FC2ブログ

今日の『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』

結局恒例化してしまっているスーパーヒーロー大戦、今年もまた何だかんだと見に行ってきました。

正直、ここの所毎回期待のハードルを下げて見に行くと宣言するような事になっていますし、繰り返しになりますが過去作とのコラボを当たり前のように毎年する意味は大人の事情でしかないだろうと思いますし、何周年記念とか限定ですべきだという思いは結局かわらないままですね。

今回は仮面ライダー3号がいて、そのために歴史が改変され、ショッカーが支配する世界になってしまってと、しょっぱなから私はこの映画ストーリーについてはもう何も考えないでおこう、とりあえず、ストーリーは横に置きまくろうと開き直りました。

ゲストに侑斗復帰おめでとうとか、たっくんが連続で出ているとか、橘さんで校長先生では無いねとか、何だかんだと南光太郎は本人が結構な頻度で出てくれるよねとか、そういうのを楽しむためのものと、深く考えたらば負けだという姿勢で観てきましたが・・・

結局、仮面ライダーを無理矢理登場させるため、数が多いから目立たせる尺をとるには、ライダーとショッカーという悪という構造で戦わせるとなると無理があるから、とりあえず仮面ライダー同士で戦わせとけというのが見えすぎてしまって、手段と目的とがいろいろと取り違えられている気がしてならないんですよねぇ。

メインプロデュサーの作品との向かい合い方がそういうものだという偏見がどうしてもありますから。

とりあえず、ショッカーが支配している歴史に改変された世界、仮面ライダーが悪の手先とならされている世界というネタはこれで何度目だか分かりませんが、何度もやるネタではないという感想しか出てこない。

単純な勧善懲悪ベースの話が絶対的に良いものだという風に言うつもりはないですし、そういうものが王道であるのならば、その王道に対して別アプローチをする挑戦しないといけないという姿勢は認めます。

王道な話ばかり繰り返していたらば飽きられてしまいますし、王道を崩しにかかるのは分かります。

でもそういう狙いでやっていますというのを匂わせながら、やっている事はショッカーが支配している歴史というものの繰り返し。

これは、私が仮面ライダー同士を戦わせるためだけに仮面ライダー同士を戦わせる事に面白みを感じないからという好みの問題なんでしょうが、どうもスーパーヒーロー大戦という映画枠は恒例枠で続けるのはいい加減限界なんじゃないかと、去年も言った気はします。

ストーリーを横において、アクションシーンの大半が仮面ライダー同士の戦いであって、何だかなと思ってしまうのを横においておけば、カーアクションを始め大人数のアクションは大画面に映えるとは思いましたが、できればいろいろなものを横に置かずに楽しみたいものですね。

それでもって、入場者には仮面ライダー4号というdビデオで配信される作品のエピソード1のDVDが配られていて、それも見ましたが、とりあえず映画を見ないで配信だけ見るとわけがわからない状態というか、ラストのネタバレにつながったりするのですが、これも個人的にはお行儀のよろしくない売り方だなぁって。

映画のラストも無理矢理これに繋げるためのものにしか感じられないですし。

今の時代、お行儀のよろしくない売り方だろうと何だろうと、ある意味なりふり構っていられないのかもしれないですが、話の中身よりも売り方の問題の方が気になりました。

エピソード1以降が気になるものですし、売り方さえ違えばもう少し好意的に楽しめそうではあるのですが。

おまけ

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる