FC2ブログ

今日の読書 下戸は勘定に入れません/西澤保彦

西澤保彦作品は初期はSFと本格ミステリを融合したもの、SFと言っても日常的な者の中に、ちょっと変わった超能力であるとか、すごく限定的なものであったりと、SF的な手法もその限定的な能力だからこそ、本格ミステリの論理的な解決につながるような形に話を持って行くものを多く扱うのが特徴的でした。

たしかスチャラカSFと評されていたと思うですが、そういった傾向の作品は初期のノンシリーズ物から、超能力犯罪という括りで、チョーモンインシリーズにひとまとめにされてノンシリーズものからは姿を消していました。

今作は初期作に原点回帰して、あらゆる意味で西澤保彦作品だなぁと思えるものになっていますね。

いろいろと限定的な条件を合わせるとタイムスリップして、過去に体験した場所に行き、その当時の現場を見る事ができるというのが今回の能力ですが、その条件のひとつに酒を飲んで酔っ払うというものがあります。

これが、過去作の『瞬間移動死体』を彷彿させますし、いろいろと付帯する条件の面倒くささは狙ってやっているだろうと。

連作短編形式の長編というのも、西澤保彦作品では良くあるものですし、酔っ払って推理をするというのは、安槻市のシリーズが大半は酒飲んで、ああでもないこうでもないと推理合戦のようなものになるものですし、母息子関係の悪い主人公なんて、本当に一体家庭環境に何か問題があるのか?と思うくらい良く出てくる設定ですし、大量にあるエビスビールなんていうのも安槻市のシリーズにもありましたね。

とにかく、西澤保彦作品の特徴って何だろうと説明しようと思えば、この作品に半分以上の傾向が詰まっていますよと説明出来るものになっているなぁと。

チョーモンインシリーズがすっかり止まってしまっているせいで、久しぶりにSF設定の物が読めたというのを喜ぶのと同時に、いろいろと要素が詰まりすぎているせいで、すっかりと止まってしまっていながら、シリーズの終着点を匂わせている安槻市のシリーズとチョーモンインのシリーズを早く何とかしてくれないのかと思って仕方が無いというか、西澤保彦を読むたびに言っている気がする。
下戸は勘定に入れません下戸は勘定に入れません
(2014/05/23)
西澤 保彦

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる