FC2ブログ

今日のBS NBAファイナル3戦目 ヒートvsスパーズ

ヒート77-113スパーズ

1勝1敗のタイでサンアントニオに舞台を移しての3戦目。

スパーズは前の試合4Qで完全に試合を諦めて、この試合に気持を切り替えていたわけですが、それだけにスパーズはホームに戻ってこの試合を落とすとそのまま終わってしまう可能性が高くなる大事な試合。

立ち上がりスパーズが、クワイ・レナードの良さが目立ってリードというよりも、ボッシュのシュートが外れて流れが作れないという形。

その後、ヒートはマイク・ミラー、スパーズはジノビリがベンチから出ていい形を作り拮抗したまま1Q終了。

2Qに入ると、スパーズはゲーリー・ニールの3Pが入り、スパーズのボール回しもスムーズに行って、一時は2桁得点差にまでなり、スパーズが完全に流れを握ったかと思った物の、ヒートも修正してきて、2Q終了間際には同点で前半を終わりそうな所にまで。

それが、この試合のゲーリー・ニールは当たりまくりでブザービーターの3Pを決めて、スパーズが6点リードで前半終了。

3Q開始から前半終了時の勢いをそのままつなげるように、スパーズが積極的にボールを奪いに行くディフェンスでスパートして、2桁得点差に持って行きます。

特に、攻守に体を張っていい動きをしたクワイ・レナード、シュートを決めまくるゲイリー・ニール、この2人に引っ張られるようにシュートが入り始めるダニー・グリーンと若手ロールプレイヤーが中心に一時は20点差までつける事に成功。

3Q終盤にレブロンがなんとか調子を取り戻すもののスパーズ15点差で終了。

最終クォーターもゲーリー・ニールの距離のある3Pを決めて始めると言う幸先の良い形で入ったスパーズ。

そのまま勢いが衰える事も無く、最終的にはクワイ・レナードが14点12リバウンドのダブルダブルに4スティール。

ダニー・グリーンが3Pを7/9で決めての27点、ゲーリー・ニールが3Pを6/10と決めての24点。

チームで3Pを16本と記録になる形で決めまくりスパーズが、ベテランのビッグ3に楽もさせてで勝利。

さすがに、これだけアウトサイドシュートが入る試合が次にまで持ち越せるとは思わないですが、スパーズは前の試合から上手く切り替えたにもほどがあったなぁと。

ヒートが大敗のあとに開き直って切り替えてくるか、完全に心が折れているのか、次の試合の立ち上がりでシーズンそのものの勝敗まで左右しそうかなと、テキトーな予想。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる