FC2ブログ

今日の仮面ライダー鎧武 第33話

「ビートライダーズ大集結!」

インベスが街中にあふれて沢芽市にも一応の避難勧告はでたようで、紘汰の姉の晶も公民館に避難します。

しかし、自力で街の外に行かないと助からないと言われたり、母親とはぐれた少年に会いそこにインベスが現れて逃げる羽目に。

お偉方のサイバー空間での会議というか、責任の押し付け合いに、沢芽市からとんずらした凌馬が現れ、ユグドラシルよりも上にいた世界の要人が責任を追及しようとしてきたのに対し、プロジェクトアークの概要を全世界に公開したと、世界をひっくり返すような事をあっさりとしてしまいます。

日本でもその影響で内閣総辞職など一気に混乱状態になり、その影響で沢芽市の状況を報道するどころの話ではなくなり、ネットも通じない状況で現状が分からない事になり、鎧武のガレージに集まったビートライダーズの一同はいらだちます。

インベスが街にあふれている状況で逃げ遅れた人々に対して、警察も自衛隊も動かない、全てがユグドラシルで対処する事になっていたという耀子の発言に一同絶望を感じます。

戒斗は沢芽の地図を見て、出口が限られている沢芽市は隔離が簡単だと、初めから何かあったらば切り捨てられるようになっていたと。

警察も自衛隊にも頼れない絶望的な状況に、戒斗は他人を頼りたい奴は勝手にしろと1人で出て行こうとします。

耀子は通信機を出し、みんなで力を合わせて街をパトロールしまだ避難していない人々を安全な場所に移動させるようにと。

ミッチはレュデエが知恵の実を手に入れてヘルヘイムと人類世界の両方を手に入れようとしている事を知ります。

そして、人間についての知識が足りないため、どのように支配すればいいのか、ミッチに参謀役になるようにと誘いをかけます。

ミッチはレデュエと共闘を受け入れ、そのためには最大の障害となる紘汰を排除するべきだと出かけようとするところに、オーバーロードのデュデュオンシュと一緒に行くようにと。

戒斗はインベスを退治し鎧武のガレージに待機し指示している舞に連絡をとります。

舞は、戒斗から街が静かになっているというのを受け、沢芽から人が無くなり、空っぽの廃墟だと。

戒斗は廃墟ではなく、まだ自分たちがいると、舞はそんなに強くは無いと弱音を吐くと、踊ればいいと誰も見てくれないと思っても、そのうち戻って来るかもしれないと励まします。

舞には人を集める何かがあると、逆に舞も戒斗も人を集める何かがあると返します。

そんな中、戒斗の前にクラックが出現し、戒斗は通信を切り変身し戦いに向かいます。

そこに、紘汰がガレージに帰って来ると、舞に何かあったのかと気にする紘汰でしたが、舞は何もなかったかのようにフルーツパーラーに何か食べに行こうと提案し出かけます。

阪東さんはバイトの紘汰達が残っているのに店長の自分が逃げるわけにはいかないと、飯は全部面倒をみると男前の所をみせます。

舞は沢芽がこの後どうなるか、紘汰に聞いてみますが、紘汰は前向きに知恵の実がヘルヘイムの侵食を止められるという事で、何とかなると考えています。

紘汰のあまり根拠のない前向きさに元気づけられる舞ですが、紘汰は食事を残します。

そして、味が薄いんじゃないかと阪東さんに言いますが、阪東さんはそんな事ないと。

まぁ分かりやすく、紘汰の体の異変という事でしょうね、これがベルトをつけている人全体に言える副作用なのか、極フォームだけに現れる特有の副作用なのかは分かりませんが、恐らく紘汰だけに起きた異変とする可能性が高いのではないかと、もしくはベルトの副作用はあまねくあるんだけれども、紘汰のような使い方は突出して速く症状が出ているとかか。

耀子から連絡が入りオーバーロードの可能性があるという事で紘汰は向かう事になります。

耀子と合流した紘汰は、耀子にユグドラシルを裏切った理由を聞きます。

耀子は裏切ったのではなく、ユグドラシルに見限られただけであり、自分も見限っただけだと、そしてここに残ったのは戒斗がいたからだと。

耀子は力を求める人が人が好きであり、どこまでいけるか見届けたくなると。

ミッチはデュデュオンシュに耀子を倒して、紘汰をおびき寄せるように指示。

デュデュオンシュはミッチに仲間を倒して良いのかと尋ねますが、ミッチにとって仲間とは自分の思い道理になる人だと、完全に吹っ切れてしまった形で答えます。

耀子は紘汰に向かい、力は使いこなせなければ意味が無い、誰かのためになんて誰にでも言える、平和になったらばどうするつもりかまでを見通していない紘汰では覚悟がたりなくて戒斗には勝てないと。

紘汰は戒斗と戦う必要なんてないと言いますが、知恵の実は1つしか無いのだから覚悟が無ければ食われるだけだと、紘汰の甘さを指摘。

そこに、デュデュオンシュが襲いかかってきます。

紘汰はジンバーレモンに耀子はマリカに変身しますが、デュデュオンシュに圧倒され耀子は変身が解けてしまいます。

デュデュオンシュは紘汰に襲いかかって来るかに見せて逃亡しますが、耀子自分を気にせずには紘汰に追いかけるように指示し、紘汰も従います。

追いかけてデュデュオンシュと戦う紘汰はカチドキアームズになり劣勢から打開しようとしますが、そこに斬月・真が登場。

貴虎だと思っている紘汰は戦っている場合ではないと躊躇しますが、中身はミッチなので容赦なく2対1で紘汰に襲いかかります。

そこに、凰蓮が登場しエレガンスが欠けてる偽物だと見抜きます。

見抜いただけであっさりと吹っ飛ばされてしまうあたり、ベルトの能力差が全てという哀しさですが。

貴虎ではなく偽物だと分かった紘汰は、なりすましなんて卑怯な事をする相手ならばためらいなく攻撃できるとばかりに極アームズになります。

マンゴーパニッシャーで一気に形勢逆転をすると、影松との二刀流でデュデュオンシュとミッチを分断し、ソニックアローを2つ使ってミッチを攻撃。

デュデュオンシュが炎で攻撃してこようとするとメロンディフェンダーで防ぎ、ドンカチをジャンピングボレーで蹴ってデュデュオンシュにぶつけふらつかせます。

そして大橙丸無双セイバーでミッチを斬りつけると、火縄大橙DJ銃にイチゴチャージをして一気にフィニッシュを狙います。

ミッチはデュデュオンシュを盾にして逃げますが、デュデュオンシュは撃破。

ミッチは紘汰ばかりが力を得ることに苛立ちを覚えながらも、紘汰は紘汰のままだから付け入るすきはあると、どんどん壊れていきますと。

ミッチは何だか何をしたいのか自分でも完全に見失っているというか、全てが裏目になっているというか、紘汰が良くも悪くも何となく上手く行くように誘導されているのに対して、見事なまでの挫折を知らないで育ってきたエリートの転落すぎるなぁと。

おまけ

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる