FC2ブログ

今日の仮面ライダー鎧武 第35話

「ミッチの箱舟」

沢芽市に打ちこまれたミサイル群をあっさりとロシュオが消滅させたという続きから。

ロシュオは沢芽市を守ったのではなく、レデュエの城を守っただけというか、レデュエが王妃を生き返らせるのを守ろうとしているだけと。

貴虎は自らの世界が滅びるのを見届けるのが長としての務めと、ようやく解放されました。

貴虎って一応捕らわれていたという扱いだったんですね。

レデュエは紘汰と戒斗に沢芽市にミサイルが打ち込まれてきて、それが消滅したのも計算のうちだと言い残して去っていくと、倒れていたグリンシャが起き上がり2人に襲いかかってきます。

グリンシャは牛のオーバーロードだったんですねということで、紘汰はマントを使って闘牛士のようにして戦い、立て直すと戒斗と2人で連携を取り、紘汰はバナナスピアー、キウイ撃輪、ソニックアロー、火縄大橙DJ銃と武器を変えフルーツバスケットパインチャージでグリンシャ撃破。

ユグドラシルタワーに連れ込まれた紘汰の姉の晶は連れ去られて来た人々の中からチーム鎧武のリカとラットに会います。

ロシュオは人類を所詮滅びの道をたどるものと見限り、それならば時計の針を薦めてやろうとヘルヘイムの森を活性化させ、世界各地で一気にクラックを開きます。

アメリカでは沢芽市に向けて撃ったミサイルが落下してきたという事になり、世界中でパニックを引き起こしていました。

紘汰は自分たちで戦うしかないと、沢芽市だけではなく、世界中がオーバーロードにめちゃくちゃにされているユグドラシルタワーに一番近いのは自分たちだと。

戒斗は紘汰が世界中を助けようとしているというのに呆れます。

世界はオーバーロードごと沢芽市を吹っ飛ばそうとしていたという指摘を聞きいれる前に、紘汰はユグドラシルタワーに捕らえられている人も救うと、捕らえられているお姉さんの事を考えます。

貴虎は沢芽市の散々な状況を目の当たりにし、ユグドラシルは世界を守る事が出来なかったと呆然とします。

そして紘汰の姿を見かけ、声をかけに近寄ろうとしますが、すぐ後に耀子が現れ、自分を裏切った耀子が今度は紘汰を利用しているのではないかと疑い、近づかずに隠れて見るだけにします。

紘汰、戒斗、耀子はユグドラシルタワーの秘密通路に近づきますが、インベスがわらわらといる状況を見て侵入出来ません。

紘汰は強行突破しようとしますが、戒斗に人質がいる事を考えろと止められます。

八方ふさがりになっているという事で、紘汰はミッチならばユグドラシルタワーの内部を探っていたと言っていたから、何かルートを知っているのではないかと言いだします。

戒斗と耀子はミッチを信頼しきっている紘汰に溜息をつき、紘汰はミッチに騙されていると忠告をしますが、具体的な証拠を見せているわけでもないので、紘汰は聞く耳持たず。


それで言い合いになっている所に、インベスに気付かれ変身して戦う事に。

インベスを一気に倒して勢いづいて強行突破しようとする紘汰を戒斗が何とかとめ、とりあえず出直し。

捕らえられていたリカとラットはミッチに助けられ、ユグドラシルのオフィスに。

ミッチはスーツに着替え、2人に人類は破滅だと言われているが、一部の人間は今まで通り平和な暮らしを続けられると、ノアの箱舟にたとえ、2人は選ばれたと告げますが、ミッチのいきなりの言い分にわけがわからず、ミッチも説明しようともせずに任せておけば悪いようにはしないですませます。

レデュエは開発した王妃復活のためのシステムを使い始めます。

そのため捕らえられた人々から生命力が吸い上げられているのですが、ミッチはこのおかげで王妃が蘇れば黄金の果実をいらなくなったロシュオがレデュエに果実を譲る事になると。

ミッチは自分が選んだ人間は犠牲にならないように確認します。

街で食料を調達していた舞にミッチが迎えに来たと接触。

ミッチは、人間とオーバーロードが共存する新しい社会が出来上がると、今の人間社会の惨状を横に話し始めます。

ミッチはオーバーロードと取引したという事を舞に告げ、自分たちの邪魔をしない人達だけで新しい自由な社会を作り直すと嬉しそうに話します。

しかし、舞は人間を殺して楽しんでいる節のあるオーバーロードとミッチが手を組んだというのが、意味が分からないと反論します。

ミッチは、オーバーロードの圧倒的な力の差を考えれば世界は終わり、だったらば生き残る勝ちのある人間だけを残す方が意味があると、選民思想を語り始めます。

舞はそれではユグドラシルのやろうとしていた事で、紘汰が許さないと言うと、紘汰という名前でスイッチの入ったミッチは、紘汰がおかしいと言い始めます。

勝てるはずの無い相手に歯向かって、大勢の犠牲を出し、責任も後先も考えずに行動していると批判しますが、舞はそれでも紘汰の方が正しいと。

ミッチは紘汰に肩入れする舞を批判しますが、舞が信じているのは紘汰ではなく希望だと返します。

希望があるからこそ一緒に戦えるのだと、ミッチにもオーバーロードの言いなりにならないで一緒に戦おうと誘いますが、ミッチは希望が舞との間にある壁だと気付くと舞に何も言わずに、希望というのが壁ならば壊せばいいと去っていきます。

リカとラットはミッチの用意した部屋でおとなしくしていないでユグドラシルタワーを歩いていると、捕らえられた人たちがベッドに寝かせられ繋がれているのを見つけます。

そこに、晶さんを見つけつないでいる器具を外そうとしますが、外れずに。

フルーツパーラーで腹ごしらえをした紘汰、戒斗、耀子の3人。

戒斗と耀子は食べ終えてフルーツパーラーを出ますが、紘汰は朝から何も食べていないはずなのに食欲が無く不思議に思っています。

紘汰を追っていた貴虎は紘汰が1人になったという事で近づこうとしますが、フルーツパーラーにミッチが入って行く所を見て、またもや隠れます。

ミッチは紘汰に話があると連れ出します。

ミッチは紘汰に向かい、希望を信じていて、誰も見捨てずにみんなを救う事が希望かと改めて問います。

紘汰は難しい事だと分かっているがそうだと。

もう2度と裕也の二の舞は嫌だと言っていたのは本当かと問うと、紘汰はうなずきます。

ミッチは、それがおかしいと。

紘汰は裕也を犠牲にしても舞を救った事を誇るべきだったのだと。

最悪の状況下で最善の判断をしたと胸を張って自信につなげるべきだっと言って、紘汰をいきなり蹴ります。

混乱している紘汰に対し、畳みかけるようにミッチは、決断力と意思の強さを磨いていけば人類を救う英雄になったはずだったと。

しかし、希望という戯言によって堕落したと、希望というのは性質の悪い伝染病であり人に伝染すると紘汰を罵倒し、目の前で斬月・真に変身します。

紘汰はミッチが貴虎になりすまし斬月・真に変身していたという事にショックを受け、さらに貴虎が死んだと告げられて完全に混乱します。

ミッチの猛攻を受け、ミッチが全く聞く耳を持たず自分を殺しにかかってきているとして鎧武に変身します。

という事で、ついにというかようやくミッチが紘汰を裏切っていたという事がわかりましたが、自分からばらすとは予想していませんでした。

ミッチはオーバーロードの圧倒的な力の差というのを現実的に考えていると言えば考えているのですが、それに対する答えが完全に自分本位というか、手段と目的が履き違えてしまった事で、回りが受け入れられない形になってしまったという事を自覚出来なかったんだなぁと。

裏切りやなりすましという嘘をつき続け、オーバーロードに対する属国根性を見せての安全ではなかなか回りは付いてこないものなんですが、自分が思った通りに回りが動かないという事にばかり気が行って、自分のやってきた事を顧みれなかったんでしょうね。

紘汰も紘汰で、希望は持っている物の具体的にどうできるかというものがなく、いきあたりばったりというのは当たっていますし、決断力のない理想主義者と言えばその通りですから、もともとミッチとは噛み合わせが悪かった、平常時では上手く付き合えても非常時には対立するしかなかったという事になりますかね。

次回は、この2人のやり取りを見ていた貴虎が割り込んできて、呉島兄弟の兄弟喧嘩ということになるようですね。

おまけ

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる