FC2ブログ

今日のBS NBAファイナル第4戦 ヒートvsスパーズ

ヒート109-93スパーズ

スパーズがあまりにも一方的な勝ち方で迎えた4戦目、2戦目3戦目と一方的な試合が続いた所で、どうなるのかと言う事にもなりますが。

スパーズは3戦目で太ももを痛めたトニー・パーカーがスターターで出場できたという事で、スターターは動かず。

ヒートは、ベンチスタートでヒートを支えていたマイク・ミラーがスターターに入って、ハズレムがスターターを外れて、ポジションレスと言う名のインサイドのぶつかり合い軽視なスターターに。

スパーズは開始直後に合わせるようにスプリッターを外してゲイリー・ニールを入れて、いきなり同じ土俵に上がったのには驚きましたが、3戦目の再現とばかりにダニー・グリーン、クワイ・レナード、ゲイリー・ニールが3Pを決めて立ち上がり完全にスパーズが握ります。

そのままスパーズが勢いに乗ると言う事まではできず、ターンオーバーを連発し、そこからレブロンが得点を重ねて1Qはヒートが3点リードで終了。

ヒートがガンガン速攻を出せる流れになり、ウェイドが本来のらしさも発揮するし、インサイドでブロックを連発してゴール下を守ることにも成功するしで、ヒートの流れになりそうになりながら、スパーズは修正能力が高く、トニー・パーカーやボリス・ディアウが目立った活躍を見せて同点で前半終了。

ボッシュがブザービーターのダンクになるかと思いましたけれども、カウントされずとなかなか緊迫感にあふれる感じで後半へ。

3Qに入ってもヒートはいつになくゴール真下の強さを見せ、ボッシュがついに体をはるようになったかというか、さすがにインサイドの選手として穴扱いになるのは困るだろうと言う奮闘ぶりもあり、流れを掴むんですが、ヒートが突っ走ろうとするとスパーズが離れまいと修正してくるの繰り返し。

ダニー・グリーンとゲイリー・ニールの3Pはヒートにとっては嫌だろうなぁという感じを残し、最終Qへ。

最終Qに入るとウェイドとボッシュが存在感を増し、プレイオフに入ってからずっとスリーキングスが看板倒れというか、レブロン単独エースとなるような試合が続いていて、どうにもウェイドは怪我の影響で衰えた?と感じたり、ボッシュはやっぱりゴール下でのぶつかり合いが苦手すぎていて、本職インサイドがボッシュ1人の時間帯を長くするのは無理があるだろうという、私のインサイドの選手に対するぶつかり合い上等至上主義の観点で批判的に見てしまっていたのですが、この試合は結局3人そろい踏みになり、揃ってしまうとスパーズであっても厳しかったなぁと。

レブロンが33点11リバウンドのダブルダブル、ウェイドも32点、ボッシュも20点13リバウンドのダブルダブル、これに、ついにというかやっとレイ・アレンも14点と本来の活躍を見せましたし、こうなるとスパーズは追いかけると言う事はできなくなって、結局最後は次の試合に切り替えモードへと。

スパーズはヒートが完全に本職のインサイドというかセンターを誰も出さない、それこそクリス・アンダーセンすら出さなかったのに、リバウンドも負けてしまいましたし、なんとか切り替えてもらいたいものですがねぇ・・・ヒートのスリーキングスのそろい踏みに刺激されて、ジノビリ無敵モード発動を次の試合に期待したいどころですが・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる