FC2ブログ

昨日のBS スパーズvsサンダー

スパーズ113-88サンダー

昨シーズンのNBA覇者のスパーズと2年前のNBAファイナル進出チームのサンダー。

スロースタートから、プレイオフ直前になってようやく本気を出してきた感のあるスパーズと、怪我人だらけでプレイオフに進出してもケビン・デュラントが出ないからプレイオフに出るだけで終わりそうな感のあるサンダー。

チーム全体で戦うスパーズと、怪我人だらけの影響で戦術ラッセル・ウェストブルックになっているサンダーとわりかし対象的な対戦ですが、共にスモールマーケットの強豪チームという事で、フロントの手腕が注目されるというか、どちらのチームもマジックはノウハウを吸収しようとフロント経験者を引っ張ってきているというわけになるんですけれどもね。

立ち上がり、クワイ・レナードが攻守に勢いをつけにいくものの得点は伸びず。

サンダーはウェストブルックとエネス・カンターの動きが良くひっくり返しそうな勢いは出すものの、ゴールに嫌われ膠着状態。

膠着状態になるとベンチプレイヤーが豊富なスパーズがマニュ・ジノビリを筆頭に上手く流れを作り出し、逆にサンダーは膠着状態の我慢比べが崩れると、ガタガタとおかしくなり29-10とスパーズが一方的に有利な形で1Q終了。

サンダーもさすがにガタガタ状態のままではなく、ウェストブルックを中心に勢いに乗りそうな速攻を決めるものの、スパーズはそこで慌てることなく立て直し、改めてクワイ・レナードが重要な所でしっかりと働いている印象を強め、追いうちをかけるようにコーリー・ジョセフがブザービーターの3Pを決め63-41で前半終了。

トニー・パーカーは怪我でプレイしないことを決めた後半ですが、だから何?というくらいスパーズはマイナスが見えず、ただただスパーズの強さ堅実さばかり目立ち88-57とサンダーは本当に3Qまで試合をしているのかという得点しかあげられず、最終Q。

勝負はほぼ決まった状態で、普段プレイタイムが恵まれない選手が大半を占め、サンダーとしてはルーキーのミッチ・マクゲイリーに経験を積ませる事くらいが意味を見いだせない形で試合終了。

スパーズはクワイ・レナード24分の出場で2試合連続のキャリアハイ26点と効率よく決めただけではなく、6人2桁得点が出て、チーム全体で上手くやっているよねという感じでしたね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる