FC2ブログ

今日の読書 黎明に起つ/伊東潤

戦国時代の関東、北条氏を主役にした歴史小説を得意としている伊東潤ですが、北条家が滅亡に向かう作品が多い中、相模の国を治めるようになる後北条家の始祖である北条早雲を主人公にした滅びではなく黎明の物語になります。

伊東潤の小説で北条家が一貫として私利私欲のための統治政策ではなく領民のための統治を考えていると描かれ続けてきています。

そうなった理由こそが、初代の早雲であるというのをはっきりさせる形になっています。

早雲は応仁の乱を間近で見て、室町幕府を中心とした秩序が単なる利権争いばかりになり腐敗しきった状況を見て、その状況を打破すべく動いて行き生涯を賭けるというもの。

歴史小説ですから、当然主人公以外の歴史も関わってきているわけで、『叛鬼』の主人公だった長尾景春が出てきて、この時代なんだよなと改めて思ったりして、詳しくなかった時代もいろいろと読んでいる間に覚えても行くものだよなというのもありますが、個人的には関東での戦いで椚田城や津久井城なんて出てくると、何て分かりやすいのだろうと嬉しくなってしまいました。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる