fc2ブログ

今日の仮面ライダードライブ 第40話

「2人の天才科学者はなぜ衝突したのか」

ライドブースターに襲われ変身が解けてしまった進ノ介はベルトさんを004に奪われ、霧子は008に連れ去られてしまったという所から。

ハートに戦っている剛は蛮野博士がライドブースターを操って自分たちを攻撃してきた事に混乱。

チェイスは剛に008は自分に任せろと言い霧子を連れた008を追う事に。

剛はデッドヒートしまくりでハートに一撃を食らわせるとそのままの勢いでハートを振り切り進ノ介を探しに行きます。

剛は倒れた進ノ介を発見。

進ノ介はベルト差が奪われた事を告げると、ハートがやって来て進ノ介達が蛮野にはめられたと説明し始めます。

ベルトさんを研究材料として奪ったのだろうと、今まで手を貸していたのは取りいるため。

ハートは蛮野ほど最低な人間はいないと、剛の憎むロイミュード以下だと語り始めます。

ピットでは本願寺課長と究ちゃんが蛮野に散々な目にあわされライドブースターも奪われたとりんなさんに説明。

008は霧子をやっとみつけた宝だとし、チェイスが追いついて来るとトルネードを起こして逃走。

004にベルトさんを奪わせた蛮野博士はドライブドライバーの構造を解析し、他者に寄生して自在に操る事を企み、ベルトさんにプログラムを仕込みます。

ハートは蛮野への出資を断った青年実業家の姿をコピーさせられた、15年前から人間態を持っていたのは蛮野がつまらない復讐心を満たすために強制的に行われ、あらゆる苦痛や刺激を与える実験に使われたため。

クリムは蛮野の行いに我慢が出来なくなり袂を分かった。

ハートはこの顔のまま蛮野や人間全てを見返してやろうと誓った。

クリムに去られた蛮野はロイミュードに人間の悪の心を植え付けた。

それがロイミュードを人間以上の生命体へ進化させた。

ハートの言葉に動揺しまくる剛に、進ノ介は霧子が母親は父の事を聞くといつも暗い顔をしていたというのを思い出したと話していたというのを伝えます。

霧子と剛の母親も蛮野博士に失望し離れて行ったという事。

剛は自分も道具の1つとして利用されていたと知り、この世で一番醜い存在は自分の父親ではないかと絶望します。

ハートは剛に生みの親に失望する気持ちは分からないでもないと慰めます。

008を追い掛けていたチェイスは逆に008に襲われます。

霧子の居場所を問い詰めようとしますが、008は恋のレースは妨害が多いほど燃えると答えられ、チェイスには意味不明。

チェイスは仮面ライダーチェイサーに変身し改めて008と戦いますが、並みの進化態以上の強さを感じ圧倒されます。

008はそのまま戦わず邪魔をするなと去っていきます。

絶望のあまりうずくまっている剛に進ノ介は立ち上がりベルトさんや霧子を救出しに行こうと声をかけ、仮面ライダーだから必ず立ち上がると信じていると言い動きだします。

蛮野博士はベルトさんが気を失っている間に、作業をあらかた終えます。

そこに、ライドブースターの逃走経路をりんなさんに解析してもらった進ノ介がやってきてベルトさんを取り戻しにかかります。

004に邪魔されながらもなんとかベルトさんを奪還。

タブレットを見つけますが、中に蛮野博士はいなくなっていて、代わりに悪のドライブドライバーとなり現れたあと004と共に逃走。

厄介な敵が増えたという進ノ介に対しベルトさんは止めなければいけない相手に蛮野が加わっただけと。

自分が死んだあとも罪を償おうとする使命感、今でも野望を果たそうとする事しか考えない蛮野とは正反対であると、進ノ介は天才科学者は何を考えているか分からない所がありながらもベルトさんを信用できると話します。

ピットに戻った進ノ介はりんなさんがチェイスが008を見失ったと話すと、霧子が超進化に必要な美女というのならばとっくに超進化態になっていておかしくないはずなのに何故逃げるのかと疑問を呈します。

そこに究ちゃんが、条件が美女だけではないからと情報を持ってきます。

ジョージ白鐘の取材記事を古本屋を回って足を使って見つけてきたと。

ネットワークの神に対抗する、ゲンさん直伝のデカ魂を見せた事に。

ジョージの夢は自分が作ったネックレスを海の見える教会で首元が最高にきれいな女性につける事。

この記事を読んだりんなさんは外れが首元の事だったと分かって、そんなこだわり分かるかとキレます。

逃走経路から究ちゃんが目星をつけた教会に駆けつけた進ノ介は、鎖に繋がれて、無理矢理ジョージ白鐘のこだわりを果たす瞬間を邪魔します。

最高にかっこいい自分と酔っていた008に対し、進ノ介はカッコ悪いと断言し、本物のジョージ白鐘はもういない事も見破ります。

008はナルシストで見栄っ張り、自分の作ったネックレスが似合う最高の女と結ばれたいという願望だけで生きてきたが、そのくだらない感情が気にいってコピーしたと語ります。

進ノ介はタイプスピードに変身し戦い始めます。

教会を飛びだし岩場で戦っていると、進ノ介に自分たちの願望を邪魔された008の怒りが増していて進ノ介は圧されます。

タイプトライドロンに変身しようとしますが、阻止されてしまいます。

そこに剛が駆けつけ、追跡、撲滅といつもの名乗りをしようとしたところで、人間を脅かす悪は全て叩くと自分のしてきた事を再確認し、それが父親だろうとも自分の使命だと言い戦いに参加。

進ノ介と剛は2人で力を合わせて徐々に008を追いつめていくも強烈なトルネードで反撃されてしまいます。

チェイスは鎖に繋がれている霧子を助け、トライドロンで2人を援護すると、嬉しそうに免許を見せます。

チェイスはトライドロンタイプワイルドにライドチェイサーをつけて、進ノ介と剛はライドチェイサーのファンを利用してヒッサーツでダブルライダーキック。

008を倒し、それを陰で見ていたハートはタフな人間を面白そうに見守ります。

剛も特例四輪免許を取得、蛮野博士の事も親の事だから乗り越えると、父親の事件を乗り越えた進ノ介のようにというと、霧子は強くなった弟を抱き締めた。

進ノ介も剛が助けに来てくれた事が本当にうれしかったと弟分を褒めます。

チェイスは家族とは心を乱すものというだけでは無いと知る事になり、進ノ介に向かって初めて泊進ノ介とフルネームでは無く進ノ介と呼ぶようになります。

体が復活したブレンはご機嫌。

しかし、急に体を与えたという事でメディックに対して何か企んでいるのではないかと言うと、そこに006がやって来て008がが敗れたからだろうと、約束の数が揃う時が対に来たと006は次は自分というと去っていきます。

無事に蛮野を始末すれば006は超進化するかもしれない、メディックは最後の1人になりたいと願います。

という事で急展開、蛮野博士の鬼畜ぶりが明らかになり分かりやすい倒すべき悪という存在になりましたね。

ここの所ハートの存在が進ノ介と対立的ではあるものの絶対に倒さないといけない悪とするには、あまりにも潔く好敵手過ぎる感じになっていて、終盤のこのままではヤバイという緊迫感が煽られていなかったのですが、蛮野博士の存在はこのままだとヤバイという緊迫感を作り出して来て良い感じになっていますね。

蛮野博士が味方にいると、それだけで話がすんじゃいましたし、ここのところの怒涛の展開は良い感じに今まで伏せられてきた所が明るみになって来ている事も含めて面白いなと。

おまけ

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる