FC2ブログ

今日の読書 空飛ぶ広報室/有川浩

ブルーインパルスのパイロットを志し、その夢がかなう直前に交通事故に巻き込まれてパイロットへの道を断たれ、航空自衛隊の広報室に回される事になった空井大祐。

テレビ局の報道記者として一定以上の評価を受けていた物の、ガンガン行きすぎたために伸び悩み報道局のディレクターに回された稲葉リカ。

2人の挫折に直面した若者を中心に、航空自衛隊広報部とそこにテレビ局が長期取材に入って来たという事で進む連作短編になります。

戦闘機は所詮人殺しの道具であり、それを扱うパイロットも人殺しのために自衛隊に入っているという極端な偏見から入り、自衛隊はそういった極端な悪意ある偏見にさらされながらも、何とかそうではないという事を広めなくてはならないと奮闘するというのを軸にした物になります。

基本的な枠組みは、同じ有川浩作品の『図書館戦争』のシリーズと、公務員の広報活動という視点から、『県庁おもてなし課』を合わせたような形に感じましたね。

主役級だけではなく、回りの登場人物にもしっかりとスポットを当てたり、有能なベテランに若手や中堅が引っ張られる形で成長していく姿あたりも、他の作品を彷彿とさせますし。

航空自衛隊の宣伝小説としてプラスもマイナスもどちらにも受け取られる可能性があるなというのが、どうしても自衛隊という組織に対する日本国内の評価になってしまうのは仕方が無いなぁと思ったりしますが(組織の存在として似たような警察に関して、存在全否定な人がいないのを考えると、存在全否定であったり、犯罪者扱いされる組織だったりしますからね)私は面白く読みましたね。

自衛隊を無批判で持ち上げすぎるのも、それはそれで危険すぎるかなとは思いますが、純粋に感情移入しやすい形で、読み終わると航空自衛隊がんばれと思ってしまう部分は多々ありますね。

むしろ、自衛隊のアピール以上に、マスコミ、特にテレビ局で働いている側の描写として、果たして今のテレビ業界でここまで真摯に向き合っている人ってどれだけいるんだろう?

テレビ局を、持ち上げすぎじゃないだろうか?と思ってしまうあたり、マスメディアに対して私が自衛隊なんか比べ物にならないくらい批判的な偏見を持っているという事でしょうかね(苦笑)

本来、この1冊は去年の夏に出版される予定でいたものらしいのですが、去年、2011年と言えば、どうしても3.11の東日本大震災については避けて通る事はできず、そのための話を追加するために、改めて取材し物語本編の後日談となる短編を収録する形におさまっています。

不謹慎を承知で、震災のおかげで物語のリアリティが格段に上がったと思わざるをえません。

特に、自衛隊広報という日常業務にスポットを当てた作品が、非日常、有事に関わり、その有事の際の行動、活躍は取材を小説形式にしてまとめた物と言っても過言ではなさそうです。

そして、有事こそがある意味では本来の仕事とも言える自衛官に関し、尊敬の念と一方的な誹謗中傷をする側って、改めて醜いなって思うのは、感情論で入れ込み過ぎと、私が批判されるかもしれないですね。

そういう、はなから自衛隊=人殺し集団みたいな極論を振りかざして何の疑問も持たない人に読ませたらばどういう反応をするのか、気になる小説ですが・・・プロバガンダの一言で終わらせてしまうでしょうかね。

あまり、思想や信条と関係なく、ちょっと特殊な職業の青春奮闘記としても十分楽しめますので、変な偏見無しに幅広い層が楽しめるんじゃないかなと思います。

実際に私は出てくる機種について、全く知識に無い物だけですから(汗)
空飛ぶ広報室空飛ぶ広報室
(2012/07/27)
有川 浩

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる