fc2ブログ

昨日のBS ニックスvsペリカンズ

ニックス93-104ペリカンズ

デレク・フィッシャー新HCを迎えて、禅マスターのフィル・ジャクソン社長直伝のトライアングル・オフェンスを採用しチームを作り変えようという狙いははっきりしているものの、まだ全く機能せずに沈みまくっているニックスとアンソニー・まゆゆ・デイビスが3年目で期待通りに覚醒しているペリカンズの試合。

ペリカンズがルーク・バビットの連続3ポイントで流れを持って行きそうな立ち上がりだったものの、思いの外主導権が握れず。

ニックスはオフェンスでぎこちなさがあるものの、速攻では確実にものにしたり、なんだかんだと実績のある選手が苦しい中でもなんとかするという形で拮抗して27-28で1Q終了。

ベンチメンバーが多くプレイする中、ダンテ・カニグハムの姿勢の良いディフェンスが目立ちまくり。

ニックスは何だかんだで選手層、選手の個人技ではペリカンズをリード、流れが悪くてもアマレの得点力が目立ったものの、それ以上でもそれ以下でもなく52-54で前半終了。

チームプレイとしてはペリカンズの方がしっかりしている印象を与えたものの、フィニッシュで決め切れなかったりしてなかなかニックスを離せなかったのが、終盤アンソニー・デイビスが存在感を増し差をつけはじめる。

ただそれでもニックスはJRスミスがブザービーター3Pで73-77となんとか差を詰めて3Q終了

ただし、ニックスが我慢比べにたえられたのもここまでで、4Qになるとペリカンズが試合の流れ主導権を握った上できちんと結果も伴わせて楽に逃げ切り試合終了。

新人王をとったのをピークに年々右肩下がりを感じさせていたタイリーク・エバンスが今シーズン復活気味を感じさせていましたが、やっぱりあるべき姿に戻ってきて27点7アシスト6リバウンドとオールラウンドに活躍。

トルコの巨人オメル・アシクも16点14リバウンドとゴール下の強さを発揮。

アンソニー・デイビスも18点8リバウンド3ブロックと数字はそれほど目立たない(3ブロックで目立たないというのも変ですが)もののすっかりエースの貫録になっているなぁと。

そして、この試合で個人的な収穫は、ダンテ・カニグハムですかね。

今まで全く注目していなかったというか、放送されるようなチームに所属していなかったり、プレイタイム自体が短いので印象に残りづらかった選手ですし、それこそDVで裁判沙汰になって開幕時に契約していなかったりと、好印象の残る要素のない選手だったのですが、この試合で妙に姿勢の良いディフェンスが目について、これは数字に残らないディフェンスプレイヤーとして注目すべき存在なのではないかと思うようになりました。

何となく、守備型の選手っていうと真面目な性格そうな偏見を持ってしまいますが、NBAでは人間性に難あり、素行に難ありのディフェンスプレイヤーなんてデニス・ロドマン筆頭にルベン・パターソンとかメッタ・ワールドピースとかいくらでもいますからね。

何気にペリカンズはカニグハムは良い拾い物だったんじゃないかと思ったりしますが、この試合だけで決めるものではないですね。

でもって、ニックスは放送中何度も何度もトライアングルオフェンスについて触れられていましたが、トライアングルよりも個の力で得点している方が目についたなぁと。

実際問題、時間のかかるシステムですから、これも短期的に見てどうこう言えないなぁとは思うのですが、ニューヨークで悠長な事言っていられるのかという問題はありますねぇ・・・

Transactionsメモ

レイカーズがジョーダン・クラクストンをDリーグへ

セルティックスがドワイト・パウエルとジェイムズ・ヤングをDリーグへ

ホークスがマイク・ムスカラをDリーグへ、エイドリアン・ペインをDリーグから呼び戻し

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる