fc2ブログ

昨日のBS クリッパーズvsサンダーと昨日のプレイオフ・カンファレンス・セミファイナルと新人王

クリッパーズ122-105サンダー
立ち上がりこそ速い展開のシーソーゲームになりかけましたが、クリス・ポールが怒涛のラッシュで3Pを5/5で決めて主導権を握り1Qで39-25と突き放すと、完全にクリッパーズが一方的な展開に。

3Q終了時にクリッパーズは104点とこれで試合終了の時間だっけ?という形になりましたし、とにかくクリス・ポール祭でしたと。

3Pが8/8まで決めて外さなければ記録になったんですが、9本目外してしまって勿体なかったなと、プレイオフの3ポイント記録の中にレックス・チャップマンが出てきて懐かしく思ったり。

サンダーはクリス・ポールにいいようにやられたという事で次の試合対策を練って来るでしょうが、サンダーと比べるとクリッパーズは香華kに的を絞らせないですからねぇ、何気にJJレディックやマット・バーンズがフリーで楽にきめていたりするのが目につきやすかったですし。

攻撃に関してはサンダーはデュラントとウエストブルックの2枚看板でやって行くしかないわけで、チームとして修正するのはそれこそチーム・ディフェンスだよなぁと。


ウィザーズ102-96ペイサーズ

ペイサーズは勝ち上がってきたものの、未だに復調はしていませんねぇ。

ペイサーズはというよりも、ロイ・ヒバートがダメなままというのがより正解なんでしょうが。

ファウルだけして得点もリバウンドも無しって、スターターでも序列が一番下というのならばともかく、オールスター級のセンターのやる事では無さ過ぎ。

ファーストラウンド最終戦で、少し明るい兆しが見えたかと思ったんですが、どうやら嘘だったようですね。

ウィザーズはスターター5人プラスドリュー・グッデンの6人が2桁得点という事で、ゴータットが12点15リバウンド3ブロックとヒバートとの差が露骨に出ているのが。

とりあえず、ウィザーズとしてはペイサーズの調子が戻らないうちに勝ち抜け対と思っているでしょうね。


久しぶりのアウォード発表で新人王にシクサーズのマイケル・カーターウィリアムスが決定と。

順当な結果になりますね、2位にオラディポ、3位にトレイ・バークとガードの選手が上位を占めたというか、今年は上位指名のインサイド陣はことごとくポジション怪我人だったりしましたからね、11位指名のマイケル・カーターウィリアムスが凄いというよりも上位指名権ってなんだったんだろう?というレベルのドラフトだっただけになってしまったと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる