FC2ブログ

今日の読書 スリジエセンター1991/海道尊

ブラックペアン1988、ブレイズメス1990に続くシリーズ第3弾にしてシリーズ完結編。

大学時代攻撃的サイドバックとして活躍した若手外科医世良を主人公にして、研修医として東城大で働いた期間を描いたシリーズになるわけですが、このシリーズはチームバチスタを始めとした、本編シリーズよりも前の出来事になるわけで、それぞれの登場人物の若かりし頃を描いているというだけではなく、それぞれの関係性などの因縁については、かなり重要な位置をしめることになりますね。

海堂尊の医療問題啓蒙活動を目的とした小説群では、その中でも本人の一番の専門でもあるAi(死亡時画像診断)普及に力点が入りまくっているものが多く、また本編から離れたスピンオフ作品が増えてくると、Aiについてのいろいろな闘争から、より政治的なところにまで突っ込んでくる、医療行政を出発点に地方行政のありかたとかにまで行きついて、ちょっと手を広げ過ぎているんじゃないかと思わなくもない展開になていますが、このシリーズは、バブル崩壊直後の時代という事と、この時代が医療の転換点となったという、医療と金について、力点が置かれていますね。

医療費亡国論という官僚のレポートに対する批判に力点が置かれていますが、この当時、医療と金の問題をガッツリと考えるとなると拝金主義者というような評価になり得るという所を中心に、病院内での政治的な駆け引き、そして政治的な駆け引きの結果が、この当時良かれと思っていたのに、将来的にはどうなったのかという問題提起まで狙っているかなと。

とまぁ、裏側というか作者のそういった狙いもあるだろうなというのは横において、やや政治的駆け引きに力点が置かれ過ぎているのは気になるものの面白かったですね。

シリーズもの、しかも必ずしも時系列順に作品が発表されるわけではない一連の作品群の中で、これがこう繋がっていくのかという楽しみがありますからね。

今回は、ジェネラル・ルージュの凱旋で主役的な位置になるジェネラル速水や、イノセントゲリラの祝祭で重要な役割を担うスカラムーシュ彦根の若かりし頃が出てきて、後に活躍する事になるキャラだよなというのを印象つけていますね。

ジェネラル速水は、それこそジェネラルと呼ばれる事になったきっかけの出来事がここで書かれているわけになりましたからね。

一連の作品群ですが、ここの所シリーズ最終作が本編を始め続いている気がするんですが、今後どうなっていくのかが気になりますねぇ。
スリジエセンター1991スリジエセンター1991
(2012/10/25)
海堂 尊

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる