FC2ブログ

昨日の牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第9話

「羽」

未来の魔戒騎士を育てている修練場でダイゴは相手をよく見ないで負けた少年を叱っていた。

そこにダイゴの兄弟子の政治が現れ、負けた少年に今度は最初から目をつむって他の感覚を研ぎ澄ませてやってみろと、目隠しをして戦わせてみる。

すると、目を隠した少年は今度は勝利し、セイジは目で見える事が全てでは無いと少年に説くと同時にダイゴにも同じ事だと説く。

セイジとの再会を喜ぶダイゴ、子供たちはセイジに稽古をせがみます。

流牙と莉杏はリュメに呼びだされ、凶悪なホラーにより魔戒騎士の修練場が襲われ、多くの子供たちが食われたとしてホラー退治を依頼。

酒を酌み交わしながらセイジは立派になったダイゴを命令違反ばかりしていた自分とは違う褒めますが、ダイゴはその命令違反によって多くの命が救われたと自嘲気味に話しているセイジこそが正しかったとしますが、セイジはあまり突っ込んで話したくないとばかりに話を遮り、互いの修練場で教えている子供自慢になります。

ザルバがなかなかホラーを探り当てられないのに対し、莉杏は焦りをぶつけてしまいます。

莉杏はいずれ自分も子供たちに教える立場になり、そこを居場所にしたいと考えていたため、将来の魔戒騎士候補の子供たちが襲われるのが許せなかった。

ダイゴが新しい酒を持ってくるために席を外した時、セイジは気配を感じ部屋を出ていく。

ダイゴが戻って来るとセイジの姿がなく、慌てて飛び出して行くと、セイジがホラーと戦っていた。

それはセイジの教え子たちを食った仇だった。

セイジは子供食いのホラーと戦い始め、その気配に流牙と莉杏も気付き現場に向かう。

ダイゴはセイジに何故自分に話してくれなかったのかと言いますが、セイジはダイゴを巻き込みたくないのと、ダイゴとだけは昔と同じように酒を酌み交わしたかったからだと答え、意地でも自分1人で戦おうとします。

ホラーはセイジの教え子達が食ってくれと言わんばかりに立ち向かってきた事を褒めますが、セイジの怒りを煽るだけ。

ダイゴもセイジの命令を破りホラーと戦い始めます。

2人がかりでも大苦戦している所に流牙と莉杏が駆けつけます。

4人がかりでも大苦戦してる中、何とか流牙と莉杏の連携で攻撃が決まると、ホラーも本気になり姿を変えます。

流牙とダイゴは鎧を召喚し苦戦しながらもなんとか追いつめ、体がボロボロになっているセイジに一太刀攻撃させてから2人一緒にトドメをさします。

しかし、ホラーを倒したと思ったらば、ホラーの残骸をいつの間にか現れていたジンガとアミリが食ってしまいます。

ジンガは子供をたくさん食っていたからホラーが美味かった、やっぱり餌は大事だと気軽に言うと、教え子を餌扱いされたセイジは激怒。

ジンガとアミリに斬りかかりますが、あっさりと返り討ち。

流牙とダイゴは激怒しジンガを斬りに行きますが、ジンガはまだ疲れていている、どうせならばお互いに万全になってから楽しもうじゃないかと上から発言をしますが、楽しむという態度を流牙は許せません。

激怒する流牙の攻撃を受け止めたジンガは嬉しそうに流牙の怒りに闇の色を感じ挑発し去っていきます。

セイジの死に我を忘れたダイゴは仇をとるためにジンガの後を追おうとしますが、流牙が食い止め、莉杏は子供たちを置いて行くのかと冷静にさせようとします。

子供たちはこの戦いを見て、自分達を強くしてくれとダイゴに頼むと、ダイゴも落ちつきを取り戻します。

ダイゴはジンガ達がラダンを復活させたという話を聞き、自分は敵討ちはしないが、流牙に自分が闇に落ちた時は斬るようにと託します。

どちらかというと闇落ちしそうなのはダイゴよりも流牙というような感じなんですが、自分が闇落ちする予感でもあるんでしょうか?導師として子供たちを導く立場ならば余計にならなそうだなぁと感じたんですが、兄弟子の死に何か無茶でもするという事なんでしょうか?

おまけ

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる