FC2ブログ

昨日のBS ロケッツvsホークス

ロケッツ96-104ホークス

ジェームス・ハーデンがNBA屈指のエースとして、ドワイト・ハワードを怪我で欠き苦戦するかと思われるなか全く問題なく牽引しているロケッツと、今シーズンのサプライズチームであるホークスの試合ではあるのですが、そのハーデンがキャブス戦で倒れながらレブロンを蹴った事でこの試合は出場停止。

ロケッツがディフェンスから良い立ち上がりを見せるも、ホークスが修正しシーソーゲームに持ち込みしばらく進みますが、ドワイト不在の間に期待以上の成長を見せているリトアニアの巨人ドナタス・モンテユナスの高さを利用し流れを掴んだロケッツが、ホークスのお株を奪う全員バスケで完全に勢いにのり1Qを31-22と完全に支配。

2Q開始直後ホークスが詰めると、ロケッツは休ませていたモンテユナスをコートに戻し流れをロケッツに戻す。

ロケッツはハーデン抜きの危機感がいい感じに出て、エースに任せない速い展開でインサイドアウトが噛み合った全員バスケが全うでき59-45と大量リードで前半終了。

後半に入るとホークスが前半目立たなかったダマー・キャロルを中心に本来のディフェンスと運動量を修正。

ベンチプレイヤーのダニー・シュローダーも速さと運動量でロケッツを翻弄しホークスが一気に持って行きそうになるも、ロケッツはジェイソン・テリーやプリジオーニといったベテランが上手く修正し追いつかせず3Qも81-72と2桁得点差のまま終了。

ホークスはそれでもディフェンスを修正し続け、残り4分でようやくホークスが逆転。

完全に今シーズンディフェンス主導で運動量豊富な全員バスケをやれば勝てるという自身というか拠り所がある強さなんだなぁと思った反面、逆にロケッツは逆転されると、ハーデン抜きでも奮闘していた緊張感の糸がきれたのかどのまま追い越せずに試合終了。

大逆転劇なだけにホークスはやっぱり今シーズン強いなぁという印象を強めましたな。


Transactionsメモ

ホークスがマイク・マスカラをDリーグから呼び戻し

シクサーズがジャベル・マギーを解雇

ヒートがヘンリー・ウォーカーと2度目の10日間契約

ナゲッツがブライアン・ショーHCを解雇、メルビン・ハートをHC代行に

ピストンズはクインシー・ミラーと10日間契約

キングスはヴラデ・ディヴァッツをヴァイス・プレジデントに。

今年のナゲッツの不調は怪我人がどうこうレベルではなく、見事に期待を裏切ったから仕方が無いのですが、何となくマジックのジャック・ヴォーンHCと共にマジックでガードの控えだったHCが2人ともシーズン途中で解雇されると寂しい・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる