは持っていなくても、SFのスターターをやっていて恥ずかしくないスピードはしっかり身に付けています。2m11cmで、しっかりとSFの速さを誇る、相手チームとって厄介この上ない存在と言っても良いでしょう。
 そして、シュート力。どこから撃っても決める力を持っていますし、体が多少流れようともしっかり決めてきます。ジャンプシュートが大半を占めていると思いますが、インサイドにドライブする力もあり、多くのチームは対処に困っているはずです。

 今シーズン、マブスは開幕当初から台風の目としてなりえるチームとして注目されていました。伸び盛りな選手の存在。そして、罰金王オーナーの金持ちマーク・キュバーンがチームのために金を惜しまない姿勢は、チームを勢いづかせていました。(1回分の罰金で良いから、私にくれないものかしらねぇ)
 そして、勢いの中心にはしっかりとノヴィツキーがいました。シュートの安定性が増したこと、そして、それまであったらば、他の得点源はマイケル・フィンリーくらいしかあてにならなかったのに、スティーブ・ナッシュも好調で、チームは得点源の分散化を生み、誰かを1人マークすればいいというような状況から脱し、チームとしても攻撃をしやすいと同時に、個人としてもより力を発揮できる状況になりました。
 チームを勝たせながら、個人成績を着実に伸ばしたノヴィツキーは非常に幸運かもしれません。チームの成長と個人の成長がうまくシンクロしてくれたおかげで、個人の実力をのばしながら、勝利について学べたわけなのですから。バスケットボールは個人スポーツではなく、チームスポーツである以上、個人のスタッツがいくら優れていても、だから何?と言われてしまいます。仮にものすっごく得点を獲っていようとも、それがチームの勝利に結びつかなければ、たんなるわがまま選手あつかいにもなります。ノヴィツキーのプレイを見ている限り、周りのことを見ながらプレイしておりセルフィッシュでは無いので、わがまま扱いは無いでしょうが、勝利に貢献できないという烙印は押されかねません。しかし、今シーズンしっかりと勝利に貢献し、優秀なプレイヤーとして、しっかりと存在をしめしたわけです。

 今期のマブスは11年ぶりにプレイオフに出場しました。対戦相手は、対照的なベテランチームのジャズ。ゲームの中継があったので、運良くこの対戦を見ることが出来たのですが、つくづく勢いとは凄いなとかんじましたね。第1戦第2戦はジャズが経験に勝るものを見せていましたが、第3戦ノヴィツキーが爆発して、勝利をつかむと4戦はマブスのやりたい放題、そのいきおいのまま1988年以来のカンファレンスセミファイナル進出を決めました。ノヴィツキーの規格外なプレーがこの流れを引き出したと言っても言い過ぎではないはずです。(もちろん、マブスのほかのプレイヤーをないがしろにする気は無いですよ、フィンリーやナッシュはすばらしいと思ってますから)

 勢いで勝ち上がったマブスですが、残念ながらカンファレンスセミファイナルでスパーズの前に1-4で敗れ去ります。しかし、大いなる可能性は十分にアピールしたことは確かです。

 さて、今までノヴィツキーを誉めてばかりいましたけれども、今後心配なところは無いのでしょうか?もちろんあります。1つ目は、フィジカルな当たりに強いとは言い切れないこと。もちろん、弱いとはいいませんが、インサイドでガツガツ当たるようなプレイは得意では無いように見えます。オフェンスリバウンドを獲りに行く機会が少ないのは、アウトサイドにいることが多いから仕方がないとして(というか、そもそもインサイドに張り付いていたらば魅力半減)ディフェンスもパワフルなマッチョ選手に対しては押し込まれてしまう感は否めません。
 そして、2つ目は今言ったディフェンスの問題です。下手とは言いませんが、マッチアップ相手がクイックネスに優れた選手になりますと、どうしても、ついていけない部分はありますし、ディフェンスも背の高さや身体能力に頼ってしまう部分がまだ、弱いかなと感じてしまいます。
 そして、3つ目、ひょっとしたら、これが一番気になるかもしれません。カンファレンスセミファイナル第4戦でで前歯を折ってしまったのです。ノヴィツキーは特に今シーズン長髪にしてから、NBAではなかなかお目にかかれないハードロッカーのようなかっこよさに私は目を奪われてしまいました。その、かっこいい顔に傷がつくとはもったいない(爆)

 さて、今シーズンも伸び過ぎを感じさせたノヴィツキーですが、まだ弱冠22歳(これをUPしてすぐに23になるけど)まだまだ伸びる要素がふんだんにあります。勝負強さに磨きがかかる可能性は、今シーズンの経験を考えれば十分にありますし、その他のものが伸びていくことも大いにありえます。
 果たして、今後どのような規格外の選手になるのか、非常に楽しみな存在です。






























規格外度☆☆☆☆☆
伸び過ぎ度☆☆☆☆☆
オールラウン度☆☆☆☆
スリーポイン度☆☆☆☆☆
美形度☆☆☆☆☆

注)管理人が個人的に5段階評価で表しています

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる