FC2ブログ

今日の読書 北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録/伊東潤

本書は、北条氏康を実の父親に、上杉謙信を義理の父親に持つという、豪華な血筋であり、しかも上杉謙信のかつて使っていた名前を譲られるほど期待されながら、謙信亡き後後継者争いに敗れた、上杉景虎を主人公にした歴史小説になります。

この作品は、同じ伊東潤の作品である『武田家滅亡』と対になっているものでもあり、武田家滅亡への流れの1つとして、上杉家の後継者争いに対する豹変というものが、本作品では、さらに重要すぎるものとして描かれていますし、その流れを作った直江兼続の権謀術数は本作品では、露骨すぎるくらいに悪しきもの扱いで出てきます。

両作品とも、武田信玄、上杉謙信という絶大な影響力のある名将の後継者についての苦労。

武田勝頼は実績も無く、信玄に一時的な後継者扱いとして残された事などにより、武田家中で味方が少なく、また味方にすり寄ってくる者によって、むしろ悪い方悪い方にいってしまうという悪循環から四面楚歌な状況になっていき、上杉景虎は北条家から来たというよそ者であるという事、謙信が実子を持たないが故の、後継者争いでの不透明さ、後継者たる資格がありながらも、確固たるものがなく、またそれを利用されて、すんなりと後継者になり得たはずが、景勝との争いに引きずり込まれ、味方も自分の味方としてしっかりとしているものから、本当に派閥争いだからこそ自分の味方になっているだけであり、それぞれ好き勝手に動いているものを、制する事ができないという孤立化。

この2作品は共通する点が目立ちますね、互いに滅びゆくが故の物語でもありますし。

そして、両作品を読んで、作者である伊東潤の立ち位置というか、好き嫌いとして、北条家を義を重んじる家という軸をはっきりさせて、上杉景虎にしろ、武田勝頼に嫁いだ北条氏康の娘の桂にしろ、庶民のために義を持って平穏な領土安定をするために奮闘するというものを最大目標とし、私利私欲で動くものに翻弄される姿を見せる事により、理想と現実を対比させて、理想を踏みにじる身も蓋もない現実が戦国の世であり、生き残っている方が、なりふり構わなかったという、勝てば官軍的なものを批判する形に書いている感じを受けたりしましたね。

もちろん、勝者視点であれば、勝つためになりふり構わない事をしなければいけないし、それができない方が甘く負けて当然であるという物になりますが、それだけじゃなく、勝ち負けはあくまで勝ち負けであり、勝った方に義があるわけではないという視点を持たせようとするのは、作者の狙いなのではないかと思えますね。

こういった判官びいきや滅びの美というような、敗者視点で、それに感情移入しやすく書かれた物語を好む傾向があるのは、日本人気質だよなぁって思わずにはいられなかったですし、存分に楽しめる1冊でした。

上杉景勝や直江兼続好きは読まない方が良いでしょうが(笑)
北天蒼星  上杉三郎景虎血戦録北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録
(2011/04/27)
伊東 潤

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる