FC2ブログ

昨日のBS ホークスvsキャバリアーズ

ホークス111-114キャバリアーズ

NBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル東の3戦目。

ホークスはホームで2連敗といきなり崖っぷちに立たされるのに追い打ちをかけるようにカイル・コーバーが前の試合で足首を負傷し欠く事になってしまう状況。

キャブスもケビン・ラブ、カイリー・アービングも離脱したりしているにもかかわらず、レブロン・ジェームズがその穴を感じさせない活躍を見せて、キャブスのビッグ3といって注目されたけれども、ヒート時代のスリーキングスと言われた時と違い、レブロンの単独キングだねという感じで、絶対的なエースと言える存在がいない、完全にチーム全体で勝って来たホークスと怪我人の離脱の影響が違いすぎるなぁと。

まぁそれこそキャブスはレブロンが欠ければその瞬間に終了決定だったりするんですが。

後がないホークスがアル・ホーフォードを中心に流れを掴み、スターターに入ったケント・ベイズモアも良い動きを見せる。

キャブスはJRスミスがベンチから出てきて得点を伸ばし追撃し24-21で1Q終了。

ホークスはレブロンをしっかりと守りホークスらしい形を作って行きますが・・・

残り34秒ホーフォードがデラベドバともつれたときにエルボーを狙ったとフレグラント・ファウル2で退場と大ピンチ49-48で前半終了。

3Q開始マイク・マスケラがホーフォードの代わりにセンターで入った所、ロシアの巨人ティモフィ・モズコフがその穴を突きキャブスが流れを掴み、レブロンもギアを上げてきますが、その中でなんとかホークスが追いすがり76-81で最終Qへ。

キャブスはレブロンが勢いに乗って、そのまま楽勝になるのかと思いきや、ホークスもティーグ、キャロル、ミルサップと残ったスターターを中心に巻き返しにかかる。

残り5分で同点に残り4分半でベイズモアがフリースローで逆転するも104-104の同点でオーバータイム突入。

ホークスもここまで粘ったまでが限界で、結局レブロンが決めた試合。

試合終了と共にレブロンが力尽きて倒れましたが、改めてレブロンが本当にキングになっちゃっているなぁと。

レブロンは37点18リバウンド13アシストと1QでFGが0/9だった事が信じられない結果になりました。

ホークスはホーフォードが退場を食らった後の驚異的な反撃で、そのまま勝っていたらばデラベドバという悪役に対して残ったチームメイトが一丸となって逆境からひっくりかえすという少年マンガ的展開になる所だったんですが、オーバータイムまで戦いきるだけの力は残っていなかった事になりますねぇ。

これで、カンファレンス・ファイナルは両方とも3-0と結果そのものは一方的になってきて、このままあっさり決まるかどうかは別にすれば、ファイナルの組み合わせは決まったも同然になりましたね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる