FC2ブログ

昨日のBS ウォーリアーズvsロケッツ

ウォーリアーズ115-80ロケッツ

NBAプレイオフ。カンファレンス・ファイナル西の3戦目。

ウォーリアーズの2連勝で始まり、ロケッツはホームに戻って仕切り直しをしたい所。

ロケッツは立ち上がり良いディフェンスからドワイト・ハワード、トレバー・アリーザが得点をあげジェームズ・ハーデンに一本かぶりにならずに良い流れを掴む。

ウォーリアーズはスプラッシュ・ブラザーズが得点を上げると、それにアンドリュー・ボガットが上手く乗っかって主導権を奪い返し、そのまま攻守共に噛み合い30-18と大差で1Q終了。

8分11秒から開始の2Q、やりたい事ができているウォーリアーズとハーデンが全く点が取れなくて追い上げようの無いロケッツと明暗分かれ過ぎ62-37で前半終了。

3Q早々にこの試合好調のボガットがファウルトラブル。

ロケッツが追い上げムードになっている所、カリーが3Pにドライブに得点を決めまくり流れを戻すと、そのままウォーリアーズは自分たちのやりたいように進めて92-61で最終Qへ。

4Qには、デル・カリーのインタビューが流れるくらい試合は決まった感じでおしまい。

カリーは40点7アシスト5リバウンド、クレイ・トンプソンが17リバウンド5アシスト3リバウンド2ブロックとスプラッシュ・ブラザーズがやりたい放題。

ドレイモンド・グリーンが17点13リバウンド、アンドリュー・ボガットが12点12リバウンドとインサイドの2人もダブルダブルと、この流れの中FG0/9と大ブレーキになっているハリソン・バーンズが悪かったと印象に残らないくらい本当にウォーリアーズの良い試合でしたねぇ。

ロケッツはハーデンが17点4アシスト3リバウンドとこれまでの大活躍する姿とは程遠く、それでもスコアリーダーという事で回りが穴埋めも出来ず。

チームリバウンドでウォーリアーズ60ロケッツ39、チームアシストでウォーリアーズ26ロケッツ15と露骨な差も出ていますと言うか、全てにおいて一方的な試合過ぎました。

2戦連続で接戦の後、ホームに戻って来て大敗という事でロケッツの追いつめられ感は半端無いとは思いますし、正直これからひっくり返すというのは無理でしょうが、このままあっさりとお掃除されてしまうのか、一矢を報いるのか、追いつめられた所からここまで勝ち上がってきたという経験はありますが、なかなか大変そうだなぁと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる