FC2ブログ

昨日の牙狼 炎の刻印 第23話

「月食-DOOM-」

魔獣装甲に姿を変えたオクタビアがレオン、アルフォンソ、エマの前に現れた。

アルフォンソは侍女として信頼していたオクタビアの姿を見て嘆きますが、レオンは鎧を召喚し戦い始めます。

オクタビアはメンドーサのきられた腕を体内に入れる狂気な感じになり、アルフォンソは鎧を召喚しオクタビアに飛びかかる。

レオンがそれを追おうとすると、エマがレオンを止め、レオンにはヘルマンを追わせ自分はアルフォンソの後を追う。

レオンは襲いかかって来る大量のホラーを片付けると、ヘルマンを探しに最深部に向かう。

しかし、ヘルマンの姿は無くメンドーサと対面する事に。

メンドーサはレオンに変わり果てたヘルマンの姿をを見せ、壮絶な最期を楽しげに語り、レオンを煽る。

レオンは静かに激怒しメンドーサに向かうため、襲いかかって来るホラーを次々に倒し、メンドーサの下へ行き、剣で貫きます。

しかし、時すでに遅く月食が完成し牙狼名物最終巨大裸体女ホラーであるアニマが復活。

アルフォンソとエマは2人がかりでオクタビアと戦うも苦戦。

なかなかオクタビアを倒す事はできなかったものの、一応おとなしくはさせられました。

しかし、月食になりガルムの巨大魔導兵器が発動。

民の犠牲を承知の兵器を使わせるわけにはいかないアルフォンソは自ら真下に潜り込み食い止めようと、エマに手伝わせます。

アルフォンソがエマの魔法陣を使う前にオクタビアが襲いかかってきますが、アルフォンソが一足早く動き、エマもオクタビアの攻撃を防ぎます。

エマはオクタビアを仕留めたかと思いましたが、足が銃となりエマは撃たれてしまいます。

しかし、オクタビアの心と体は限界を迎えてしまい、エマはメンドーサは所詮道具として利用しただけだと諭します。

しかし、オクタビアは自ら望んだ事として満足している、むしろ番犬所のやり方の方が筋が通っていないと反論。

エマも上司がダメだと苦労すると自分たちの方が絶対的に正しいとまでは言いきれない事は認めつつも、だからといってメンドーサも許せるものではないという感じで限界の来ていたオクタビアを仕留めます。

アルフォンソは体を張って番犬所の攻撃を防ぎきりますが、吹っ飛ばされて力尽き、それを見ていたガルムは呆れて後始末は丸投げ。

復活してしまったアニマをレオンは食い止める事が出来るのかどうかは次回最終回で。

終盤らしい力尽きるまでの戦いという事で、次回レオンがどう決着をつけて、アニマとの戦いの後どう全体がまとめるのか、次回で最終回っぽいなぁと思えますね。

おまけ

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる