FC2ブログ

昨日の牙狼 第19話

「楽園」

赤い仮面の男はレオと同じ顔を持つ男、双子の兄のシグマだった。

レオは閃光騎士狼怒として鋼牙をシグマから守り、屋敷に戻ってから鋼牙と零に説明し始めます。

布道家は代々狼怒を継承してきた家庭であり、双子の兄弟は父親から厳しく修業を積んでいた。

しかし資質はシグマの方が高く、剣だけではなく、魔戒法師の能力も発揮する事が出来た。

レオはそれを受け、自分が魔戒法師になり兄が魔戒騎士となって2人で戦うつもりでいたのだが、父親が狼怒を継承させようとしたのはレオだった。

魔戒騎士に必要なのは、強さではなく、守りしものとしての心であると。

これに納得できないシグマは出奔する事に。

父親の死後、シグマを追って再会した恋人の魔戒法師ミオと共に号竜を製作していたレオの前に姿を現したシグマは、魔戒騎士が存在する前に戻し、魔戒法師がホラーから人間を守ると全てのホラーを滅ぼす究極の魔号竜イデアを作る事を誓います。

イデアを完成させるためには、太古のホラーであるギャノンの骸が必要であるということで、シグマはミオとギャノンの骸を探しあてます。

イデア完成に向けてシグマが動いていると、ミオはレオのもとへとやってきます。

レオは兄を完全に信頼していますが、ミオはシグマに何か不穏な印象を受けて心配だったようですが、確証もなく悩んでいたようですが、レオにとっては今振り返ってみるとという感じですね。

イデア完成のためには人間が必要という事でシグマの基準で守る価値のない人間を調達。

人間を守るために少数の人間の犠牲は必要であるという考え方に、ミオは共感できずにおびえ、ギャノンの骸を破壊しようとしますが、シグマは裏切りと捉え裏切りは許さないとミオを殺してしまいます。

そして、ギャノンの骸から赤い仮面を得る事になり、全ての魔戒騎士を滅ぼすとして破滅の刻印を打ちこむようになったと。

残された時間はあとわずか、シグマとの決戦へという感じですね。

シグマが魔戒騎士に選ばれなかった理由が良く分かる感じですね。

いわゆる戦うための実力という意味の強さしか持ち得ていない、人間を守るという気持ちと、その守るべき人間というものを決めるのは自分の価値基準に無意識のうちにやってしまうという。

もちろん、全ての人間が守るべき価値があるかと言われれば、あると断言できるほど性善説で世の中はできていませんが、最初から考える余地なく切り捨てるというのは、また別の話、その別の話と捉える事ができないというのが、問題だったんでしょうね。

自分が魔戒騎士に選ばれなかったから魔戒騎士を滅ぼすという、八つ当たりの極論へと突き進むというのも、非常に危険思考なわけですし。

シグマが人間的に器が小さいにもほどがあるわけですが、人間の器が小さいという事と実力は別ということで、最終決戦に向けて上手く盛り上がってきた感じですかね。
   

おまけ

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる