FC2ブログ

今日の読書 変身/掟の前で/カフカ

さよなら絶望先生、最終巻も発売され、本当に終わってしまったわけですが、実は壮大な風浦カフカ(PN)の物語であったとも言えるものであり、PNは本名を明かすわけにはいかないから、彼女の好きな作品である変身の作者フランツ・カフカから名付けられたというものだったという事で。

改めて、変身は読まなければいかんだろうという事で読みました。

変身という作品は、やはり変身ヒーロー好きである私にとっては避けては通れないだろうという事で、過去に読んでいる作品でしたので、再読しても良いかとは思いましたが、どうせならば違う訳でという事で、今回は光文社古典新訳文庫バージョンで読みました。

変身は結構前に読んだ作品ですので、新訳で印象が変わったというほど印象は変わらなかったですけどもね、読み比べれば違うと感じるんでしょうけども。

基本的に、この作品は有名でグレゴール・ザムザ青年が朝になって目が覚めると、自分が虫に変身していたというお話ですね。

何で足が無数にあるムカデ系な虫になっていたのか、特に説明も無く、青年の意識やらなにやらは正常のつもりなのに、回りからは何を言っているのか理解もされず、それでいてグレゴール青年であるという事は認識されて、そのまま望まれない共同生活を強いられるという、不条理というか、シュールな。

虫になったというのが、セールスの仕事が上手くいかずに、それでいて家族を養わなければいけないというプレッシャーで精神が逝ってしまったというメタファーというような解釈をされる事もあるらしいというのを、目にした事がありますが、本人は普通のつもりでも、回りの目には奇異にしか見えないというのも、なかなかにつらいものがあるなぁと。

とりあえず、もし夏休みの宿題の読書感想文にこの作品を扱うような人がいるのならば、セールスの仕事をするという事によって虫になる可能性が高まるので、これを読んで私は将来絶対に家族を養うというようなプレッシャーに押しつぶされないように、労働を拒否します!と結んで欲しいと思ったりします。

恐らく宿題の評価は酷いものになるとは思いますけど。

古典新訳文庫には、他に『掟の前で』『判決』『アカデミーの前で』と3作品入っているのですが、『掟の前で』というのは、過去に自分の意志ではない状況で読んだことがあるなぁと思うのですが、確証は持てません。

たぶん、とある武蔵の国にある窓側に暖房設備がついた部屋の1番窓側の列の前から3番目の席に腰掛けながら読んだんじゃないかと思うのですが・・・だから、どうしたという事ではないのですけどもね。

なんとなく、掟の前でという作品の中身と言うよりも、不条理小説について学ぶという中で、そもそも掟というのは、どういうものだという質問を答えさせられたような記憶が蘇ってきたので、教養水準が低く、プレッシャーに弱いのでそういった質問を答えさせられるような場面で、珍しくそこそこ評価されたような気がするんですよねぇ・・・まぁ確認はできませんし、評価された事が夢であった可能性の方が高いんですけども。
変身,掟の前で 他2編 (光文社古典新訳文庫 Aカ 1-1)変身,掟の前で 他2編 (光文社古典新訳文庫 Aカ 1-1)
(2007/09/06)
カフカ

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる