FC2ブログ

昨日のBS スパーズvsロケッツ

スパーズ81-98ロケッツ

昨シーズンのNBAチャンピオンのスパーズとロケッツの試合。

サンアントニオとヒューストンと共にテキサスに本拠地を置くチーム同士の対決ですが・・・

スパーズがダンカン、ジノビリ、ベリネリ、スプリッターが欠場と、早くも無理は絶対にさせない方針でどう考えてもホームのロケッツが露骨に有利。

特にインサイドにダンカンがいないとなれば、ドワイトがやりたい放題制圧して当たり前な状況というか、インサイドを制圧出来ない場合どれだけ批判されるか分かった者ではないという感じ。

ロケッツのスターターがセンターにアーロン・ベインズ、PFにマット・ボナーと完全に格落ち感がある2人に対し、ロケッツは本来スターターになっているテレンス・ジョーンズが欠場という事でドナタス・モンテユナスがスターターに。

ワールドカップのリトアニア代表でもいまいち期待に応えられず、レギュラーシーズンが始まってからも目立った活躍をしていない中、高さが足りないスパーズ相手にスターター起用でどうなるのかを見守ろうかと思ったり。

試合開始からスパーズは欠場選手の多さが影響し、ロケッツの守りを突破できずにシュートが打てない展開に。

スパーズが苦しんでいる中ロケッツも流れをつかみ切れずにもたついてしまい互いにロースコアなまま15-18で1Qを終了。

2Qに入るとベンチスタートのベテラン、ジェイソン・テリーの3Pが決まったのと、ドワイトの連続アリウープで流れを掴みロケッツが1Qで攻めあぐんだのはなんだったんだとばかりに流れを持って行き29-45と余裕を持って前半終了。

後半開始もジェームズ・ハーデンからドワイトへのアリウープから始まると、そのままロケッツが流れを掴んだまま余裕で試合終了。

ドワイトは32点16リバウンド2ブロック、ジェームズ・ハーデンは20点6リバウンド6アシスト、ベンチスタートのジェイソン・テリーが3Pを4/5と高確率に決めて16点と得点源がしっかりと決めて得点源がそもそも乏しいスパーズ相手に楽勝。

そんな試合でシュートを1本しか放たないで、なおかつ3リバウンドでしかなかったモンテユナス、一応地味にスクリーンをかけたりなんだりとやってはいましたが、伸び悩み感にあふれているなぁと、リトアニア人のビッグマンというだけで、一定以上のシュートは期待してしまうのですが、そもそも打っていないからなぁ。

スパーズは、プレイ時間を均等に振り分けるためだけの試合だったかなぁと、ルーキーのカイル・アンダーソンに31分プレイさせてNBAの慣らし運転をさせたという事で、シュートが入らなくてもリバウンドは何とかなるというものも確認できたりと得るものはあった扱いしそうかな。

Transactions メモ

ペイサーズがAJプライスと契約

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる