FC2ブログ

今日の読書 総理あなたこそ復興の障害です 菅直人政権の「大罪」/阿比留瑠比

「あい続く天災をストップさせるには、昔なら元号でも変えるところだが、いま必要なのは政権交代ではないか」

2011年、今年はどうしたって3月11日の大震災とその後の大人災という日本史上でも屈指の困難の年と言っても過言ではない状況ではないでしょうか。

そのための1つの方法論をすでに2004年10月の時点で予言していた人物がいます。

現在、意地でも首相の座を降りない事だけに全てを賭けている菅直人です。

2004年10月愛媛、高知両県で台風の大被害、直後に新潟県中越地震と立て続けに起きた災害の状況は、10万人以上の避難民を出したという意味で十分に大災害であります。

そこで、何か具体策を出すわけでも、被害者に対して哀悼の意を表すわけでもなく、政権交代さえすれば全てが上手く行くという発言は、とっとと今実行しろよと思わずにはいられませんね、少なくとも自分で行った事くらい責任を持てと。

忘れたというのならば、記憶障害として素直に辞職して治療に専念するといいと思います。

言行不一致は政治家ならば多かれ少なかれやっているものになりますので、全てに対して突っ込んでいたらばきりが無いという当たり前の事を踏まえ、7年も前の事を持ちだすなんていう事はお行儀はあまりよろしくないとは私は思います。

しかし、言葉に重みがないどころか、発言が全て日本に呪いでもかけるかの勢いしか持っていない政治家というのも、なかなか探しても見つからないでしょう。

適当にその場を切り抜ける事にしか興味が無いと揶揄されても、誰か真正面から全てをかばいだてする事が出来る人なんていないのではないでしょうか?

現在の日本の最大の不幸は、未曾有の天災による被害ではなく、天災の被害を拡大する事にのみ邁進している、無能がのさばってしまっている事ではないかと思わずにはいられないですね。

本著は、日本を破壊するという事で歴史に名を刻もうとしている権力欲の権化が首相についてからの行動を産経新聞の記者である筆者が新聞や雑誌に記名記事で寄稿したものをまとめた一冊になります。

ですので、読んでいてもとりたてて目新しいと思うものは私にはありません。

しかし、事実の羅列だけでここまで絶望感をかんじさせるという政治家はある意味では才能にあふれているのかもしれないですね。

残念ながらその才能は日本国民のためではなく、周辺国を喜ばせるためでしかありませんが。

1 2020年6月8日菅直人内閣誕生
   【菅登板】パフォーマンス先行 実った「三十年計画」湿った「軽さ」吉か凶か
   【菅首相就任記者会見】舌鋒封印 守り、逃げる
   首相、報道陣への警戒感あらわ 本誌、またも質問できず
   【菅首相所信表明演説】失政総括せず「反省なき再出発」
   国会閉会 参院本会議も開かず 「論戦無く力ずく」国民軽視
   【政論】輿石氏に自責の念はないのか
   【参院選スタート】争点隠し、菅戦略 消費税前面、小沢氏も批判
   【菅政権考】 情報統制に走っていないか
   仙石氏、みせはじめた「超リベラル」志向 狙いは従軍慰安婦賠償法案?
   かくも“社会党的”害毒に満ちた菅政権

2 7月11日 参議院選挙大敗
   【菅政権考】日々「キレ仙」の官房長官
   【土日曜日に書く】仙谷長官の危うい思想背景
   【首相、初論戦】重要課題「ブレ菅」変わらず
   首相「アジア諸国に損害」全閣僚靖国参拝せず 民主党政権化異例の8・15
   赤い官房長官 仙谷由人が国を売る
   首相「国歌斉唱」疑惑 「促され、ようやく立った」
   【民主党代表選公開討論会】抽象的、追及逃れ うつろな2人
   【政論】驚くべきいいかげんさと無責任 民勝党代表選 外国人にも投票権
   小沢氏、対決姿勢鮮明 強制起訴でも「辞職必要ない」
   【菅改造内閣】「サプライズ」国家公安委員長 岡崎氏で大丈夫?

3 9月7日 尖閣衝突事件勃発
   【敗北 尖閣事件(上)】歪んだ「政治主導」
   【敗北 尖閣事件(中)】戦略なく“思考停止”「冷静対応」一辺倒の日本政府
   【土日曜日に書く】鳩山前首相に引退を勧める
   【政論】日中会談に釣られるな
   【視点】首相所信表明 外交課題、国民に転嫁 内弁慶ぶり露呈
   【政論】踊る言葉と場当たり主義
   【政論】民由“結納金”小沢氏側に三億円 首相にも説明責任
   【尖閣衝突】ビデオ公開先延ばし 対中配慮 責任なすり合い
   【菅政権考】愚かな内閣から卑怯な内閣へ
   【政論】「語るに落ちた」仙谷氏 過去の言葉をお忘れか
   度しがたき民主党が以降の無能と卑怯
   主権に鈍感な首相、日本を不幸にする
   尖閣ビデオ流出、内部告発か「倒閣運動」と危機感
   【尖閣ビデオ流出問題】菅政権、論点すり替え
   【政論】仙谷氏、笑えぬ“喜劇”に磨き
   【菅政権考】国民との信頼関係なき漂流
   【横浜APEC2010】成果自賛、中身は隠蔽 胡主席みずメモ読み上げ 会談内容、露側発表を追認

4 11月26日 参議院問責決議案可決
   謝罪、撤回 政権末期の様相
   仙谷氏の本質あらあ「自衛隊は暴力装置」「社会主義夢見た過去」
   【自由が危ない!!】政府も党も「話さない」民主、説明放棄が横行
   末期政権、二重ショック 柳田法相更迭、内閣支持率急落
   足をひっぱる仙谷氏 政権の「守護神」自任も
   【土日曜日に書く】「逃げ」が本質の菅政権
   【政論】青島さんも泣いている 無責任首相
   【菅政権考】言葉の軽さ 抜けない野党気分
   【政論】おもいつきの「即興劇」菅政治の本質
   【激動2010政権回顧録(上)】大荒れ、“ルーピー”旋風
   【激動2010政権回顧録(下)】国を守れぬ「仙谷時代」
   【政論】国民の嫌悪感 気付かぬ鈍感 菅首相あなたは何も分かっていない

5 2011年1月14日 菅直人第二次改造内閣
   【菅第二次改造内閣】無理に無理を重ねた改造
   【菅政権考】「マニフェスト詐欺」の反省を示せ
   【通常国会開会】反省しない首相、また大風呂敷
   【政論】「天に唾する」与謝野氏起用 首相に信はあるのか
   「イラ菅」封印も… 透ける「本音」、問われる整合性
   【政論】首相、根拠なき人気取り?北方領土、尖閣…謝罪・反省なく
   【政論】民主・休暇分散化構想 中国「国慶節」に配慮 皇室と歴史の軽視
   【普天間問題】海兵隊の抑止力「方便だった」鳩山氏が「政権の難敵」
   小沢氏処分“不発”切り札枯渇し手詰まり 菅首相の三分の二戦略破綻
   【民主崩壊】菅政権退陣でも打開険し 党全体に国民の不信感 離脱騒ぎは自壊現象
   【政論】驚いてごまかす「菅処世術」
   【土日曜日に書く】歴史教育議連再開への期待
   【民主崩壊】前原外相、一転窮地 かねて指摘、北朝鮮との親密な関係
   【政論】前原外相辞任 問責の刃、いずれ首相に
   【政論】知らぬ存ぜぬ、もう通じぬ
   【菅政権考】致命的な国家観の欠如

5 3月11日午後2時46分 東日本大震災起こる
   【東日本大震災】首相自ら最大危機招く 停電、周知せず了承 一号機爆発
   【政論】原発事故、首相なお指揮演出 過小評価、混迷招く
   【政論】隊員踏みにじる最高指揮官
   「ひきこもり」首相、限界 震災後、質疑応ぜず
   原子力専門家、相次ぎ参与に“船頭”続々、機能不全も
   【政論】無能な見方は敵よりも恐ろしい…危機の今こそ首相、お辞めなさい
   【政論】首相は「歩く風評被害」
   菅首相のそんざいこそ「不安材料」だ
   さらば菅首相!国民はあなたと共には闘えない
   福島県民の不安増幅 校庭利用基準、被曝線量年間20ミリシーベルト以下
   飯舘村、首相「責任逃れ」の避難指示 福島被災地を歩く
   【菅政権考】「人の心が分からない首相」言いたい放題の与野党
   【土日曜日に書く】心は見えずとも思惑は
   【政論】不信任案、中ぶらり 戦う自民、どこへ行った
   【海水注入中断】「首相の言動」焦点 安易に外部意見に頼り混乱
   何がほんとう?「開いた口が…」政府・東電の発表 不振歯止めなし
   【政論】信なき首相では国難に向かえず
   【政論】居座り首相「誠意ゼロ」証明 死して屍拾うもの無し
総理、あなたこそ復興の障害です総理、あなたこそ復興の障害です
(2011/07/02)
阿比留 瑠比

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる