FC2ブログ

今日の読書 3.11クライシス!/佐藤優

2011年3月11日に発生した東日本大震災。

地震と津波と原発事故とよくもここまで重なったものだというくらいに重なってしまい、日本全体に大きすぎる爪痕を残しました。

福島県は原発事故で大半は当面人間の住む場所ではなくなってしまうだろうという事を思うと、いたたまれない気持ちになりますね。

私は福島移民2世の血が流れており、今現在も福島県には会ってもすぐにはわからないレベルではありますが、一番近くても4親等離れている血縁関係者が住んでいるので、他人事ではありません(まぁ血縁関係者は家が壊れるとかは無かったらしいのですけど)

今回の天災(及び人災)によって、日本は国家として大きな分岐点に立たされた事になります。

その分岐点の意味を、2次大戦敗戦後、その反省から合理主義、声明至上主義、個人主義を絶対的なものとしてきたが、これが崩れ去った事になるという事に力点を置き、日本は一大事においてこそ真価をはっきすると明治天皇の御製

「しきしまの 大和心の をゝしさは ことある時ぞ あらはけにける」

という、日本人の真価を心底信じている和歌の言葉を何度も何度も引用し、震災直後からどうするべきかというのを、作者がネット及び新聞や雑誌に寄稿したものを、集めた1冊になります。

発表媒体と日時を明確にして、それぞれの媒体の特徴に合わせて違いを見せる狙いがあるという事ですが、1冊に全部まとめると、まる被りのものを何度も何ども目にする事になるのが、記憶の定着には良いですが、1冊の本として読むと、ちょっとどうだろう?という気持ちにはなります。

基本的には有事であるという事をしっかり意識し、常日頃と違う対応をする事が当たり前というものを繰り返し、とにかく今は日本全体が一丸となってこれに当たるべきであり、批判は後からでもできるから、まずは真相究明や人命救助を優先させることというのを早い段階で強調しています。

元外交官で旧ソ連の崩壊によって国家機能がマヒする事がいかに怖いかというのを体験している筆者らしい視点に、なるほどと納得できるものも多々あるのですが、残念ながらここでリアルタイムで提言されたものが、上手く行ったとは言えないものが多々ありますね。

日本のエリートはひ弱だから、責任追及のための責任追及をすると萎縮して悪い方にしかいかないという視点は、外から批判的な視点で見ている私には分からないものですし、真相究明も責任追及も上手くできていないんだよなぁとしか思えなかったりはします。

そして、何よりも疑問に思ってしまうのは、有事の際には日本人は愛する日本という国家を守ろうとする動きが出てくるという分析に対し、その日本の国家の中枢である首相という立場の人が、日本を全く愛しているようには見えず、むしろ日本に害する国家に対して忠誠を誓っているかのような金の流れを持っていたりするのが気になって仕方がなかったりはします。

非常に面白い視点ですし、寄稿日時がはっきりしているために、その時々で優先順位をどう捕えていたかというのもわかるので、ある種のパニック状態から落ちついてきている今読んでみると、落ちついているからこそ、その後の結果が分かっているからこそ見えてくるものはありますね。
3.11 クライシス!3.11 クライシス!
(2011/04/28)
佐藤 優

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる