FC2ブログ

今日の仮面ライダーウィザード 第38話

「奪った希望」

前回のラストで絶望するという、酷いオチは軽くスルーして始まった今回。

ワイズマンにファントムを生みだすようにせかされるソラですが、賢者の石を得るためにワイズマンに従っていますが、ファントムを大量に必要としている事、そのファントムを集めてサバトを開くという事などなど、ワイズマンを信用しきってはいない様子。

正面切って不信感を出せば、ワイズマンに瞬殺されるような立場ではあるんですが。

はんぐり~であっちむいてほいをするという暇人な晴人と瞬平。

本日のおスペはドリームドリームドーナッツ。

夢が重なった甘いドーナツという事で、瞬平は晴人の夢って何だったのかを聞きたがります。

そこに、サッカーボールが飛んできて、晴人がよけ、瞬平がよけ、店長がよけて店員さんに直撃。

ボールの持ち主たちの少年に蹴り返そうとしたところで、思いとどまり、ボールを使う時は回りに気をつけて、人に怪我をさせないようにと、楽しい事も台無しになると投げ返します。

屋上でソラとメデューサが会い、ソラは今後の人生を考える上でワイズマンに会っていたと話し、メデューサはゲートを発見しバハムートを向かわせたと。

サッカーの練習をしている男女、和也と直美。

和也の膝の怪我のリハビリを兼ねたトレーニングをしているところにバハムートが乱入。

晴人のもとにクラーケンがやってきてファントムが出現した事を知らせます。

和也は逃げようとした所で足をもつれさせてしまうくらい膝の状態は悪く倒れてしまいます。

晴人はハリケーンになってバハムートを引き離します。

戦闘に入るとバハムーとは強く、銃が通用しないということでウォーターに。

剣での攻撃も通じないのでリキッドの指輪で液状になりバハムートを捕まえますが、振り切られ、ランドになり地中からの攻撃・・・もあっさりと跳ね返されランドは見せ場すら作れず・・・

バハムートは楽しみは次に取っておくと、去っていきます。

変身を解いた晴人でしたが、実は3人は知り合いだったという事で。

面影堂にやって来た面々、凛子も合流し、晴人がかつてプロを目指すレベルで本格的にサッカーをやっていたという事を聞きます。

瞬平は嬉々として晴人の過去を聞きたがりますが、直美は晴人を最低の人とばっさり。

なんとなく、嫌悪な空気になった所で仁藤もやってきます。

2人のうちどちらがゲートなのか分からないが、2人とも守るという晴人に対して、直美は全力拒否。

瞬平がファントムを倒せるのは希望を守る魔法使いだけだと、とりなそうとしますが、むしろそれが地雷であり、人の希望を奪っておいて何が希望を守るのかと態度を硬化させただけ。

という事で、仁藤が護衛について瞬平と凛子とともに和也のアパートへ。

そこで、仁藤は晴人の永遠のライバルとして、過去の晴人のライバルの話を珍しくみなまで聞こうとします。

そして去年晴人と和也が受けたプロのセレクションで、激しくボールを競り合った2人だったが、その時に晴人の接触で和也が膝を負傷してしまい、セレクションどころか再起不能と言われるレベルの怪我になってしまったと。

晴人に対しては和也よりも直美が完全に許さないという感じですね。

その話を聴いていた凛子は、窓の外を見ると、晴人が離れて護衛している事に気付きます。

和也は晴人を許せないのは怪我をさせた事ではなく、勝手に自分の前から消えた事だと。

部屋から出た凛子は外にいる晴人に、昔の話を聞いた事を話します。

何か迷っているソラはメデューサに向かって、ファントムが増えると嬉しいか問いかけます。

それがワイズマンの意志だからと応えるのに対して、個人的にはどうかと言うと、喜ぶ必要がどこにあるのかと。

ソラはそれが当然だという再確認するように、人間ではないんだから仲間が増えるというわけでもないと、今後の人生について考えていると。

ソラはワイズマンはファントムを増やす事が目的なのではなくファントムを増やす行為そのものが狙いなのではないかと疑い始めています。

ファントムに狙われているにもかかわらず練習を始めようとする和也。

回りは止めようとしますが、仁藤に晴人のライバルだから守ってくれるんだろうと言うと、仁藤もそれにつられるようにしっかりと引き受けます。

晴人を連れだした凛子は、和也が晴人を許せないのは勝手に前から消えて逃げた事だと言っていたという事で、サバトに巻き込まれた事を話していないのかと確認します。

晴人は、サバトに巻き込まれたのはチームを辞めた後だと。

怪我をして入院した和也に、自分も和也の分まで頑張ろうと思っていたんだが、セレクションに落ちたと報告に行くと、和也ではなく、直美が晴人をボロクソに。

和也の方が実力は上なんだから、代わりなんか勤まるわけもないと。

大人げない直美が部屋を出て行ったあと、和也はとりなすように自分はまだ希望を捨てていないから気にしないように晴人に告げます。

しかし、晴人はロッカールームで嘆いている和也をめにしてしまい、希望になるどころか希望を奪った張本人になってしまったと。

和也は明らかに膝が痛んでいるにもかかわらず練習を続けます。

あまりに無茶をする和也に対し、直美は晴人に会ったせいで無茶をするんだろうというのに対し、和也は今でも夢から逃げずに戦っている事を見せたいんだと明かします。

プロのサッカー選手になる希望のためにと口走ったところでバハムートが乱入。

和也の希望を聞いた事で絶望させやすくなったという事で。

仁藤が変身して助けに入ります。

瞬平は晴人に連絡を入れ晴人も向かいます。

真っ向勝負で力負けした仁藤はカメレオで攻撃しますが、舌を掴まれて放り投げられてしまいます。

和也にバハムートが迫ってピンチという所でなんとか晴人が間に合い、フレイムドラゴンへ。

和也は地力で立ち上がるのも出来なくなるくらい膝を痛めながら、逃げようとする瞬平や直美を振り切り、晴人の戦いを見届けるかのように立ち上がります。

力負けしている晴人は、久しぶりにドラゴタイマーをセットし4人に。

しかし4人がかりでも圧倒され、本体のフレイムドラゴン以外は消し飛ばされてしまいます。

晴人をいたぶるのを楽しむかのようなバハムート、胸倉を掴んでパンチを入れようとしたところで、サッカーボールが直撃。

和也が攻めて何とかしようと、ボールを蹴ってぶつけまくりますが、所詮ボール、あっさりと型に攻撃を受けて倒れてしまいます。

和也にバハムートが攻撃をしようとしたところで、みんなして和也をかばいに向かい、そのみんなを守るように晴人が攻撃から身を呈して守ります。

面影堂にやって来た男性客。

あの時は世話になったと、あの時に作ってもらった指輪はどれもほれぼれする出来だったと。

そしてその腕をもう一度貸してもらいたいと紫色の魔法石を差し出して次回。

という事で、ついにというか、やっと晴人のサバト以前、両親を失った後何をしていたかが判明したという事と、輪島さんが直接指輪を依頼されたという事で、晴人達に会う以前から魔法石に関わっていたというのが出てきたという事で。

この男性客は、普通に考えれば白い魔法使いの正体の可能性が一番高いとは思うのですが、常道なのかミスリードなのかは次回判明するのか、まだひっぱるのかも分からないですが、とりあえず終盤に向かって物語が畳まれ始めてきましたね。

改めて前回は、終盤前の一休み扱いのネタ編だったと。

おまけ

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる