FC2ブログ

今日の読書 絶叫/葉真中顕

国分寺南口にある単身者向けマンションで孤独死による死体が発見された。

死体の身元は、1973年生まれの鈴木陽子という女性。

第2次ベビーブームのピークに生まれた、日本一多い名字と当時女子につけられた一番多い名前を持つ、掃いて棄てるほどいる平凡すぎる存在が、掃いて棄てられたかのように孤独死をしていた。

身寄りのない死体の捜査は現在から過去へと遡っていくと、一見すると単純な孤独死かと思われたものの裏にはいろいろとありそうだと分かっていく。

捜査とは別に、鈴木陽子に向かって語りかけるように、産まれてからとまり過去から現在に向かって何が起こったのかも明らかにされていきます。

この現在から過去へ遡るパートと過去から現在に向かうパートが交互に現れて、徐々に何が起きたのか分かるように時間の距離が近づき真相が分かるという構成の物語になるのですが、両サイドから事件の真相に向かって行く感じが、緊迫感があって面白いですね。

掃いて棄てるほどいる世代でもあるいわゆる第2次ベビーブーマー、多少の紆余曲折はあるにせよ、日本の右肩上がり信仰を幼い頃から植えつけられ、それでいてその恩恵を自分自身で受ける段階になるとバブル崩壊を目の当たりにされ、掃いて棄てられるような存在にされてしまった。

そんな時代に生きて、掃いて棄てられるように孤独死に向かった人生とはどういうものだったのかというお話。

ただし、単なる社会の暗部にスポットを当てるというだけの作品ではないのは、葉真中顕の前作である『ロストケア』と同じく、がっつりとミステリーとしての仕掛けがしこまれています。

その事を念頭に置いて、予断を持ちながら読んでいても、これをこうやって真相につなげるのかと思えるものになりますね、伏線というかひっかかりを感じさせる箇所もまたがっつりとオープンになっているので、いろいろと気付く人は気付く形になっているんだろうなと思ったりはしました。
絶叫絶叫
(2014/10/16)
葉真中 顕

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる