FC2ブログ

今日のBS NBAファイナル1戦目

キャバリアーズ100-108ウォーリアーズ

NBAもついにファイナルに突入、今シーズンの組み合わせは話題性のある組み合わせで関係者は結構喜んでいるのではないかと思ったりしますね。

ヒートで優勝を経験して古巣キャブスに戻ってきたレブロン・ジェームズと、今シーズンNBAで最強の3PシューターでレギュラーシーズンMVPのステファン・カリーというエース対決という分かりやすい注目点、ウォーリアーズの40年ぶりのファイナル進出という組み合わせそのものに目新しさと話題にしやすいですからね。

状態としてはキャブスの方がプレイオフに入って早々にビッグ3として期待されていたケビン・ラブの怪我による離脱、同じくビッグ3のカイリー・アービングがプレイこそしているものの怪我を抱えている状態という事で、万全じゃないというのがどうしても前に出てきて、戦術レブロンが強まっている感じ。

ウォーリアーズはキャブスと比べると主力が怪我で抜けるという所まではいかないものの、控えに怪我人が出たり、カリーもクレイ・トンプソンもカンファレンスファイナルで脳震盪を起こして不安といえば不安要素。

それこそ松井啓十郎がゲストという事で脳震盪を起こしたものの3Pシューターのウォーリアーズのスプラッシュブラザーズに注目されるのは分かりやすかったり。

立ち上がり、互いにディフェンスに力を入れ、特にウォーリアーズのアンドリュー・ボガットがゴール下の最後の砦としての安定感を見せる守り合い。

流れそのものはウォーリアーズの方がボール回りも良く一気にいってもおかしくはなさそうなものの、最終的にはタフショットになってと勢いに乗るまではいかず。

逆にキャブスの方がJRスミスがベンチから出て3Pを決めるなど先に流れを掴むと、ウォーリアーズはアウトサイドシュートが決まらずバタついてしまい、ワンサイドになりかけますが、ウォーリアーズはイグドラとバルボサのベテランがなんとか踏みとどまらさせて29-19で1Q終了。

2Qに入り追い掛けるウォーリアーズは怪我から復帰したマリオ・スペイツの得点で盛り上がり、追撃態勢に入ろうとするものの、スプラッシュブラザーズがなかなか追いつけなかったものの、残り4分クレイ・トンプソンの3Pという勢いに乗る形でで同点に追いつく。

さらに、カリーが続いてスティールからの3Pを決めて一気にウォーリアーズが持って行くかと思いきや、キャブスも最後にJRスミスが3Pを決めるなど持って行かせず51-48で前半終了。

スプラッシュブラザーズに3Pが決まり始めて、流れが良くなりかけたウォーリアーズが後半開始からどうなるのかと思いましたが、キャブスのアービング中心の攻撃がはまって流れを掴む。

ウォーリアーズは前半にあったバタつく時間帯を作らず、クレイ・トンプソンが爆発的ではないものの得点を重ねて追い掛ける。

逃げるキャブス追い掛けるウォーリアーズの拮抗した状態のまま試合が進んで行く中、ドレイモンド・グリーンがファウルトラブルになりベンチに下がり、追い掛けるウォーリアーズが嫌な感じになりかけたものの、残り1秒でイグドラのダンクで追いつき73-73の同点で最終Qへ。

最終Q立ち上がり、イグドラの活躍でウォーリアーズがペースを握る。

そのままホームのウォーリアーズが持って行かず、キャブスは戦術レブロンで流れを持って行こうとする。

このまま試合は均衡状態になり98-98でオーバータイム突入。

延長はウォーリアーズがレブロンを抑え込み流れを作り7点差を作ると、キャブスは追い打ちをかけるようにカイリー・アービングが左膝のけがを再発させてコートを去り、これで完全におしまい。

ウォーリアーズはカリーが3Pを2本しか決めないとおとなし目だったものの26点8足っすと、クレイ・トンプソンも21点に2ブロックとスプラッシュブラザーズがしっかりと軸になり、ハリソン・バーンズが11点6リバウンドという数字以上に存在感を示し、ベンチからイグドラが15点3リバウンドの数字以上に攻守にベテランとして機能しましたね。

ウォーリアーズは大半追い掛ける展開の中で、延長にまでもつれ込んだ試合ですので、試合をひっくり返した気持も強くなるでしょうし、ホームで良い形で勝ったという勢いに乗りそうですね。

逆にキャブスはひっくり返された気持ちが強いでしょうし、アービングの状態がどうなるのか、試合に出られるまで戻っても活躍できる所まで戻せるのかどうかと頭が痛いですよねぇ。

なにせ、レブロンが44点、アービングが23点とこの2人だけで大半の得点を稼いだわけで、その次のモズコフが16点とっていますが、基本毎試合これを続けられる選手では無いですし、戦術レブロンが強まるのはある程度仕方がないにしろ、レブロンにマークを集めた後のパスの出し先が無くなってしまうと手詰まりになりますからね。

この試合8人ローテーションなうえ、ベンチスコアはJRスミスの9点だけですから、アービングが離脱にしろ離脱しないにしろ、負担はかけられなくなりますし、この試合が熾烈で楽しかっただけに、あっさり決まりかねない感じになったのは、ちょっと残念ですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる