今日のW杯 オランダvsメキシコ

オランダ2-1メキシコ

サッカー、ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、1次リーグの成績から攻撃のオランダと守備のメキシコとはっきりした特徴を出したチームでの対戦。とはいえ、基本両チームともにカウンターが重要というのは同じだったりしますが。

開始8分、デヨンクが怪我でマルティンスインディに交代。

互いになかなか決定機すら作れないなか、メキシコの方がやや優勢。

オランダが決定機どころかシュートにまで持って行けず、ブラジル戦のようなオチョアが猛攻に耐えるというシーンの多発を期待していただけに、ちょっと残念だなぁと思っていたりした中、30分を過ぎた所で、いきなりタイムアウトになって3分間の給水タイム。

サッカーでタイムアウトなんて見るとは思わなかったですし、給水タイムなんてやるの知らなかったので驚いたり。

この給水タイムが良かったのか、メキシコは終盤ドスサントスがこの試合で一番決定機らしい決定機でのシュートが出て、やっと試合が動いてもおかしくない気配。

とはいえ結局、そのまま無得点のまま前半終了。

後半3分、いきなりのドスサントスの強烈なミドルシュートでメキシコが先制、監督の喜ぶ姿が面白くて仕方が無い。

先制されたオランダは、得点を取らない事にはどうにもならないので、ガンガン攻撃を仕掛けるようになり、11分コーナーキックからのデフライがどんぴしゃで合わせますが、オチョアに好セーブされてしまいます。

22分ロッベンのドリブル突破が倒されてPKにされておおかしくないかもしれないと思わせるもPKとってもらえず。

28分ロッベンのドリブル突破からのシュートもオチョアが弾く。

30分にはファンベルシ―に代わってフンテラールが入った所で給水タイム。

このままメキシコの勝ち抜け決定かという中、43分にスナイデルの強烈なミドルシュートで同点。

これは、延長かと思ったらば、ペナルティエリア内のロッベンのドリブルをマルケスがイエローカードをもらうファウルで止めてしまいPK。

キッカーのフンテラールがしっかりと決めて、大逆転劇。

オランダが準々決勝進出、メキシコのオチョアが活躍を見せながら勝つのはオランダというのが、個人的には観たい展開だったので、後半終盤の展開は本当に願ったりかなったりでした。

やっぱり、オランダが勝ち上がって、ロッベンが目立って、世の中にロッベンに憧れてロッベンのような髪型にしたいと思いました!というのが増えると面白いかなと思っているので。

おまけ

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム