FC2ブログ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン27戦目

マジック87-95ラプターズ

今日のスターターは
PG ヴィクター・オラディポ
SG エヴァン・フォーニエ
SF トバイアス・ハリス
PF チャニング・フライ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

今シーズン好調のラプターズは、ダマー・デローザンが怪我で欠場中であろうとも、マジックでは勝てませんでしたな。

ラプターズとの対戦という事で、どうしてもマジックのモンテネグロ人センターのニコラ・ヴチェヴィッチとラプターズのリトアニア人センターのヨナス・ヴァランチュナスの東欧センター対決に注目してしまうのですが、個人スタッツだけならば怪我明け2戦目のヴチェヴィッチの方が13点9リバウンド2ブロックなのに対し、ヴァランチュナスは6点8リバウンド1ブロックとヴチェヴィッチに軍配が上がるのですが、マジックで文字通り大黒柱として期待されているヴチェヴィッチと、ワールドカップでのリトアニア代表のエースっぷりが還元されていないというか、役割として求められていないヴァランチュナスでは比べてもあまり意味は無いんですよね。

とりあえず、負け試合でも何かポジティブな要素を探したいと言うだけの話で。

とりあえず、今シーズンのラプターズの強みはベンチ陣の厚みが増したという事だよなぁと。

ルイス・ウィリアムスが18点、パトリック・パターソンが10点6アシストと2桁得点が2人出ていた事がそのまま差につながっているかなと。

あとは、マジックが3P4/15なのに対してラプターズが11/30と3Pを倍打たれて倍以上決められているという。

ラプターズは若干センターの層が薄いというか、本職センターでまともにプレイしているのがヴァランチュナスくらいだというが気にかかる点であり、順調にチームとして成長している感があり、羨ましいですね。

マジックは前のホークス戦で劇的な勝利を得たのですが、その勢いを繋げるまでには行かなかったなぁと、結局勝ち方をのものを経験しないと勝てないという、どうすりゃいいのかという課題なんですよねぇ・・・

どうでもいいですが、フォーニエがタイラー・ハンズブローのエルボーを受けて試合中ノックアウトされましたが、ハンズブローの語感の必殺技感が半端無いですからねぇ、よく試合中に普通に復帰できたものだと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる