FC2ブログ

今日の15年ぶり Aftermath Of The Lowdown/Richie Sambora

ボンジョビのギタリスト、リッチー・サンボラの15年ぶりのソロアルバムを聴きました。

リッチーはギタリストではあるものの、声量や歌唱力から普通にヴォーカリストでもおかしくないレベルなわけですが、ソロは久しくやっていなかったなぁと。

ボンジョビ本体がそれほど休みなしでやり続けていたからというのがあるわけですけどもね。

で、アルバムですが、リッチーのソロらしく、基本的にブルーズを基調にしたアメリカンロックど真ん中という感じなんですが、年齢やら人生のつらい時期を乗り越えたあたりを考えると落ちついた方向になるのかと思いきや、過去作と比べてむしろ随分とアグレッシブな印象の曲が増えたなぁって。

もちろん、落ちついた曲はかなり渋いですしそういう曲の方が多いんですけどもね。

1曲目のBurn That Candle Downがいきなりど派手な曲で驚き


2曲目のアルバムのリードトラックのEvery Roads Home To Youで、非常にリッチーらしいなと変に安心し


4曲目のNowadaysがパンクのようなリフで始まるのに驚き



8曲目のSeven Years Goneでリッチーのソロらしさと、ボンジョビでも普通にやりそうだなという壮大さを感じたり。


15年もソロをやっていなかったのが勿体なく感じましたねぇ。

おまけ

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる