FC2ブログ

今日の北欧デスメタル RELENTESS RECKILESS FOREVER/CHILDREN OF BODOM

フィンランドのメロディックデスメタルバンド、CHILDREN OF BODOMのBlooddrunk以来3年ぶりのオリジナルアルバムになります。

私はCHILDREN OF BODOMはBlooddrunkから聞き始めたので過去と比べて変化していると言われてもよく分からないんですね。

過去作品の方がよりメロディアスだったという評価に心惹かれる部分はあるのですが、デスメタルって聞く側にもパワーを要求されるので、遡るだけの元気がないというか(汗)

私にとってCHILDREN OF BODOMはデスメタルというかデスメタルのボーカルなのに野太い声ではないというのに珍しさと面白さをを感じ(デスメタル詳しくは無いですけど)聞き始めたので、音楽性の変化まで知りつくそうとまでいかないとか言うと怒られるでしょうか。

本作ですが、最初に聞いた時から思ったのはメロディアスさはあるけども、それを全面に出すというよりは、全体的に叩きつけるような暴力性であるとか、聞いているうちに心が不安定になるようなギターリフが多く、残酷な犯人が出てくるようなミステリーを読む時のBGMにぴったりかなと。

本当はホラーなんかの方が合うかもしれないですが、私はホラーは嫌いなので。

実際に訳詞をみると聞いていて不安定になって当たり前の事を歌っていますしね。

まぁネイティブだって歌詞を見ないで聞き取れるとは思わない歌い方ですから、歌詞の意味が分からなくても感覚で伝わってくるという事だけでも成功なんでしょう。

1曲目のNOT MY FUENEALから叩きつけるような暴力性というか狂気のようなものをかんじさせますし、スラッシュメタル?とか思ったり。



2曲目のSHOVEL KNOCKOUTもゴリゴリのベースから始まりしょっぱなから不安定にさせるようなギターリフで、このアルバムはこういう感じなんだなと決定打。



4曲目のPUSSYFOOT MISS SUICIDEになると、パンク?と思うような剥き出しの暴力性というか。



6曲目のUGLYなんて、タイトルそのもののようなドラムの連打ですね。



初回限定版付属のDVDの特典映像には8曲目のWAS IT WORTH?のMVやメイキング。



メタルとスケボーって珍しい取り合わせに見えるなとか。


ライブ映像やアレキシ・ライホのギター教則DVDの宣伝まで(笑)

あらためて、私にはギターは絶対に無理だなと(苦笑)

古くからCHILDREN OF BODOMのファンの人の評価は私には分かりませんが、私としてはなかなか楽しめるアルバムですね。
リレントレス、レックレス・フォーエヴァー(デラックス・エディション)(DVD付)リレントレス、レックレス・フォーエヴァー(デラックス・エディション)(DVD付)
(2011/03/02)
チルドレン・オブ・ボドム

商品詳細を見る

テーマ : ヘヴィメタル
ジャンル : 音楽

おまけ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる