fc2ブログ

今日の読書 逆説の日本史15近世改革編/井沢元彦

日本の歴史の定説は、史料至上主義、宗教的視点の軽視、全体の流れの軽視によって、間違ったまま流布してしまっているものがあり、そういった問題点からこそ検証し直し定説とは違う逆説で日本史の真相を探ろうとする、逆説の日本史シリーズ、今回のメインは徳川吉宗名君説と田沼意次悪人説に対する真っ向否定となります。

徳川の治世になってから、このシリーズで一環として否定しているものに、儒教、特に朱子学というものがあります。

儒教が内包しているものは、懐古主義と商業全否定があり、懐古主義という結論ありきの物事の見方(理想と現実との乖離があった場合、現実の方が間違いという結論に向かいがち)、によって、新しいものが生み出されず、前例なき善政という方向性がみえたとしても、前例がないという理由だけで全てをぶち壊す事になりがち。

また商業全否定によって、経済政策がめちゃくちゃになり、民衆が困窮し、文化が衰退するという、悪循環を生みだすというもの。

徳川吉宗に関しては、時代劇のイメージでサンバを踊るような爽やかな名君のイメージがついているが、名君ではないと。

目安箱や小石川療養所の設置、蘭学の実学のみの解禁、サツマイモの普及による飢饉対策など、名君の要素があり、これだけを取り上げれば歴史上の名を残す名君である事を前置きし、しかし、経済に関して商業を賤業として全否定したために、米本位制と金本位制を中途半端に混ぜてしまい、経済全体を混乱させたバカだとしています。

緊縮財政を幕府がする事は正しいが、庶民にまで緊縮を迫ったというのは、現代に置き換えると、長らく続くデフレスパイラルとしても理解しやすいものですね。

どうでもいいですが、デフレを脱却するために日本国内の金持ちは、湯水のように日本国内で散財しまくって欲しいものですな。

田沼意次は悪人扱いを長くされていましたが(池波正太郎の剣客商売の影響で、それが薄まっていると書かれてはいますが)そのベースもやはり儒教があり、重商主義をとった田沼意次は、賤業である商業を重視したからという宗教的視点と、成り上がり者として、血統的エリートから権力闘争としてやっかまれたのとふたつが重なったというのが、ざっくりとした説明になるでしょうか。

史料至上主義者批判として、勝者や対立していた者が書き残したものを、丸のみして理解する姿勢を、繰り返し批判していますね(苦笑)

全体的に、この時代の儒教批判と、この時代からすでに討幕への流れが作りはじめられていたというのも、まとめの1つでしょうか。

このシリーズ、楽しく読んではいるのですが、元が連載ものなだけに、どうしても繰り返しが増えてしまうのと、定説を作る側の歴史学者批判に力点を置き過ぎなのが、もう少しそこはさらっと行っていいんじゃないかと思わなくはないですね(苦笑)

第1章 徳川幕閣の展開と改革1
    六代将軍家宜の新政編 使用人を重用した権力機構

第2章 徳川幕閣の展開と改革2
    八代将軍吉宗の支配編 「改革の英雄」の実像を暴く

第3章 徳川幕閣の展開と改革3
    将軍吉宗vs尾張宗春編 経済政策にみる明と暗

第4章 徳川幕閣の展開と改革4
    田沼意次vs松平定信編 「幕府をつぶした男」と「天皇」の復活
逆説の日本史 15 近世改革編―官僚政治と吉宗の謎 (小学館文庫)逆説の日本史 15 近世改革編―官僚政治と吉宗の謎 (小学館文庫)
(2012/06/06)
井沢 元彦

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる